A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

台湾民政府情報 : 11月末ごろ台湾民政府と米国政府が協議の予定 -栗原茂男

1) 台湾民政府情報  - 11月末ごろ台湾民政府と米国政府が協議の予定

2) 財務省HP新着情報 2017-11-20

3) 日本銀行メール配信サービス 2017-11-20

4) 外務省ホームページ新着情報

5) 森の駅メルマガ第98号★第26回市民フォーラムご案内「​宮崎県の飫肥杉で作る手回しオルゴール」

6) 【 NPO法人百人の会】 盲学校弁論大会で全国準V 高3大橋さん加西市が表彰

7) 【 NPO法人百人の会】 DVD「めぐみ」上映会が実現!! 川西市長宛「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」要望書の返事

8) 【 NPO法人百人の会】 初任給40万円、中国・華為になびく技術者たち

9) 【 NPO法人百人の会】 勤労感謝の日には自然の恵みへの感謝をこめて国旗掲揚を

10) 【 NPO法人百人の会】 国連演説の翁長知事を提訴へ 沖縄の有志 資格外で「公費返還を」

11) 【 NPO法人百人の会】 理工系から見た表現論の貧困とその産業技術への害悪

12) 【 NPO法人百人の会】 「立憲主義」「リベラル」とは何か?

13) インターネット情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 台湾民政府情報  - 11月末ごろ台湾民政府と米国政府が協議の予定

去る11月11日台湾民政府の公式サイトに、「第4回中央衆参議院臨時会議」及び「第3回各州衆参議会臨時会議」の模様の写真が掲載されている(下のURL)。
台湾民政府は中央に衆議院及び参議院という二院制の議会、六つの各州に衆議会及び参議会という同じく二院制の地方議会を置いており、今回の臨時会議において話し合われた具体的な内容は公開されていないが、伝わるところによれば今月の末頃に催される予定となっている台湾民政府と米国側との間の第二回協議に関連した内容であったようであり、台湾民政府への政権委譲を間近に控えて着々と準備が進められていることが窺える。
米国側との間の第二回協議がどのような結果になるのかも非常に気になるところではある。

「第4回中央衆参議院臨時会議」及び「第3回各州衆参議会臨時会議」の模様
http://usmgtcgov.tw/forum/topics/2017-11-11

現在、東アジアでは北朝鮮情勢を巡って緊張が高まっていて、米国の空母が日本海に3隻も来ている。

そして、グアム島近海にも1隻で、合計4隻も東アジアに来ている。
米国保有の空母は12隻で、平時はその3分の1の4隻が世界中で展開している。

ロシアは保有する空母は1隻のみで、中国はウクライナから購入した中古空母一隻と今年になって浸水した空母の二隻だから、米軍の空母4隻は如何に異常かが解る。

たかが北朝鮮ごときの為に本当に空母4籍なのだろうか?

台湾が日本領で米国の占領地、台湾人は日本人である、中華民国政府は台湾人の国籍強制変更の損害賠償をせよ!と言う判決が米国連邦最高裁で下されれば米国政府は司法の判断に従って、台湾統治を「中華民国政府」集団への代理占領依頼から本土台湾人への政権委譲を実行するであろう。

その時、中華侵略主義の中国は如何するか?台湾にはすでに2年前から米軍が基地を置いて大群が駐留している。
そして空母4籍が近くに居る。

法と正義への決意をコソ泥中国に対して米国が見せ付けているように見える。

北朝鮮よりも、そっちの方がよほど緊張が高まっているように思う。

その時、中華侵略主義の中国は如何するか?台湾にはすでに2年前から米軍が基地を置いて大群が駐留している。

そして空母4籍が近くに居る。

法と正義への決意をコソ泥中国に対して米国が見せ付けているように見える。

北朝鮮よりも、そっちの方がよほど緊張が高まっているように思う。

その時、中華侵略主義の中国は如何するか?台湾にはすでに2年前から米軍が基地を置いて大群が駐留している。

そして空母4籍が近くに居る。法と正義への決意をこそ泥中国に対して米国が見せ付けているように見える。

北朝鮮よりも、そっちの方がよほど緊張が高まっているように思う。

========================================================

2) 財務省HP新着情報 2017-11-20

・税制調査会(第16回総会・11月20日開催)会議資料を掲載しました【内閣府ホームページ】
http://www.cao.go.jp/zei-cho/gijiroku/zeicho/2017/29zen16kai.html

・税制調査会(第16回総会・11月20日開催)審議中継【内閣府ホームページ】
http://www.cao.go.jp/zei-cho/chukei/

・貿易統計(平成29年10月分速報)【税関ホームページ】
http://www.customs.go.jp/toukei/latest/index.htm

・財政投融資の実績(平成29年度)
http://www.mof.go.jp/filp/reference/zaitojisseki/h29_zaitoujisseki.htm

・財政融資資金現在高(平成29年10月末)
http://www.mof.go.jp/filp/reference/flf_balance/zaiyuu/zaiyuu2910.htm

・戸村肇様から「決済の経済学から見た電子決済と金融システム」についてご講演いただきました
http://www.mof.go.jp/pri/research/seminar/lmeeting.htm#01

・日本の所得格差に関する議論と所得要素による所得格差の寄与度分解(「ファイナンス寄稿」)
http://www.mof.go.jp/pri/research/special_report/index.html#01

・麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣繰上げ閣議後記者会見の概要(平成29年11月2日(木曜日))
http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20171102.htm

・麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣繰下げ閣議後記者会見の概要(平成29年11月1日(水曜日))
http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20171101.htm

・平成28年度決算の国会提出
http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/account/fy2016/ke2911.html

・平成28年度決算の説明
http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/account/fy2016/ke_setsumei28.html

・普通財産(未利用国有地)の状況
http://www.mof.go.jp/national_property/summary/property_audit/index.htm

・麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要(平成29年11月7日(火曜日))
http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20171107.htm

・麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要(平成29年11月10日(金曜日))
http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20171110.htm

_______________________________________________________________

●財務省ウェブサイト
http://www.mof.go.jp/
●Facebook
http://www.facebook.com/MOF.Japan
●Google+
https://plus.google.com/#114755011782415457072/
●Twitter
http://twitter.com/#!/MOF_Japan
●YouTube
http://www.youtube.com/user/MOFJapan

●財務省へのご意見・ご要望は、以下のURLよりお願いします。
https://www2.mof.go.jp/enquete/questionnaire_jp.html

========================================================

3) 日本銀行メール配信サービス 2017-11-20

実質輸出入の動向
http://www.boj.or.jp/research/research_data/reri/index.htm

金融研究所 英文機関誌 Monetary and Economic Studies (第35巻)
http://www.boj.or.jp/research/imes/mes/mes_e.htm

CEATEC JAPAN 2017における河合FinTechセンター長講演(10月6日)の模様
http://www.boj.or.jp/announcements/release_2017/rel171120a.htm

報告省令レート(12月分)
http://www.boj.or.jp/about/services/tame/tame_rate/syorei/hou1712.htm

FSBが「グローバルなシステム上重要な銀行(G-SIB)の2017年リスト」を公表
http://www.boj.or.jp/announcements/release_2017/rel171122a.htm

======================================================================
本サービスに関するお問い合わせ:prd.hp-mds@boj.or.jp
======================================================================

==============================================================

4) 外務省ホームページ新着情報

日中経済パートナーシップ協議(次官級会合)の開催(結果)
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005279.html

原子力エネルギーに関する日仏委員会第7回会合の開催
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005280.html

第27回国連軍縮会議の開催
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press1_000193.html

「日独フォーラム」第26回合同会議の開催(結果)
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005287.html

対日理解促進交流プログラム JENESYS2017 招へいプログラム第11陣(対象国:カンボジア,ラオス,ミャンマー,タイ及びベトナム,テーマ:日メコン5か国産業交流)
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005277.html

JENESYS2017等招へいプログラムの実施(対象国:アジア15か国・地域,テーマ:文化・芸術)
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005285.html

特定通常兵器使用禁止制限条約自律型致死兵器システムに関する政府専門家会合の開催
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005290.html

対日理解促進交流プログラム JENESYS2017 招へいプログラム第11陣 (対象国:インド第2陣,テーマ:日本語コミュニケーション・日本文化交流)
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005291.html

対日理解促進交流プログラム JENESYS2017 招へいプログラム (対象国:SAARC 第1陣,テーマ:経済協力)
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005292.html

河野外務大臣会見記録
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_000598.html

堀井学外務大臣政務官の日露青年交流事業「日露青年フォーラム2017」への出席
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005294.html

北方四島周辺水域における日本漁船の操業に関する協定に基づく政府間協議及び民間交渉の延長
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press11_000035.html

「ODAちょっといい話」の更新(エクアドル)
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/about/hanashi/page22_000732.html

河野外務大臣会見記録
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_000599.html

ギニアビサウに対する国連世界食糧計画を通じた無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005299.html

サウジアラビアによる日本産食品の輸入規制撤廃
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005301.html

デイリー・スター紙(バングラデシュ)による河野外務大臣インタビュー
—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/p_pd/ip/page4_003470.html

> アジア欧州会合(ASEM)第13回外相会合
>  —–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/ep/page4_003471.html

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

外務省ホームページ日本語版
http://www.mofa.go.jp/mofaj/

========================================================

5) 森の駅メルマガ第98号★第26回市民フォーラムご案内「​宮崎県の飫肥杉で作る手回しオルゴール」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「森の駅発」メルマガ  NO.98    2017 October

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★ 第26回森の駅発市民フォーラムご案内 西村 一孝

「宮崎県の飫肥杉(オビスギ)で作る手回しオルゴール」

★ シリーズ「想いを形に」No.6 岡本 守生

「木の住まいでの健康を楽しもう」

★ 世界の森文化 今月はJALカード会員誌アゴラ10月号の掲載記事を紹介

「シェフと森歩き from Helsinki」森下 圭子(翻訳家)

★ 開発商品「命守(いのちもり)」と展示場のご案内 市川 皓一

「日常生活も 健康 快適に住める 耐震シェルター・命守」
★ 新・連載エッセイ/山小屋登山隊レポート–2 大森 明
「こんなところまで鹿の食害!」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★ 第26回森の駅発市民フォーラムご案内 西村 一孝

「宮崎県の飫肥杉(オビスギ)で作る手回しオルゴール」

——心地よいなつかしい光景が思い浮かぶ、やさしい飫肥杉の音色——

今回は宮崎県在住の岩満國吉さんをお迎えして、地元飫肥杉の魅力を、

「オルゴール」を通じてお伝えします。

また、川越市在住のMaine(せき まいね)さんの、オルゴール演奏も

予定していますので、お楽しみにしてください。

日時 平成29年11月27日(月)18:30〜21:00

場所 ベニーレベニーレ 渋谷区神宮前4–31–10 YMスクエア原宿6F

定員 先着30名様(ご参加の意思表示を担当までお願い致します)

会費 3,000円(軽食・ドリンク付)

担当 森の駅発市民フォーラム委員会 西村  nishimura5114@yahoo.co.jp

※岩満國吉さんのご活動に関しましては下記ホームページをご覧下さい。

木族飫肥杉共鳴

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★シリーズ「想いを形に」No.6 岡本 守生

「木の住まいでの健康を楽しもう」

2014年7月末に発表された平均寿命は、男性80.21歳、女性が86.61歳。

これは死亡年齢の平均ではないことは承知していますが、

医療水準の向上などに合わせて、平均寿命は延びています。

この為に、医療費や介護費は50兆円も使用されているのが実情です。

また、平成22年に厚生労働省が発表した健康寿命は下記の通りです。

男性70.42歳 平均寿命との差 約10年。

女性73.62歳 同じく 約13年。

なお、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活出来る期間、

とありますが、病気を持っていても、人の手を借りず

自立した生活の出来る方は健康とみなされています。

さらに寝たきり老人の期間は、男性が5年、女性が7年と以前からの噂。

(出所不明)この噂と併せますと、平均寿命と健康寿命との差の約半分

の期間は、寝たきり老人と言うことでしょう。

この原因は何に由来するのでしょう?

是非解明して欲しいと思っています。

とりわけ、反自然的な衣食住と、不摂生な生活によるものが多い。

と判断していますが、学術的な根拠が欲しいものです。

生活生協等の市民運動を伴った活動で、

自然な食と衣については、自然への回帰が確認されていますが、

自然な住まいについては、まだまだこれからです。

住宅では未だ恰好や利便性を求める生活者・市民が、残念ながら多く、

木材もどきに囲まれて、化学製品や接着剤にまみれた24時間の生活が、

室内シックハウス症候群を含め、不健康をかなり招いていると思います。

しかし寝たきり老人に対する、過去の住まいの調査や、

科学的な実証実験がされていない現在では、説得力がなく残念です。

せめて、都会生活者だったのか、田舎の生活者だったのか?

コンクリートの住宅だったか、一戸建住宅だったのか?

なお言えば、それは旧住宅なのか、新住宅なのか?

等々のデータが欲しいものです。

…次号へ続く

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★ 世界の森文化

過日アゴラ(JALブランドコミュニケーション発行月刊誌)を読んでいたところ

フィンランドの森を楽しむ、短いけれども心惹かれる記事に出会った。

当メルマガ読者も興味を持つに違いないと、編集部へ転載許可のお願いをしたら、

快く対応、記事を書かれた森下圭子さんの許可までも得て下さった。感謝です。

森下圭子さんは、フィンランドが生んだ世界的ファンタジー童話ムーミンと、

その生みの親トーベ・ヤンソンの研究者として、すでによく知られています。

ヘルシンキに在住し、その生活や芸術の魅力を、様々なメディアを通して紹介、

映画「かもめ食堂」のアソシエイトプロデューサーもされています。

折しも今年はフィンランド独立100周年。日本でもフィンランド・デザイン展が

府中市美術館(9/9〜10/22)と宮城県美術館(10/28〜12/24)で開催されている。

「シェフと森歩き from Helsinki」森下 圭子(翻訳家)

飛行機がフィンランド上空にさしかかると、眼下に森が広がる。森と湖

の国と呼ばれるフィンランドの人たちにとって、森は暮らしに欠かせない

存在である。もともと経済的にも森に頼っており、1950年代までは、実に

人口の7割以上の人たちが、酪農と林業で生計を立てていた。現在フィン

ランドの国土に占める森の面積は78%。これはヨーロッパ最大でもある。

時代と共に経済活動に変動があったにもかかわらず、森はいまだ圧倒的な

存在なのだ。

森が今もなお大切に育てられ、人々の暮らしに欠かせないのは何故か。

理由の一つに「自然享受権」がある。簡単にいうと、誰が所有する森であ

れ、人々は自由にそこを行き来できるという権利だ。さらに誰の森であれ

毎年繰り返し実るもの――例えばブルーベリーなどのベリー類や、きのこ

なども自由に採っていい。

戦後に人口が都市部に集中と、人々は、かつての暮らしを懐かしむよう

に、森の中に小屋を建てだした。電気も水道もない質素なものも多いが、

森で休暇を過ごすことを最高の贅沢とし、自然に近い暮らし方をすること

で、日常の疲れを癒すという。

森での時間の過ごし方や楽しみ方は人それぞれだが、今「ちょっとこだ

わった贅沢な遊び方」が注目されている。プロの手を借りて、森を新しい

視点で楽しもうというものだ。

例えば森を案内してもらいながら、ミシュランの星をもつシェフの料理

を、焚き火を囲んでいただく、というのもそう。

マルクス・マウラヴィルタ氏は、フィンランドでミシュランの星を獲得

した二人目のシェフと言われている。彼がレストランを移るとミシュラン

の星がそちらに行くということで、“ミシュランシェフ”と呼ばれてきた。

フィンランドのトップシェフとして彼がこだわったのは、フィンランドで

最高の素材探しだった。

もともと子どもの頃から森で過ごす時間が大好きだったそうだが、素材

を追求するうち、きのこやベリーやハーブなど、森に自生する食材を見直

すようになった。森の恵み、これぞフィンランドが誇るべき食材ではない

か。森をもっと本格的に勉強したい。氏はレストランという職場を去った。

森について学び、ガイドの資格も取得したマウラヴィルタ氏は、鳥や草

花の名前はもちろん、食料飢饉の時に人々がどんな木の皮を使ってパンの

代用品を作っていたか、どんな苔をスープにしていたかを具体的に教えて

くれる。秋ならきのこがある。食用か否かを教えてくれるだけでなく、調

理や保存方法のアイデアなど、シェフの技を次々と教えてくれる。

国や町が所有する森であれば、フィンランドではたいがい焚き火のでき

る場所がある。シェフとの森歩きの目玉はこれで、焚き火を使い、森の恵

みを使った料理を振る舞ってくれるのだ。メニューはガイドをお願いする

際に相談もできる。フィンランドらしい食材と森の恵みとお願いしてもい

いし、あるいは一緒に調理したければ、それも可能。

フィンランドの自然を学びながら、森の恵みを使った一流の料理を堪能

できる時間。森と湖の国フィンランドならではの贅沢なひとときといえる

だろう。

JAL会員誌アゴラ(10月号)に連載中の、世界各地のライターが執筆するWorld Scopeという

コラムに、カラー写真と共に掲載されましたが、紙面の関係でテキストのみご紹介しました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★ 開発商品「命守(いのちもり)」と展示場のご案内 市川 皓一

「日常生活も健康 快適に住める耐震シェルター・命守」

今まで3回にわたり、当協議会の健康住宅研究会が開発した、大切な家族

の命を災害から守るリフォーム商品「命守」を紹介してきました。最近は

いつ起きるか分からぬ不穏なニュースが多く、シェルター自体に多くの関

心が高まっていますが、シェルターの大事な点は生活圏にありいざという

時にすぐ避難できる事。そして庶民の財布にもやさしい事。

ぜひ一度「命守」をご覧頂き、既存の戸建住宅内に設置する特徴と

仕上がりの良さを皆様の目と肌で体感し、実感してみて下さい。

展示場はふたつの路線駅からも近く、アクセスの良い都内にあります。

『耐震健康シェルター・命守(いのちもり)』9つの約束

❶ 対耐震性 公的機関耐震実験済み。強固な木造モノコック構造。

❷ 耐炎構造 耐火ボードで外装包囲、地震後に発生する火災から

延焼を防止。

❸ 煙害対策 床下給気ファンを標準装備、火災時の煙害にも安心。

❹ 価格150万円~ 高品質シェルターを組立費込の低価格で実現。

❺ 工事最短3日間 短期間の工事で、引越しの必要がなく合理的。

❻ 日本の森を守る 総国産材、林業に利益還元、国土を守ります。

❼ 低温乾燥木材使用 樹木本来の調湿機能と抗菌防虫で健康に。

❽ 鹿沼職人の伝統技術 仕上がり美しく信頼出来る日本の匠。

❾ 現有戸建住宅内にインセット 寝ている間の地震にも安心。

☞ その機能と仕上がりを 住宅内の設置で実際に確認!

■ モデルルーム展示場/旧渡辺邸 荒川区東尾久6−52–11

*都電荒川線・JR日暮里舎人ライナー:熊野前徒歩2分。

■ 見学のお問合せ/木っず(鹿沼健康住宅推進協議会)

Tel.0289-77-5810 E-mail: kkz@mr-woodman.co.jp

■ 商品詳細/森の駅発 健康住宅サイト → 耐震健康シェルター

http://www.moriniaisareruie.com/taishin.html

〈巻末に「旧渡辺邸にインセットされた命守」の写真がありますので是非ご覧下さい。〉

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★新・連載エッセイ/山小屋登山隊レポート–2 大森 明

「こんなところまで鹿の食害!」

南アルプス・三伏峠から烏帽子岳に続く登山ルートにある「お花畑」は

鹿除けの高い柵で囲われていた。

下界だけでなく、この標高2600m前後の高山帯でも鹿の食害は深刻だった。
資料を見ると1990年前後はこの付近では鹿の食害は目立たなかったが、

今では高い柵で囲って保護しないと

高山植物が鹿に食べられてしまうとのこと。

原因は、手入れが行き届かなくなった里山や休耕地で、

エサを十分に確保できて鹿が増えたこと、

地球温暖化による鹿の冬期死亡数減少と積雪減少による生息域拡大、

猟師の方々の高齢化による鹿の捕獲数減少など、

結局は人間の営みに影響されたものが多い。

思えば、昨年の南八ヶ岳縦走登山時にも

コマクサの群落は高い柵に囲われていた。

こちらも標高2700m前後の高山地帯。

生物多様性や生態系保全の観点からはもちろんだが、

やはり高山地帯には高山植物やライチョウが似合う。

南アルプスの雲上の尾根道が

鹿の糞と鹿が食べない草ばかりではガッカリだ。

当方は見たことはないが、食害が進むと

土壌流出・斜面崩落のリスクもあるらしい。

ちょうど先日、あるテレビ番組で見たのだが、

もし日本が山のない平坦な地形であったら、

もっと乾燥した気候の島になっていたという。

小さな島国だが、せっかく与えられた豊かな自然環境を

有害物質で汚したり、壊したりせず、後世に引き継いでいくのは、

山や森の恩恵を受けてきた者の役目だと思う。

しかし、登山時に四輪駆動ガソリン車でブイブイと林道を走って

地球温暖化に「貢献」している自分が後ろめたい。

〈巻末に筆者撮影「鹿食害対策の柵(南アルプス三伏峠付近)」の写真があります。ご覧下さい。〉

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

森の駅推進協議会では、日本の森林産業停滞の解決へ向け、森の駅発と称し、

下記の活動を行っています。あわせてご参照の上、お役立て頂ければ幸いです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1「市民フォーラム」開催:

日本の森と日本の森が産み育てる国産木材、それを活かす健康な住環境をはじめ、

生活者の目線で市民の皆様の理解をすすめる講演会を広範囲な視点から企画開催。

内容や開催日など当メルマガ(下記3)でお知らせします。

2「健康住宅/森の駅発」の活動:

日本の森を元気にする!住む人を元気にする!住まいづくりのため集まったプロ

集団が「森に愛される家」を普及します。イベント情報もお届けします。

http://www.moriniaisareruie.com/

3「メールマガジン/「森の駅発」メルマガ」発行:

フォーラムや研究会のお知らせを、原則として毎月1回発行しています。

このメールマガジンのお問合せはこちらまで:happysun9@gmail.com

4「フェイスブック」の発行:

森の駅発のフェイスブックでも発信しています。仲間を募集しています。

https://www.facebook.com/健康住宅森の駅発-110930398990272/

5 ホームページの掲載:

上記の実績や森の駅推進議会全般については、森の駅発のHPをご覧下さい。

http://www.morinoekihatsu.net/

6 お問い合わせ先;森の駅推進協議会

morinoekihatsu@m01.itscom.net

○● メールアドレスの変更、メルマガの解除はこちらまで。

happysun9@gmail.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

写真 上:命守モデルルーム
写真 下:大森氏撮影「鹿食害対策の柵(南アルプス三伏峠付近)」
埋め込み画像 1
埋め込み画像 2

========================================================

6) 【 NPO法人百人の会】 盲学校弁論大会で全国準V 高3大橋さん加西市が表彰

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!
▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

大橋実華さんは、弊百人の会大橋寛至氏のお嬢様です!   増木
——————————————————————–

2017/11/3 05:30神戸新聞NEXT
盲学校弁論大会で全国準V 高3大橋さん加西市が表彰

印刷

大橋実華さん
拡大
大橋実華さん

兵庫県加西市は、第86回全国盲学校弁論大会全国大会で準優勝した県立視覚特別支援学校(神戸市垂水区)高等部3年大橋実華さん(17)=加西市田原町出身=に市さわやか市民賞を贈った。

九会小学校(同市中野町)に通っていた大橋さんは2年の時、強度弱視になった。音楽が好きだったので、加西中学校で吹奏楽部に入部。クラリネットを担当したものの、後輩から楽譜を指さして質問されても答えられず、弱視を隠している自分に嫌気が差していたという。

しかし、テレビ番組で難病でも強く生きる少女を見て、自分を変えようと決意。勇気を出して友達に協力を求め、吹奏楽のコンクールで金賞を獲得した。卒業後は特別支援学校に進学し、寮生活を送る。

6月に開かれた弁論大会の近畿地区予選で優勝。全国大会ではこれまで感じてきた思いを話し「今の私があるのは吹奏楽部での経験があったから」と語ったという。「中学時代よりも自信が持てるようになった」と大橋さん。大会準優勝の副賞として贈られた中国旅行を楽しみにしている。(森 信弘)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第86回全国盲学校弁論大会 準優勝 兵庫県立視覚特別支援学校高等部普通科3年・大橋実華

2017年10月29日 16時47分(最終更新 10月29日 16時47分) 毎日

[PR]
心のハーモニー 大橋実華(17) 近畿代表

皆さんは、「障害を受け入れて生きる」とは、どういうことだと考えていますか。今の私にとって、それは「ありのままの自分を隠さず生きる」ということです。

私は小学校2年生の時に、視神経髄膜炎という病気で突然、強度弱視になりました。しかし、子どもだった私は、深くは受け止めていませんでした。

地元の中学に進学し、音楽が好きな私は、吹奏楽部に入部しました。楽器はクラリネットで、演奏することは楽しく、楽譜が見えないため、暗譜をするなどの苦労はありましたが、毎日が充実していました。最高学年になると、パートリーダーを任され、責任感と、後輩の手本になりたいと、強い意気込みでいっぱいでした。

ある日、後輩が、「分からないところがあるんですけど」と、楽譜を指さします。しかし、音符が見えない私は、とっさに、「ごめん、そこ難しいやろ。私も分からへんねん」と答えてしまいました。その瞬間、後輩の前で、楽譜に目を擦り寄せて見るのが、悔しく、恥ずかしく、「私は目が悪いんだ」という現実がグサリと胸に突き刺さったのです。
合奏練習の時には、
その場で楽譜を渡されることも多く、
私が全く吹けなくて、
パート全体が叱られることもありました。
自信を失った私は、自分のせいでまわりに迷惑をかけていることがつらく、
ただ、自分のふがいなさを責め続けていました。

自分が病気であることを隠したい。私なんて大嫌いだ。家に帰っても、「なんで私だけ目が見えへんの」「目が見えとったら、ちゃんと教えてあげれるのに」という思いばかりが頭の中を渦巻きます。この思いを誰かに聞いてほしい。けれど、口に出すことはできませんでした。

そんなある日、ふと、一本のドキュメント番組に引きつけられました。一人の重病になった少女が、「私が病気になってつらい思いをしているのは、お姉ちゃんの代わりなんだ」と語っていました。ハッとしました。私には「なんで病気になったのはお姉ちゃんじゃなくて私なんやろう」と思った時があったからです。彼女はなんて強いんだろう。
その瞬間、
何かがふっきれたように
「病気になったのは仕方がないんだ、
も強くならなければ!!」と思いました。

このままではいけない。ある日、勇気を持って同じパートの友達に、「数字見えへんから、針合わしてくれへん」とメトロノームを渡しました。するとその子は「うん、ええよ」とごく自然に答えてくれました。「こんなにも簡単なことだったんだ」。本当にうれしかった。友達の自然な態度に、体中の力が抜けるような安心感を覚えました。

その時から、テンポを変える時にも何気なく声をかけてくれるようになりました。そんな仲間たちと作り上げた音楽は、コンクールで金賞を取ることができました。一生忘れられない大切な思い出です。

高等学校は、視覚特別支援学校を選びました。毎日気を張って、必死で生きていくことに疲れていたのかもしれません。同じ障害を持っている人たちと生活したいと考えて入学しました。配慮ある生活の中で安心して授業を受けることができ、のびのびと意見を言います。飾らない自分を出して過ごすことができました。しかし、
この世界から巣立つ時は必ずやってきます。

今の私に「ありのままの自分を隠さず生きる」覚悟はできているでしょうか。私は自分の障害を完全に受け入れることができていません。白杖(はくじょう)を持つことに戸惑いがあったり、さまざまな場面で「恥ずかしい」と感じてしまうことがあるのです。しかし、一歩ずつ、少しずつそんな自分を変えていきたい!と思いながら生きています。

今の私があるのは、吹奏楽部での経験があったからこそです。この先もずっと音楽と関わっていきたい、演奏し続けて、音楽の素晴らしさを伝えていきたい。

そして、たくさんの人々と出会い、人を大切にし、心を通い合わせ、美しい心のハーモニーを奏でて生きていきたいです。

ご清聴ありがとうございました。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

【発信責任者】
『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫
〒565-0874  大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F
TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

========================================================

7) 【 NPO法人百人の会】 DVD「めぐみ」上映会が実現!! 川西市長宛「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」要望書の返事

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!
▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

地道な活動に敬意を表します!     増木
———————————————

DVD「めぐみ」上映会が実現!! 川西市長宛「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」要望書の返事

NEW!2017-11-17 22:10:18

テーマ:
ブログ

〇川西市長 ○川西市市民生活部人権推進室
○川西市教育推進部学校教育室 学校指導課 から要望書に対する返事がきました。

川西市において啓発DVD「めぐみ」の上映が決定しました!

下記が回答です。
このたびは「市長への提案」をいただき、ありがとうございます。
中曽様からいただきました「『北朝鮮人権侵害問題啓発週間』に関する要望書」に
対しましてお返事させていただきます。

本市では、北朝鮮当局による拉致問題が重大な人権侵害であり、喫緊に解決される
べき問題であるとの認識のもと、人権問題における重要課題の一つとして、国(法務
省等)・県などとの連携を図りながら、本年度も啓発週間を中心にした啓発活動を実
施する予定です。

◆参考に本年度の実施予定事業を記載します。

平成29年度「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」における実施事業(予定)について

1啓発資料による周知・広報(広報誌による周知・広報)
・12月1日発行
・川西市内全戸配布
・「広く拉致問題についての関心と認識を深めるため、啓発週間のPR記事を掲載。」
・配布物  広報じんけん
・配布数 69,000部
2啓発資料による周知・広報(ポスターの掲示・チラシの設置)
・通年及び啓発週間
・市庁舎内
・「広く拉致問題についての関心と認識を深めるため、市役所1階ロビー等で啓発ポ
スターの掲示及びチラシの設置を行う。」
3ホームページによる周知・広報
・啓発週間
・川西市人権推進室ホームページ
・掲載内容  啓発週間の主旨、啓発事項
4啓発物品による周知・広報
・12月7日~
・川西市内
・「広く拉致問題についての関心と認識を深めるため、啓発グッズを媒体とする周知
(啓発週間のPR)を実施。」
・配布物 卓上ミニカレンダー(川西市作成)
・配布数 1,000部
5啓発DVD「めぐみ」による周知・広報
・12月15日
・川西市総合センター
・人権啓発ビデオ上映会において「めぐみ」を上映

また、各学校では、拉致問題について指導するにあたり、社会科で扱われている内
容との関連を踏まえ、道徳、特別活動、総合的な学習の時間等において、アニメ「め
ぐみ」や兵庫県人権教育資料「ほほえみ」「きらめき」等を活用し、拉致問題に対す
る理解を深めています。
今後も、児童生徒の発達段階や学校・地域の実態に応じて、拉致問題に対する理解
を深めるための取り組みを推進したいと考えます。

以上につきまして、ご理解賜りますようお願い申しあげます。

平成29年11月17日

中 曽  千 鶴 子 様

川西市長 大 塩  民 生

担当所管 ○市民生活部人権推進室

○教育推進部学校教育室
学校指導課

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

【発信責任者】
『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫
〒565-0874  大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F
TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

========================================================

8) 【 NPO法人百人の会】 初任給40万円、中国・華為になびく技術者たち

https://ameblo.jp/ryobalo/entry-12329397165.html
Jelly(中谷良子)のブログより

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!
▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

初任給40万円、中国・華為になびく技術者たち

NEW!2017-11-18

テーマ:
スパイ

日本企業の不正や、相次ぐ不祥事の流れとともに、垂れ流され続ける日本の技術、欲のために大和魂を簡単に売ってしまう日本の技術者たち、そしてそのスパイ製品を売りつける孫正義。支那に飲み込まれつつある日本。

「初任給40万円」「これじゃ優秀な人はどんどん流れていってしまうね」。中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の求人情報がインターネットを騒がせたのはこの夏のこと。スマートフォンの出荷が1億台を突破し米アップルを追い上げる同社は、2018年初めにも千葉県船橋市に第2の研究拠点を開設する。給料だけではない。一線の研究者を引き寄せる
ファーウェイ独自の体制とは。
■ソニー狙い「引き抜き拠点」
「欧米企業にやっと肩を並べたレベルで、珍しくはない。優秀な人を取るためのグローバルスタンダードです」。初任給40万円について、ファーウェイ・ジャパン(東京・千代田)の広報からはこんなコメントが返ってきた。新人採用は全て理系で、12年から毎年10人前後をとっている。「15年から初任給を徐々に上げてきたことで、最近では優秀な人材が集まってきた」(広報)という。

就職情報サイト「リクナビ2018」によると、ファーウェイは9月~翌3月の秋採用を始めており、理工系専攻の大卒・大学院修了予定者を対象に「アルゴリズムエンジニア」「カメラオプティクスエンジニア」など3職種を募集している。給与は学士卒で40万1000円、修士修了で43万円を提示。同じくリクナビで公開されているソニーの「大卒21万8000円、
修士卒25万1000円」(16年実績)
と比べても突出している。

今年夏、ファーウェイは東京・品川駅前のビルに画像認識技術の研究拠点を開いた。横浜の研究所が手狭になったためで、数十人が在籍する。あるヘッドハンティング会社の社長は「品川に事業所のあるソニーやキヤノン、東芝の技術者狙いだ」と話す。この3社を含め、マックス年収3000万円ですでに5人前後が引き抜かれた。「中国本社はさらに高いが、日本の技術者でそんなにも
らっている人はいない。
国内転勤もないので条件は良い」(同社長)

入社2年目の高橋秀子(26)は、中国の大学でバイオテクノロジーを専攻し、帰国して新卒で同社に入社した。日本企業は中堅メーカー1社だけ比較したが、「大学時代と同じように競争が厳しい世界」だと覚悟してファーウェイに飛び込んだ。「今年の部門予算はどうする?」。入社2年目でも社内会議で発言を求められる。

「正直、インセンティブが大きい」。他社との新規事業の立ち上げに関わる千田充治(38)はこう断言する。今はソフトバンクとの共同実験など、職場のエースとして活躍する。同僚の日本人も国内電機大手や通信キャリアからの転職組がほとんどだ。

プロジェクトを完遂すれば、年収が日本企業の数倍になるケースもある。千田は「給料だけでなく、実力がちゃんと評価される仕組みがモチベーション向上につながる」とも強調する。国内メーカーで無線通信の技術者として働いていた時は典型的な年功序列で、キャリアアップに限界を感じていた。

■研究開発費、日立の4倍
「今度も人材が流出しないかと、人事部門はぴりぴりしている」。通信機器でファーウェイのライバルとなるNECの中堅社員はこう話す。千葉県・船橋市にあるDMG森精機の工場跡地はいま、ファーウェイの第2研究所への衣替えが進行中だ。早ければ18年年初にも稼働する。

ファーウェイは2005年に日本に進出。13年に横浜研究所を開設した。横浜研究所が上流の製品開発に特化しているのに対し、船橋は、ものづくり部分まで踏み込んだ研究ラボにする。ここでの採用対象となるのは電機や精密業界の工場での長い経験をもつ日本人技術者だ。製造プロセスを丸ごと研究する実験場にする予定で、「採用枠は数十人だが、すでに十数人は確保した」(幹部)
という。

2016年の売上高は約8兆7000億円で、富士通とNECの合計を超えた。創業から30年でソニーを超え、日立製作所に迫る。実はスマホの販売は売り上げの一部でしかなく、主力は携帯電話の基地局に設置する通信機器などだ。1987年に人民解放軍出身の任正非が、電話交換機を扱う販売店を立ち上げたのが始まりで、農村部から中国全土、新興国を順に開拓してきた。

めったにメディアに登場しないことで知られる(ファーウェイ創業者の任正非CEO、2015年のダボス会議で)任の口癖は「財散人集」。言葉どおりファーウェイは、その売上高の10%を研究開発費に充てている。16年は1兆2000億円で日立の4倍近く、トヨタに迫る。潤沢な研究開発費は世界中で優秀な技術者を集めてきた。

■「34歳以上リストラ」のうわさ
中国・深の本社は、さながら成果主義と報酬体系の実験場のようだ。

「今年の配当金はいくらだろう?」。毎年4月になると、同社の社内SNS「心声社区」には配当についての書き込みが増える。華為は、国営企業でもなければ上場企業でもない。株式は任の持ち分以外、98.6%を8万人の中国人社員がもつ。入社15年以上になると100万元(約1700万円)の配当を受け取る社員もいる。その半面、過酷な社内競争もある。

今年2月、中国の旧正月にあたる春節の時期に、社内でこんなうわさが広まった。「34歳以上の社員のリストラが始まった」。同社の人事査定は、評価に応じて4段階に区分けされる。A、Bであればボーナスが支給され、30歳で部長級に飛び級するのも可能な代わり、Cは自主退社を迫られ、Dは雇用契約を打ち切られる。この評価が今年からは四半期に1回と、
頻繁になったことも
うわさに油を注いだ。

一般社員も管理職も例外なく社員の5%程度が定期的に淘汰されるシステム。リストラ説について、会社側はすぐに根も葉もないデマだと否定したが、その後の社内向けの談話で任は「会社は奮闘しない社員に給料を出すつもりはない」とクギをさした。中国本社の平均年齢は30代前半。社内外では今でも「ファーウェイは45歳で退職」という定説が消えない。

■「世界のトップ研究者700人を採用」
「過去3年間、全世界で700人規模のトップ級の科学者を採用した」。最高財務責任者(CFO)の孟晩舟は昨年秋の講演でこう語った。現地の人材を吸収して勢力を広げる。そのやり方は日本だけではない。

イタリアのミラノ。マイクロ波レーダーの研究が盛んなこの地には、マイクロ波に特化した研究開発センターを置いている。独シーメンスなどから研究者を引き抜き、専門チームが部品開発を手掛ける。数学者が多いロシアではコンピューターのアルゴリズム(計算手法)研究、インドのバンガロールにはソフトウエア開発を任せる。いずれも100人規模の開発センターへ
と陣容を拡大してきた。

こうしたスケールメリットを生かした製品の品質や、価格競争力はもはや富士通やNECといった日本の通信機器メーカーが追いつけない領域に達しつつある。

日本では大手通信キャリアのうち、ソフトバンクグループがいの一番に機器を採用した。サーバーなどのIT機器ではサイバーエージェントやバンダイナムコといった大手企業の採用が広がっている。通信キャリア首脳は「ファーウェイ製品は(富士通やNECなど)国内メーカーの半額。使わないと駄目かもしれない」とつぶやく。

日本ではあまり知られていないが、同社の社内SNS「心声社区」は外部にも公開されている。“本音を自由に言い合える場所”という意味の造語で、社員の不満を直接経営に反映させるために設置したという。未上場ゆえに透明性が低く、創業者の任が人民解放軍に所属していたことで中国政府とのパイプも警戒されるファーウェイだが、こうした取り組みは中国国内はもちろん、
日本でも珍しい。
停滞する日本のITメーカーから技術者をひきつける吸引力の理由は、
待遇や実力主義だけでもなさそうだ。

=敬称略、日本経済新聞(薬文江、阿部哲也)

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

【発信責任者】
『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫
〒565-0874  大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F
TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

========================================================

9) 【 NPO法人百人の会】 勤労感謝の日には自然の恵みへの感謝をこめて国旗掲揚を

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!
▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

2017.11.19
XML
勤労感謝の日には自然の恵みへの感謝をこめて国旗掲揚を
カテゴリ:カテゴリ未分類

朝、子供会の資源回収。多くの段ボールをもっていくと子供たちはこれは再利用できると皆が喜んで車から降ろしてくれる。いい教育ができている。

町内の気になる道路の側溝の草取りを行う。農業用水を今ではほとんどふたをして歩道なりに使っているのだが、その周辺の草取りはとても農業関係者でなせるものではないので誰が行うか困るところ。町の仕事とするのが一番だろうが、担当者の負担が大きくなり、役員の成り手がいなくなってしまう。当面、気づいたものが行うしかなかろう。とはいえ一定のルールを作り上げておかないと荒れたままになってしまう。年内には指針を出しておきたい。

間もなく勤労感謝の日であります。
勤労をたっとび、。生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日として定められています。
名前は勤労ですので、労働を尊び喜びとする日本人の感性に合った祝日と感じることができます。それは労働時間を切り売りして富を獲得するとか労働を義務としておかみが国民に押し付けて支配するとの価値観とは全く違うものといえましょう。

勤労できることに感謝しましょうと解することもできましょうが、これも本来の祝祭日の意味とはいいがたい。

ではいかなる祝日なのでしょうか。宮中では陛下が天照大御神を始め、神々に新穀やお酒などをお供えし、ご自身もお召し上がりになる新嘗祭(にいなめさい)が行われます。これに合わせて全国の神社氏神でも新穀の収穫を感謝するお祭りがなされます。

労働をたたえるというより万物自然の恵みに感謝するということが祝日の意義と考えられます。

この日までは新米を食べるのを慎む風潮は今でも残っています。

わが家では昔、良くご飯に石が入ったことがあり、悩みの種。等級の高いコメは優先的に供出して、しいなという実りの悪いコメをまず食べ始める。しいなは軽くてむしろのうえに落ちた しいなを最後は手で集めるのでその段階でかき集めたしいなに草の実や微細な石が入っても選別が難しい。さすがに今はしいなは牛のえさなどにするので米飯に小石が入ることはまずないのでありがたい。

さて日本では、古くからお米づくりをつかさどる田の神の存在が信じられてきました。田の神は、冬は山に住んでいて、春になると里に降り、稲の成長を見守り、豊作をもたらしてくれると考えられています。田の神が里で宿るのが桜の木とされ、桜の開花は田の神が降りてきたことを告げ、田植えの始まりを知らせるものでした。

お彼岸が来れば彼岸花が確実に咲くように、桜をめでて後、米つくりの準備に入るのです。

また今の相撲ももともとは『すまひ』。これがなまったものともいわれます。『相舞』と記されることもあったようです。このことから、元々の『すまひ』は力比べではなく、神様に捧げる芸能から来たのではないかとも言われています。

大地を踏みしめてしこを踏み神々に舞を奉納するものが始まり。地の神の霊力をいただき精進の基となすためにしこを踏むと聞いた覚えがあります。

今でも奉納相撲が靖国神社でも行われています。

悪い虫がつかぬようにと、岡崎でも昔から扇さんと呼ばれる農耕儀式が今も続けられています。神社と神社を練り歩いて五穀豊穣を祈る伝統行事です。

こうして大切に育ててお米を作る。農地に流れ込む水もまさに聖水。学校帰りに土手で小便をするときはいつも「かわーのかみさま どいとくれ」と呪文のように唱えねばぐわいが悪くなると聞かされて育ちました。

無論今では軽犯罪に問われますが。

さて、平成も残り少なくなり、平成31年3月末で終わりとの報道がなされ始めました。譲位の日時はこれから決まるようですが、新帝陛下の御即位後最初の新嘗祭は大嘗祭と言われます。践祚は譲位と同時に。即位の式は平成31年の秋か翌年になるのかは未だわかりません。

大嘗祭の始まりは天武持統朝(7世紀後半)律令国家の成立時期より。

1466年の土御門天皇で中断、1687年の東山天皇で復活、1738年の桜町天皇より継続している祭礼です。

明治の大嘗祭は市場初めて東京でなされ悠紀は近江から甲斐へ、主基は丹波から安房へと変更。

大正天皇の大嘗祭は1889年皇室典範、1909年に登極令が制定され大嘗祭の法的規定が成立し、それに基づき、悠紀斎田が岡崎市中島町に選定されました。

わが地元の六ッ美地区です。

地元では大いに光栄なことと喜び盛大にしかも慎重に新米の田植え育成と刈り取りをなして奉納。大嘗祭の祭礼にお使いいただきました。

その喜びを102年たった今年も祝い、立派な会館を立て、盛大な式典を開催続けています。

昭和も同様、悠紀は滋賀県野洲師三上、主基は福岡県早良郡脇山です。

しかし、憲法が改変され、今上陛下の悠紀斎田は秋田県南秋田郡五城目牒でしたが、きわめて簡素にしてその継承は記念の田植えは秋田の各地で順に回して開催されるのみ。まことに残念、何とか今上陛下のお元気なうちに御田植祭りの継続開催をと秋田の現地に行ってお願いしたのですが、ついに今次のごとく譲位の話に。しかしぜひ南秋田郡で来年こそは開催してほしいものだと思っています。

皇室会議で様々に今後決まってくるでしょうが、軽く済ませようとする心なき人らの意見が通るのではと危惧されれいるのが現実です。皇室を軽視するがごとき政治姿勢を持つ某元総理なる人物が委員として参加することになるやもしれない。まさに国難というべきでしょう。

とりあえず今年は新嘗祭ですので通常の祭礼がなされましょう。ぜひ国旗を掲げてお祝いいたしましょう。そして大嘗祭には登極令に準じた形での開催を心より願いたいものです。

勤労感謝の日ではありますが、その根源は自然の豊かな実りへの心からの感謝の日なのであります。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

【発信責任者】
『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫
〒565-0874  大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F
TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

========================================================

10) 【 NPO法人百人の会】 国連演説の翁長知事を提訴へ 沖縄の有志 資格外で「公費返還を」

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!
▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

沖縄で訴訟もう1本
翁長の公費での出張を認めない。公費を返せという裁判です。支援してください。
弁護士は徳永先生、岩原先生、照屋先生(沖縄)です。     増木

————————————————————————–

ihttp://blog.goo.ne.jp/taezaki160925
「狼魔人日記」より

訴訟の発端となった産経新聞が19日付一面で、翁長知事国連演説訴訟を報じているので、紹介します。

2017.11.19 07:42更新

国連演説の翁長知事を提訴へ 沖縄の有志 資格外で「公費返還を」

翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事が平成27年9月21日にスイス・ジュネーブの国連人権理事会で、参加資格がない「県知事」の立場で演説を行いながら公務としたのは不当だとして、県民有志でつくる「沖縄県政の刷新を求める会」(江崎孝代表)のメンバー5人が21日、公費から支出された約96万円(渡航・宿泊費、
日当など)の県への返還を求めて翁長氏を
那覇地裁に提訴することが分かった。

5人は10月13日、地方自治法に基づき、県監査委員に住民監査請求を行った。しかし同27日に「1年以内の請求期限を経過した不適当な請求」などとして却下されたため、住民訴訟に踏み切ることにした。

国連人権理演説で翁長氏は、沖縄に米軍基地が集中する現状を強調し「(沖縄の)人々は自己決定権や人権をないがしろにされている。あらゆる手段で新基地建設を止める覚悟だ」などと述べ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設阻止への決意を示した。

「辺野古移設阻止」を掲げる翁長氏には国際世論に直接訴えかけ、移設をめぐり対立する日本政府を牽制する狙いがあったようだ。

外務省によると日本の首長が国連人権理で演説するのは初めてだが、翁長氏には県知事として演説する資格がなかった。規定で演説が認められるのは(1)非理事国政府代表者(2)国際機関代表者(3)国連経済社会理事会に認められた協議資格を有するNGO-の3者に限定されているためだという。

翁長氏は、(3)に当たるNGO「市民外交センター」(代表・上村英明恵泉女学園大教授)に発言枠を譲り受けた。同センターは、沖縄県民を先住民に認定させる運動を展開している。

加えて県関係者によれば、民間団体「沖縄『建白書』を実現し未来を拓く島ぐるみ会議」がNGOとの調整に動き、翁長氏の「ジュネーブ外遊」に関しては県側はほぼ蚊帳の外に置かれていたという。

原告団関係者は「演説での翁長氏の身分はNGOの一員にすぎず、費用はNGOが負担するか、個人で賄うべきだった。民間団体の国際世論工作に血税で加担し、結果的にNGOに公金を横流した形だ」と指摘する。また「沖縄独立」志向をにじませた演説内容も「日本国民の歴史的民族学的見地とは相容れない。
県民を愚弄している」と
批判している。

産経新聞が8月、県に公文書公開請求したところ、ジュネーブに同行した知事秘書と通訳の経費も公費から計約131万円支出されていた。原告団は今後、これらの返還も求めて翁長氏を提訴する方針だ。

地方首長が国の安全保障・外交政策をめぐって国連を舞台に訴えることは極めて異例。菅義偉官房長官も27年9月24日の記者会見で「強い違和感を覚える」「国際社会では理解されない」などと批判していた。

原告団は、国連演説に県が支出した経費のうち、翁長氏本人の渡航費、宿泊費、日当計約96万円の返還を求める。

随行の県職員、通訳の経費である残金については、今後広く原告団への参加を募った上で、「第二次訴訟」を提訴し、翁長氏に支払いを求める方針。

11月21日には、午後1時より県庁で記者会見をする予定。

※「第一次訴訟」はスタートしましたが、現在「第2次訴訟」の原告団を募集しています。

原告の条件は現在沖縄在住の沖縄県民であれば誰でもОKです。

沖縄県政の刷新を求める会 江崎

提訴事務局⇒070-5484-4617 錦古里(ニシコリ)まで

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

【発信責任者】
『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫
〒565-0874  大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F
TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

========================================================

11) 【 NPO法人百人の会】 理工系から見た表現論の貧困とその産業技術への害悪

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!
▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

日亜協会 林久雄 です。

月例会の案内をさせて頂きます。
御興味のある方は、参加よろしくお願い申し上げます。
参加事前申し込みは必要ございませんので、当日直接会場までお越し下さい。
お問い合わせは、072-922-5331 又は info@jas21.com 林まで宜しくお願い致しま
す。

日亜協会 第254回 例会 ご案内

理工系の研究者や技術者の発言がきちんとした形で,マスメデイアは勿論,政治・
経済の分野で取り上げられることはない.産業技術関連の報道も個別産業の問題とし
てしか報道されず,理工系の観点から見ればそこにある日本独特の基本問題が伏せら
れている.皮相的な「表報道」とそれに引きずられる政治と世論の無理解,そしてグ
ローバリズムへの誤認と反発が存在する.そこにはまた安全保障政策を忌避してきた
「平和」的想念も関与していることを,今回は具体的な事例に基づいて論じて戴く.
技術的視点と政治・経済の問題を結びつけて議論できる得がたい人材を得て,我々の
迷妄を打破する機会としたい.

日時:平成29年12月11日(月) 18時開場 18:20~20:30(講演と質
疑)
会場:大阪市立総合学習センター(大阪駅前第2ビル)5階 第4研修室
会費:千円 (非会員二千円),学生200円
二次会:2階北西隅「ほくだい北大会館」 酒・軽食の出る懇親交流会 千円(非
会員も同じ)

演 題:理工系から見た表現論の貧困と
その産業技術への害悪

講 師:中 村  新 平 氏 (理系批評家)

<講師プロフィール> 9年前の広島原爆の日の前に起こった「田母神講演会」事件
を契機に,保守系団体である「平和と安全を求める被爆者たちの会」の設立に深く関
与し,現在も主要メンバーとして情報発信に与っている.特別の肩書はない.専攻は
電気工学.大手総合重機械メーカにて,精密機械,産業用ロボット,原子力関係機器
の電気・電子制御系の開発を手掛けてきた.後に,IT関係の検査機械にも関与した.
その関係で「国際規格」の観点から安全工学の企業全体への普及と指導を通じて,
JISの国際化の一翼に関与.この段階から政治世界と工学との連携概念を提唱するに
至る.昭和23年生まれ.

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

【発信責任者】
『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫
〒565-0874  大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F
TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

=======================================================

12) 【 NPO法人百人の会】 「立憲主義」「リベラル」とは何か?

第七十九回日本の心を學ぶ會   平成二十九年を振り返って―保守とリベラルを考える―

2017年11月21日

第七十九回日本の心を學ぶ會

平成二十九年を振り返って―保守とリベラルを考える―

平成二十九年も年末を迎えました。
今年を振り返えると内外情勢は決して安穏ではありせんでした。國内的には、総選挙で自公政権が勝利しましたが、政治家の資質にまつわる様々な事象が起りました。
北朝鮮危機の中で行われた衆院選は、民主党が三つに分裂するなど混迷の中で行われました。この選挙では、「保守」「リベラル」という言葉に注目が集まりました。混迷する情勢を「保守」や「リベラル」というキーワードを使って読み解こうしていたように見えます。
マスメディアは新党の位置づけを保守やリベラルという言葉で説明しました。また政党や政治家も自らの立ち位置・政治姿勢を「保守」あるいは「リベラル」と位置付けているようです。 希望の党は「寛容な保守」を掲げており、一方の立憲民主党はリベラル政党として躍進しました。
しかしこれまでの「保守」と「リベラル」という認識にも変化が出てきたようです、読売新聞の調査によると四十代以下は自民党や維新の會をリベラル、共産党や公明党を保守として捉えており従来の認識との間に断層があることがわかりました。従来の「保守」や「リベラル」といった言葉では現實の政治をただしく捉えられなくなっているようです。

そこで今年最後の勉強會では、今年を振り返り「保守」と「リベラル」について考えてみたいと思います。

(今回の勉強會は文京シビックセンターではありません。ご注意ください)

【會場】文京区民センター 3-D會議室
【日時】平成二十九年十一月二十六日 午後六時から
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/kumin/shukai/kumincenter.html
住所:文京区本郷四-一五-一四◎都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩二分、東京メトロ丸の内線【後楽園駅4B出口徒歩5分◎東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩五分、JR水道橋駅東口徒歩一五分◎都バス(都02・都02乙・上69・上60)春日駅徒歩二分
【講演】「立憲主義」「リベラル」とは何か?
【講師】 四宮政治文化研究所代表 四宮正貴氏
【司會者】林大悟
【参加費】資料代五〇〇円。終了後、近隣で懇親會(2千円くらいの予定です)
【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395

=========================================================

13) インターネット情報

【 経済 】

世界の富巡るパラドックス、資産格差の是正あるか
https://goo.gl/6H6Sk2
( 資産格差が大問題となっていても是正できないのは、是正しようとする側に経済学的知識が間違っているから。何故そうなるかと言うと、是正させたくない側が間違った経済政策論を乗っ取ったマスコミを使って宣伝するから。情けないのが御用学者たち。マスコミに出てくる「ケイザイガクシャ」は殆ど全部御用学者。御用学者で無いとマスコミの登場できないから。)

*****************************************************************************************************

【 国際 】

豪州で「反移民旋風」吹き荒れるか、極右党首の賭け
https://goo.gl/yu8CSZ
( 世界の流れは民族浄化。侵略民族は必死で抵抗する。しかし流れは止まらない。)

*****************************************************************************************************

【 日本 】

中国人「日本国籍ゲットしたで」→「親戚48人呼ぶで」→役所に直行、全員で生活保護申請
http://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-11047.html

日本人はもともと民度が劣るから、君達韓国人のような優秀な民族の血を入れない限り、他人やアジアに寄生して生きる害虫日本人が増えるだけだ。
http://xianxian8181.blog73.fc2.com/blog-entry-1625.html
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1186980186
( 「日本人はもともと民度が劣るから」は究極のヘイトスピーチ。)

【中国】 遂に全世界で公開!台湾が「南京事件はは中共の捏造」の 蒋介石に関する機密資料をネットで全世界に公開!

( 現在の台湾は中華民国政府の支配地。しかし国際諸法に準拠すると台湾の法的地位は大日本帝国の領土で米国の占領下。「中華民国政府」は大東亜戦争終了時にマッカーサーから代理占領を依頼された。解りやすく言えば、共産党に追われて中国から台北市に居候をさせてもらい、台湾の管理人として雇われたという事。しかし中華人民共和国と中華民国が親密となり、アメリカから見るとアメリカが「中華民国政府」集団を保護する理由がなくなったわけで、それならば中華民国政府」の支那人は台湾から出て行けと言い出した。米国政府がである。そして台湾の統治は軍事は占領者のアメリカが司るが民事は本土台湾人による台湾民政府に任せる事になっている。「中華民国政府」から台湾民政府への政権移譲はもう直である。)
立憲・福山哲郎、政治資金で元セクシー女優「夏目ナナ」経営のガールズバーで豪遊疑惑の言い訳が酷い⇒なおマスコミ関係者数名との懇談で使用との事www
http://seikeidouga.blog.jp/archives/1068532979.html

【日本終了】 アメリカ「日本の空はもういらない」アメリカ大手航空各社、日本撤退へwwwwww

【日本終了】 アメリカ「日本の空はもういらない」アメリカ大手航空各社、日本撤退へwwwwww


( 公共工事撲滅論をぶって来た者たちは全て、日本つぶし勢力の手先。本人の主観意思がどう有ろうと、そう言うこと。)

【宇都隆史】自主開発の牽制か?次期将来戦闘機にまつわる報道へ物言い[桜H29/11/16]

なんと韓国慰安婦が日本政府を国際裁判で提訴!!→裁判長の冷静かつ非情な判決に満場一致w 韓国側が絶句・・韓国人「我々が世界の悪者になってしまった!」

( お粗末なのは、証拠を確認せず下半身の話に簡単に飛びついた外国の卑しい連中。人様を犯罪者扱いするなら証拠を精査しなければならない。被害者の証言を確かめるべく加害者に確認する作業をしていれば、こんなに程度の悪い歴史捏造はありえない。信じられないほどお粗末。特亜に異常に肩入れする者は近隣の日本人からすると、性接待と金銭賄賂をもらったのだろうと推測する。特亜の主張を鵜呑みにした連中はどうせ、そうなんだろう。)

*****************************************************************************************************

【 中国 】

【激震】ジンバブエの「クーデター」、中国関与か 軍幹部が直前に訪中
http://crx7601.com/archives/52477653.html

中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい状況
https://goo.gl/WBB765

*****************************************************************************************************

【 韓国 】

【韓国経済 最新】過去最多の訪日韓国人 資金がどこから出ているか判明!韓国経済最大の雷管が今引かれようとしている

【野球】韓国代表、日本に勝っていたら東京ドームのマウンドに太極旗をさす準備していた
http://www.wara2ch.com/archives/8985523.html

【韓国崩壊】韓国、日本との大半の情報共有を拒否!!!! 馬鹿か!!!! 北朝鮮の傀儡政権が宗主国に媚びへつらい反日を強化!!!! 馬鹿だから内部から制圧されている事にすら気付かない!!!! 2ch「韓国は北朝鮮のスピーカーに過ぎない」「早く断交しろ」「韓国は敵国という事だ」
http://www.news-us.jp/article/20171120-000007k.html

【韓国崩壊】中国にお仕置きされ屈服した哀れな属国・韓国!!!! 国際社会の評価が馬鹿共に現実を突き付ける!!!! 属国に逆戻りする愚かな国家に未来はない!!!! 2ch「さすが宗主国、手懐け方を分かっている」「朝鮮に恩を与えてはいけない」「朝鮮人に信義誠実はない」
http://www.news-us.jp/article/20171122-000007k.html
エコノミスト誌は相手の行動が気に入らなければ、先にいじめてから少しよくしてやるといった犬のしつけのようなアプローチ(doghouse approach)に韓国が屈服したと指摘した。

韓国で教えてる朝鮮戦争の歴史がウソだらけで噴いたwww まさにウリナラファンタジーwww
http://www.news-us.jp/article/20171118-000002k.html
————————————————————————————
※韓国で実際に教えられている内容

『韓国戦争』(日本名称:朝鮮戦争)

1 朝鮮半島には、古代から同じ民族同士で殺し合う戦争はなかった。

2 昭和20(1945)年8月15日、日本は第二次世界大戦に負けた。
このとき満州にいた日本軍がソ連軍に追われて朝鮮半島に侵入し、韓国を占領した。
日本軍は韓国人の居宅にまで銃を持って侵入し、
韓国人を虐殺し悪逆非道の限りを尽くし、さらに韓国を占領して居座りつづけた。

3 昭和25(1950)年6月25日に、朝鮮半島から日本軍を追い出す「韓国戦争」がはじまった。
米英仏韓の国連軍が侵略者の日本軍を朝鮮半島から追い出し、
韓国が勝利した。

4 北朝鮮はソ連軍と中国軍が北朝鮮から日本軍を追い出した。
中国軍と韓国軍は「韓国戦争」で、ともに日本と戦った戦友である。

5 慰安婦とは、日本が「韓国戦争」の時に20万人を強制連行してジープに乗せて売春させていたものである。

6 昭和20(1945)年8月15日は、日本が戦争に負けた日で韓国の建国記念日である。

7 竹島は「韓国戦争」で日本を追い出したときに取り戻した島である。

8 北朝鮮と昭和39(1964)年に国境紛争が発生したが、同じ民族で殺し合う大きな戦争にならなかった。
また韓国は一度も北朝鮮と戦争していない。
同じ民族同士で戦争する理由もない。

9 日韓条約は過去の植民地支配の謝罪、賠償条約である。

10 韓国は戦勝国で、国連設立に参加した当事国であり、最初の国連加盟国である。

※ 韓国の小中学校では、週3~6時間この教育をしている。
————————————————————————————
( こういう出鱈目至極の捏造歴史を学校で教えているから、韓国人は

**********************************************************************************************

********************************************
【純日本人会 メルマガ 】
発行人 : 栗原茂男
純日本人会 http://www.junnihon.com/
メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。
《 リンク、転載などご自由にお使いください》

********************************************

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください