A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

消費税は財務省は全額福祉だと言っているが安倍総理の説明だと違う  -栗原茂男

1) 消費税は財務省は全額福祉だと言っているが安倍総理の説明だと違う

2) 希望の党への期待は政策の基本は自民党と同じで違いは「しがらみ」

3) 財務省HP新着情報 2017-09-27

4) 日本銀行メール配信サービス 2017-09-28

5) 外務省ホームページ新着情

6) 総務省 関東総合通信局 メールマガジン

7) 【 NPO法人百人の会 】 神奈川の世論6971(追加再送) TBS NEWS23に抗議のお願い

8) 【 NPO法人百人の会 】 報道のTBSは死んだ

9) 【 NPO法人百人の会 】 TBS偏向報道糾弾・街宣(10月7日(土)

10) 【 NPO法人百人の会 】 『維新』提案、幻の抗議文

11) 【 なでしこアクション 】 ユネスコ性奴隷登録阻止 記事にコメントお願い

12) SDHF 南京事件48人の証言 阿羅健一

13) インターネット情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 消費税は財務省は全額福祉だと言っているが安倍総理の説明だと違う

 

丹羽経済塾では9月は消費税について松田会長から解説があり、その後討論会となった。

松田会長には以前にも「あてな倶楽部」で講演をして戴き、消費税の解説をして戴いているが一貫して、財務省の公式見解であるはずの、消費税は全額が福祉に使われると言う説明であった。

確かに財務省のホームページではそうなっている。従って松田学氏の説明は財務省の公式見解と言う事になる。

http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/consumption/122.htm

 

消費税率を上げて、増税分が社会的弱者に配分されるなら税の持つ富の再分配機能を果たすことになり、景気にはマイナスとはならないから所費税反対派の私も賛成派に転向するかもしれない。

 

 

丹羽経済塾は西村眞吾氏のホームページの掲示板で書き込んでいた人達が、日本を良くする為には先ず日本経済を良くしようと言う事で集まり、経済学の指導を故丹羽春喜博士にお願いして発足した勉強会。

丹羽博士は正統派ケインジアンを守り通した学者で、財政政策の必要性を訴えて来たが、立ちはだかるのが財政再建に責任感を強く感じる財務省という図式が一般的にあった。

そこで丹羽博士は、日本の通貨制度の仕組みから政府貨幣の増発を提言した。

 

この丹羽政府貨幣論は一般にはかなりの誤解を生んでいて、「政府紙幣」を発行すると言う風に一般的には理解されていた。

しかし政府貨幣の話はここでは止めておく。

 

 

消費税の財務省の説明に対して安倍総理は

≪  首相は衆院解散を表明した25日の記者会見で、消費増税の増収分の使い道を変更し、国の借金返済に充てる予定だった分の一部を幼児教育・保育の無償化などに回す方針を打ち出した。そのうえで、「国民生活に関わる重い決断を行う以上、速やかに国民の信を問わなければならない」と強調した。使途変更は、予定通りの増税実施が前提だ。≫ と述べている。

****************************************************************

<首相発言>波紋広がる 「リーマン級なら消費増税見送り」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00000106-mai-bus_all

****************************************************************

 

上記記事は財務省の説明と比較して如何考えたらよいのだろう?

大衆は財務省のホームページよりも新聞やテレビ、インターネットなどから情報を得ているから、これは安倍政権に質問するべきなのであろうか?

 

消費税率上げの全額が福祉に廻るか国の借金の返済に廻るかでは、その結果次第で日本経済と言うか、日本国内の景気に大いに影響する。

 

これは立派な解散理由となると考える。と言うより、解散によって信を問うべき事と言える。それには政策が解る、特に経済政策が解る健全な野党が必要な事は言うままでもないが。

 

現行の8%の消費税率を10%に引き上げる目的が国の借金の返済に充てる事だったと言う事だから、財務省が言ってる事と違うと言う事になる。

財務省も政府の一機関であり、実質トップは事務次官でも、形式的には財務大臣であり、その上に総理大臣がいる。

 

安倍総理とて独裁者ではないからこれは政界の常識なのだろう。

そして安倍総理は国の借金の一部を「幼児教育・保育の無償化などに回す方針」と言うなら何処かの勢力と戦っていると言う想像がつく。

 

自民党都連で国民の前に明らかになったように自民党には永年に亘って政権に就いてきた垢が貯まっている事は確かであるから、自民党の優秀さが他党を圧倒しているとは言え、まともな野党が育って国会でまともな政策論戦が起きる事を期待したい。

相対的に小さな政治課題で何を言ってるのか訳の分からないモリ・カケは、もう結構だから、あんな居酒屋政治談議ていどの言い合い、罵り合いは国会の場では止めてほしい。

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

2) 希望の党への期待は政策の基本は自民党と同じで違いは「しがらみ」

 

 

 

 

衆議院の解散が決まり、希望の党がいよいよ国会に登場する運びになってきた。

それも新党らしくないかなりの影響力を持った党になりそうである。

 

都知事選までは様子見だった、政界人達は都議選頃から小池知事に少しづつ近寄り始め、安倍総理による解散が明瞭になってから民進党はじめとする各党から続々と参加意思表示をしている。

輝照塾の立候補者が足りないと言ってる内に参加を断るまでになっている。

 

小池知事は元々国会議員で、国政には興味がないわけはなく、現実問題としても地方自治体の行政は国との連携なしでは行えない。

都知事当選後に都議選があり、小池党の都民ファーストは最大多数派となった。

特別区との関係も当然だが、都知事選では応援する区議たちも沢山いたから、そちらは問題ない。

 

次は国会議員の仲間を作る必要があるが、年内の解散はないと思われていて頃にも側近に若狭議員は何が起きるか分からないから準備をしておくと言って輝照塾を立ち上げた。

 

その頃から私の耳をあちこちから色々情報が入る。本当か?

 

小池は若狭を嫌っている、前原、小沢と小池は仲が良い。本当か?どちらも創価関連と言われて来た人物たち。

 

小沢一郎は行く先々で党を壊して来た。

彼の力の源泉は田中角栄の土木利権を竹下を経由して手に入れたからと言われてきた。そしてその利権は現在は創価と聞いている。

見て来たわけではないから真相は解らないが、それらを仮定すると納得しやすい。

 

土木利権は直接にカネと票に繋がると政界では言われて来た。その利権構造は韓国援助にも利用されているように私には見える。

東京都の予算は13兆円と巨大だが、東京で使われる予算は都だけではなく国の予算も巨大。

そしてその許認可の多くは都も絡んでいるはず。

 

小池知事はその利権構造を破壊しようとしている。

利権屋にとっては小池知事は困った存在なのだろう。

小池新党になんとか食い込み、新党を操れればどうにでもなる。

都民ファーストにもそういう勢力がコッソリ潜り込んでいるかも知れない。多分居るだろう。

 

そういう事を考えると当初、私のような部外者が予想して来たことは徐々に変わって来ている。

本来ならもっと時間を掛けて選挙に望む筈だったのがまさかの解散だから仕方ない。

 

小池知事が代表になることは問題があるとは思えない。

自治体の行政と国の行政は大きな案件ほど協力が必要で、両方を睨んで仕事をしなければならず、力点の置き方は自治体の事情によっても違うし、知事自身の考え方によっても違う。

石原氏は週に1回か2回しか登庁しなかったそうだし、桝添知事はなんだか知らないが海外出張がやたら多く、とりわけ韓国が多いように伝わっていた。

都知事も人間だから個性はあって当然だろう。

 

大きな政党の後押しで就いた都知事ではなく、無党派から出た都知事だから都議会議員は確保したが、国会議員はまだだから作らねばならないし、それには陣頭指揮するしかない。

 

小池知事は着々と仕事を進めている。何も出来ないと言うのは、何も調べていない人間なのだろう。それかデベロッパーから鼻薬を効かされているのか?

豊洲にしたって、東京瓦斯は危険だから築地の移転先はダメだと言うのに無理やり売らせて購入し、技術者会議がダメ出しすると解散させて御用センモンカを集めて専門家会議を開いて安全宣言を出させて6千億円もの大金を注ぎ込み建物を完成させてしまった。

 

ところが移転直前に小池知事になって誕生して移転の為の行政が出鱈目であった事が全国に知られ、当然の如く計画の見直しが始まった。

見直しと、違う計画発表が有っても当然の事なのに駄々っ子みたいに罵詈雑言を口にするのはいい大人がみっともない。

 

都民が小池知事に期待しているのは自民党の政策理念否定ではなく、「しがらみ政治」からの脱却。

そして希望の党は自民党の進める憲法9条絡みの改憲と安全保障を入党の条件にしているから基本は自民党政策。

それなら保守は安心して希望の党も選択肢の一つに出来る。

 

気掛かりは後藤祐一議員。彼は左翼。ただ頭の良い元キャリア公務員だから左翼の民進党に合わせただけかもしれない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E8%97%A4%E7%A5%90%E4%B8%80

 

 

今、小沢が入党するかのような情報が再三入っているが、今までの小池氏の発言からは考えられないし、ネットで検索しても小沢が勝手に言ってるだけに見える。

小沢は汚沢なんてネットで言われるくらいの人物だから、もし本当に希望の党に入るならこちらも引かざるを得ない。

 

看板に掲げる「しがらみ政治からの脱却」だが、日本社会における最大のしがらみがパチンコに代表される朝鮮利権。

そこへもって朝鮮人の噂が髙い小沢氏や前原氏が希望の党に参加しようと言うのでは色々考えさせられる。

彼等は自民党の小野田紀美議員のように堂々とカミングアウトするべきで、そうすることで尊敬も信頼も得られる。

逆に蓮舫と同じようであれば評価は下がるだろう。

 

それにしても本当に小池氏が了承したのか?まさかぁ!

 

 

 

 

===============================================================

 

 

 

3) 財務省HP新着情報 2017-09-27

 

 

 

 

・麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要(平成29年9月22日(金曜日))

http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20170922.htm

 

・麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要(平成29年9月26日(火曜日))

http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20170926.htm

 

 

・貿易統計(平成29年9月上旬分速報)【税関ホームページ】

http://www.customs.go.jp/toukei/latest/index.htm

 

 

・財政制度分科会(平成29年9月19日開催)議事要旨及び記者会見

http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/index.html

 

 

 

・中華人民共和国(香港地域及びマカオ地域を除く。)産高重合度ポリエチレンテレフタレートに係る不当廉売関税の課税に関する調査期間を延長します

http://www.mof.go.jp/customs_tariff/trade/plan/futou/ka20170927.htm

 

 

・国債投資家懇談会(第71回)議事要旨

http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/meeting_of_jgbi/proceedings/outline/170925.html

 

 

・日本郵政株式会社株式の第2次売却による売却株数等を公表します

http://www.mof.go.jp/national_property/list/stocks/uridashi/jp20170927.html

 

 

____________________________________________________________

  • 財務省ウェブサイト

http://www.mof.go.jp/

  • Facebook

http://www.facebook.com/MOF.Japan

  • Google+

https://plus.google.com/#114755011782415457072/

  • Twitter

http://twitter.com/#!/MOF_Japan

  • YouTube

http://www.youtube.com/user/MOFJapan

 

 

  • 財務省へのご意見・ご要望は、以下のURLよりお願いします。

https://www2.mof.go.jp/enquete/questionnaire_jp.html

 

 

 

===============================================================

 

 

 

4) 日本銀行メール配信サービス 2017-09-28

 

 

 

【挨拶】黒田総裁(平成29年全国証券大会)

http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2017/ko170928a.htm

 

 

======================================================================

本サービスに関するお問い合わせ:prd.hp-mds@boj.or.jp

======================================================================

 

 

 

 

===============================================================

 

 

 

5) 外務省ホームページ新着情報

 

 

 

 

ニジェールに対する無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005078.html

 

スポーツ・フォー・トゥモロー ネパールへの柔道指導者の派遣

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/p_pd/ep/page25_001026.html

 

非常勤職員の募集(国際情報統括官組織第四国際情報官室(専門分析員:中東・北アフリカ・サヘル地域情勢))

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/i_a/4/page4_003358.html

 

スポーツ・フォー・トゥモロー セネガルへのレスリング用品の供与

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/p_pd/ep/page25_001027.html

 

 

グローバルフェスタJAPAN2017の開催

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005079.html

 

 

東日本大震災復興支援イベント「スープ・ド・ポアソンの会」の開催

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005080.html

 

 

パレスチナ難民に対する国連パレスチナ難民救済事業機関を通じた無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005083.html

 

パレスチナに対する無償資金協力「アクバットジャバル・パレスチナ難民キャンプ下水道整備計画(UNRWA連携)」に関する書簡の交換

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005084.html

 

第4回国際協力事業安全対策会議の開催

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005086.html

 

 

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

新着情報メールサービスをご利用いただきありがとうございます。

本サービスの登録、削除及び電子メールアドレス変更は、下記の画面にて受け付けております。

http://www.mofa.go.jp/p_pd/ipr/page23_000994.html

 

外務省ホームページ日本語版

http://www.mofa.go.jp/mofaj/

 

 

===============================================================

 

 

 

 

6) 総務省 関東総合通信局 メールマガジン

平成29年9月26日号 Vol.187

 

 

【報道資料】

 

・異業種連携「みちびき」フォーラムの開催

≪IoT時代における準天頂衛星「みちびき」の利活用と今後の展開≫

平成29年10月19日(木曜日) 13時30分から

今後の経済の活性化が図られるのか、有識者を交えて考えます。

皆様のご参加をお待ちしております。

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/29/0915kk.html

 

・「関東地域の医療機関における電波利用推進協議会」を設立

≪9月27日に第1回会合を開催≫

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/29/0915rk.html

 

【お知らせ】

 

・平成29年度予算 地域ICT生産性向上支援事業に係る提案の公募

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/info/29/0920si.html

 

・「自治体クラウド・情報連携の推進のための研修講座」を開催

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/info/29/0915si.html

 

・「ICTイノベーションフォーラム2017」の開催

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/info/29/0911re.html

 

【e-コムフォKANTO】

 

・「ハムフェア2017」に総務省電波利用電子申請・

届出システム普及促進ブースを出展

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/e-komfo/29/0911kc.html

 

【募集】

 

・平成29年度「地域情報化アドバイザー」派遣申請の受付

(募集期限の追加決定)

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/info/29/0905si-2.html

 

・平成29年度「テレワークマネージャー」派遣申請の受付開始

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/info/29/0905si.html

 

・「電波の安全性に関する説明会

≪安全で安心な電波利用環境に向けて≫」を

栃木県宇都宮市で開催

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/29/0818rk-1.html

 

・戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の

平成29年度若手ICT研究者等育成型の公募

《若手研究者枠・中小企業枠》

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/info/29/0705re.html

 

【ピックアップ情報】

 

総務省本省サイト(報道発表等から)

 

・新世代モバイル通信システム委員会報告(案)に対する

意見募集の結果LTE-Advanced等の高度化

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban14_02000318.html

 

・「働く、を変える日」テレワーク・デイ報告会の開催

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000184.html

 

・平成29年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム

(I-Challenge!)に係る補助金の交付決定

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000217.html

 

・電波法施行規則及び電波の利用状況の調査等に関する省令の

一部改正に係る電波監理審議会からの答申及び意見募集の

結果の公表

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban09_02000234.html

 

・平成28年度民間放送事業者の収支状況

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu09_02000173.html

 

・平成29年度予算「放送ネットワーク整備支援事業

(地域ケーブルテレビネットワーク整備事業)」に

係る提案の公募

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu12_02000088.html

 

NICT(情報通信研究機構)から

 

・NICTオープンハウス2017(本部)の開催について

(2017年11月9日(木曜日)・11月10日(金曜日) 開催)

https://www.nict.go.jp/info/event/2017/11/171109-1.html

 

【調達情報】

 

入札等当局の調達情報は下記URLをご覧ください。

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/other/order/index.html

 

【九段通信】

 

今年は台風の当り年になってしまい、度々、日本列島を

縦断する台風により、多くの地域で甚大な被害に見舞われ

ました。関東地方も先の台風では、長時間の集中豪雨の

ために土砂災害が起こり、電柱の倒壊による停電、伝送

路の断絶が発生して、情報伝達ができなくなった地域が

出てしまいました。

被害に遭われた方は真っ暗な暴風雨のなか、一切の情報

から遮断され、不安な思いをされ、さぞご苦労されたこと

と思います。

こんな災害が続く中、防災の日を迎えて私も防災訓練を

実施しています。被害想定に基づき、関係の皆さんと情報

伝達などの訓練を行っていますが、日常的に使用している

電話やメールが使えなくなった時、必要な情報の入手や

情報を発信するために更なる検討が必要だと実感しました。

今日的には様々な通信手段がありますが、確実に情報

伝達できるためには、複数の情報手段を試してみることも

一法かもしれません。

今年の防災訓練も、机上の計画をこなすだけではなく、

より現実的な想定で臨みたいと考えています。

 

■ メール配信サービスへの内容のご意見・お問い合わせ

はこちらから

merumaga-kantosoutsu@soumu.go.jp

 

■ メールマガジン配信停止はこちらから

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/if/meruindex.html

 

■ 関東総合通信局ホームページ

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/

 

■ 配信元:総務省関東総合通信局 総務部 総務課 企画広報室

 

 

===============================================================

 

 

 

7) 【 NPO法人百人の会 】 神奈川の世論6971(追加再送) TBS NEWS23に抗議のお願い

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

各位

 

昨日お送りしたメールに関し、やはりTBSNEWS23の報道が異常だとの指摘がされています。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170926/soc1709260032-n1.html

是非とも徹底した抗議をお願いします。

 

なお、TBS糾弾の街宣(第2弾)が10月7日(土)14時からTBS本社前で行われる予定です。

詳細確定しましたらお知らせします。

 

事務局 木上

 

From: kingarmy [mailto:kingarmy88@plum.ocn.ne.jp]

Sent: Tuesday, September 26, 2017 12:10 AM

To: kingarmy

Subject: 神奈川の世論6971 TBS NEWS23に抗議のお願い

 

各位

 

9月25日のTBSNEWS23は安倍首相を招いて、解散総選挙について所信を問いました。

 

ところが、その内容は政策などはそっちのけで、モリ・カケ問題ばかりを根掘り葉掘り聞く異常なものでした。

しかも、何か都合が悪いことでもあるのか、安倍首相が説明している最中にそれを遮って別の質問をかぶせるなど失礼極まりないものです。

所信を問うどころか、モリ・カケ問題をしつこく問い質して、安倍首相の印象を損ねることが狙いのようでした。

 

同じように安倍首相を招いたNHKニュースウオッチ9でもテレ朝報道ステーションでもこのようなことはありませんでした。

TBSの異常さが際立っています。

 

このような印象操作する番組に厳重抗議をお願いします。

(TBSテレビ)電話:03-3746-6666

 

事務局 木上

 

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

8) 【 NPO法人百人の会 】 報道のTBSは死んだ

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

京都 中村新平

 

以下の観察報告も併せて宜しく!

 

--------------------------------------

----------------------------------

観察1

2017/9/26

*TBS, 和田政宗

報道のTBSは死んだ

 

安倍総理の生出演。

 

キャスターは、質問で課題を明らかにするという力の発揮のしどころであったわけだ

が、そもそも質問力すらなかった。

星浩キャスターの外れたイヤホンから、強い口調のディレクターの指示が聞こえてい

たが、キャスターはディレクターの指示の質問をしているだけ。

そして、そのディレクターの指示によるものなのか、総理が話しているのに話をさえ

ぎってキャスターが何度も質問をしていた。

--------------------------------------

---------------------------------

観察2 某ブロガー

星浩は、普段はイヤーモニター(カスタムイヤホン)なんか付けないのに、

生放送で安倍晋三総理大臣を追及する時だけTBSが総力を挙げて追及するために

イヤーモニター(カスタムイヤホン)を装着した。

 

慣れないことをしたため、TBSスタッフが「2人でモリカケ!」と指示を出した音声が

イヤーモニター

(カスタムイヤホン)から視聴者に漏れ聞こえるシーンもあった!

 

星浩は、安倍総理の話を途中で妨害してようやくTBS待望の「森友加計」問題の話題

に持ち込んだが、安倍総理から

「報道されなかった部分も含めて国会中継を全部ご覧になった方々には大分ご理解い

ただけたのではないかと思います」

と反撃され始めると、またまた慌てて安倍総理の話を妨害した!

平成29年9月25日放送のTBS「NEWS23」

--------------------------------------

-----------------------------------

 

—–Original Message—–

From: NPO法人百人の会 [mailto:info@yellow-deer.club]

Sent: Tuesday, September 26, 2017 3:03 PM

To: naka-and-sin@hb.tp1.jp

Subject: よっしゃ! まかさんかい。

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

よっしゃ! まかさんかい。 マスキ

 

各位

 

9月25日のTBS NEWS23は安倍首相を招いて、解散総選挙について所信を

問いました。

 

ところが、その内容は政策などはそっちのけで、モリ・カケ問題ばかりを根掘り葉掘

り聞く異常なものでした。

しかも、何か都合が悪いことでもあるのか、安倍首相が説明している最中にそれを

遮って別の質問をかぶせるなど失礼極まりないものです。

所信を問うどころか、モリ・カケ問題をしつこく問い質して、安倍首相の印象を損ね

ることが狙いのようでした。

 

同じように安倍首相を招いたNHKニュースウオッチ9でもテレ朝報道ステーション

でもこのようなことはありませんでした。

TBSの異常さが際立っています。

 

このような印象操作する番組に厳重抗議をお願いします。

(TBSテレビ)電話:03-3746-6666

 

事務局 木上

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

 

 

 

===============================================================

 

 

 

9) 【 NPO法人百人の会 】 TBS偏向報道糾弾・街宣(10月7日(土)

 

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

TBS偏向報道糾弾・街宣(10月7日(土)

–    放送法違反のTBSに断固抗議を!-

TBSに反省の色なし!

居直るTBSに再度抗議を敢行!

500人の愛国者が党派を越えて結集した9月9日

のTBS偏向報道糾弾大会・デモの直後、

井上弘名誉会長は「各局の報道の編成方針は各社の判断、

偏向報道は行っていない。」と開き直った。

盗人猛々しいとはこのことであり、反省の色は全く無い。

しかも「サンデーモーニング」では岸井成格に代えて青木理を登場させた。

これは我々に対する明らかな挑戦である。

そして総選挙でなりふりかまわず左翼に荷担する意思の表明でもある。

我々は受けて立つ!下記の通り再度TBS本社を包囲して落城まで戦おう!

日本を憂い偏向報道に憤るすべて愛国者の参集を請う!村田春樹

 

 

 

とき 平成29年10月7日(土)  午後 2:00~5:00

ところ TBS本社前(東京都港区赤坂5丁目3番)

道路上に街宣車が停まっております。

その周りにお集まりください。

旗・幟 日章旗に限定します。但し各団体幟は5本以内まで可です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主催: TBS偏向報道糾弾大会・実行実員会、

多くの参集を請う !!

実行委員長  村田春樹(自治基本条例に反対する市民の会代表)

副実行委員長 水島総(頑張れ日本!全国行動委員会幹事長)

協賛: 頑張れ日本!全国行動委員会

偏向報道から国民を守る会、他多数。

連絡先: info@henkou.org

 

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

 

 

===============================================================

 

 

 

10) 【 NPO法人百人の会 】 『維新』提案、幻の抗議文

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

幻の抗議文

サンフランシスコと姉妹都市にある大阪の大阪市会『維新』軍団は「サンフランシスコ市における

慰安婦像設置、慰安婦の日制定再検討を求める決議」案を議会に提出した。

そして、自民党の反対でボツ!

自民党、何考えている。維新以上のもっと素晴らしい抗議方法があるんやろな!

[決議案を添付] 増木

 

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

 

===============================================================

 

 

 

 

11) 【 なでしこアクション 】 ユネスコ性奴隷登録阻止 記事にコメントお願い

 

 

 

皆様

 

いつも大変お世話になっております。

 

産経英字サイトJapan ForwardにYumiko Yamamoto投稿のユネスコ関連の記事が掲載されました。

 

‘Memory of the World’ Program: How Will UNESCO Tackle Historical

Distortions Against Japan?

‘Memory of the World’ Program: How Will UNESCO Tackle Historical Distortions Against Japan?

 

 

日中韓他申請の「慰安婦=性奴隷」登録を阻止にむけて、

記事にご感想・ご意見のコメントをいただけましたら助かります。

記事と一緒にユネスコに送ります。

ご協力よろしくお願いいたします。

 

 

<記事へのコメントの入れ方>※コメント投稿は英語のみ

登録画面にアクセス

https://japan-forward.com/jplogin0211/

 

・「user name または メアド」と「パスワード」を入力して登録、

または

・facebookで登録

 

登録ログインして、記事に移動すると記事の下にコメントComment欄が表示されます。

 

 

 

**************************************

正しい歴史を次世代に繋ぐネットワーク

なでしこアクション http://nadesiko-action.org

代表 山本優美子

JapanNetwork1@gmail.com

 

**************************************

 

 

 

===============================================================

 

 

 

12) SDHF 南京事件48人の証言 阿羅健一著

 

 

 

 

『「南京事件」―日本人48人の証言』(小学館文庫)

阿羅健一著

その1―推薦のことば(櫻井よしこ)前書き、目次

栗原茂男 様

 

南京事件を解明する本は沢山出ておりますが、当時南京戦の現場にいた人々の証言を大量に集めて整理した本といえば、阿羅健一氏のこの本に勝るものはありません。本書は昭和62年に『聞き書き 南京事件』(図書出版社)として最初に出版されたものを文庫版で再版したものです。

ここにまとめられた証言者は、新聞記者22人、軍人19人、作家・画家等4人、外交官2人、僧侶1人の計48人です。

これらの証言を組み立てていくと、当時の南京の様子が浮かび上がってきます。貴重な情報です。率直に内容を検討していけば、言われているような大虐殺など起こりようがなっかことが明らかになることでしょう。ぜひお確かめください。連載の第一回目です。

日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/48.pdf

英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/Ara-Nanjing-1.pdf

 

海外には、下記の通り英文で発信しました。

 

平成29年9月27日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝

http://hassin.org

 

The Nanjing Incident: Japanese Eyewitness Accounts

-Testimony from 48 Japanese Who Were There-

By Ara Ken’ichi

No.1: Introduction, Preface and TOC

 

This book is highly significant in that it contains the words of military officials, journalists, diplomats and others who were in Nanjing in 1937. The so-called “Nanjing Incident” is a very controversy issue – even what to name it is controversial. The most obvious path to take to arrive at the facts is to listen to the people who were actually there that time. Therefore, Mr. Ara Ken’ichi adopted this approach for this book–the most forthright and honest from a journalistic perspective.

What did the Japanese do or did not do? What did they see? Was there anything that they saw that could be considered a massacre?  After you read this book, you will see the truth.

 

URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1027/

PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Ara-Nanjing-1.pdf

 

Questions are welcome.

 

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact

Phone: +81-3-3519-4366

Fax: +81-3-3519-4367

Email moteki@sdh-fact.com

URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered

 

 

===============================================================

 

 

 

13) インターネット情報

 

 

ヤマト「値上げしないと運ばんで!」アマゾン「ほーん、ほなら自分たちでやるわ」→

http://news.2chblog.jp/archives/51919494.html#top

( ヤマト運輸とアマゾンの交渉結果はデフレ脱却のきっかけにまるかもしもれない。人手不足は必然的に賃金を引き上げる。次に起きるのはサービス産業も含めた意味での生産の合理化が始まるか、又は製品値上げ。連合は賃上げを要求し、経営側と妥結して全国的に賃上げが起き、サービス産業は合理化の余地が少ないから値上がり幅が大きくなり、全国的に勤労者の所得が増える。すると消費が増える。それが毎年続くと企業は強気となって設備投資が増え始める。又賃上げを価格に転嫁すると国際競争力が下がるので、企業は必至で生産の合理化投資をする。投資は所得を生み出し、日本全体の貯蓄も日本全体の投資額だけ増やす。 賃上げ⇒物価上昇⇒賃上げ⇒ の連鎖は日本全体を豊かにし、資産格差も所得格差も是正する方向に機能する。)

 

 

 

TBSの安倍潰し

【動画】星浩キャスターの外れたイヤホンから強い口調のディレクターの指示。安倍総理の話を遮りまくりで批判殺到!(※動画あり)

昨日放送されたNEWS23(JNN系列)に安倍総理が生出演。

この番組の中で、安倍総理が話している途中に星浩キャスターが話に割って入るような場面が何度も発生した。

さらに星キャスターの外れたイヤホンからは、番組ディレクターからの“指示”と思われる『森加計!』と聞こえる音声も拾われた。(以下略)

https://snjpn.net/archives/31739

( 放送電波が希少資源であり、日本国民全体の財産である事を足蹴にした放送内容。こういう会社が大きな顔をして商売している状況は、日本が法治国家でない事を示している。テレビ、新聞は朝鮮人が実質のっとていると言われている。そして朝鮮人批判を禁句にする雰囲気つくりを必死でやっている。事態を改善する為には先ずは除鮮。)

 

 

 

 

【中国発狂】日本の技術封鎖で『中国の開発計画が軒並み頓挫する』喜劇が発生ww日本が我々を妨害したアルw【嫌韓・中国・崩壊ニュースCH】

https://www.youtube.com/watch?v=nLHd3lM4nag

( 安倍政権での特定秘密保護法やテロ特措法が利いているのだろう。だから支那、コリアンの侵略者達は安倍総理の引きずり降ろしに躍起となっている。)

 

中国トップ企業が”日本企業の技術輸出停止”で窮地になり絶望!新製品開発どころか従来型戦略も完全崩壊www【中国経済】

https://www.youtube.com/watch?v=we6YskIC1e8

 

日本製のGPSに中国人記者が『凄まじい危機感』を表明し本音がダダ漏れにwww

日本側は”北斗超え”の一斉攻撃の計画を暴露!?【中国崩壊】

https://www.youtube.com/watch?v=MGrXT-Ek6-4

 

全世界No 1の”中国企業の裏実態が暴露”され日本が吃驚仰天!日本製部品を50%も使っておんぶに抱っこ状態だったwww【中国経済崩壊】

https://www.youtube.com/watch?v=vFZxNP2qyBA

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください