A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

TPPを廻る日米の反対論こそ、中華世界侵略戦略の罠だった? -栗原茂男

1) TPPを廻る日米の反対論こそ、中華世界侵略戦略の罠だった?

2) 財務省HP新着情報 2018-02-23

3) 日本銀行メール配信サービス

4)内閣府経済社会総合研究所からの新着情報

5) 外務省ホームページ新着情報

6) 【 NPO法人百人の会 】  裕仁親王殿下(昭和天皇)御訪欧の記録映画

7) 【 NPO法人百人の会 】  『古事記』に学ぶ

8) SDHF  日本人に隠しておけない アメリカの崩壊(書評)

9) インターネット情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) TPPを廻る日米の反対論こそ、中華世界侵略戦略の罠だった?

2009年7月に国会が解散され、その年9月10日から2013年1月13日まで民主党政権が続いた。
それまで、永らく日本の政界で保守と見られてきた鳩山由紀夫、小沢一郎は政権を取るといきなり親米から親中へと姿勢を変えた。
彼らは以前からコリアンの噂が高かったのだが、親米、反共の姿勢がコリアン疑惑を隠蔽し「保守」として扱われてきた。

ところが、1980年代に日本の資金と技術を取り込んで経済成長を始めた中国が台頭し始めると、欧米での侵略異民族勢力が1990代に入ると21世紀は中国の時代と言い出し、内部から乗っ取ってきた米国さえも捨てて中国を新たな侵入先と決め、米国と対立関係に入る。

そこで鳩山、小沢の小鳩政権は中国へ擦り寄り。小沢は600名を越す訪中団を編成して対中土下座外交を開始。
「私は人民解放軍の野戦軍司令官」と自称したと伝えられたのもこの頃。

小沢や鳩山が親米、反共であっても反日だったから、親中に寝返れば簡単に反米、反日に変節する処はまるでコリアンそのもののようだ。

小鳩政権は中国の意向を汲んで東アジア共同体をぶち上げる。
これは宗主国の中国が両脇に日本と韓国を従えてアセアン・東南アジアを支配し、やがては世界制覇を目指す毛沢東以来の世界制覇妄想実現の第一歩のつもりだった。

小鳩政権の変節、裏切りに気が付いた米国は突如、2010年にTPPに入ると言い出した。
TPPは2006年にシンガポール・ブルネイ・チリ・ニュージーランドの経済小国4か国で始まった経済連携協定(EPA)である。
更にアメリカは日本も入れと誘い、オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、アメリカ、ベトナムの12ヶ国で交渉が始まった。

日本と韓国を従える東アジア共同体から始めて、次に東南アジアを制覇しようと言う中国はRCEPを推進しようとする。
東アジア地域包括的経済連携(:Regional Comprehensive Economic Partnership )は明らかに中華侵略主義の具体的構想である。

日本政府は、外交は将来何が起きるか解らないから中国ともテキトーに付き合いはするが、RCEPに本気とは思えない。
AIIBや一帯一路と同様に表立っての反対はしないがテキトーにと言うところだろう。

そういう一連の流れを眺めればおのずと日本が執るべき外交政策は明瞭である。
TPPは経済連携協定。
それは単なる自由貿易協定(Free Trade Agreement、FTA)とは違い、人の往来や各種認証制度など共通化するべく各国の主権にまで口出しして経済交流を深めようという協定である。
だから法治国家ではなく人治国家の中国の参加は到底無理。

つまりTPPは中国を排除した経済圏を作る方向となる。はっきり言うと対中包囲網である。

ところが、ところがである。何故か日本の保守は一斉にTPPに猛反対。
それどころか日本を強力に誘った当のアメリカの政治家たちも猛反対。

一昨年の大統領選挙でも候補者達はルビオ氏一人を除いて全員が反対していた。

***************************************************************************
TPP推進派はもうオバマだけ / Obama Is America’s Last Lonely Free Trader
2016年8月25日(木)15時30分
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/08/post-5711.php
***************************************************************************

これは一体、如何いう事か?
日本の「保守」はアメリカの陰謀だと言うし、アメリカの大統領候補達はアメリカ経済が輸入品にやられて打撃と成ると口々に主張していた。

考えられる事は中国が日韓を従えて東南アジアを制覇するRCEPの実現と、対中包囲網のTPPを絶対阻止せんが為に日米の「保守」層に食い込んで行ったのではないかと想像する。
と言っても「保守」の論客の個々に直接ささやくというより、周辺の人物たちにTPPの負の面を大げさに吹き込んだのだろうと思う。
トランプ候補の周辺人物の発言を読んでいると如何にもそんな風だった。

モンサントが如何とか、遺伝子組み換えが如何とかは杞憂に過ぎないことが結果として明瞭だった。
日本の官僚の交渉力は庶民が考えるほど弱くない、どころか世界最強である。それは日本の歴史に深く根ざす伝統が官僚を世界最強にしている。

米国政府は政治素人の大統領候補達の選挙公約に振り廻されてしまったが、首相公選制でない日本政府が頑張って、米国抜きの11カ国でとりあえず3月調印、来年発効と言う段取りまで進んだ。
その後に世界最大の経済大国の米国が参加する予定だろうと思われる。
トランプ大統領の発言からそう感じる。

TPP発効後に日本がトランプ大統領に軽い手土産を考えて持たせてやれば、トランプ大統領も米国で面子が立ち、多分TPPに参加する事になるのではないだろうか。

純日本人会では民主党政権の危険性を強く感じ、TPPについて元財務省キャリア官僚で元衆議員議員の松田学氏に論じていただいた。

今でも、かなり、ご参考となると思う。

*************************************************************************************************

「いまこそ必要な日本の国際戦略~ここがおかしいTPP反対論~」松田学氏 於:あてな倶楽部 2月14日

2015/02/21 に公開
講師:松田学氏 前衆議院議員

TPPについての詳しい説明
「いまこそ必要な日本の国際戦略~ここがおかしいTPP反対論~」

司会:栗原茂男 あてな倶楽部代表

*************************************************************************************************

「TPP興国論」 松田学氏 平成27年12月20日 於:あてな倶楽部

2015/12/22 に公開
講師:松田学氏 前衆議院議員
著書
『競争も平等も超えて―チャレンジする日本の再設計図』(財経詳報社・刊、2008年10月)
『TPP興国論』(KKロングセラーズ・刊、2012年2月)
『国力倍増論~もう大丈夫といわれる国にしたい~(創芸社・刊、2014年8月)

「TPP興国論」 松田学氏 平成27年12月20日 於:あてな倶楽部

*************************************************************************************************

==================================================

2) 財務省HP新着情報 2018-02-23

・特別会計ガイドブック(平成29年版)
http://www.mof.go.jp/budget/topics/special_account/fy2017/index.html

・平成30年度の国民負担率を公表します
http://www.mof.go.jp/budget/topics/futanritsu/20180223.html

・2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第一次発行分)を発行します
http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/2020_olyparagames/20180223.html

_______________________________________________________________

●財務省ウェブサイト
http://www.mof.go.jp/
●Facebook
http://www.facebook.com/MOF.Japan
●Google+
https://plus.google.com/#114755011782415457072/
●Twitter
http://twitter.com/#!/MOF_Japan
●YouTube
http://www.youtube.com/user/MOFJapan

●財務省へのご意見・ご要望は、以下のURLよりお願いします。
https://www2.mof.go.jp/enquete/questionnaire_jp.html

_______________________________________________________________

財務省メール配信サービスの変更、削除は以下のURLよりお手続きください。
変更 → http://www.mof.go.jp/e-service/modify1.htm
削除 → http://www.mof.go.jp/e-service/unsubscribe1.htm

_______________________________________________________________

==================================================

3) 日本銀行メール配信サービス

「市場調節に関する懇談会」(2018年第1回)の概要
http://www.boj.or.jp/announcements/release_2018/rel180223b.pdf

実質輸出入の動向
http://www.boj.or.jp/research/research_data/reri/index.htm

======================================================================
本サービスに関するお問い合わせ:prd.hp-mds@boj.or.jp
======================================================================

==================================================

4)内閣府経済社会総合研究所からの新着情報

===================================================================
<ESRI Discussion Paper Series No.344>
情報の硬直性と不完全な資本移動のもとでの経常収支動学は
2月23日(金)15:00に掲載されました。

http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis344/e_dis344.html

===================================================================

▼お問合せはこちら
このサービスや内閣府 経済社会総合研究所ホームページに関するご意見・ご質問などは、
こちらからお寄せください。
https://form.cao.go.jp/esri/opinion-0002.html

【配信元】
内閣府 経済社会総合研究所 情報研究交流部
http://www.esri.cao.go.jp/

==================================================

5) 外務省ホームページ新着情報

***************************************************************************************************

外国人の受入れと社会統合のための国際ワークショップ「外国人と進める地域の活性化」の開催
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005697.html

平成29年度 外国人の受入れと社会統合のための国際ワークショップ
「外国人と進める地域の活性化」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000336469.pdf

2018 年3 月1 日(木)13:30 ~ 16:30(開場13:00)
かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール
(東京都葛飾区立石六丁目33 番1 号)
外務省・国際移住機関(IOM)
会 場
主 催
後 援一般財団法人 自治体国際化協会(クレア)
「外国人と進める地域の活性化」
平成29年度
外国人の受入れと社会統合のための国際ワークショップ
チュンチョンナムド
言 語日英同時通訳(全席レシーバー有り)

***************************************************************************************************

山外務報道官会見記録
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_000654.html

シリアにおける軍事的緊張の高まりについて(外務報道官談話)
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/page4_003790.html

国際開発協会に対する円借款に関する書簡の交換
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005695.html

カザフスタン,キルギス,タジキスタン及びトルクメニスタンに対する無償資金協力に関する書簡の交換「中央アジアにおける暴力的過激主義防止のためのコミュニティ強靱化及び域内協力促進計画(UNDP連携)」
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005704.html

「協力プラン」の具体化に関する日露ハイレベル作業部会第2回会合の開催
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/rss/hoppo/page4_003791.html

女子差別撤廃委員会における対韓国審査に関する我が国の立場について(外務報道官談話)
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/page4_003792.html

WTO紛争解決「韓国による日本産水産物等の輸入規制」パネル報告書の公表
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005705.html

河野外務大臣会見記録
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_000655.html

「ODAちょっといい話」の更新(セルビア)
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/about/hanashi/page22_000826.html

2017年版開発協力白書の公表
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005707.html

日英共催ASEAN諸国向けサイバーワークショップ
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005709.html

第8回日イスラエル科学技術協力合同委員会の開催
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/dns/isc/page25_001252.html

第16回「気候変動に対する更なる行動」に関する非公式会合の開催(結果)
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005710.html

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===
新着情報メールサービスをご利用いただきありがとうございます。
本サービスの登録、削除及び電子メールアドレス変更は、下記の画面にて受け付けております。
http://www.mofa.go.jp/p_pd/ipr/page23_000994.html

外務省ホームページ日本語版
http://www.mofa.go.jp/mofaj/

==================================================

6) 【 NPO法人百人の会 】  裕仁親王殿下(昭和天皇)御訪欧の記録映画

チョー-貴重な映画の御案内
大正10年3月~9月の皇太子裕仁親王殿下(昭和天皇)御訪欧の記録映画です。最初で最後の機会です。お見逃し無く。
日時 2月27日(火)午後7時より約2時間 開場は6時30分、開場に間に合えば座れるはずです。
場所 東京国立近代美術館フィルムセンター大ホール
[住所]東京都中央区京橋 3-7 03-5777-8600
東京メトロ銀座線京橋駅下車、出口1から昭和通り方向へ徒歩1分
都営地下鉄浅草線宝町駅下車、出口A4から中央通り方向へ徒歩1分
東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅下車、出口7より徒歩5分
JR東京駅下車、八重洲南口より徒歩10分
入場料520円

==================================================

7) 【 NPO法人百人の会 】  『古事記』に学ぶ

各位

以下の通り「古事記」勉強会が開催されますのでご案内致します。
お誘い合わせの上ご参加ください。

日 時  3月1日(火)17:00~
場 所  平塚八幡宮(平塚市浅間町1-6)
JR・「平塚駅」北口から徒歩約7分
http://www.hachiman.org/ko-tu.html
テーマ  『古事記』に学ぶ 第11回
講 師  國武忠彦 先生
(昭和音楽大学名誉教授、高校教科書「最新日本史」編集長)
参加費  無料
主 催  平塚八幡宮(電話0463-23-3315 市川登志雄)

事務局  木上

==================================================

8) SDHF  日本人に隠しておけない アメリカの崩壊(書評)

<ブックレヴュー>

『日本人に隠しておけない アメリカの崩壊』(ハート出版)

2nd Civil War: The Battle for America

Max von Schuler マックス・フォン・シューラ

評者:Tadashi Hama タダシ・ハマ

栗原茂男 様,

原書はバイリンガル書です。パラグラフごとに英訳がつくという形式になっています。書評は、英語で書かれたものをここでは、日本語訳してご紹介します。

英語原文:http://www.sdh-fact.com/CL/2nd-civil-war.pdf

日本語訳:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Battle.pdf

原著者のマックス・フォン・シューラ―氏はドイツ系アメリカ人で、海兵隊員として来日し、その後日本に40年間以上滞在してますが、最近の米国の事情についてもきちんと把握しており、それだけに米国の現状に非常な困惑を感じ、日本人に警鐘を鳴らしています。著者が思春期・青春期を過ごしたのは1960年代でしたが、その時期に学校やマスメディアを含めた米国の体制が左翼のインテリたちにハイジャックされてしまった事実を回想し、さらに、彼らが現在なお米国の歴史を抹殺しようとしている現状を説明しています。

米国人でも保守層の中は、伝統的な米国がどんどん堕落しつつある現状を何とかしようと戦っている人が少なくないといいます。一方には伝統を愛する米国人がいて、一方には米国をラディカルに変革して、全体主義国家に変えてしまおうと企図している米国人がいる。この両極の間で、現在言論による戦争が継続していますが、これがやがて暴力を伴う戦いに発展しつつあることをフォン・シューラ―氏は指摘します。日本も今のうちに備えをしておかなければ、その戦いの余波を受けて、大きなダメージをこうむることになりかねない、とフォン・シューラー氏は警告しています。

平成30年2月23日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝

http://hassin.org

<Book Review>

2nd Civil War: Battle for Ame[u1]rica

Max von Schuler

He[u2]art Publishers, Tokyo, 2017

Reviewed by Tadashi Hama

German-American Max von Schuler arrived in Japan as a US Marine and ended up staying for over forty years. This is his second book, published by Heart Publishers, in bilingual form, following “An American Speaks: The Japanese History That Some Want Hidden,” the review of which was introduced in Newsletter No. 192.

He reflects on the leftist intelligentsia high-jacking of American institutions, including schools and the mass media, when he was growing up in the 1960s and on their ongoing erasing of American history. Conservative Americans are now fighting back against further erosion of their traditional America. Indeed, von Schuler suggests that the current war of words between traditional-minded Americans and those who want to radically transform America into a totalitarian state will escalate to a shooting war.

Von Schuler warns that Japan will get caught in the aftermath and suffer—if it does not prepare itself.

Book Review: HTML: http://www.sdh-fact.com/review-article/1132/

PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/2nd-civil-war.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact

Phone: 03-3519-4366

Fax: 03-3519-4367

Email moteki@sdh-fact.com

URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

==================================================

9) インターネット情報

【ついに始まるか】朝鮮総連中央本部に男が拳銃を発砲!! 2ch「家宅捜索せんとな」「朝4時に門に?すぐ右翼と名乗る? 自演だろ」
http://crx7601.com/archives/53019156.html

竹島の日式典会場で韓国人が暴れる!!!! 馬鹿か!!!! パトカーに乗せられ強制退去!!!! 愚かな反日テロリストは処分あるのみ!!!! 2ch「なぜ入国させたのか」「敵でしかない」「死刑にしろ」
http://www.news-us.jp/article/20180223-000007k.html

テレビ朝日「フジテレビになりたくない・・・」在日韓国人の通名報道を中止へ!!!!

テレビ朝日「フジテレビになりたくない・・・」在日韓国人の通名報道を中止へ!!!!

********************************************

【純日本人会 メルマガ 】
発行人 : 栗原茂男
純日本人会 http://www.junnihon.com/

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。
mail : info@sycorp.jp

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

********************************************

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA