A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

台湾民政府情報      -栗原茂男

1) 台湾民政府情報

2) 着々と成果を上げている小池都政

3) 9月10日・日曜日あてな倶楽部

4) 財務省HP新着情報 2017-09-04

5) 日本銀行メール配信サービス 2017-09-04

6) 外務省ホームページ新着情報

7) 【 NPO法人百人の会 】  大正天皇お誕生日に国旗を掲揚、市議会事務局は法秩序を乱す立場に立ってはな

8) 【 NPO法人百人の会 】  自衛隊を貶(おとし)めつづけてきた「フェイクニュース」の実態

9) 【 NPO法人百人の会 】  旧宮家の皇籍復帰を天皇陛下に請願して下さい

10) 【 NPO法人百人の会 】  憲法九条がミサイルと拉致を我が国に呼び込んでいる

11) 【 NPO法人百人の会 】  共同体意識を育てたい

12) 【 NPO法人百人の会 】 小池都知事追悼文が必用なら

13) 中国ガン・台湾人医師の処方箋-17

14) インターネット情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

1) 台湾民政府情報

 

台湾民政府から情報が来たが、台湾民政府がその存在感を着実に高めていることが解る。

 

日本政府が台湾問題で口を閉ざす意味は理解できるが、民間のマスコミや言論人が黙っている事は許しがたい敵対である。

オバマ政権時に日本国内でもっと話題を盛り上げて、人権問題として国際社会に知らせる活動があれば全く違った展開になっていたはずである。

 

台湾民政府の問題は国際法上の法的地位の問題だけでなく70年間に亘って被って来た本土台湾人の人権問題も法的地位の問題以上に重大な未清算の課題だと考える。

ここまで来たら、中国の台湾周辺海域での侵略が既成事実化してしまっているので、台湾民政府への政権移行については米国の軍を中心とした作戦を見守るしかない。

 

 

 

台湾民政府から来た情報。

 

台湾民政府の公式サイトに3日午前掲載された「2017年9月2日付台湾民政府公告」(下のURL)によれば、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」(下のURL)に掲載された2016年から2030年までの国際目標である「持続可能な開発目標(SDGs)」のうち、最重要課題である貧困・飢餓・保健に関する目標達成を目指し、毎年11月に米国テネシー州ナッシュビルにおいて米国を中心に世界各国からビジネスリーダー・大学研究者・官僚・NGO指導者らが集まり「グローバル・アクション・サミット」(下のURL)を開催してるが、11月5日から7日まで開催される今年の「グローバル・アクション・サミット」を前に出された報告書「2017グローバル・アクション・レポート」(グローバル・アクション・レポートについては下のURL)に、台湾民政府の広告が掲載されており、その報告書が既に桃園の台湾民政府中央会館に送られているとのことで、台湾民政府からの参加者6名及び各州にその報告書50部が参考のために送られるそうである。

 

下の「グローバル・アクション・サミット」のページに掲載された24のサミット参加者(12ずつ交互に表示される)には台湾民政府も含まれているので(台湾民政府以外のサミット参加者には、「レポート」を出版しているディプロマティック・クーリエ社の他、ホワイトハウス、国連、世界銀行、ユニセフ、全米商工会議所、バンク・オブ・アメリカ、インテル、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ、ギャラップ、ハーバード大学、カリフォルニア大学デービス校等がある)、9月の国連総会のみならず11月の「グローバル・アクション・サミット」にも参加するものと思われる。

ちなみに報告書の「グローバル・アクション・レポート」はG7やG20の公式特集誌と同様、世界各国の各界指導者に向けて郵送されているものである。

 

 

 

2017年9月2日付台湾民政府公告

http://usmgtcgov.tw/forum/topics/2017-9-2

持続可能な開発のための2030アジェンダ

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/files/000270588.pdf

グローバル・アクション・サミット

http://globalactionplatform.org/summit

グローバル・アクション・レポート

http://globalactionplatform.org/reports

 

 

===============================================================

2) 着々と成果を上げている小池都政

小池知事は幾つも業績を上げている。利権事業を潰し、新規にやり直しに着手している。 石原都政の出鱈目で築地市場を問題だらけの豊洲へ移転を決め、構造物は完成してしまっていた。 東京五輪も舛添がエンブレム作成だのユニフォームだので韓国利権のオンパレードだったから、バカをやり過ぎて退陣に追い込まれた第二舛添の増田が知事になっていたら韓国利権路線はそのままだったのではないだろう。 数千億円が2兆、3兆、森元によれば5兆かも6兆かも知れないと言う豆腐予算になりかけていたのをバッサリ切った。 都立広尾病院の青山移転もストップをかけたし、都有地の朝鮮高校案も潰した。 これだけやれば、利権ファースト、朝鮮人ファーストの連中からはもの凄い反発はあるあろう、だがその反発は卑しい利権根性から発する不満であることを恥じるべきだ。 利権でないと言うなら、誰もが納得するような理由の説明をするべきだ。しかし説得力のある説明はない。 豊洲移転計画はそもそも不自然過ぎた。豊洲の安全性に問題有りと結論を出した技術者会議を解散させ、御用専門家会議を作って問題無しと言う結論を出し、出させたと言うべきか、後に小池知事になって盛り土などとんでもない不正が発覚した。 当然利権ファーストの連中は大した問題ではないと言うが、消費者の健康問題なんか、利権ファーストの連中の利害得失からしたら如何でも良いのだろう。 そうでなければ素人がそんな簡単に問題はないと言えるわけがない。 専門家が当てにならないのは今までの経緯から明らかだからだ。 結局、小池都政は豊洲へ移転させるが、従来型の築地市場とは違って単なる物流センターになるように聞こえる。 専門家会議が御用専門家達であり、小池知事からのその辺りの明確は説明がないから不安は残るがとりあえずは以前よりはずっとましな展開であるとは言える。 若狭議員が補足的に説明しているが、生鮮の物流は大手流通業者の比重が年々高まっていて、今後は更に市場の物流は減ると予想され、小池知事以前に出来た計画だと年間100億円の赤字が推計されているようで、それが年々増えると言うのであれば、計画の見直しは必至で有るし、それは開業前に変更するべきだ。 まして技術者会議で安全性でダメ出しされたのだから当然だろう。 一方、築地市場は銀座の隣でデベロッパー垂涎の土地であり、2度と出てこない土地だからデベロッパーは必死に違いない。 豊洲移転を口にする連中は築地の売却をセットにして主張しているから、こういう案件は当然あちこちに賄賂が廻っている。 貰っちゃった連中は築地売価に必死とならざるを得ない。 小池知事の計画では貴重な土地である築地を民間活力を利用してアミューズメント性を持った市場にすると言っている。 デベロッパーに売却するよりは遥かにまし、と言うより、銀座の隣の広大な敷地を売却なんて言うの者のセンスの悪さを疑う。 小池知事は何もしていない、何をやろうとしているのか見えてこない、なんて言ってる者は相当頭が悪い。 ところで築地市場で事業をしていた人々は確かに気の毒だ。 廃業した人もいるし、移転の為の準備をしてしまった人もいる。それには損害賠償の責任を取らざるを得ないと考える。 しかし、当初通りの豊洲移転なら年間百億円もの赤字と言うし、広尾病院の青山移転とか、五輪の豆腐予算とかを考えれば大した費用だとは思えない。 この問題の最終的責任は石原氏にあることは間違いない。なぜなら立てた計画が間違っていたし、計画の立て方も実行も杜撰であった事は確かであるから。 自分は部下に任させから責任はないとは組織の長の言葉としては有り得ない。 権限は部下に移譲できるが責任は移譲できないからである。石原氏の責任は重大である。 小池知事は地方自治体の長であり、国政は別の仕事だから志を同じくする若狭衆議院議員に任せたと言っている。 言い方違ってもそう述べている。 そして利権ファーストから都民ファースト、日本ファーストの政治姿勢を全国に広げたいと両者とも述べている。 国政の政策は元々が自民党であるから大凡、分かろうと言うもの。 判らないなんて言ってる者は政治談議好きではあっても何もわかっていないのだからもっと勉強して今はまだ政治の話はしない方が良い。 国政新党の小池新党の目標は最初から、しがらみ政治からの脱却でブレていない。 若狭議員については色々な風評が飛び交っている。しかしよくよく聞いていると、政界で中々這い上がれない者達の妬みに聞こえる。 若狭議員が集団的自衛権で棄権したから憲法9条反対論者と言うのは誤解である。 右を読めば、集団的自衛権に賛成であることが解る。https://goo.gl/SMDtbG 棄権した理由は、「存立危機事態」の定義付けをしないまま法律を作ると、解釈をめぐって解釈があやしくなる場合が想定され、実際、検事時代に自衛官の命令違反の裁判で争った経験があると述べている。 小池知事も若狭議員も相当な妬みを買っているし、利権ファーストの卑しい連中からは憎がられている。 しかし両者の主張は明瞭で、かつ、ブレていない。 ********************************************************************************************************* 小池都知事 若狭氏と会談 「私の意は若狭さん」(17/09/03) https://www.youtube.com/watch?v=vPS-hTh8DJQ 【小池新党】小池都知事=若狭勝衆院議員、設立へ向け会談 ついに本格スタート! https://www.youtube.com/watch?v=-Vjw4LSsuOY *********************************************************************************************************

===============================================================
3) 9月10日・日曜日あてな倶楽部

 

「あてな倶楽部」開催のご案内

 

9月のあてな倶楽部は10日・日曜日午後6時から開催予定です。

講師は純日本人会の金剛秀英氏です。金剛氏は大谷大学で仏教学を学んだ方で事業家ですが、電磁波、集団ストーカー犯罪の被害者でもあり、この方面にも詳しい方。

 

日本は昭和30年代頃から生活は豊かになって来ましたが、国全体として衣食住がある程度満たされてくると次は人間は生き甲斐、生き様を考えるようになる。

日本人には古来より独特の文化がありますが、戦後占領軍や支那、朝鮮から古来からの文化を忌まわしいものとして否定されて来ました。

 

ところが近年は支那や南北朝鮮以外の海外諸国から日本人精神性が高く評価されるようになっています。

戦後否定され、辱められてきた日本文化は幾ら抑圧されても日本人の中に生き続けてきました。

 

そんな日本文化の柱の一つである大乗仏教の分析は我々の生き甲斐や生き様を考える手がかりの一つになるのかも知れないと思います。

 

 

あてな倶楽部代表 栗原茂男

 

 

————————ー記 —————————————ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

日    時    :  9月10日(日)午後6:00~8:00

 

講 師 :   金剛秀英氏

プロフィール:大谷大学仏教学科卒。インド学仏教学専攻(インド哲学)

 

演 題 :   「西アジア中央アジア遊牧民の興亡と大乗仏教 -ユダヤ問題の一側面として」

 

参加 費  :  1,000円

 

会    場   :   目黒区 鷹番住区センター 03-3715-9231

https://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/juku_center/takaban.html

鷹番住区センター 目黒区 – city.meguro.tokyo.jp

www.city.meguro.tokyo.jp

所在地:目黒区鷹番三丁目17番20号最寄り駅:東急東横線 学芸大学駅から徒歩3分電話番号:03-3715-9231受付:9時から21時 …

 

住所 : 目黒区鷹番三丁目17番20号

地図 : http://bit.ly/zhQztY

 

東急東横線学芸大学駅の改札(一箇所)を抜けて左に進みます。

駅舎の外を左に進み、高架の線路に沿って歩くと直ぐに右側に三井住友銀行があり、そこから二つ目の角を右に曲がります。

両側の角はステーキ屋と洋菓子屋。

 

そこから200mくらい進むと十字路の向かい側、左角が鷹番住区センターです。

途中に「すし 芳勘」というすし屋があります。

 

駅のホーム(中央に階段・エレベーター)に下りてから徒歩5分くらいで会場に着きます。

 

 

===============================================================

 

4) 財務省HP新着情報 2017-09-04

 

 

 

・うえの財務副大臣就任記者会見の概要(平成29年8月8日(火曜日))

http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20170808fukudaijin.htm

 

・財務大臣政務官就任記者会見の概要(平成29年8月8日(火曜日))

http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20170808seimukan.htm

 

 

・事務補助員の募集(主計局給与共済課)

http://www.mof.go.jp/about_mof/recruit/mof/jimuhojo/2017-9-4_shukei.html

 

・事務補助員の募集(国際局開発政策課)

http://www.mof.go.jp/about_mof/recruit/mof/jimuhojo/2017-9-4_kokusai.html

 

 

_______________________________________________________________

 

  • 財務省ウェブサイト

http://www.mof.go.jp/

  • Facebook

http://www.facebook.com/MOF.Japan

  • Google+

https://plus.google.com/#114755011782415457072/

  • Twitter

http://twitter.com/#!/MOF_Japan

  • YouTube

http://www.youtube.com/user/MOFJapan

 

 

  • 財務省へのご意見・ご要望は、以下のURLよりお願いします。

https://www2.mof.go.jp/enquete/questionnaire_jp.html

 

_______________________________________________________________

===============================================================
5) 日本銀行メール配信サービス 2017-09-04

 

 

 

(日銀レビュー)共働き世帯の増加の背景とその消費支出への影響

http://www.boj.or.jp/research/wps_rev/rev_2017/rev17j14.htm

 

営業毎旬報告(8月31日現在)

http://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/acmai/release/2017/ac170831.htm

 

マネタリーベース(8月)

http://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/mb/mb.htm

 

 

======================================================================

本サービスに関するお問い合わせ:prd.hp-mds@boj.or.jp

======================================================================

 

===============================================================

 

6) 外務省ホームページ新着情報

 

 

 

 

タンザニアに対する無償資金協力に関する書簡の交換

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004972.html

 

 

河野外務大臣会見記録

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_000564.html

 

海外主要メディアの日本関連報道

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/p_pd/ip/page4_003252.html

 

 

河野外務大臣会見記録

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_000565.html

 

 

パラグアイに対する無償資金協力に関する書簡の交換

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004978.html

 

河野外務大臣会見記録

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_000566.html

 

 

日英21世紀委員会第34回合同会議の開催

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004979.html

 

 

第4回共同経済活動関連協議会の開催

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004982.html

 

 

「北朝鮮に関するG7首脳声明」の発出

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/ec/page4_003260.html

 

マリに対する無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004984.html

 

 

河野外務大臣会見記録

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_000567.html

 

日・イラン外相電話会談

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004986.html

 

 

 

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

新着情報メールサービスをご利用いただきありがとうございます。

本サービスの登録、削除及び電子メールアドレス変更は、下記の画面にて受け付けております。

http://www.mofa.go.jp/p_pd/ipr/page23_000994.html

 

外務省ホームページ日本語版

http://www.mofa.go.jp/mofaj/ ===============================================================

 

7) 【 NPO法人百人の会 】  大正天皇お誕生日に国旗を掲揚、市議会事務局は法秩序を乱す立場に立ってはな

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

2017.08.31

XML

大正天皇お誕生日に国旗を掲揚

カテゴリ:カテゴリ未分類

 

今日8月31日は大正天皇のお誕生日。恥ずかしくも、忙しくしていてすっかり失念。知人に連絡いただき急ぎ自宅に国旗掲揚を行った。中島の大正宮に詣でようとしたが来客続きで仕事にまで遅刻するほど。明日朝いちばんで参拝に行ってくる予定。

 

大正天皇の創作なされた漢詩の数は実に1367首もあり、質量とも歴代天皇の中でも抜きんでていると言われる。和歌に関しても岡野弘彦氏の調べによると456首が確認されているという。大正天皇の御製集の解説の中で歌の出来は相当なもので、特に「清涼さ」「透徹した描写」においては、明治天皇や昭和天皇よりも優れていたと分析しているとウィキには表記されている。

 

 

 

共産党に対しての特別待遇を福島の須賀川市議会事務局がなしていたと報道がなされた.以下引用。

 

福島・須賀川市の議会事務局、赤旗の集金代行 市議4人から依頼受け

 

福島県須賀川市の議会事務局が共産党機関紙「しんぶん赤旗」の購読料を市議らから集めて職務として共産党市議に手渡していたことが30日、分かった。事務局が明らかにした。地方議会で公務員による政党機関紙の集金代行が確認されたのは初めて。事務局では赤旗以外の政党機関紙の集金業務は行っておらず、特別扱いが浮き彫りになった。

 

事務局によると、市議4人の依頼を受けた事務局が少なくとも平成29年1月以降、赤旗購読料を控除して議員報酬を支給する一方、集金を担当する共産党の市議に控除分の購読料を支払う集金代行業務を毎月、行ってきた。

 

事務局職員は毎月、市の庁舎内で封筒に入れた控除分の購読料を共産党の市議に手渡していた。集金代行に対する報酬は赤旗側や市議4人から受け取っていなかった。

 

事務局は今年6月、市議4人から「議員報酬をもらう際の購読料の控除はやめる」と申し出があったため、同月以降、集金を行っていない。

 

事務局は「購読料の控除や現金の手渡しは議員報酬に関する事務だ。職務として実施してきた」としている。集金代行を問題視する渡辺康平市議は「事務局にいる公務員の仕事ではない。集金を求める市議も悪い」と主張している。

 

市庁舎管理規則によると、事務局の場合「庁舎での物品販売、その他これらに類する行為」には市行政管理課長の許可が必要だが、市は赤旗の集金代行について許可案件とみなしていなかった。

 

引用以上

 

共産党の公私混同は信じ難きこと。安倍総理に対しての忖度批判などできる立場にないだろう。明確に要請していたとの報道である。。

 

共産党の反市民反民主主義の体質は許しがたきものがある、私の体験での知立市で議会に国旗掲揚を陳情した際、多数決で陳情は通った。しかし議会運営委員会に共産党市議が入っていたため決議を無視。全会一致を原則にしている委員会にて拒否権を行使し、ついに市議会選挙にまでずれこみ、決議は宙に浮いてしまったのだった。議会事務局に何度も抗議したが再度陳情をするように頼まれて今度は請願で提出。共産の市議会決議無視を大々的に市民に問うことを宣言し、市議会決議を尊重する約束をとり、新議会にて再度決議を上げ、やっと掲揚にいたったのでした。岡崎にても朝鮮総連の建物の課税について市議会決議を上げたにかかわらずこれもたなざらしにされたことがある。抗議を成して翌年やっと実現下のでしたが。共産党の諸君は市議会決議をなんと心得て見えるのか。憤懣やるかたなき思いだったことを思い出す。

 

市議会事務局は法秩序を乱す立場に立ってはならない。

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

===============================================================
 

8) 【 NPO法人百人の会 】  自衛隊を貶(おとし)めつづけてきた「フェイクニュース」の実態

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

増木様

 

いつもお世話になっております。

9月の日本兵法研究会主催イベントにつきまして貴会の皆様に紹介していただきたく、お願い申し上げます。

 

日本兵法研究会

会長 家村和幸

 

(以下、告知文)

 

国防を語らずして、日本を語るなかれ!

第37回 軍事評論家・佐藤守の国防講座

 

軍事評論家としてブログなどで活躍中の当会顧問・佐藤守が「国防」を熱く語る連続シリーズの第三十七回目です。

トランプ大統領が登場してから「フェイクニュース」という言葉が一般的に用いられるようになりました。フェイクニュースとは、相手を誹謗(ひぼう)・中傷することを目的にして、虚偽の情報でつくられた「うそ記事」のことです。現在の日本でも、安倍政権に対するメディアの報道は、そのほとんどがフェイクニュースですが、実は自衛隊こそが創隊以来ずっとメディアによるフェイクニュースによって悪者扱いされ、国民からの信頼を失うように作為されてきました。

今回の国防講座では、空幕広報室長時代にこれらの悪質なメディアと戦ってきた佐藤顧問が、自衛隊に関する過去のフェイクニュースの実例を示しながら、メディアが何のため、何を狙って、このように自衛隊を誹謗(ひぼう)・中傷し、貶(おとし)めてきたのか、などについて分かりやすく解説いたします。

脱線転覆を交え、大人気の佐藤節が唸ります。どうぞご期待下さい。

 

演 題:自衛隊を貶(おとし)めつづけてきた「フェイクニュース」の実態

 

日 時:平成29年9月30日(土)

12:30開場、13:00開演(15:30終了予定)

 

場 所:靖国会館 2階 田安の間

 

講 師:佐藤 守(軍事評論家、日本兵法研究会顧問、元南西航空混成団司令・空将)

 

参加費:1,000円(会員は500円、高校生以下無料)

 

お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp FAX 03-3389-6278

件名「国防講座」にてご連絡ください。

なお事前申込みがなくても当日受付けます。

 

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

===============================================================
 

9) 【 NPO法人百人の会 】  旧宮家の皇籍復帰を天皇陛下に請願して下さい

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

各位

 

御譲位特例法成立に際し、民進党のゴリ押しで「女性宮家の創設等」の付帯決議が付きました。

宮家が減少するからと言って、女性宮家を創設することは危険なことです。

万一、悠仁殿下で皇統が断絶した場合、その時女性宮家が存在していれば、その方が皇統を継ぐ可能性があります。

その女性天皇がA氏と結婚して、そのお子様が皇位を継ぐと、これがいわゆる女系天皇と称する者であり、これは今までの日本の天皇家ではなくA王朝です。

ここで、人類の宝ともいえる万世一系の2000年以上続いた世界最古の王朝は滅びます。

即ち、無血革命であり、これこそが反日左翼の目指すところです。

現在の我々日本人の最大の使命は皇統を残す道を開いておくことです。

その為の唯一の方策はGHQによって臣籍降下させられた旧宮家の男系男子の子孫の方に皇族に戻って頂くことです。

宮家を増やすのも一つの方法ですが、最も簡便な方法は皇室典範で現在禁止されている養子を容認することです。

明治に皇室典範が制定されるまでは、天皇家も親王宮家も血統が絶えると、他の皇族の方を養子にとって家系を保ちました。

養子を容認しておけば、どんな場合にも柔軟に皇統の護持が可能となります。

皇室典範の改正は安倍内閣でなければ、改悪される可能性があります。

例え、自民党でも、石破内閣や岸田内閣では「女性宮家創設」へ改悪される可能性が否定できません。万一、野田聖子内閣では最悪です。

従って、今が大切な時です。

 

請願法で天皇陛下への請願が認められています。

内閣経由で届けられますので、国民の意向は内閣に届きます。

国民の意志が多いほど内閣は動きますので、多くの皆様の御協力が必要です。

請願の方法は以下の通りです。

  1. 文書を郵送
  2. 封筒の表書き

〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

内閣総理大臣 安倍晋三 閣下

(内閣官房 広報室 気付)

請願法に基づく天皇陛下への請願書在中 (朱筆)

  1. 文書

「A4」1枚にまとめる(成るべく、簡潔にまとめたほうが良い。)

住所・氏名を記す

氏名は必ず自筆。押印

川久保勲

 

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

===============================================================
 

10) 【 NPO法人百人の会 】  憲法九条がミサイルと拉致を我が国に呼び込んでいる

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

 

9月1日付眞悟の時事通信を拡散します。

http://n-shingo.com/jiji/?page=1357&t=1&cn=ZmxleGlibGVfcmVjcw%3D%3D&refsrc=email&iid=875945a878c04255822945a11a1965bb&uid=415443713&nid=244+272699400

 

憲法9条で北朝鮮のミサイルは防御できないとは聞いていましたが、

憲法9条が北朝鮮のミサイルを呼び込んでいると西村先生は言われます。

先生の主張を読むと、なるほどと納得です。

 

奥中 正之

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

憲法九条がミサイルと拉致を我が国に呼び込んでいる

 

平成29年9月1日(金)

北朝鮮が二十九日の早朝、ミサイルを発射し、

北海道上空を通過させ襟裳岬東方約1180キロの太平洋上に落下させた。

それから、二十九日と三十日の二日間の報道は、

このミサイル発射に関することだらけで、

昼のワイドショーにおいてもミサイルの専門家が出てきてやっていたようだ。

その報道をほとんど見ていなかったのだが、

 

我が国は北朝鮮がミサイルを我が国上空に飛ばしたことに衝撃を受け、

Jアラートは、即座に安全な場所に逃げてくださいと国民に呼びかけ、

新幹線は停止し、飛行機も飛び立つのを自粛した、

と報道され、

しばらくすると、専門家が続々と出演して、

何故あの飛行経路だったのかとか、

発車されたミサイルはどういうミサイルなのかとか、

アメリカのトランプ大統領がどう動くとか、

日米の連携とロシアと中国そして国連の動きとか、

盛んに話していたようだ。

 

繰り返すが、この報道をほとんど見ている時間が無かった。

しかし、我が国の報道と専門家の議論には

肝心な部分に「欠落」があることは分かった。

 

北朝鮮は、今まで、

日本海と太平洋にミサイルを弾着させてきた。

そして、太平洋に弾着させるときには、いつも我が国上空を飛ばしていた。

従って、今さら、北朝鮮がミサイルを我が国上空に飛ばしたといって

驚くこともないではないか。

肝心な問題点は、

何故、北朝鮮は、ミサイルを、

日本海と我が国の東に広がる太平洋にだけ弾着させてきたのか、である。

この問題点を見つめれば、

その原因は、明らかに我が国にある。

まさに、「灯台?もと暗し」、だ。

 

そもそも北朝鮮は、ミサイルを、何故、

オホーツク海や朝鮮半島の西の黄海やグアム島やサイパンの方向に撃たないのか。

その理由は、

オホーツク海や黄海やグアム島やサイパンの近くにミサイルを弾着させれば、

ロシアや中共やアメリカが黙っているはずがなく、

何をされるか分からないので怖いからだ。

これに対して、日本海や日本の上空を飛ばしても、

日本は絶対に何もしないから怖くない。

これが理由だ。

 

では、何故、日本は怖くないのか。

日本は絶対に反撃しないからだ。

その訳は、日本の、憲法九条!

つまり、日本上空は、

北朝鮮のミサイルにとって、

飛び放題の「快適な回廊」というわけだ。

従って、この、北朝鮮のミサイルが我が国上空を飛翔する原因が、

我が国自身にあることを見つめずに、

マスコミは、二日間にわたって、ミサイル専門家の意見を拝聴していた訳だ。

 

次に、この度の北朝鮮のミサイル発射に対して、

国連そして日米両国等の各国が連携して北朝鮮に圧力をかけて、

北朝鮮に、これ以上の核とミサイルの開発を断念させようとする動きについて。

 

この問題についても、

我が国の報道は、自ら為すべきことに取り組まず、

アメリカが如何なる制裁に踏み出すか、そして、

北朝鮮と密接な関係を有するロシアや中共が何を為すかに関心を集中している。

しかし、まず、ロシアや中共ではなく、

まず、我が国が率先して何を為すか、

これがポイントではないか。

何故なら、我が国こそ北朝鮮と密接な関係を有するからである。

 

昭和四十九年八月十五日、

北朝鮮工作員となった在日韓国人の文世光は、

ソウルで韓国の朴大統領を狙撃した(文世光事件)。

この朴大統領狙撃は、文世光が、

大阪湾に入った北朝鮮貨物船万景峰号のなかで、

朝鮮総連生野支部政治部長から受けた韓国の朴大統領狙撃命令を実行したものである。

狙撃後、文世光は韓国当局に逮捕され、

すべてを自供し、朝鮮総連に騙されたと悔いた。

そこで韓国政府は?

かねてより日本が北朝鮮の対南工作基地であると認識していたのであるが、

文世光の自供に基づいて、日本政府に対して朝鮮総連の強制捜査を要求してきた。

しかし、日本政府(田中角栄内閣)は、

朝鮮総連の強制捜査を実施しなかった。

以後、朝鮮総連は現在に至るも、

北朝鮮政府の組織として我が国内に存在している。

そして、この朝鮮総連は、

我が国から北朝鮮への巨額の送金、

北朝鮮の工作活動、

そして、北朝鮮の日本人拉致を実施している。

この朝鮮総連を通じた我が国からの北朝鮮への巨額の送金は、

明らかに北朝鮮の核とミサイル開発資金になっている。

従って、我が国こそ、

北朝鮮と密接な関係を有する国なのである。

ところで、何故、文世光事件に際して、

田中内閣は朝鮮総連への捜査を実施しなかったのか、

これは、戦後政治の最大の謎であり、戦後政治の暗黒部分である。

よって、我が国は、

まず、我が国内における

朝鮮総連をはじめとする北朝鮮傘下組織を徹底的に無力化した上で、

国外のロシアや中共そして多の各国に対して、

対北朝鮮制裁強化を呼びかけるべきなのだ。

 

以上、この度の北朝鮮のミサイル発射を切っ掛けとして

我々は、

我が国が北朝鮮の核とミサイル開発資金の供給源であること、

我が国の憲法九条が北朝鮮のミサイルを我が国上空に呼び入れていること、

を認識し、

その元凶である「戦後体制」すなわち「憲法九条体制」から、

速やかに脱却する決意を新たにするべきである。

 

世に憲法九条を守れと訴える人々がいることは、もちろん承知している。

そして、その人々の目的が、

我が国を中共や北朝鮮の隷属下に置くことではなく、平和にあるのならば、

私は、その人々に賛同して目的を同じくしていることを喜び、

「平和を望むならば、戦いに備えよ」(古代ローマの格言)

と申し上げる。

 

では、現在の状況における、

「憲法九条体制」から脱却の具体的な一歩は何か。

それはミサイル防衛力の強化と

敵ミサイル基地および指揮命令系統の撃破能力の強化である。

よって、安倍内閣が、

その方向に向かっていることを強く支持する。

さらに、

アメリカのトランプ政権が、

北朝鮮の指揮命令系統撃破(斬首作戦)を開始すれば、

同盟国として、その作戦を支援すべきである

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

===============================================================

 

 

11) 【 NPO法人百人の会 】  共同体意識を育てたい

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

2017.09.02

XML

 

共同体意識を育てたい

名古屋豊国平成塾参加

カテゴリ:カテゴリ未分類

 

朝、町内の側溝の泥を土嚢袋に入れる作業。昨日と合わせ合計45袋を我が家の敷地におく。

10日が町内一斉清掃ですのでそれまでにメインの側溝をきれいにしておき皆さんのやる気を引き出す作戦。

 

三ヶ根に走る。今日土曜日は天気も良く多くの皆さんが比島観音や殉国7士の墓詣でに来てくださっていた。草取りを行う。私のなさねばならぬ場所の草取りはとてもできそうにないほど草が繁茂。今日は時間なくあきらめて名古屋の豊国平成塾学習会に参加する

 

午後2時半より開始されたのですが30分遅れでついた。今日の学習テーマは藤原定家。和歌など読めない自分では荷が重すぎお話を聞くのみ。

 

外国人が日本を旅してまず驚くのが町がきれいな事という。義務教育や高校では確かに生徒が毎日掃除をするためその習慣が社会人になっても持続し、公共心の源泉となっているのだとは思う。

 

掃除には同時に人格修養の一面もある。掃除から学ぶことは確かに多い。愛知にも掃除に学ぶ会があり小中のトイレ掃除に社会人と子供らの有志が休みの日に出向き、手でトイレ掃除をされる学校も多い。人の嫌がることでも率先して行うことで見えない人の心が見えるようになる。その行為のベースにはやはり日本人の宗教観や生活の常識がある。他のものを押しのけて利益を得ようとする個人主義を嫌い、弱きものや困窮者を皆で支えようとする心がある。その根源は日本が長き間稲作などの農業をなしてきた文化があるのだと思う。

狩猟民族は獲物をいち早く見つけ出して我先に獲物を捕らえねば逃げ出してしまう。しかし農業は水の確保から始まり多くの人手を必要として共同作業をなしてこれをなす。自然の恵みがなければ食物は手に入れられないから森羅万象すべてに感謝してこれをたたえる。

 

米どころ東北の震災時にあれほど他者を気遣い、冷静に秩序正しき行動をなしたことは世界の称賛を浴びたが、農業にいそしむ民の長年培った共同体意識のなせる業だと私は思う。

 

今日のどぶ掃除を見ていた方が、手伝えずにすみませんとわざわざ店から出てこられてお礼を言われた方も多く、かえって恐縮いたしました。そうした心も日本人の美しさだなあとうれしく思った。明日は朝7時より町内避難訓練。これらを通じて新たな共同体意識を育てたいものです。

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

===============================================================

 

 

 

12) 【 NPO法人百人の会 】 小池都知事追悼文が必用なら、、

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

都知事は朝鮮人を裏切ったのではなく、日本に表返ったのだ! マスキ

————————————————————————————————-

 

まき やすとも 政経調査会

小池都知事追悼文が必用なら、、

 

2017.09.03 Sunday 支那・朝鮮・在日 16:03 comments(0) trackbacks(0) by まき やすとも

 

9月1日、防災に日に東京都墨田区の横網町公園にある朝鮮人犠牲者の追悼碑の前で行われる慰霊式典に小池百合子都知事が追悼文を出さないことが、大きな問題となった。というか一部の勢力が針小棒大に大騒ぎしているというのが実態だろうか。

 

特定の団体が主催する行事に対し公職にある都知事が追悼文や祝辞を出すことが問題となるのは、良くある事。

 

出さないことが問題となるのは通常では考えられない。

 

似たような事例では、アメリカにおいて白人至上主義者の活動をトランプ大統領が非難しないことを問題にする向きが大勢となっているが、同様の事態が日本で起きている。

 

これこそが集団ヒステリーとも言える大衆迎合主義の表れである。

 

 

 

北朝鮮による日本人拉致が公に取り上げられたのは平成9年。

 

衆院予算員会で西村真悟代議士が横田めぐみさん失踪事件を北朝鮮による拉致として公表してからであった。

 

その後、我々「救う会」は被害者家族会と行動を共にして各地で署名集めなどを実施していたが、世間やマスコミの注目度は低かった。

 

そんな中、平成11年に日比谷公会堂を会場として拉致被害者奪還の為の国民集会を実施することとなった。

 

なんとか1000人の入場者を集めようと計画した。

 

その年の4月の都知事選で石原慎太郎氏が都知事に就任したこともあり、私が知事室を通じて石原都知事にも連帯のメッセージを寄せてくれるように要請したが、「そのようなことをするつもりはない」との回答であった。

 

平成14年9月17日の小泉訪朝によって北朝鮮が拉致の事実を認めるはるか前であったから、世間一般では「拉致なんて疑惑に過ぎない」「確証もないのに北朝鮮に失礼だ」という論調が幅を効かせていた。

 

マスメディアでも「北朝鮮」という表現・表記は許されない。必ず「朝鮮民主主義人民共和国」と表現・表記している時代だった。

 

であるから、日和見主義者である石原が声明を出すことはなかった。

 

これとて小池都知事を手厳しく攻撃する朝日新聞の立場に置き換えれば「何故連帯のメッセージを出さない」「拉致被害者を見殺しにするのか」「北朝鮮の手先か」といった論調で厳しく糾弾されてしかるべきではなかったか。

 

 

 

結局は自分たちに都合の良いテーマであれば公職者にすがりつき、都合の悪い・興味の無いテーマなら無視するといったご都合主義者(opportunist)の権化いうことになる。

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

 

===============================================================

 

 

13) 中国ガン・台湾人医師の処方箋-17

 

 

 

 

 

「中国ガン・台湾人医師の処方箋」(林 建良著)(並木書房)

栗原茂男 様

 

中国の本質を知る最高の解剖学とその処方箋が本書に掲載されています。

皆様にその全貌をこれからご紹介していきます。(茂木)

 

その17

 

【中国ガン】孔子の仮面を被ったガン細胞

  • 詐欺師は必ず仮面を被っている 人間は外観で判断できないものである。知的な紳士に見える人が実は凶悪な犯罪者の場合もあれば、怖い顔をしているけれども本当は優しい人もいる。普通の人間なら怖い顔をしている相手を警戒するが、紳士的に振る舞う人間には警戒心もゆるんでしまう。 詐欺師はなぜうまく人を騙せるかというと、人に警戒されない仮面を被っているからであろう。 同じ悪人でも怖く見える方より、紳士的に見える方が悪質で、人に与える害も大きい。紳士と思われた悪人なら、より深く踏み込めるからだ。 病気も同様、警戒されやすい病原菌やガンは早期発見ができ、早期治療もできるので、大事に至らない場合が多い。まったく症状を出さない病原菌やガンの場合は、手遅れになるケースがほとんどである。 孔子の仮面を被っている中国ガンであれば、善意の存在とされ、世界の国々の深部まで入り込んでしまうのだ。その害は計り知れない。  中国人は「ペテン師」としての才能は一流の民族だから、雰囲気作りも演技もうまい。ところが、賢いはずの日本人は中国人の演技を見破ることができない。なぜなら、真面目な日本人は、疑うだけでも相手に失礼だと思っているからだ。 中国演技の集大成は「四千年の文化を持つ偉大な国」という演出なのであろう。中国はその虚像を維持するため、バカでかい建造物をあちこちに造り、仰々しい儀式で人を威嚇する。その威力は、畏まった面持ちで整列し、共産党独裁者との握手の順番を待つ日本の国会議員たちの姿でもわかる。 真実から目をそらし、威厳ある仮面に圧倒され、知的な仮面に傾倒するのが人間の常なのだ。 孔子学院の任務 その中国が世界のあちこちに新たに作った演出の道具が「孔子学院」である。 二〇〇四年から、韓国・ソウルを皮切りに、中国の国策で作る孔子学院が世界中に雨後の筍のようにできた。今や世界百五ヵ国に三五八ヵ所の孔子学院があり、それ以外にも五〇〇ヵ所の孔子学堂がある。 世界中の孔子学院を統制する本部が北京にあり、中国政府の国家漢語国際推広領導小組弁公室(略称・漢弁)が管轄する。日本でも十七ヵ所の孔子学院が各大学に設けられている。 いまや中国語人材の需要が世界中に高まり、孔子学院の構想が中国語ブームに合致した国策と言えよう。しかし、孔子学院は中国語教育と中国文化宣揚の機関だけではない。孔子学院の任務は少なくとも三つある。一つは中国語教育を通じての国策宣伝。一つは頭脳機能を持つ世界各大学での思想や言論コントロール。一つはスパイ活動拠点としての情報収集。 その戦略的狙いがあるからこそ、中国が巨額の資金を出して孔子学院を作り続けるのだ。中国政府は「中国語教育プログラム用経費」という形で、孔子学院の修繕費や設備購入、広告宣伝などのために資金援助を行なっている。つまり、教材も教師も中国政府が提供し、場所だけを各国の大学や研究機関が提供するような形で推進されている。 教材もただで、教師の給料も要らないというおいしいプロジェクトだから、少子化で経営難に陥っている日本の大学も飛びつくわけだ。 孔子学院は中国ガン細胞の拡散基地 このような小利を貪ろうとしている心理を中国にうまく利用され、日本の大学はガン細胞の拡散基地を提供しているのだ。欲望大国である中国は、その貪欲の心理を誰よりも知っていることを忘れてはいけない。 李登輝氏はかつて、中国の一番悪いところは人間の悪の部分を呼び起こして、利用することだと指摘した。中国人は人間の悪を呼び起こして堕落させ、欲望の奴隷にするのだ。それはまさにガン細胞的思考そのものなのだ。 そのような思想だから、奉仕の精神で孔子学院を運営することはまずありえない。孔子学院はあくまでもソフトパワー戦略の一環だ。戦わずにして相手を屈服させる孫子兵法の本家である中国なら、ソフトパワーに力を入れないはずがない。 中国の狙いは、心を許してくれるカモを操り、持ち物を根こそぎむしり取ったうえ、下僕として働かせることだ。この最高の詐欺師の技を中国が孔子学院を道具としてやっているのだ。 孔子学院は作る方も受ける方も動機が不純だから、問題が生じやすいのも当然のことであろう。この中国ガン細胞の脳内転移にいち早く警鐘を鳴らしているのは、アメリカのメディアだ。アメリカのメディアは、孔子学院に中国共産党思想の拡散を目的に教師として入り込んだ中国スパイの存在を指摘し、アメリカ政府に注意を促している。 アメリカの中国研究の学者たちからも疑問が呈されている。マサチューセス州にあるアメリカの最も古い大学の一つで、最難関の一つとも言われるマウント・ホリヨーク大学のジョナサン・リプマン中国歴史教授は「金欲しさで中国政府の干渉を許してしまっている」と孔子学院を受け入れているアメリカの大学を批判している。 また、カリフォルニア州共和党連邦下院議員のダナ・ローラバーカー氏も「孔子学院がアメリカの公共教育を通じて中国の宣伝をしている」と指摘している。 これらの批判について、中国はまったく意に介していない。意に介するどころか、中央政治局委員で宣伝担当の李長春氏は、孔子学院を「中国対外宣伝構造の重要部分」と公言しているほどだ。 日米の脳内に転移した中国ガン しかし、こうした批判が多発していても、孔子学院はガン細胞の脳内移転の任務を達成しつつある。日本とアメリカにおける成功例を紹介しよう。 上海外国語大学と孔子学院の運営を提携している大阪産業大学は二〇〇九年四月、経営合理化のため孔子学院に大学所有ビルへの移転を提案した。これに対して孔子学院は「上海外大や中国政府との協議が必要」と難色を示したため、大阪産業大学は翌年、孔子学院廃止の意向を通知した。 ところが、慶応大学教授から同大の経営学部教授に転じ、後に常務理事と事務局長を兼任する重里俊行氏が大阪産業大の教職員組合と大学側の団体交渉の席で「孔子学院は中国政府のソフト的な拡張主義」「漢弁は文化スパイ機関」などと発言したため、学内の中国人留学生たちが抗議し謝罪を要求した。 連携先の上海外大の王静副学長も来日し、大学当局に説明を求める形で圧力をかけた。結局、大阪産業大学が中国の圧力に屈して謝罪し、重里事務局長を辞任に追い込んだ。重里氏は後に別件で懲戒解雇を受け、経営学部の教授職も失った。 この経緯を中国共産党の機関紙である人民日報の人民網が重里氏のプライベートの部分も含めてまるで芸能誌のように細かく報道した。一大学教授の懲戒解雇をなぜそこまで報道しなければならないのか、理由は簡単だ。これが中国の国策の成功例だからだ。洗脳政策と思想統制の前進基地としてできた孔子学院が早くも成果を出してくれたのだ。 ところが、こうした中国ガンによる脳内転移は、実は日本よりもアメリカの方が深刻なのだ。 問題だらけの孔子学院に対し、アメリカ国務院はようやく重い腰を上げた。二〇一二年五月十七日、孔子学院に所属する研究員が小中学校レベルの教育指導の仕事に就くのは米国のビザ関連法に背くという理由で、中国人教師たちに六月三十日まで国外退去する旨の告示を発表したのだ。 しかし、この告示に対して中国側は「文化交流を阻害するものだ」と強く抗議し、アメリカ国内に孔子学院を設置している八一大学と連携してこの命令の撤回を求めた。すると、なんとわずか一週間後、アメリカ政府があっさりと中国の要求通りに告示を撤回したのだ。

このように、孔子学院の威力はいかんなく発揮され、中国の狙い通りに機能している。超大国のアメリカも中国ガンの脳内移転には適わないのだ。

 

https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%82%AC%E3%83%B3-%E6%9E%97-%E5%BB%BA%E8%89%AF/dp/4890633006/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1500086916&sr=8-4&keywords=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%82%AC%E3%83%B3

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

「中国ガン・台湾人医師の処方箋」(林 建良著)(並木書房)

栗原茂男 様

 

中国の本質を知る最高の解剖学とその処方箋が本書に掲載されています。

皆様にその全貌をこれからご紹介していきます。(茂木)

 

その18

 

【中国ガン】中国人の面子には一文の価値もない

 

そもそも中国では、一億人の文盲が存在すると言われている。小学校も予算不足で、子供たちの学校建設費用を募金する「希望工程」と称する寄付金を日本や台湾にも求めているぐらいなのである。鳩山由紀夫が中国の指導者ならともかく、自分の子供の教育費を削ってまで他人に教育を施すほど中国は友愛の国なのか。 膨張し続ける中国の軍事予算と国内治安対策と同じ観点からのソフトパワー拡充は、教育の位置づけではなく、戦略の位置づけなのだ。膨張し続け、拡充し続けることが至上命令となるガン細胞にとって、国民教育の優先順位は一番低いのだ。 毛沢東はかつて「只要核子、不要庫子」(核は欲しいがパンツは要らない)と言った。この言葉は、実は中国ガンの思想を如実に表している。つまり、大量殺戮兵器さえ手に入るなら、どんなに恥ずかしい目にさらされても構わないということだ。中国人はこのぐらい実利的な民族なのだ。 日本人はよく、中国が面子を重んじる国だと勘違いをしている。中国は面子を重んじると思わせるだけで、日本を思い通りに操れるのだ。これがなんのコストも要らない最高の外交手法であろう。核さえ手に入れれば、パンツを穿かなくてもいい中国人の一体どこが面子を重んじているのか! 孔子学院もこのような実利の観点から推進している国策だから、大金を叩いて世界中に作りながらも、自国の小学校建設費用を日本や台湾に寄付を募っているのだ。これが面子を重んじる国のやることはとても思えない。 孔子は「至聖先師」の名に値する人物なのか それにしても、「至聖先師」と祭りあげられている孔子だが、本当にその名に値するほどの人物なのだろうか。 蒋介石政権下で中国人化教育を受けた私は、中学から大学まで「春秋」や「論語」などを勉強させられた。高校、大学の入学試験も公務員試験も国費留学試験も不可欠だから、いまでも論語は暗誦できるぐらいだ。 私は中国の古典が好きで、高校時代に「唐詩三百首」と「古文観止」を繰り返して何回も読んだ。しかし、説教調の「論語」はどうしても好きになれなかった。 「論語」を勉強すればするほど、孔子は果たして自分が言っている「礼義」と「仁愛」を持ち合わせているのかと疑いたくなる。官位につくチャンスがあればすぐに飛びつき、権力者に媚びを売る一方、庶民に傲慢な態度で説教している。 「君君、臣臣、父父、子子」は日本でもよく引用されるが、ポスト欲しさで孔子が主君の齊景公に迎合して持ち上げようとする言葉である。「父父、子子」はいいとしても「君君、臣臣」とはただ権力者の提灯持ちではないか。 その孔子が「刑不上大夫、礼不下庶人」(刑罰は貴族に及ばず、礼儀は庶民に及ばない)とも言っている。なんとも卑しい人なのだ。だから「論語」をそのまま鵜呑みにはできない。 中国の歴代の帝王が好んで儒教を顕学にするのも、愚民政策の道具として都合がいいからではないのか。 李登輝氏が孔子の「未知生、焉知死」(未だ生を知らず、焉(いずく)んぞ生を知らん)という人生観を批判したことがある。キリスト教のような永遠の命という概念がないから、現世に執着するのだと批判した。 孔子はその一方で「敬鬼神而遠之、可謂知矣」(鬼神を敬してこれを遠ざく、知と謂うべし)とも言っている。つまり「ご利益は欲しいが、祟られるのはごめんだ」という中国人らしい現実主義そのものなのだ。 当時の台湾は戒厳令が敷かれた時代だったので、儒教に対して懐疑的な態度をとることは許されることではなかった。だから、こうした疑問を解かしてくれる先生もいなかった。 一九八七年に日本に来てから台湾で禁書とされた書物を読み漁り、その中に中国の文学者、巴金の著書もあった。彼が書いた『孔老二罪悪的一生』が私の長年の疑問を解き明かしてくれた。 巴金の描いた孔子とは、悲嘆する日々を送っているへそ曲がりである。孔子は没落した貴族の末裔だが、プライドだけ高く、ひたすら官位を求め続けていた。「有教無類」とは名ばかりで、講学は勢力拡大と学生から金品を巻き上げる手段に過ぎないというのだ。つまり、孔子思想の結晶とされる「論語」とはしょせん彼の恨み言の集大成なのだ。 そもそも、儒教を中心とする中華文化とは、華麗な包装の中で腐臭が漂う汚物のような存在で、権力者が愚民政策に使う道具の一つに過ぎない。中国人自身も中華文化を「満嘴仁義道徳、一肚子男盗女娼」(口では仁義道徳、腹では男盗女娼)とけなしているぐらいだ。 その腐りきった中華文化の代表者が孔子であるなら、宣伝機関を「孔子学院」と名付けたことも頷ける。

 

https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%82%AC%E3%83%B3-%E6%9E%97-%E5%BB%BA%E8%89%AF/dp/4890633006/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1500086916&sr=8-4&keywords=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%82%AC%E3%83%B3

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「中国ガン・台湾人医師の処方箋」(林 建良著)(並木書房)

栗原茂男 様

 

中国の本質を知る最高の解剖学とその処方箋が本書に掲載されています。

皆様にその全貌をこれからご紹介していきます。(茂木)

 

その19

 

【中国ガン】中国人留学生が学術の殿堂を破壊

 

  • 「あっ! 共匪だ」 私が日本に来たのは、昭和の終わりに近い昭和六十二(一九八七)年四月で、二十八歳のときだった。そのとき初めて「共匪」を見た。「共匪」とは蒋介石政権が作った言葉で「中国共産党の匪賊」のことだ。 物心ついたときから大学を卒業するまでの二十数年間、学校で中国共産党員を「万悪的共匪」(極悪な共産党匪賊)と叩き込まれた。しかし、台湾では「共匪」を見たことも会ったこともなかった。だから、東大の留学生センターで本物の「共匪」を見た瞬間、「あっ!共匪だ」と感電したように立ちすくんだ。 好奇心に負けた私が恐る恐るその「共匪」に声をかけてみると、笑顔で「ニーハウ」(こんにちは)と返ってきた。 当時の中国人留学生は本当に「共匪」と言えたかもしれない。改革開放前の中国人留学生はほんの一握りの特権階級と言える。彼らは共産党の幹部か大学の教員がほとんどだったからだ。 四十代中心の彼らは文化大革命も経験し、日本で勉学できるありがたさを存分に理解しているようだった。共産党の幹部といえども、まだ貧しかった中国からきた彼らの生活ぶりは素質そのものだった。台湾の留学生より年長だったからか、どちらかと言えば落ち着いた雰囲気で、台湾人留学生よりも大人であった。 台湾の年輩の外省人(戦後、蒋介石と一緒に台湾に渡ってきた中国人)と同じように、聞き取りにくい「中国訛りの中国語」をしゃべっているのも新鮮だった。中国訛りの中国語とはおかしな表現に聞こえるかもしれないが、台湾では巻き舌で中国語を話すのは年配の外省人だけで、もともとの台湾人ではないことはすぐわかる。 特に親しくなった中国人留学生は二人いて、一人は東大第三内科に留学にきた蘭州大学血液学の助教授の卯さんと、もう一人は工学部で研究していた武漢大学助教授の朱さんだった。中国の社会状況や政治に興味津々の私がそのことを訊くと、彼らはいつもさりげなく話題を変え、共産党などの言葉も避けていた。一方、日本での生活の話題になると、人が変わったかのように饒舌になり、いろいろな意見を述べてくれた。 貧しいながらもプライドを持ち、堅実に学問を探求している彼らから、苦労がいかに人を磨いて強くするかを学んだ。その彼らは、先進国家日本に対して、批判しながらもいくらかの敬意を払っていた。 本物の中国人 九〇年代に入ると、中国人留学生の構成が一変した。共産党幹部の子供たちで、同じ特権階級ということに変わりはないが、我々と同年代ぐらいの三十代前半の留学生に入れ替わった。 彼らは「共匪」ではなく、ごく普通の中国の若者であった。八〇年代と比べて人数もかなり増え、図書館、生協、学生食堂など、キャンパスの至る所で群れを成して大声で談笑する中国人留学生を目にしない日はなかった。彼らは本物の中国人なのだ。  おとなしい台湾人留学生に比べ、新世代の中国人留学生の多くは、意気揚々としていて自信にあふれているように見えた。台湾人留学生と特に違うのは、彼らの強烈な反日感情だった。日本にお世話になっている意識はまるでなく、宿敵の本陣に乗り込んでやったという敵愾心さえ持っていた。 食堂で飛び交っていた彼らの会話には「小日本」や「鬼子」など、日本を蔑視する用語もよく耳にしていた。そんなに日本が嫌いなら、なぜ日本に来るのかといつも不思議に思っていた。運悪く彼らの近くのテーブルで食事をしたときなどは、その言葉を浴びすぎたせいか、いつも消化不良になりそうだった。 戦場さながらの留学生招待パーティ 当時の東大では年に一回、目白の椿山荘で、総長主催による留学生招待のパーティが開かれた。明治の元勲、山県有朋の屋敷だったこの椿山荘は東大と同じ文京区内にあり、神田川に面している広い庭園がきれいなところだ。 台湾人留学生たちと一緒に入場前に列を作って並んでいると、台湾語でしゃべっている我々は、例外なく中国人留学生たちから声をかけられる。「オイ、台湾から来たのか」「そうだよ、あんたは中国から来たのか」と返すと、バトルが始まる。「なぁに? 台湾も中国じゃないか」「いや、台湾は台湾で、中国は中国だ」から始まり、いつもそれからエスカレートし、乱闘になりそうな時もあった。 しかし、会場に入った瞬間、そのバトルがパタリと止む。中国人留学生たちの関心がテーブルの上に並ぶご馳走に変わったのだ。 それからは難民キャンプさながらの光景だった。総長の挨拶を聞く間もなく、乾杯の前から料理の争奪戦が始まる。われ先にと、肘で人を押しのけて強引に前に出て、料理を山のように皿に乗せた中国人たちがテーブルを占拠してしまう。その後、立食パーティが戦場に化ける。中国人たちは、床に平気でゴミを捨てる。綺麗な会場が一瞬にしてゴミ場となった。どんな美味しい料理を出されても、どんな立派な会場でも、台無しとなるのだ。狼藉とはこうことだとよくわかった。 私は数回参加したが、中国人留学生たちとの宴会とはこういうものだと分ってからは、行くのを止めた。

 

https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%82%AC%E3%83%B3-%E6%9E%97-%E5%BB%BA%E8%89%AF/dp/4890633006/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1500086916&sr=8-4&keywords=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%82%AC%E3%83%B3

===============================================================

14) インターネット情報

 

 

 

********************************************************************************************************************

 

【 経 済 】

 

 

コラム:揺らぐドルと米国債の「安全神話」

https://goo.gl/8Y4UaM

( 米国は2011年に予算コントロール法が出来て、国債発行の上限引き上げが毎年繰り返され、年中行事となっている。オバマ政権の時にでいた法律で、その年、本当に政府機関の一部閉鎖と言う事態が発生している。アメリカ政府内での経済に対する理解と考え方がかなり混乱していると言える。多分、台湾民政府が登場すると中国情勢が緊張し、一気に国防予算増額は認められると思う。)

 

コラム:中印間論争、BRICSを「骨抜き」にするか

https://goo.gl/uLTgBC

 

 

世界主要国のエネルギー源

一次エネルギーを世界で一番使うのは中国 : 世界各国のエネルギー政策、エネルギー事情を知るためには、多種多様な視点からその動向を眺める必要がある。その視点の一つが、エネルギーの源としてどのような一次エネルギー(石油や石炭など)(※)を利用しているかについて。今回はイギリスに本拠地を構える国際石油資本BP社が毎年発行しているエネルギー白書「Statistical Review of World Energy」を元に、状況を確認していく。(以下略)

https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20170903-00075172/

( 化石燃料以外にも環境に負荷を掛けない安価なエネルギーは幾らでもある。しかし安価と言う事は利権にならないから、優良なエネルギーは国際金融暴力団によって実用化へ向けた研究を阻止される。原発なんて周辺事業が巨額で大変な利権を発生させる。だから利権屋の周辺に群がる者達が必死で原発推進を主張する。)

 

 

 

********************************************************************************************************************

 

 

【 日 本 】

 

 

【速報!!】首都圏の電車で広範囲の停電発生!!【まさか】[政治ニュースオンライン][政治ニュースチャンネル]

https://www.youtube.com/watch?v=rhcR2Qqp5IY

(日本にはテロリスト予備軍が沢山いる。妬み深い、嫉妬心の強い反日特亜民族が実行犯に勧誘されやすいと考えるべき。日本人の為の日本を改めて強く認識するべきである。)

 

 

安倍首相が在日通名を廃止しなかった理由が恐ろしすぎる

https://www.youtube.com/watch?v=3IprhTsn-Rk

(在日朝鮮人が永住権を取得した経緯が15:00あたりから述べられている。在日朝鮮人は基本的に不法滞在犯罪者とその子孫であることを日本人も朝鮮人も自覚する事が日本と朝鮮との真の友好を築くために必要となる。彼等は歴史捏造と戦後の悪辣な犯罪は認めないだろうが、日本人だけでもシッカリ認識しておくことは重要である。)

 

 

在イタリア大使館に“栄転” 谷査恵子氏の羨ましすぎる手当

https://www.youtube.com/watch?v=bEiMgzsJpe4

(外務省は元々、職員自身で勝手に自分達は日本の貴族だと思っている節がある。又白人だと思っている節もある。そういう話を他の人から耳にする事もある。創価大学卒が大量に就職していると聞くからコリアンが多いのかもしれない。コリアンは財団の職員とか、地方行政の外郭団体とか、寺とか神社とか楽してカネが儲かるところを嗅ぎ付けると入り込むように聞いている。一般にそういう認識があるなら政府は調査して国民に報告するべきなのだが。民進党や東京新聞はそういう事で政府与党を追及すれば人気が回復すると思うのだが?)

 

 

関東大震災当時外国人差別があったかというとそうでもなくインド人はちゃんと支援してたんだよね

インド水塔 http://www.timeslip-y.jp/kanto/indo.html

http://hosyusokuhou.jp/archives/48799763.html

 

 

【拡散】朝日新聞が韓国のメディアだと一発で分かるニュースをご覧くださいwww

と ん で も な い 墓穴キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!!

≪ 誰かB-1を「死の白鳥」って呼んだのか?グーグルでB-1とswanとdeathで検索したら、今年2月の韓国の東亜日報英語版だけ。B-1 bomber white bird of deathで検索すると何も該当する記述

が出てこない。/ ああそうか、朝日と東亜日報は提携関係w ≫

http://www.news-us.jp/article/20170903-000007z.html

 

 

日本で「痴漢にされた」エリート外国人の末路

http://news.livedoor.com/article/detail/13562357/

(オーストラリア人と混血の女朝鮮芸人が学生時代にブログで書いていたが、気がむしゃくしゃした時に無実の男性を痴漢で逮捕させたと書いていて、話題になった。何でも5人とか6人とかをそうしたと書いてあった。植草一秀氏もでっち上げ地下に容疑で逮捕され、ご家族ともども悲惨な人生を歩むこととなった。「痴漢」は女性の一方的申し出で男性を犯罪者にでっち上げる事が出来る仕組みだ。しかしそれは法律に問題があるのではなく、警察官の法運用に任されている恐ろしい仕組みである。)

 

 

********************************************************************************************************************

 

【 世界から賞賛される日本 】

≪ 日本人の美点を誇りに思い、美点を伸ばすことで次世代に自信を与える事が出来る≫

 

台湾「やっぱ大和民族は凄かった!」 日本の学生達が台湾の公園で取った行動に称賛の嵐

http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2430.html

 

 

********************************************************************************************************************

 

 

【 国内政治 】

 

 

前原外相の首をとった西田昌司議員の質疑(短縮版)

https://www.youtube.com/watch?v=AroUJq243Es

https://goo.gl/jRNusT

( 朝鮮民主党から朝鮮民進党に代わっても中身は同じ。だから違法人蓮舫の多重国籍問題を軽視する。)

 

【速報】<民進党代表選> 新代表にオモニ前原を選出

http://hosyusokuhou.jp/archives/48799722.html

(雉も鳴かずば撃たれまい。蓮舫も代表にならなければ、朝鮮人支配のマスコミは隠し通して多重国籍問題は浮上しなかった思われる。前原もオモニと呼ぶ永年の親しい朝鮮人の違法献金問題もこのまま素通り出来たのだろうが、代表になったら如何なのか?当然、朝鮮人支配の日本のマスコミは降れないようにするのだろうが。)

 

 

二重国籍議員が民進党に多数存在!?なりすまし日本人帰化議員リストを入手!

https://www.youtube.com/watch?v=aepy-I3dpfk

 

在日韓国人の国会議員29人

https://www.youtube.com/watch?v=xK4dPmLfDOo

 

「投票してはいけない」売国議員のリスト

https://www.youtube.com/watch?v=OXZHBwpUiRQ&t=613s

 

 

【緊急拡散】マスゴミがミサイル時の安倍首相の動向を話題にする本当の目的が ヤ

バ す ぎ た !!!

≪ 「弾道ミサイル発射の前夜に安倍晋三首相が首相公邸に宿泊したのは、政府が発射の兆候をつかんでいたとの前提に立って」、「政府がどの時点でどの程度把握していたかを公表することは、日本の情報収集能力を明らかにすることを意味」 ≫

http://www.news-us.jp/article/20170903-000011z.html

(天皇陛下と総理大臣は動静を無闇に知らせない事で国民を守る事もある。知らせることで侵略者にとって都合の良い情報を提供する事になる事もある。だから偽日本人マスコミは全ての国家情報を公開させようとする。外患誘致罪になることも多いのではないだろうか。重大な事でも侵略者に不利な事は報じないマスコミが国民の知る権利云々とは呆れる。日本の既存マスコミは全てイエロージャーナリズム。彼等が言う国民の知る権利とは侵略国民の知る権利と言う意味なのだろう。)

 

 

「島根に落ちても意味ない」発言撤回せず 自民・竹下氏

http://news.livedoor.com/article/detail/13564303/

(イエローメディアは何も問題が無いのに「問題だ!」、「問題だ!」と騒いで「問題」を製造する。この例もそんな典型だ。それより本物の大問題である違法人蓮舫の多重国籍問題を追及するべきなのだが、放送電波利用会社や日刊新聞法で守られている新聞屋は朝鮮人上役の意向を「忖度」して取り上げない。竹下氏の姿勢を評価したい。)

 

 

********************************************************************************************************************

 

【 国際政治 】

 

 

「反捕鯨」の急先鋒 オーストラリア クジラが増えすぎサメ被害が増加

http://2logch.com/articles/5428917.html

(反捕鯨なんて意味不明な運動は曲がり角だろう。今まであれほど日本叩きをして来た連中が手の平返しなら、日本政府は損害賠償を請求するべきだ。どうせ反日勢力が裏から操って来たのだろうが、クジラの間引きをするなら理由をシッカリ聞くべきだ。食料自給率の低い日本人だって我慢して来たのだ。サメが危険なら海に入らければ良いではないか。)

 

 

********************************************************************************************************************

 

【 軍 事 】

 

 

北朝鮮が日本に警告、米国への盲従は「差し迫った自滅」

http://www.afpbb.com/articles/-/3141106

 

 

********************************************************************************************************************

 

【 中 国 】

 

 

【緊急拡散】中国政府、ドルの海外送金を禁止か!!!? 中国の財閥が と ん で

も な い 目に遭ってるぞ!!!

http://www.news-us.jp/article/20170904-000005c.html

(危機の中国経済を救う方法は外貨持ち出しを自由にする事。ところが中国政府は苦し紛れに逆の事をやっている。制限すればするほど国民であろうと外国人であろうと中国政府を信用しなくなり、益々外貨を国外に持ち出そうとする。何処の国でも法定通貨ではないビットコインなんかに頼るくらい、中国の個人法人は政府の通貨を信用をしていない。その信用を取り戻すのは非常に長い年月を必要とする。しかし今の中国にそんな時間的余裕はない。中国の輸出を支えてきたのは中国に進出した外国企業で、外資の撤退だけでなく、新技術の開発速度早い先端技術は日進月歩で進歩しているから自力で開発できない中国の輸出はお先真っ暗で中国経済の困難さは増す。お得意のコソ泥戦略も隣国の日本は特定秘密保護法やテロ特措法で防御を固めたから泥棒は難しい。中国の不動産はバブル崩壊しているそうだから、正常ならリーマンショック後のアメリカのように通貨増発で対処できるが、すでに異常なんて言葉を通り越した状況の中国は通貨増発も別の問題を惹き起こすから無理。つまり対処しようが無いのである。最近、経済統計をなるべく正確なものにしようと政府が必死のようだが、たぶん専門家に相談したら、先ずは統計を正しいものにするよう言われたのではないだろうか。中国経済を立て直そうとするなら統計が当てにならないのでは話にならないから。今までカネにモノを言わせて世界中で迷惑を掛け放題でやって来たが、そうであればカネの切れ目は縁の切れ目となる。商品を買ってくれない中国は今後世界中から袋叩きに遭うのではないだろうか。)

 

 

【速報】中国バブル、すでに崩壊かwww と ん で も な い 経済破綻クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!!

http://www.news-us.jp/article/20170903-000009c.html

 

 

 

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください