2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

『 中国が公式に認めている「日本領の尖閣列島」』の続編

1)『 中国が公式に認めている「日本領の尖閣列島」』の続編

2) 北方領土が日本の領土である根拠



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



1)『 中国が公式に認めている「日本領の尖閣列島」』の続編

前回のメルマガ、ブログで掲載した『中国が公式に認めている「日本領の尖閣列島」』について質問が来て、英語版は無いのか?というもの。それで内閣官房に電話 (03-5253-2111) で問い合わせると丁寧に教えてくれた。

以下が内閣官房が教えてくれた件のページの辿り方。

内閣官房 領土・主権対策企画調整室のアドレス (英語版を希望する方は左の欄の「リンク先」の「ENGLISH」を選択すれば以降、英語版となります。)
https://www.cas.go.jp/jp/ryodo/index.html


一番下、左の「研究解説サイト」クリック
https://www.cas.go.jp/jp/ryodo/kenkyu/index.html

右下の「尖閣諸島に関する研究・解説サイト   尖閣諸島 研究・解説サイトへ」をクリック。
https://www.cas.go.jp/jp/ryodo/kenkyu/senkaku/index.html

左上の「尖閣諸島資料 ポータルサイト」をクリック
https://www.cas.go.jp/jp/ryodo/shiryo/senkaku/index.html

一番下の「尖閣諸島資料ポータルサイトを見る」をクリック。
https://www.cas.go.jp/jp/ryodo/shiryo/senkaku/index.html

「年代別一覧表示を見る」をクリック


「尖閣諸島資料ポータルサイト」/ 「年代別表示」をクリック
https://www.cas.go.jp/jp/ryodo/shiryo/senkaku/data/index.html


年代別表示 / 1920~1929を選択
https://www.cas.go.jp/jp/ryodo/shiryo/senkaku/data/index.html

S1920052000103    尖閣列島遭難 中華民国感謝状 玉代勢孫伴
S1920052000203    尖閣列島遭難 中華民国感謝状 豊川善佐


============================================================


2) 北方領土が日本の領土である根拠


日露和親条(1855年2月7日):千島列島(クリル列島)の択捉島と得撫島との間に定められたが、樺太については日露混住の地となった。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/j_russia_2005/2_1.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%9C%B2%E5%92%8C%E8%A6%AA%E6%9D%A1%E7%B4%84

樺太・千島交換条約(1875年5月7日):樺太での日本の権益を放棄する代わりに、得撫島以北の千島18島をロシアが日本に譲渡。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/j_russia_2005/2_2.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%BA%E5%A4%AA%E3%83%BB%E5%8D%83%E5%B3%B6%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E6%9D%A1%E7%B4%84

ポーツマス条約(1905年・明治38年9月4日):ロシアは樺太の北緯50度以南の領土を永久に日本へ譲渡。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hoppo/hoppo_keii.html

https://ja.wikisource.org/wiki/%E6%97%A5%E9%9C%B2%E8%AC%9B%E5%92%8C%E6%A2%9D%E7%B4%84
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%9E%E3%82%B9%E6%9D%A1%E7%B4%84

以上の経緯で、千島列島全島と南樺太は日本の領土となった。


 大東亜戦争後、大日本帝国はポツダム宣言を受諾し、日本列島部分の住民代表が所謂「民政府」を設立。それが「日本国」。「日本国憲法」は大日本帝国の帝国議会の場を借り、大日本帝国憲法の改正条項を利用して作った「基本法」であり、 ドイツ連邦共和国の憲法と同じく、主権国家の「憲法」ではない。

その「日本国」政府が連合諸国と結んだ平和条約が「日本国との平和条約 / Treaty Of Peace With Japan 」。ソ連(国体消滅後の継承国はロシア連邦)は署名していない。

「日本国との平和条約 / Treaty Of Peace With Japan(通称名はサンフランシスコ平和条約) 」では誰が日本国と条約を結んだか書いてない。つまり占領軍が占領地住民代表と結んだ条約であり、連合諸国側の文書だと言える。

その条約の 第一条(b)では「 連合国は、日本国及びその領水に対する日本国民の完全な主権を承認する。」とあるが、領空は書いてない。つまり空の占領は解除されていない。

第二条(c) では「 日本国は、千島列島並びに日本国が千九百五年九月五日のポーツマス条約の結果として主権を獲得した樺太の一部及びこれに近接する諸島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する。」とある。「樺太の一部及びこれに近接する諸島」の「権利、権原及び請求権を放棄する」とあるので、施政権は放棄しても主権は放棄していない。底地権は日本だが地上権は放棄すると条約に書いてある。そしてソ連・ロシアが施政権を保持するとは書いてないし、そもそも「日本国との平和条約」に署名していないから和平は成立していない。

日本とロシアが平和条約を結ぶなら、千島列島全島と南樺太の施政権返還が条件となる。領土問題の解決は短時間では殆どの場合ありえない。息の長い努力を放棄すればその民族は消滅するであろう。

ロシアは長大な国境線を中国との間に抱えている。しかも酷寒の地が多い。ロシア人は住みたがらないし維持する費用は莫大でロシア経済を蝕んできた。だから中国ではない東アジア諸国と友好関係を結び、開発してロシア人を増やしたい。

そんな状況下でロシアは日本と平和条約を結びたがっている。千島列島、南樺太を不法占拠したまま「俺達、友達だろう!仲良くしようぜ!」と言ってるようなもの。

それに応じるのが日本の利権屋。北方領土は千島列島の四島だけではない。四島から追い出された住民の子孫は四島をロシアに返してもらいたいだろうが、樺太を追い出された日本国民も多い。四島だけ返ってくれば樺太難民は如何でも良いと言うのか?

現代の戦争は軍事力だけが戦争ではない。丸山穂高衆議院議員が北方領土奪還について戦争の可能性を口にして質問し売国奴勢力から叩かれたが、民主主義はインチキで最終的には暴力が必要という共産主義国家に対処するには当然の質問だった。動画の丸山議員は酒を飲んでいたか否かは判らないが、酩酊状態には到底見えない姿だった。

ロシアは広い国土を持て余している。広い国土を維持する為に軍事に力を注ぎ、経済は成長の切欠をつかめない。欧州でもウクライナへの侵略で疲弊している。シリアなど西アジアでもゴチャゴチャやっている。このままの国家戦略ならやがてロシア連邦も解体せざるを得ないであろう。

日本はロシアの経済成長に手を貸すべきではない。北方領土は熟柿の落ちるのを待つ戦略が良いのであって、日ロ友好なんて言ってるのは利権屋としか思えない。

********************************************

【純日本人会 メルマガ 】
発行人 : 栗原茂男
純日本人会 http://www.junnihon.com/

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。
mail : info@sycorp.jp

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

********************************************

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください