A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

「あてな倶楽部」令和元年8月3日(土)開催のご案内   ー 栗原茂男

 純日本人会は「経済情報交流会 あてな倶楽部」と言う名称で不定期に研究会を開催している。昨年、私が体調を崩した事と私が最高顧問をしている台湾民政府は米軍からの政権委譲がかなり近付いてきて、台湾民政府の方では静かに見守って欲しいようであるので私も静かにする事にし、1年半くらい「あてな倶楽部」を休止していた。

しかし日本では喫緊の課題であるはずの改憲への前進が止まっていて打開策が見えないままである。そこで、台湾民政府がいつ政権を委譲されるかの問題とは視点を変えて、台湾民政府の主張が日本の憲法と外交と国際的評価にどのような影響を及ぼすかを考えて見ることは改憲への後押しの一助になるのではないかと考えて、台湾民政府の主張がいかなるものかと述べてみたいと考え、今回の研究会を開催することにした。

 中国の固有の領土である台湾を日本が泥棒をしたというカイロ宣言がポつダム宣言へと繋がり、更に「日本との平和条約」いわゆるサンフランシスコ平和条約へと繋がった。 しかし真実は台湾は日本の領土であり、中華民国が日本から泥棒をしたと言うのが歴史の真実である。

米国国防総省と密に連絡を取り合っていると言う台湾民政府の主張どおりなら戦前、戦後、戦中の歴史が修正されるべき事柄と言う事になり、間違った歴史観に基づいた日本外交の前提は修正されなければならなくなる。 更に台湾民政府の国際社会への登場によって日本国憲法は正しくは憲法ではなく占領基本法であると言う姿が明瞭となる。 東アジアの地政学的関係も様変わりすると思われる。

 台湾民政府の問題は国際法が複雑に絡む問題で、ある程度でも理解出来ている法曹、官僚、政治家は日本でも、アメリカでもその他何処の国でもごく一部のように感じる。国連憲章やハーグ条約、ジュネーブ条約のような法律ばかりでなく国際間の多数の判例法が絡んでいる。

勿論、私も台湾民政府絡みの国際法は体系的にではなく断片的に教えられている程度である。私の論述に間違いがあればご指摘をお願いしたい。

あてな倶楽部代表 栗原茂男

————————-  記  ————————————————–

日 時 : 8月3日(土)午後6:00~8:00

講  師: 台湾民政府最高顧問 栗原茂男

演 題 : 台湾民政府と大東亜戦争史観、日本の戦後外交、日本国憲法の本質

参加費 : 999円

会 場 : 目黒区鷹番住区センター 03-3715-9231 / 2階 第3・4会議室 https://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/juku_center/takaban.html 所在地:目黒区鷹番三丁目17番20号 最寄り駅:東急東横線 学芸大学駅から徒歩3分電話番号:03-3715-9231受付:9時から21時 …

地図 : http://bit.ly/zhQztY

東急東横線学芸大学駅の改札(一箇所)を抜けて左に進みます。 駅舎の外を左に進み、高架の線路に沿って歩くと直ぐに右側に三井住友銀行があり、そこから二つ目の角を右に曲がります。 両側の角はステーキ屋と洋菓子屋。 そこから200mくらい進むと十字路の向かい側、左角が鷹番住区センターです。 途中に「すし 芳勘」というすし屋があります。 駅のホーム(中央に階段・エレベーター)に下りてから徒歩5分くらいで会場に着きます。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください