A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

改憲は同時に防衛予算の増額を必要とする -栗原茂男

☆ 6月29日(土)午後6時から8時 瀬戸弘幸「連帯ユニオン関生闘争記」出版講演 ※ 会場の収容人数の関係で、定員が超過すると入室できませんので、参加希望の方は上段のCONTACT US から参加希望と書き、送信してください。

【時 間】6月29日土曜日 午後6時から午後8時予定 / 会終了後、学芸大学駅地下で懇親会の予定。

【参加費】1千円

【会 場】目黒区 鷹番住区センター / 目黒区鷹番三丁目17番20号 / 03-3715-9231 https://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/juku_center/takaban.html

地図 : http://bit.ly/zhQztY

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇ 改憲は同時に防衛予算の増額を必要とする

 トランプ米国大統領がしごく当然の事をツイッターで述べた。 曰く「中国は原油の91%、日本は62%、他の国も似たようなものだが、米国はなぜ、報酬を受けずに(長年にわたり)他国の航路を防衛しているのか。これらのすべての国々は、自国で防衛する必要がある」といったような事を述べている。 *****************************************************************************

石油タンカーの防衛は自国で、米大統領が日本などに要求

2019年6月25日 https://jp.reuters.com/article/trump-tanker-idJPKCN1TP2ML

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1143128642878410752 Donald

Donald J. Trump‏ @realDonaldTrump

China gets 91% of its Oil from the Straight, Japan 62%, & many other countries likewise. So why are we protecting the shipping lanes for other countries (many years) for zero compensation. All of these countries should be protecting their own ships on what has always been….

5:08 AM – 24 Jun 2019

*****************************************************************************

米国は50年も前から国防予算の重圧に苦しんできていて、年々重圧が増している。だから同盟関係の諸外国に防衛力を高める事を期待している。

日本は吉田茂氏や三木武夫氏などの政治指導によって軍隊を持たず、国防予算も抑制してきた。 しかしそれでは現代世界において国家の維持に関する対応が出来ない事が明々白々となっている。 教訓となる経験を除いて過去の事をいつまでも言い募っても仕方ないから、前向きに国防を考えねばならない。

最大の邪魔は歪んだ左翼思想に凝り固まった者達と日本国籍を取得している反日の日本国籍人達。共産党だって以前は日本の軍事力整備を必要だと主張していたはずだが、途中で選挙戦略で主張を180度の変節をしてしまっただけで、日本に国防が必要な事は判っている。

 現在の国際情勢、とりわけ日本周辺の東アジアでの軍事的緊張は極度に高まっている。ところが改憲反対を叫ぶが利権まみれの既成マスコミは反日偽日本人に乗っ取られいて「報道しない自由」全開中なので政治的関心の低い大半の国民は既成メデイアに騙されていて現実を知らないから改憲論議が進展しない。

しかし東アジアでは中国の中華侵略が激しさを増している。大規模な軍事衝突が起きていないだけで、事故と発表される自衛隊機の撃墜とかサイバーテロとかでとっくに戦争は始まっている。

問題は日本政府が中華侵略を公然と非難すれば、一気に軍事衝突へと向かうだろうから戦争を抑制する為に公言しないだけと考えるべき。

そう言う時こそ利権を得ているマスコミは国民に真実を知らせるべきなのに、軍事侵略という中国の悪事を隠蔽している。彼等にとっては悪玉は日本であり、アメリカでなければならないわけである。

 そんな現実の中で改憲の動きが進まないのなら、防衛予算だけでも10兆円くらい増やす努力をするべきだろう。 国内総生産が550兆円で、国債発行残高は約1,000兆円で、日銀のマネタリーベースは522兆円で、20年くらい前の常識からは滅茶苦茶な数字。 国の借金が幾らになったら日本経済が破綻するのか?破綻するとすればその根拠は?が誰にも解らない。財務省だって恐らく答えられない。

それにしても政府が使える予算が60兆円くらいだから、国土強靭化と防衛予算は大幅増額は不可避。 日本政府の予算大幅増は今すぐに必要だし、避けられないだろう。やらなければ日本の近未来は暗い。

日本経済は複雑骨折みたいなところがあるが経常収支が大幅黒字で、しかも黒字の中心が貿易ではなく所得収支と言う事情を巧く活用すれば十分に対応が可能なはずである。

憲法改正が急には困難であるなら防衛予算だけでも大幅増額を実現するべきだ。それならアメリカも少しは納得するだろう。自衛隊の出動が憲法で制限されていても外国に用心棒を頼むという変則的な国防だが、当面は仕方ないのではないだろうか。

********************************************

【純日本人会 メルマガ 】 発行人 : 栗原茂男 純日本人会 http://www.junnihon.com/

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp 《 リンク、転載などご自由にお使いください》

********************************************

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください