A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

小池新党は民進新党なのか?それとも自民系新党なのか?     -栗原茂男

 

 

1) 小池新党は民進新党なのか?それとも自民系新党なのか?

2) 【 NPO法人百人の会 】 トランプ米大統領にメッセージをお送りしました

3) 【 NPO法人百人の会 】 日本のこころ・中山恭子代表が「小池新党」参加へ 夫の中山成彬元文科相も

4) 【 NPO法人百人の会 】 国家意思としての拉致被害者5名の帰国

5) 行動する保守ならぬ「行動するヘタレ」に改名を!・・・主権回復を目指す会

7) インターネット情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 小池新党は民進新党なのか?それとも自民系新党なのか?

 

小池都知事は東京都の出鱈目利権行政を排除するべく都知事選に立候補した。元々小池ゆり子氏は自民党。そして小池氏を立候補直後から支援した直後から支援した若狭勝衆議院議員も自民党。つまり小池知事の都民ファーストは政策は自民党で「しがらみ」政治から脱却が自民党との違い。それなら保守層は安心して支持できたわけである。

保守層としてはなんでもかんでも良いから非自民であれば良いと言う訳には行かない。

 

公明党は創価学会を守る為には何が何でも与党でなければならないし、特に警視庁を配下にする東京都の都議会で与党は必須。

小池人気が圧倒的と見ると直ぐに擦り寄り、知事当選後は与党となった。しかし私の周辺の創価学会員達はそれでいて小池都政を批判している。

 

そうこうしていると民進党の細野議員が若狭議員に擦り寄り、それをとっかかりに小池知事に近付き、あれよあれよという間に若狭・小池から細野・小池とメディアに書かせる様になって行った。

徐々に見えて来たのは、細野は前原の工作員の姿。

いつの間にか小池新党の党首は細野と一部メディアでは書き始めている。

 

図々しさもここに極まれりである。

 

小池新党は民進新党かのような印象さえ受けるようになった。

細野議員に絡んだ情報では前原の他に小沢一郎の名も出て来る。ここまで来るとシナリオを書いているのは創価と言う推測が当を得ている事になる。

なるほど一院制を主張する若狭議員は公明党が絶対拒否の訳である。一院制は公明党などの少数政党は消える方向となる。

小選挙区制も公明、共産などの党も消えるはずだったが比例を残すと言う中途半端な小選挙区制であった為に中選挙区制より却って悪い制度となっている。

一院制は少数政党にとっては死活問題。しかし少数政党がいくつも在るから防衛力強化のような緊急の重要な問題に機動的な対処が出来なくなっている。

 

法律屋は百年でも二百年でも延々と議論を続けるが、政治はそれでは国民を守れない。

少数政党が多数あるとニッチを狙った政党が芸の人などの人気者を政治家に仕立て上げ、それに付き合って大政党まで世間の人気者を候補者にしたりする。

こんなやり方、止めるべきだ。

 

理想は二大政党制で、その中でしっかりした議論をするようにすべきだし、何でもカンでも党議拘束と言うのも止めるべきだ。

若狭議員は日本の議会制度に一石を投じる提案をしている。早速反対論が噴出している。

少数政党は当然死活問題だから絶対何が何でも潰そうとするはず。

 

従来のやり方を否定するとそれがどんなに良くても反対論が出て来る。しかしそれは大勢に従う事で自分の安泰を考える付和雷同に過ぎない。

 

私は経済を良くしたいと言う思いで政治運動に参加するようになった。そして中央銀行制度にも大きな問題がることに気が付いた。

国家の通貨、おカネを発行する組織が民間銀行と言うのは世界中の“常識”であり、世界中がそうなっている。

しかし世界中の多くのエコノミスト、たぶん大半のエコノミストはそれは間違いだと言っている。

 

世界には裸の王様は立派な服を着ていると言い続ける場合が珍しくない。

二院制も同様で、二院制は裸の王様である。

 

若狭議員が突如言い出したからと言って、すぐに実現するとは到底思えないが、裸の王様は立派な服なんか来ていなくて裸だと言い切る勇気は評価して良い。

誰かが言い出さなければ、状況は変えられない。

 

今日本を取り巻く国際環境は危機に瀕していて、一刻も早い防衛力の整備をしなければならない。

危機を仕掛けているのは北朝鮮ではなく、中国であることは誰にもわかる。

しかし中国を名指せば、腹黒い中国は中国を敵視していると言って、更に侵略体制を強化する口実にする。

 

北朝鮮は日米に防衛力を強化させる為の口実つくりをしているように見える。北朝鮮は昔から日米との経済協力を望んでいて、中国と離れたがっている。

そして、そうはさせじ、と言うのが中国と韓国であることは当然である。

 

いずれにしても中国の脅威は日に日に増していて、外患誘致勢力は中華侵略が邪魔されない環境作りに必死でいるが、日本を守っているのはアメリカ。

しかしアメリカも予算が厳しいから韓国からの撤退を考えているし、日本の防衛力の強化を強く望んでいる。

日本は防衛力を法律面で一層強化し、防衛予算は三倍くらいに増やす必要があるのではないだろうか。

 

 

公明党は憲法9条そのものの改正は党としては難しいので、9条に「二」を加えて自衛隊合憲にするなら協力できると言う処が落としどころとなっている。

 

もし、小選挙区制であったなら、日本政府はこんな苦労はしなかっただろうし、一院制であればやはりもっと素早く対応できたであろう。

 

若狭議員が投じた一石は大きくなる事を期待したい。

 

 

 

一昨日は行田郁子参議院議員が小池新党に入らないと言っていると公明筋から情報が入った。

しかし昨日の報道では小池新党に参加。

更に自民党の福田峰之内閣府副大臣も参加する発表になり、更に更に中山恭子参議院議員夫妻も参加すると言う。

渡辺よしみ議員も参加の方向で支持者に説明している様子。

 

26日を前にしてガセネタが飛び交っている。

自陣営の思惑を既成事実化したい者達がガセネタを流すのだろう。

 

そうであれば、一部で伝えられている細野代表、小池顧問ではなく、若狭代表又は小池・若狭共同代表で落ち着くのではないだろうか。

その方がすわりが良い。細野代表では民進新党になってしまうのは避けられないから、小池新党は都政で其処までとなる。

 

民進党は余程でなけれな入れない方が保守の支持は拡大する事だろう。

今までの新党は偽装保守ばかりだったから。

 

 

 

===============================================================

 

 

2) 【 NPO法人百人の会 】 トランプ米大統領にメッセージをお送りしました

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

 

 

ジェリーのブログより

https://ameblo.jp/ryobalo/entry-12312818635.html

 

トランプ米大統領にメッセージをお送りしました

 

NEW!2017-09-22

 

テーマ:

ブログ

 

金正恩が、アメリカのトランプ大統領の国連総会での演説で、「史上最高の超強硬な対応措置」と仰ったことについて、北朝鮮の外相が「かつてない規模の水爆実験をする」と述べ、トランプ政権を強く威嚇したとのこと。

 

水爆実験は、広島・長崎への原爆投下の約100倍にあたるといいます。生態系の破壊、環境汚染などが懸念され、こんなことを繰り返されると地球がもたないと思います。

 

この地球が支那や北朝鮮の地球破壊によって住めなくなる日も近くなるのではないかという気さえします。

 

この北朝鮮による環境・自然破壊を日頃、脱原発だの、反戦平和だの言っているプロ市民団体、極左の連中、共産党、社民党、民進党の連中はどう思っているのでしょうか?そして北朝鮮に、毅然と抗議をしているのでしょうか?

 

トランプ大統領には、地球を潰す気満々な北朝鮮をさっさと徹底的に壊滅していただき、国連での演説で述べられたように、横田めぐみさんをはじめとする拉致被害者を強固な日米同盟の絆と共に全員奪還していただきたくメッセージをお送りしました。

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

3) 【 NPO法人百人の会 】 日本のこころ・中山恭子代表が「小池新党」参加へ 夫の中山成彬元文科相も

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

弊百人の会と区別顧問のこの情報に接し、「ワレ心は中山にあり」、とメールしたら

「ありがとう」と返信がありました。 増木

———————————————————————————————

 

日本のこころ・中山恭子代表が「小池新党」参加へ 夫の中山成彬元文科相も

 

9/24(日) 14:22配信

 

産経新聞

日本のこころ・中山恭子代表が「小池新党」参加へ 夫の中山成彬元文科相も

 

中山恭子氏=11日、前橋市日吉町の前橋商工会議所会館(橋爪一彦撮影)(写真:産経新聞)

 

日本のこころの中山恭子代表(77)=参院比例代表=が、小池百合子東京都知事の側近らが結成する国政新党に参加する意向を周辺に伝えていたことが24日、分かった。中山氏は同日午後、東京都内で小池氏と会談する。

 

関係者によると、中山氏の夫の中山成彬元文部科学相も新党に加わり、10月の衆院選に出馬する意思を示している。

 

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

 

===============================================================

 

 

 

4) 【 NPO法人百人の会 】 国家意思としての拉致被害者5名の帰国

 

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

2017.09.23

XML

国家意思としての拉致被害者5名の帰国

カテゴリ:カテゴリ未分類

 

国家の意志

 

 

 

今日の国旗掲揚の後、地元中学校の体育大会を見学。実に見事な練習の成果の棒を使った演技などを堪能させていただいた。現職教員はもう知った方はいなかったが教育が継承されていることに安心をした。悪い癖だが、校舎外の歩道にまで目が行っていないようで草が多いので教員に「ここも清掃してくださるともう完璧ですよ」と激励しておいた。基本この歩道は90パーセントこの中学の生徒だけが使うので。ああ嫌なモンスター何とかだとうつってしまったかも。

 

急ぎ名古屋へ。「日本の心」のタウンミーテイングが2時。少し前に着いた。知人が席をとっていてくださり中山恭子党首のすぐ後ろに座る。

 

西村慎吾先生に会えるのを楽しみにしていたが、息子さんが補欠選挙の真っ最中でどうしてもお名古屋に来られずビデオ講演。いつもながら筋の通ったお話で感銘。

 

中山先生のお話の冒頭で2パーセントの得票率とのハードルが越えられずに解散と同時に政党資格を失ってしまうとの現実を知らされ申し訳なく思った。ご講演は憲法草案の解説。まことに日本人の目指す国家作りの核を抑えたもの。改めて現行憲法の前文など、あまりのひどさに改正の重要性を痛感。こうした適当なコスぺ憲法で今までやってきたことを悔しく思う。

 

先生の大使時代の日本人人質奪還の話を改めて伺い涙をこらえるのが精いっぱい。特に拉致被害者奪還時の5名救出時における苦悩や決断には魂が揺さぶられてばかり。ご本人の意図で帰国決断とすれば大変な問題となる。「帰国は日本国の国家意思」としてこれを行われたことに心から感銘を覚えた。国家意思が全くなくなってしまった戦後を突破する貴重な判断であります。あの時、会見場所を北京になどと言っていたのは岡崎の杉浦大臣ら。大いに抗議したことを思い出す。ご機嫌取りの政治家ばかりの中で本当に額田王のごときますらおぶりを発揮成された先生には男の政治家も到底頭が上がらないであろう。、

 

トランプ大統領の北批判の「13歳の少女を拉致」発言はアメリカなど欧米にとって決定的な事件とうつるのだとうかがう。どれだけ犠牲があろうと北の暴挙を許さないと子を持つ親の絶対的な決意が欧米にはあるとのお話であり、ある意味欧米が健全で日本が異常すぎるのだろう。かつての日本もそうだったに違いないが。戦後のエゴに染まった日本こそが異常なのだと改めて感じた。

 

本当に総理になっていただきたかった先生であります。

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

5) 行動する保守ならぬ「行動するヘタレ」に改名を!・・・主権回復を目指す会

 

 

 

行動する保守ならぬ「行動するヘタレ」に改名を!

http://nipponism.net/wordpress/?p=34623

 

<自分の呼び掛けた公開討論をキャンセルする醜態

ネットに逃げるな、公開討論で論破せよ!! >

 

【「電波系」が得意とする妄想】

職場・会社などで良くあることだが、仕事をしない、出来ない人間に限って、「しない、出来ない理由」について、百も二百も、腐るほどその理由・言い訳をあげつらう。さらに質が悪くなると、妄想で以てその理由・言い訳に酔い痴れてしまう。昨今、ネトウヨばかりか「行動する保守運動」なる方々も例外ではなく、いわゆる「電波系」一色と言っては言い過ぎか。

 

公開討論を呼び掛けながら一方的にキャンセル、その理由たるや「電波系」が得意とする妄想という”恐怖感”である。便所の落書きにはまり込むネトウヨの真骨頂を示している。

 

有門大輔君は「日米地位協定」の改変や主権回復の問題で共闘している一水会や木村三浩氏について要点を下記のように述べている。

 

  • 【現金のためなのだが、核保有国家としての北朝鮮の存続が容認または既成事実化した場合、北朝鮮での事業展開を目論んでいる日本企業からの「仲介料」や利権は相当額に上る・・・】
  • 【核保有国家・北朝鮮の存続は即ち、木村氏の懐を肥やすものであると推察され、北朝鮮が存続する一方で北朝鮮の半ば走狗として動いてきた木村氏が膨大な北朝鮮利権を背景に「日本右翼のドン」として君臨するようなことがあれば・・・】
  • 【その木村氏の露払いのようなことをしているのが西村氏】

 

【参考】☆「日本核保有論」に要注意!

http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52057533.html

 

思い当たる節もなく、甚だ根拠の不可解な事柄ゆえ、事実関係並びに根拠たる理由を尋ね、指摘して貰いたいと思った。

 

 

【「元右翼団体幹部」の電話を使用する不可解?】

早速、9月21日、第三者を通じて(有門大輔が西村への着信拒否をしているので)西村へ電話をしてくれるよう依頼した。間もなく、電車内でかけられないとのショートメールの後に有門君から電話があった。その時、使用した携帯電話が、何と本人の電話ではなく、その場にいた「当日、行動を共にしていた元右翼団体幹部」から借りて、西村に電話したとのこと。なぜ、有門君は自分の電話ではなく、「元右翼団体幹部」の電話を借りて電話をしな

ければならないのか?「元右翼団体幹部」の携帯電話にこだわることも実に不可解きわまりない。「元右翼団体幹部」を持ち出すのは良いが、これでもって一体何を言いたいのか?

 

 

【怖い?ならば「行動するヘタレ運動」に改名したら】

その「元右翼団体幹部」の件は差し置くとして・・・。

 

そこで、一水会と木村三浩氏は北朝鮮との関係で(金銭と利権)、如何なる事実があって「木村氏の懐を肥やす」ことになるのか、直に事実を聞かせて欲しい旨を伝えた。もし貴兄が指摘する事実が明らかであれば、「一水会と木村三浩の糾弾をやるべきで、西村修平も参加する」と伝えたことには間違いない。さらに、有門君からこれらの件について、公開討論の申し込みがあり、パネリストら含めて詳細が早急に話し合って調整することも確認した。

 

さらに、有門君自身が木村氏へ直に電話して、「彼(木村)が膨大な北朝鮮利権」に関与しているとの自分の根拠を話すべきだと、木村氏の携帯番号を伝え、本人も「分かった」快諾した。

 

ところが、その直後から着信拒否を貫き、木村三浩氏にも電話をしていない。見事なまでに約束を破った訳だが、その理由たるや余りにも情けなく、ここまで己を書くともう恥以外の何ものでもない。

 

その理由たるや、電話を受けた時、「行動を共にしていた元右翼団体幹部」から(西村らに)糾弾、脅かされるから止めろとの忠告だと、正直に告白している。つまり、公開討論キャンセルの理由を西村らに「糾弾、脅かされる」、形勢が不利(論破される)との助言をされたからと述べている。

 

聞いて呆れる「行動する保守運動」ではないか。論破されることを恐れ、自らのヘタレ・腑抜けぶりを、その「元右翼団体幹部」になすりつけたのである。これでは、行動する保守ならぬ「行動するヘタレ運動」ではないか、ヘタレ運動に改名すべきだ。

 

 

【朱に交われば赤くなる】

「糾弾」の恐れがあるからと、キャンセルを助言した元右翼団体幹部も、これまた有門君と並んで相当のヘタレではないかと思ってしまう。

 

有門君がこの「元右翼団体幹部」の電話を借りて電話してきたので、着信番号(0*0?****?1000)が残っている。

 

有門君ご自身が“糾弾”を恐れているので、ここは是非とも彼が信頼を置くあなた(元右翼団体幹)に同席して頂きたい。この旨を伝えたく、この「元右翼団体幹部」へ、「あなたは誰ですか?」と、何度も電話するが常に留守録、用件を伝えるも音沙汰なしが続いている。有門君と同様の着信拒否である。

本当に実在する「元右翼団体幹部」なのだろうか。

 

「元右翼団体幹部」と称される方が、どの様なお人か存じ上げないが「朱に交われば赤くなる」、行動する保守のようなヘタレ・腑抜けと交われば、どうしても赤くならざるを得ないのだろう。

 

【不安なら「元右翼団体幹部」と師匠らの同席を】

なぜ、この「元右翼団体幹部」は有門君に、「好機だ、単身でも乗り込んで行って、西村修平を締め上げて来い!行動する保守運動の気概を示すべきだ!」と、言って励ましてやらなかったのか。実に残念で仕方がない。

 

有門君に進言する。今からでも遅くない!そんなに西村修平が怖いのなら、その「元右翼団体幹部」に同席してもらえばいい。さらに君の師匠である瀬戸弘幸さんにも同行して貰えばいい。よもやお二人が、「糾弾」を恐れて同席を拒む訳などないだろう。

 

 

【便所に閉じこもる落書き屋】

それでも未だ不安なら、「護国志士の会局長・高木脩平」やその他の同士らも誘えばいい。仲間たる「護国志士の会」の諸君らが、怖いと言ってこれまた逃走する訳がないだろう。

 

「出来ない」とする言い訳・理由は妄想を駆ってまで、でっち上げる。しかし、意見を異にする相手には、面と向かって丁々発止の議論はできない。従って、「ネットのことはネット」でと言い訳しつつ「トン走」するしかなく、行き着くところは便所に閉じこもっての落書きに専念するしかない。同じ閉じこもりでも、便所の閉じこもりだけは戴けない。

 

結論を言えば、指摘されたブログ内容が根も葉もない空想のでっち上げで、これの釈明を要求されて窮したのである。何のことはない、有門君は公開討論で自らのでっち上げを、公衆の面前で暴露され、恥を曝されるのが怖くて逃走しただけのことだ。

 

「ネット上のことはネット」などの言い種は完全なる逃げ口上にしか過ぎない。いい加減なことを書き放題にしながら、それを指摘されると、「ネット上で」と言い逃れる。これぞ正しく「ザ・ネトウヨ」、聞いて呆れる「行動する保守」の面々である。

 

【気概を示す「護国の志士」は何処に】

有門大輔の周辺にたむろする「行動する保守運動」の連中がネットで、西村修平を「嘘つき」とか「約束を守らない」「裏切られた」とか・・・、書き込んで悦に入ってるようだが、それほど卑劣な憎たらしい西村を、なぜ呼び出して糾弾しないのか?そうした人間を放置するのは君たちにとって「社会悪」だろう。

 

当方は何時でも、何処にでも行ってあなた方の「糾弾」を受けたいのである。座敷イヌの遠吠えに終始してはいけない。誰か、西村修平を公開討論で撃破する気概を示す「護国の志士」はいないのか。西村一人を撃破せずして何の護国かと失笑を買うだけだ。

 

 

【「事実を挙げて道理を説く」論争を】

「事実を挙げて道理を説く」とする論争は、共に相手方の鋭い分析・着想に感化を受け、自らの認識の不徹底を認めつつ、相互が自らの理念を鍛えるものである。従って、口角泡を飛ばす激しい討論でも、感情のわだかまりなど生ずる訳がない。「事実挙げて道理を説く」とする言論の作法に勝ち負けはないのである。

 

共有する結論並びに回答などは、簡単には得られないだろう。しかし、その前提であり目的は、感情を抜きにした道理の追求にある。あくまで事実を挙げるのであり、でっち上げや妄想を挙げるのではない。そうすれば、議論は競技スポーツ終了時の「ノー・サイド」のように、後味の良い爽やかさが残るだけだ。

 

「行動する保守運動」を標榜する方々も、こうした言論の作法でもって、忌憚のない意見を戦わしてお互いの確たる理念を鍛え上げよう。ネット上の承認欲求、オチャラケや気まぐれと決別して物事を真摯に考え、小異を捨て、この国を愛する政治・思想運動の前進を図ろうではないか。便所の落書きから脱却し、人との直接のコミュニケーション能力を鍛えよう。

 

 

 

 

===============================================================

 

 

7) インターネット情報

 

 

 

【森永卓郎】日航機墜落※事実を隠蔽した可能性が高い!自衛隊機が2機追尾していた!謎のオレンジ色の物体~画像解析で判明!ダイバー発見の垂直尾翼!中曽根首相と防衛費GNP1%問題~123便墜落の真相に迫る – YouTube

( 私に入っている情報では123便は自衛隊中露派によって撃墜された。日本で製造していた中国の核を東京⇒大阪⇒小さい港⇒中国⇒イランと言う経路で運ぶ計画だったがIAEAにバレ、モスクワからの指令で駿河湾で撃墜する事になったが、高浜機長の巧みな操縦で尾翼が壊れただけで羽田に引き返そうとした。するとミグがスクランブルをかけ、羽田着陸を阻止。米軍の横田基地からは2千名だったか、遭難者を受け入れる準備をしているから横田に着陸するよう呼びかけた。横田基地から無線で「ワン、ツウ、スリー、ワン、ツウ、スリー、~ 」と何度も呼びかけている録音を聞いたことがある。しかし横田着陸もミグが阻止。そして群馬県の御巣鷹山に不時着。群馬県警は出動しないように命令が出ていたが県境の隣の長野県警が救援に駆け付けた。そして日経新聞によると7名救助。一命を取り留めた5歳くらいの男の子の写真が写真集に載っている。そして次の日には女性4名が救助となっていた。1985年8月12日の事だったが翌月の9月22日のプラザ合意で超円高が20分のシャンシャン会議で決まってしまった。今はそんな組合せは有るのかどうか知らないが、ユダヤ、支那、イランの連携を想像させる。その後日本中にイラン人が大挙して住み着くようになった。他の外国人達が何故なのか?彼等を追い出せ!と怒っていた、日本人の私はそう言われて抗議された事がある中曽根は一般の認識とは別でアメリカとは全く相いれない仲であることは知る人ぞ知る。311も中国の人工地震であると言うのは米軍筋と鳴霞さんから同時に聞いた。犯行理由も米軍筋から聞いた。理由の筋は通っているし、米国犯人説だと理由が説明できない。中国は自国民でさえ人間の生命の価値は低い。)

 

 

 

【速報】 日本政府、在日コリアンによるテロ警戒レベルを最高度に引き上げキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 朝鮮総連が日本テロ実行の緊急声明を発表!!!!

≪ 【在日朝鮮総聯声明】総聯活動家在日同胞が不倶戴天の敵米帝にチュチェの鉄槌を無慈悲に下しこみ上げる激情を禁じえずにいる ≫

【速報】 日本政府、在日コリアンによるテロ警戒レベルを最高度に引き上げキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 朝鮮総連が日本テロ実行の緊急声明を発表!!!!

( 要するに我々日本人の祖国である日本国内でテロリストとその仲間たちと暮らしていることになる。凶悪犯罪、大停電などなどテロと疑わずにはいられない。いわゆる「人権派」はテロリストにとっては庇護者となっている。偽日本人暴きは重要だし、疑われた者は積極的に疑いを晴らす努力をするべきだ。そうして日本に暮らす日本人は安心して生活できる。)

 

 

 

「個人情報聞き出したらキスOKなのか…」“電車内でのキス”を巡る裁判結果に疑問の声

http://news.livedoor.com/article/detail/13656823/

( 欧米人の愛情表現は日本人と大いに異なる。日本人から見ると暴力的と感じる場合も多い。電話で求愛する場面を見たことがあるが電話に出るまで何時迄でも掛け続ける。日本人なら一回断られたら、それっきりの場合が多いだろうが、欧米人は切られても切られても何度でも掛け続ける。隣で見ていた私は辟易したことがある。それで電話を掛けて来た男には、彼女の隣に居る私はチャイニーズと言う事にされてしまったと言う落ちがあったが。セクハラなども単なる言葉の問題ではなく、もっと激しい感じがする。この事件の場合、女性はかなり厳しく拒否しないと気があると受け取られる。キスなんかされたら引っ叩いてやるくらいの態度が必要。特にラテン人の場合はそう。これは差別ではなく、文化と言うか、そんな大げさなものではなく生活習慣の違い。インテリの欧米人は日本の生活習慣を理解している場合が多いが、そうでもない欧米人は日本人の生活習慣を知らないから、外国人が多くなるとこういう問題は起き得るはず。しかし日本の国土は日本人の為の日本だから、加害者が欧米人であることを考慮しない事を原則とするべきだ。)

 

 

 

【速報】韓国政府、必要なかったwww 2ch「そもそも韓国に存在価値あるの?」www

≪ 米国のマティス国防長官が「ソウルを危険にさらさない北朝鮮への軍事オプションがある」と発言したことと関連して韓国国防部(省に相当)の宋永武(ソン・ヨンム)長官は20日、国会国防委員会での質疑の際「ニュースを通じて初めて知った」と述べた。≫

http://www.news-us.jp/article/20170923-000007k.html

 

 

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください