A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

『日本の人権状況について』  米国大使館   -栗原茂男

1)1)『日本の人権状況について』 - 米国大使館

2018年国別人権報告書 : U.S. Information Alert / 最新の米国政策情報

2) SDHF  国連 人種差別撤廃委員会 韓国審査総括所見への公開質問状

3) 日本銀行メール配信サービス 2019-03-06

4)【 内閣府経済社会総合研究所 】四半期別GDP速報(2018(平成30)年10-12月期・2次速報)

5) インターネット情報
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1)『日本の人権状況について』 - 米国大使館

2018年国別人権報告書 : U.S. Information Alert / 最新の米国政策情報

米国大使館から来たメルマガで『2018年国別人権報告書』の『日本の人権状況について』の部分で報告書が書かれています。
メルマガの一番下に《 皆様からのフィードバックをお待ちしております。ご意見やご質問は オンライン質問箱からお願いいたします。
https://americancenterjapan.com/aboutusa/refq-form/#refqform 》とあります。

この報告書では日本の部落問題やアイヌ問題についてのアメリカの認識が示されているのであり、折角メルマガで呼びかけているのに日本人が何も言わなければ認めた事になります。

日本国民にフィードバックを求めているのは在日本の米国大使館であり、当然日本語で意見を述べれば良いわけで、この問題に関心のある純日本人はなるべく沢山の人が意見を述べる方が良いと言うことになります。又アメリカ政府も偽日本人に入り込まれた日本政府とは別に大半の純日本人の本音を求めていると思います。

下に日本に関する部分の原文と、グーグルで翻訳したものを張付けておきました。

**********************************************************************************************

315/2019   アメリカンセンターJapan  アメリカンセンター・レファレンス資料室
2018年国別人権報告書

米国務省は3月13日、約200か国の人権に関する現状を記載した2018年国別人権報告書を発表しました。

日本の人権状況について Japan
http://www.state.gov/j/drl/rls/hrrpt/humanrightsreport/index.htm?year=2018&dlid=289049
またはPDF
https://www.state.gov/documents/organization/289293.pdf (PDF 272 KB, 29 p.)

◎ お知らせした情報で、米国政府の公式サイト以外で提示されている記述や内容は、米国政府の政策や見解を必ずしも反映したものではありません。
◎ この情報はお役に立ちましたでしょうか。皆様からのフィードバックをお待ちしております。ご意見やご質問は オンライン質問箱からお願いいたします。
 

 

U.S. Information Alert

 

最新の米国政策情報

 

 

 

315/2019

アメリカンセンターJapan
アメリカンセンター・レファレンス資料室

2018年国別人権報告書

米国務省は3月13日、約200か国の人権に関する現状を記載した2018年国別人権報告書を発表しました。

ポンぺオ国務長官の声明
Remarks on the Release of the 2018 Country Reports on Human Rights Practices
U.S. Department of State, March 13, 2019
https://www.state.gov/secretary/remarks/2019/03/290320.htm

2018年国別人権報告書
Country Reports on Human Rights Practices for 2018
U.S. Department of State, 2019
https://www.state.gov/j/drl/rls/hrrpt/humanrightsreport/index.htm#wrapper

日本の人権状況について
Japan
http://www.state.gov/j/drl/rls/hrrpt/humanrightsreport/index.htm?year=2018&dlid=289049
またはPDF
https://www.state.gov/documents/organization/289293.pdf (PDF 272 KB, 29 p.)

◎ 過去に配信された”U.S. Information Alert”(最新の米国政策情報)は、 こちらのページをご覧ください。

◎ お知らせした情報で、米国政府の公式サイト以外で提示されている記述や内容は、米国政府の政策や見解を必ずしも反映したものではありません。

◎ この情報はお役に立ちましたでしょうか。皆様からのフィードバックをお待ちしております。ご意見やご質問は オンライン質問箱からお願いいたします。

 

 

*****************************************************************************************************************

Bureau of Democracy, Human Rights and Labor
Country Reports on Human Rights Practices for 2018
Japan

Section 6. Discrimination, Societal Abuses, and Trafficking in Persons

===========================================================================================================

国民/人種/少数民族

少数民族は様々な程度の社会的差別を経験した。

同法は部落(封建時代の追放の子孫)に対する差別を具体的に扱っている。国や地方自治体に部落差別の勉強、啓発教育の実施、カウンセリング制度の強化を義務付けています。

部落擁護団体は、多くの部落が達成した社会経済的改善にもかかわらず、雇用、結婚、住居、および財産の評価において、広範な差別が依然として続いていると報告し続けた。部落のラベルは、もはや個人を識別するために正式に使用されていませんでしたが、戸籍システムを使用して個人を識別し、差別行為を促進することができました。部落支持者は、多くの政府機関を含む経歴チェックのために求職者から戸籍情報を要求した雇用主が部落申請者を識別し差別するためにこの情報を使用するかもしれないとの懸念を表明した。

差別に対する法的な保障措置にもかかわらず、国内の外国人永住者および同国で生まれ育ち、教育を受けた多くの国民を含む非民族的日本人は、住宅へのアクセス制限、教育、健康を含む様々な形態の社会的差別を受けました。ケア、そして雇用の機会。外国人および「外国人」の市民は、ホテルやレストランなどの公的施設である私有の施設への立ち入りを禁止されていると報告しました。そのような差別は通常オープンで直接的なものでしたが、NGOは政府がそのような制限を禁止する法律を執行することに失敗したと訴えました。

韓国の民族の代表者たちは、公の場で、そしてソーシャルネットワーキングサイトで、彼らに対する憎しみのスピーチを続けていると述べた。さらに、民族の朝鮮人の社会的受容の増加の兆候はなかった。当局はほとんどの帰化申請を承認したが、支持団体は帰化プロセスを複雑にし、承認のための透明な基準が欠如している過度の官僚的ハードルについて不満を言い続けた。帰化させないことを選択した民族の韓国人は、市民的および政治的権利の面で困難に直面し、定期的に雇用促進、ならびに住宅、教育、およびその他の利益へのアクセスにおいて差別に直面した。

政府高官は、民族集団に対する嫌がらせを差別を扇動するものとして公然と否認し、国内のすべての人に対する個人の権利の保護を再確認した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

National/Racial/Ethnic Minorities

Minorities experienced varying degrees of societal discrimination.

The law specifically addresses discrimination against Buraku (the descendants of feudal-era outcasts). It obligates national and local governments to study discrimination against Buraku, implement awareness education, and enhance the counseling system.

Buraku advocacy groups continued to report that, despite socioeconomic improvements achieved by many Buraku, widespread discrimination persisted in employment, marriage, housing, and property assessment. While the Buraku label was no longer officially used to identify individuals, the family registry system could be used to identify them and facilitate discriminatory practices. Buraku advocates expressed concern that employers who required family registry information from job applicants for background checks, including many government agencies, might use this information to identify and discriminate against Buraku applicants.

Despite legal safeguards against discrimination, foreign permanent residents in the country and nonethnically Japanese citizens, including many who were born, raised, and educated in the country, were subjected to various forms of entrenched societal discrimination, including restricted access to housing, education, health care, and employment opportunities. Foreign nationals as well as “foreign looking” citizens reported they were prohibited entry, sometimes by signs reading “Japanese Only,” to privately owned facilities serving the public, including hotels and restaurants. Although such discrimination was usually open and direct, NGOs complained of government failure to enforce laws prohibiting such restrictions.

Representatives of the ethnic Korean community said hate speech against them in public and on social networking sites continued. Additionally, there was no indication of increased societal acceptance of ethnic Koreans. Although authorities approved most naturalization applications, advocacy groups continued to complain about excessive bureaucratic hurdles that complicated the naturalization process and a lack of transparent criteria for approval. Ethnic Koreans who chose not to naturalize faced difficulties in terms of civil and political rights and regularly encountered discrimination in job promotions as well as access to housing, education, and other benefits.

Senior government officials publicly repudiated the harassment of ethnic groups as inciting discrimination and reaffirmed the protection of individual rights for everyone in the country.

============================================================================================

先住民族

アイヌ人は他のすべての市民と同じ権利を享受しているが、アイヌ人は、2017年北海道府県アイヌ協会のアイヌ人に関する調査によると、職場、結婚、および学校における差別の事例を報告した。 法律はアイヌ文化の保存を重視しているが、アイヌグループが要求している国家レベルの社会福祉政策および教育助成金、地方自治体における特別代表、歴史的不公正に対する公式の政府謝罪を含む、いくつかの規定を欠いている。 政府は、全会一致の国会決議により、アイヌを先住民族と認識していますが、その承認には法的な影響はありません。

政府は琉球(沖縄県民と鹿児島県の一部を含む用語)を先住民族として認識していませんが、その独自の文化と歴史を正式に認め、その伝統を守り尊重するよう努めました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Indigenous People

Although the Ainu enjoy the same rights as all other citizens, Ainu persons reported cases of discrimination in the workplace, marriage, and schools, according to a 2017 Hokkaido Prefectural Government’s Ainu Association survey of Ainu persons. The law emphasizes preservation of Ainu culture but lacks some provisions that Ainu groups have demanded, including national-level social welfare policies and educational grants, special representation in local and national governments, and a formal government apology for historical injustices. The government recognizes the Ainu as an indigenous ethnic group per a unanimous Diet resolution, but the recognition has no legal ramifications.

Although the government does not recognize the Ryukyu (a term that includes residents of Okinawa and portions of Kagoshima Prefecture) as indigenous people, it officially acknowledged their unique culture and history and made efforts to preserve and show respect for those traditions.

=========================================================
2) SDHF  国連 人種差別撤廃委員会 韓国審査総括所見への公開質問状

 

国連人種差別撤廃委員会(CERD) 韓国審査総括所見(1/10付け)

に対する公開質問状

 

「人種差別に反対するNGO日本連合」は、国連人種差別撤廃委員会(以下委員会)にたいして、2018年11月に韓国における人種差別を糾弾する2つのNGOレポートを提出しました。一つは、「親日反民族行為者財産没収の国家帰属に関する特別法」について、もう一つは「韓国における反日の実態」に関するものです。2本とも、人権委員会の公式ホームページに掲載されています。

ところが、今年の1月10日付で出された、委員会の総括所見は、このレポートを完全に無視するというとんでもない、不当極まりない内容のものであったことが明らかとなりました。

「人種差別に反対するNGO日本連合」のメンバーの「国際歴史論戦研究所」(会長:杉原誠四郎、所長:山下英次)、「不当な日本批判をただす学者の会」(会長:田中英道)は、この不当な「総括所見」に対する公開質問状を人権委員会委員長、韓国審査総括所見主査あてに、このほど提出しましたので、ご案内いたします。今回は、「親日反民族行為者財産没収の国家帰属に関する特別法」についてのレポートに絞った、質問状となっております。

なお、もう一つのレポート「韓国における反日の実態」は、『月刊Hanada セレクション』に全文が掲載されております。

誠意ある回答があるまで、追及していく方針であるということです。

 

公開質問状(原文): http://hassin.org/01/wp-content/uploads/ajkorea3.pdf

〃 (英訳):http://www.sdh-fact.com/CL/Open-Questions-to-CERD-for-Korea_.pdf

 

NGOレポート原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/ajkorea2.pdf

http://hassin.org/01/wp-content/uploads/ajkorea1.pdf

 

平成31年3月12日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

 

Open Questions to the CERD Concluding Observations on the Combined Seventeenth to Nineteenth Periodic Reports of the Republic of Korea on Jan. 10, 2019

 

Japan NGO Coalition against Racial Discrimination (JNCRD) submitted two NGO reports to the CERD in November 2018 concerning racism in Korea. One report was titled “Special Law on the Inspection of Collaborations for the Japanese Imperialism” and the other was titled “The Real Circumstance of Anti-Japanese Thinking in the Republic of Korea”, which were uploaded in the official CERD website:

 

https://tbinternet.ohchr.org/Treaties/CERD/Shared%20Documents/KOR/INT_CERD_NGO_KOR_33052_E.pdf

https://tbinternet.ohchr.org/Treaties/CERD/Shared%20Documents/KOR/INT_CERD_NGO_KOR_32993_E.pdf

 

However, “The Concluding Observations for the Republic of Korea” of January 10, 2019 completely neglected those two reports.

Against their unfair and wholly inappropriate Observations, two members of the Japan NGO Coalition against Racial Discrimination (JNCRD), International Research Institute of Controversial Histories (iRICH) and Academics’ Alliance for Correcting Groundless Criticism of Japan (AACGCJ) sent an open letter of protest to Professor Noureddine Amir, Chair of the CERD and to Ms. Gay McDougall, Country Rapporteur for the Republic of Korea:

 

URL: http://www.sdh-fact.com/opinion-article/1314/

PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Open-Questions-to-CERD-for-Korea_.pdf

Questions are welcome.

 

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact

Phone: 03-3519-4366

Fax: 03-3519-4367

Email moteki@sdh-fact.com

URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

 

=========================================================

3) 日本銀行メール配信サービス 2019-03-06

【挨拶】原田審議委員「わが国の経済・物価情勢と金融政策」(山梨)
http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2019/ko190306a.htm

【挨拶】黒田総裁「包摂的で持続可能な発展を目指して」(B20東京サミット)
http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2019/ko190315a.htm

バーゼル委が「暗号資産に関するステートメント」を公表
http://www.boj.or.jp/announcements/release_2019/rel190315c.htm

当面の金融政策運営について
http://www.boj.or.jp/announcements/release_2019/k190315a.pdf

======================================================================
本サービスに関するお問い合わせ:prd.hp-mds@boj.or.jp
======================================================================

=========================================================
4)【 内閣府経済社会総合研究所 】四半期別GDP速報(2018(平成30)年10-12月期・2次速報)

※ 雇用者報酬も家計貯蓄率も再集計の数値は増えている。

===================================================================
四半期別GDP速報(2018(平成30)年10-12月期・2次速報)は、3月8日(金)8:50に公表されました。
https://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/menu.html
===================================================================

▼お問合せはこちら
このサービスや内閣府 経済社会総合研究所ホームページに関するご意見・ご質問などは、
こちらからお寄せください。
https://form.cao.go.jp/esri/opinion-0002.html

【配信元】
内閣府 経済社会総合研究所 情報研究交流部
https://www.esri.cao.go.jp/

=========================================================

5) インターネット情報

【 経済 】

ゴーン氏の無罪確信、本来は日産内部で処理すべき問題=弁護士
http://ur2.link/TZMZ

こういう主張が結果としてゴーン容疑者の裁判を長引かせる事だろう。まあ、弁護士にとっては裁判は長いほうが儲かるとは言える。
元東京地検弁護士と言う事で、オームの麻原の弁護を引き受けた横山弁護士を思い出した。すっとぼけた風情の横山弁護士は麻原と面会して「クリスマスの頃には出られますよ」と言ったと伝えられた。

会社と言うのは何処の会社でも社長も従業員も結構、会社のカネをつまみ食いしているという噂は耳にする。普通はそれを問題にしょうとしても誰も証拠なんか提示しない。皆で白を切る。ゴーン容疑者の場合は会社と喧嘩したから他の従業員からバラされてしまった。そんな風に見える。留置場から出られたのは外国勢力からの警察への圧力だろう。日産と三菱はルノーを切るべきではないだろうか。何のメリットも無いから。メリットがあるのはルノーにだけ。それだと57%の株主には損害を与える事になる。もしそうであれば日産はルノーとゴーンに損害賠償を請求しなければならない事になる。外から見ているとそのように見える。

————————————————————————————————–
USTR代表:中国による追加購入だけでは通商合意には不十分   2019/02/28 05:40
Jenny Leonard、Andrew Mayeda
http://ur0.work/WvHN
米中経済摩擦は、中国の世界侵略資金を対米貿易黒字で捻出していたから、いずれはこういう事態になるのは必然だった。米国が中華侵略戦略を潰すつもりなら、多分そうなんだろうが、先ずは経済で中国を追い込み、貿易黒字を失くさせるまで手を緩めないと思われるし、チベット、ウイグル、南モンゴルなどの解放まで視野に入っているはず。経済摩擦はただの経済摩擦と考える人はネット上ではいない。新聞やテレビばかり見ていると、人間は馬鹿になる。財界は賄賂と接待に現を抜かして中国の行方を見損なって来たとしか思えない。

*****************************************************************************************************

【 日本 】
和牛の受精卵 中国に持ち出そうとした疑い 2人逮捕
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190309/k10011841471000.html

こう言う事をするのは、どうせ偽日本人だろう。

 

********************************************

【純日本人会 メルマガ 】
発行人 : 栗原茂男
純日本人会 http://www.junnihon.com/

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。
mail : info@sycorp.jp

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

********************************************

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください