2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

航空自衛隊F15戦闘機の墜落は事故ではなく撃墜ではないか?

1)航空自衛隊F15戦闘機の墜落は事故ではなく撃墜ではないか?

2) ウクライナ危機


****************************************************************************************

1)航空自衛隊F15戦闘機の墜落は事故ではなく撃墜ではないか?

令和4年1月31日に自衛隊機が墜落して2名が殉職されたと言う。この墜落は事故として自衛隊は発表している。しかしそうだろうか?以前、西南諸島の何処だかの島で自衛隊機が墜落した事があるが純日本人会の仲間の情報では撃墜だと推測していた。彼は、今もそうかどうかは知らないが、自衛隊の上層部や在日米軍の上層部と親しい人で第七艦隊長官とも彼から紹介されて名刺交換をした事もある。

彼が言うには、墜落した自衛隊機は一機、100億円するそうで、それが確か200機あるそうで金額合計は2兆円と言う事になる。数字の記憶は間違っているかも知れないが兆円単位だったことは覚えている。防衛予算GDP1%(約5兆円)の中で2兆円は大変な額。そしてそれよりも、戦闘機を操縦して戦闘が出来るまでには非常に優秀な人材を何年にも亘って訓練しているので大変な損失なのだそうだ。今時、自主防衛を邪魔する目的で徴兵制を脅し文句にする者はいないだろうが、現代の戦争はそういうものらしい。

それで自衛隊機で事故が起きた場合、事故調査委員会を作って徹底的に事故原因を知らべるそうだ。そりゃそうだろう。墜落原因不明なら多数ある同型機が再び墜落するかも知れない。そう考えれば、兆円単位の戦闘機が全部使えなくなるし、高度な教育を受けた非常に優秀で有能な自衛隊員が命を失う事になる。

しかし墜落が事故ではなく撃墜なら自衛隊は調査をせずにすぐに訓練再開をする。友人の話では以前、南西諸島の小さな島で撃墜された自衛隊機については戦闘の最中の無線を傍受していたそうだ。墜落後に事故調査をせずに直ぐ訓練を再開した自衛隊に、地元町長が怒っていると地元新聞が伝えていたとのこと。

今回の事故では自衛隊からは事故調査委員会を作ったと言うニュースはまだ無い。恐らく中国との戦闘で迎撃した自衛隊機が撃墜されたのではないだろうか。中国なら宣戦布告無き軍事攻撃を仕掛けても不思議ではないし、チベットでインドと戦闘をしたり、日本の南西諸島や台湾島でも公然と侵略の機会を窺っている。中国の世界侵略戦争は既に始っていると考えるべき。そしてそれを公然化すれば軍事衝突も公然化する。それを恐れる親中派と中国ビジネス派、なるべく国民の多くが犠牲になる事を避けたい日米などの軍人が事実を隠している。

=========================================================================================================

2) ウクライナ危機

 対世界中華侵略戦争対策の中心は誰が見ても米国だが、米国は中国を経済で締め上げて自滅に持ち込む戦略に見える。そしてウクライナ危機は中国がロシアに持ちかけた可能性があると思う。そうだとすればロシアはウクライナ軍事占領なんて考えていないのでは?クリミア半島は不当であろうと何だろうと現実にはロシア領になっているし、今更わざわざロシアはウクライナ侵攻に意味が有ると思えない。ロシアとすればクリミヤ半島はウクライナに返さず、このまま仲良くしようとするはず。

親露派のウクライナ大統領はロシアのウクライナ侵攻はないと言ってるし、危機を煽られると外資が逃げてゆくので困ると言っている。この危機は戦争ビジネスのDSと中国によって作られた仮想危機のように思える。ロシアは中国からカネをもらって……。

中国のウクライナ危機創出目的は米国を台湾との二正面作戦に引き込む為。しかし米国は大使館を引き揚げる程度の対応なのでは?まさか大西洋方面への空母の出撃まではないのでは?米国が一応騒いでいるのは予算を計上してDSに顔を立ているのでは?

この辺は推測しか出来ない。国際社会は陰謀が渦巻いているのは常識で各国政府の公式発表や新旧メデイア伝聞だけを元に国際政治を論じるなら子供の議論でしかなく、推理力や想像力が乏しいと国際政治は論じられない。その場合、大した意味のないように思える小さな情報もそれが重要な意味を含んでいる場合もあり、情報収集も大事。無意味、頓珍漢とも思える情報も、万が一当たっているかも知れない。先の米国大統領選挙でも結果的に「バイデン大統領」となりDS陰謀論は当たっていた。

中国を非常に警戒するロシアも台湾島情勢では中露は一連托生の面がある。中露関係も複雑。しかし米中戦争が本当に始まればロシアは中国に付くとは思えない。そんな中国との関係を日中友好なんて言ってる日本国籍人は外患誘致の疑い濃厚者と見て良いのではないだろうか。




 
********************************************

【純日本人会 メルマガ 】
発行人 : 栗原茂男
純日本人会 http://www.junnihon.com/
 
メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。
mail : info@sycorp.jp
 
《 リンク、転載などご自由にお使いください》
********************************************






Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください