2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

日本人による政治を!

純日本人会は国難の今、こう考える

~純日本人会発表~


一九八九年に始まったバブル崩壊以降の日本経済の低迷は誰の目にも明らかになった。そして小泉政権時代には国民の生活が低下し続けたのも、誰もが実感したところである。  

何故そうなるのか?GDP国内総生産は微増ではあっても増えてはいる。日本政府はそれを持って日本経済は着実に成長していると大本営発表をし続けてきた。しかし実際は国全体の生産が増えて国民の所得は増えないという歪んだ状態が続いてきたのである。  

国全体の生産が増えて国民の所得は増えないということは日本社会からおカネが何処かに消えてしまっていることになる。国内の消費しきれない部分はアメリカ等の外国の方々に消費していただいたのであり、代金は返すあてのない貸付金という形。だから日本人は働けど働けどお金が残らないのである。

マクロ経済だけではない。竹島侵略、尖閣列島侵略問題など、それ等は結局政治が悪いという事になる。

朝鮮人特権、食料安保、歴史問題、教科書問題などなど国益を考える有力政治家が皆無のように見える。何故なのか?

政治家だけではない。何故NHK韓流ブームを主導したのか?何故NHKは放送法違反を犯してまで反日放送をするのか?



日本文化を尊重する人を私は国籍や人種に関係なく「純日本人」と呼ぶが、純日本人の政治家が浮かびあがろうとすると多くの場合スキャンダルに見舞われる。そして「朝鮮人」を噂される政治家はスキャンダルを免れ易い。スキャンダルをかわし日本の国益のために誠実に仕事をしようとするとしばしば「自殺」するが、まるで「自殺させ屋」が遺書まで用意して殺害したかの印象がある場合が多い。

一体何故そうなるのか?これを日本社会の隅々に「仮面日本人」が忍び込んでいるからと仮定するとすべての説明が容易となる。小泉純一郎氏は自民党内で「日本はアジアの片隅で貧しく、小さく、ひっそり生きるべきだ。国連常任理事国入りなんてとんでもない!」(高村正彦談)と言い続けてきた人だそうである。

又「日本は人口が二〇万人くらいになると良い」とも言い放つたそうである。一体何故そんな発言が?と思うが、彼がコリアンジャパニーズであるとするなら一気に納得が行く。そして重要な事なのだがマスコミがその事をまったく報道して来なかった。「仮面日本人」は政官界にも多数が存在し、マスコミにもしっかり入り込んでいる。



「仮面日本人」は私が呼ぶ者達は日本国籍を取得していながら日本国に忠誠心を持たず、外国に忠誠心を持つ日本国籍人のことである。

元公安調査庁の菅沼光弘氏が外国特派員協会で行った講演で「ヤクザ(黒社会的人)の六割が同和関係者、ヤクザの三割が在日韓国朝鮮人である」と述べたそうである。そして残りがその他の日本人及びチャイニーズなどなのだそうだが、その他の日本人というのは帰化した日本国籍人という事もあり得る。

更に言うと同和には似非同和が多数存在することが知られていて、在日朝鮮人が少なからず存在しているとも聞く。政府は似非同和の警告はするが調査をしている様子は全くなく、従って国民への報告もない。だから我々は仮説を立てるしかないのが現実であり、早急な政府の調査と報告が望まれる。

コリアンジャパニーズの小泉純一郎が「日本人はアジアの片隅で貧しく、小さく、ひっそり生きるべきだ」と言い続けるなら、私からすると「朝鮮人は、仮面日本人も含めて、日本の片隅で貧しく、小さく、ひっそり生きるべきだ」と言わねばならない。それが嫌なら「地上の楽園」に帰還すべきであり、もし日本人として生きたいと言うのであるならば日本文化を心から尊重し、日本国籍を取得し、日本人であることに誇りを持つべきである。日本にはアジアを解放した素晴らしい歴史と文化があるのだから。

日本の政治が国際社会で国益を主張するには何よりも国家の自立が必要であり、政策を決定する場面では仮面日本人の排除が絶対に必要である。仮面日本人が政治に口出しすれば、日本は過去を反省して贖罪と賠償に応じよという歪んだ結論になる。或いは外国の政府や企業に国益を売り飛ばそうとする。彼等の目標は日本人の多民族国家化であり、純日本人の被差別民族化である。世界三大歴史捏造民族ユダヤ、シナ、朝鮮は彼等相互では仲が良いわけではないが、反日、反独では結託する。



では我々はどうすれば良いのか?「純日本人」が結束する事からすべてが始まる。  


次に手を付けるべきは純日本人と仮面日本人の区別であり、政治家の割り出しから始めねばならない。