A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

改憲論議は「加憲」でまとまってきたようだ。     -栗原茂男

 

1) 改憲論議は「加憲」でまとまってきたようだ。

2) 【 転載依頼 】 在キューバ米大使館職員に「音響攻撃」か、聴覚障害で帰国も

3) 日本銀行メール配信サービス 2017-08-29

4) 【内閣府経済社会総合研究所からの新着情報のお知 】

5) 外務省ホームページ新着情報

6) 日本人は精神奴隷民族になり果てた(酒井信彦の日本ナショナリズム)・・・主権回復を目指す会

7) 中国ガン・台湾人医師の処方箋-11、14

8) 【 NPO法人百人の会 】 関東大震災と朝鮮人被害

9) 【 NPO法人百人の会 】 神奈川の世論6931 「私たちの選択 2017秋 in 東京」のご案内

10) 【 NPO法人百人の会 】 小冊子「朝鮮人の精神構造」の紹介

11) 【 NPO法人百人の会 】 夢と感動の偉人伝第50号 H29.8.27

12) インターネット情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 9条の改憲論議は「加憲」でまとまってきたようだ。

 

 

日本国憲法では全体の全文があり、第二章で戦争の放棄が書いてある。

日本国憲法は昭和21年11月13日に公布され、昭和22年5月3日に施行された。

 

その時は既に、昭和20年9月2日の停戦署名以来、日本は連合諸国の占領下に入っていた。

国土と領水(領空は書いてない)の占領が解かれるのは昭和27年4月28日の「日本との平和条約 ・ Treaty of Peace with Japan 」、いわゆるサンフランシスコ条約の発効によって。

その時、同時に「日本とアメリカ合衆国との間の安全保障条約 (Security Treaty Between theUnited States and Japan)が発効。

 

つまり「日本国憲法」と言うのは本当の憲法ではなく連合諸国の占領下のJAPANと占領諸国の中の the United States が結んだ条約と言う事になる。

そして軍備を持たない事になった日本の防衛費は少ない金額が予算計上される事となった。

日独伊の軍事費の対GDP比が低いのは第二次大戦の結果の影響だろうと思う。

http://mybigappleny.com/2017/05/01/military-spending-2016/

 

しかし戦後70年も経って状況が大きく変わっていて、東アジアでは1980年頃から中国で軍事侵略モンスターを日本が先頭になって育ててしまった。

日本が誠実に平和を希求しても中国の侵略は止まらない。

現在はもう平和を叫んでいるだけでは東アジアの平和は保てない。

 

今日本が平和なのは日米安保条約で米国が日本を守っているから。

だから中華侵略を誘導したい外患誘致勢力は日米安保を破棄させようとしているし、米軍を出て行かせようとしている。

そしてアメリカ自身も巨額の軍事費に悩まされていて、日本は自分で守ってくれと、年々強く言うようになっている。

 

更に米国は軍事力を持てない日本国憲法の改正も期待している。

一昨年、なんとか、平和安全法が整備された。

カギとなったのが日本に集団的自衛権があると言う憲法解釈。

 

根拠となったのは、最高裁判決である砂川判決であり、その砂川判決の根拠となったのが国連憲章51条。

国連憲章51条では集団的自衛権と個別的自衛権が明記されている。

従って、韓国が外国から侵略されても日本は軍事力を行使できないが、日米同盟の米国が、例えばグアムが攻撃されれば日本は軍事力を行使する、と言う事になる。

 

平成27年に参議院で安倍総理と民主党小川敏夫議員との珍問答が起きたのは、小川議員が安保法制を良く理解していない事から生まれたのである。

小川議員は安倍総理に韓国派兵をなんとか言わせようとしたが、安倍総理は、意外や意外、派遣しませんと断言している。

同じやり取りを何度も繰り返す愚を小川議員はしてしまったわけである。

 

それで、今、与党は何をしようとしているかと言うと、現下の中国の激しい侵略を阻止する為にまずは自衛隊の合憲を明文化しようと言う事。

他にも皇室典範とか、色々改憲したい事柄があるが、あれもこれもとなると議論が大混乱して結局何も変わらないと言う結末となりそうなのだそうだ。

だから喫緊の課題である中華侵略に備える為に自衛隊の合憲化だけは何とか明記したいと言う処。

 

具体的な手続きとしては、衆議院は3分の2を確保できるが参議院が厳しいとの事。

それで最低限、自衛隊合憲の憲法明記で今回の改正は実現しようと言う事で与党内は纏まっているのだそうだ。

 

私も政界の力関係は解らないから、占領下の憲法は無効だ、9条は削除だと言っていたが、具体的票読みをすると9条の条文に手を付けず、9条に「二」を加えて自衛隊合憲にすると言うならなんとか参議院の3分の2の賛成を得られるのでは与党は期待しているとの事。

そういう事であれば私も賛成する事にした。

 

先ほどある人から連絡があり、「日本の心」が9条の二で納得したそうで、更に幸福実現党も賛成になったそうだ。

幸福実現党は参議院議員が居ないがバカに出来ない票をもっているそうだ。

 

後はアントニオ猪木氏とグループ議員、小沢一郎と仲間たち、が賛成するか否か?小沢一郎と仲間たちが賛成なら、山本太郎一人くらい反対したってなんとかなるようだ。

 

小池新党、日本ファーストはハッキリしないと私の情報源は言っているが、小池知事は保守にしか見えないのだが?それに小池知事は安倍総理の改憲に協力すると言っていたように記憶しているが?

8月末に日本ファーストの応募が締め切られると言う事だから、その後、ハッキリするのではないだろうか。

 

*******************************************************************************************************************************************************************************

日本国憲法  (昭和二十一年十一月三日憲法)

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

 

第二章 戦争の放棄

第九条   日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

〇2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

*******************************************************************************************************************************************************************************

 

国連憲章テキスト

http://www.unic.or.jp/info/un/charter/text_japanese/

 

国際連合憲章は、国際機構に関する連合国会議の最終日の、1945年6月26日にサンフランシスコにおいて調印され、1945年10月24日に発効した。国際司法裁判所規程は国連憲章と不可分の一体をなす。

以下省略

 

国際連合憲章

われら連合国の人民は、われらの一生のうちに二度まで言語に絶する悲哀を人類に与えた戦争の惨害から将来の世代を救い、基本的人権と人間の尊厳及び価値と男女及び大小各国の同権とに関する信念をあらためて確認し、正義と条約その他の国際法の源泉から生ずる義務の尊重とを維持することができる条件を確立し、一層大きな自由の中で社会的進歩と生活水準の向上とを促進すること並びに、このために、寛容を実行し、且つ、善良な隣人として互いに平和に生活し、国際の平和及び安全を維持するためにわれらの力を合わせ、共同の利益の場合を除く外は武力を用いないことを原則の受諾と方法の設定によって確保し、すべての人民の経済的及び社会的発達を促進するために国際機構を用いることを決意して、これらの目的を達成するために、われらの努力を結集することに決定した。

よって、われらの各自の政府は、サン・フランシスコ市に会合し、全権委任状を示してそれが良好妥当であると認められた代表者を通じて、この国際連合憲章に同意したので、ここに国際連合という国際機構を設ける。

 

 

第51条

この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない。この自衛権の行使に当って加盟国がとった措置は、直ちに安全保障理事会に報告しなければならない。また、この措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持または回復のために必要と認める行動をいつでもとるこの憲章に基く権能及び責任に対しては、いかなる影響も及ぼすものではない。

*******************************************************************************************************************************************************************************

 

 

 

 

===============================================================

 

 

 

2) 【 転載依頼 】 在キューバ米大使館職員に「音響攻撃」か、聴覚障害で帰国も

 

 

 

 

 

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク会員各位 2017181

 

8月14日付同報メールで、在キューバ米国大使館員が音響兵器の攻撃にさらされたというニュースをお知らせしました。

これはその後もTVを含めて大きく報道されております。

被害を経験していない人や警察での説明に使える可能性がありますので、印刷して、いつでも提出出来るようにしておくことを勧め致します。

 

https://www.cnn.co.jp/usa/35105606.html

 

https://www.cnn.co.jp/world/35106042.html

 

https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_408991

 

http://www.bbc.com/news/world-us-canada-40894444

 

http://www.sankei.com/world/news/170811/wor1708110059-n1.html

 

http://www.asahi.com/articles/ASK8C3RH1K8CUHBI00B.html

 

http://www.afpbb.com/articles/-/3138915?act=all

 

 

理事長 石橋輝勝

 

 

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

3) 日本銀行メール配信サービス 2017-08-29

 

 

 

■■一般情報(公表日程、金融政策、統計データ等)■■

基調的なインフレ率を捕捉するための指標

http://www.boj.or.jp/research/research_data/cpi/index.htm

 

決済システムレポート別冊「清算機関(CCP)を巡るグローバルな対応について」

http://www.boj.or.jp/research/brp/psr/psrb170829.htm

 

 

 

======================================================================

本サービスに関するお問い合わせ:prd.hp-mds@boj.or.jp

======================================================================

 

 

 

===============================================================

 

 

 

4) 【内閣府経済社会総合研究所からの新着情報のお知 】

 

 

 

===================================================================

内閣府経済社会総合研究所景気統計部では、

消費者の皆さまの「暮らし向き」や「物価の見通し」について、

「だれでも」「自由に」回答できるアンケート調査(試行)を行っております。

当面毎月20日を締切として調査を行っています。

初めてご回答される方も、2回目以上のご回答の方も大歓迎です。

質問の数も少なく、ごく簡単なものですので、ぜひ毎月(1回)ご協力ください。

 

http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/open_chosa/open_chosa.html

 

===================================================================

 

 

 

▼お問合せはこちら

このサービスや内閣府経済社会総合研究所ホームページに関するご意見・ご質問などは、

こちらからお寄せください。

https://form.cao.go.jp/esri/opinion-0002.html

 

【配信元】

内閣府 経済社会総合研究所 情報研究交流部

http://www.esri.cao.go.jp/

 

 

 

===============================================================

 

 

 

5) 外務省ホームページ新着情報

 

 

 

国際法模擬裁判「2017年アジア・カップ」の開催(結果)

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/ila/ila/page4_003220.html

 

 

アフリカ開発会議(TICAD)閣僚会合(結果概要)

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/af/af1/page1_000381.html

 

2017年TICAD閣僚会合 共同議長サマリー(主な要素) (PDF)

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000283762.pdf

 

堀井学外務大臣政務官とレセホ・マホティ・レソト王国外務・国際関係大臣との会談

 

 

河野外務大臣とアフリカ連合委員会関係者との会談

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/af/af1/page4_003221.html

 

 

第4回日本モンゴル外交・防衛・安全保障当局間協議の開催

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004945.html

 

任期付職員の臨時募集(アフリカ部アフリカ第二課(在スーダン日本国大使館勤務,経済協力分野))

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/afr/af2/page4_003224.html

 

 

ワシントン・ポスト紙(米国)による河野外務大臣インタビュー

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/p_pd/ip/page4_003226.html

 

第4回日・UNODC戦略政策対話の開催

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004946.html

 

 

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

新着情報メールサービスをご利用いただきありがとうございます。

本サービスの登録、削除及び電子メールアドレス変更は、下記の画面にて受け付けております。

http://www.mofa.go.jp/p_pd/ipr/page23_000994.html

 

外務省ホームページ日本語版

http://www.mofa.go.jp/mofaj/

 

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

6) 日本人は精神奴隷民族になり果てた(酒井信彦の日本ナショナリズム)・・・主権回復を目指す会

 

 

日本人は精神奴隷民族になり果てた(酒井信彦)

http://sakainobuhiko.com/2017/08/post-309.html#extended

 

『月刊日本』2017年9月号 羅針盤 2017年8月22日

 

朝日新聞は7月23日の紙面で、退位特例法の成立に合わせて、いち早く平成時代を回顧する世論調査を行っている。質問は全体で15問あるが、元号について4問、平成時代の個別の問題について6問で、最初の2問は現在の内閣と政党の支持率の調査だから、中心になるのは3問にすぎない。

 

その主要な3問はすべて四択で、結果はパーセントで示される。まず「平成時代を全体として、どんな時代だと思いますか」には、明るい12、どちらかと言えば明るい54、どちらかと言えば暗い26、暗い5。次いで平成時代を象徴する出来事では、地震などの大災害42、バブル崩壊などの不況12、インターネットの普及29、雇用の流動化13。さらに最も理想に近い天皇のイメージでは、親しみがある16、国民への思いやりがある65、権威がある10、神秘性がある5。以上のような具合である。

 

昨今の「もり・かけ」問題で、以前にもまして明らかになったように、「世論調査」とは「世論操作」であるのだから、ここには皇室問題における朝日の意向が表明されているわけである。

 

この調査では、平成時代全体の印象は、明るいが64、暗いが31となる。しかし私に平成時代の評価を聞かれれば、それは明らかに暗い時代、それも「真っ暗な」時代であると回答せざるを得ない。この調査では平成時代の出来事として、災害が42、不況が12となっているが、これはいかに国民が正確な認識ができないかの証拠である。災害で多くの人命が失われたかも知れないが、不況のために平成の長期間にわたって、以前より増加した分の自殺者の方が、はるかに多数である。しかもこの不況は自然現象ではなく、人為的に引き起こされたものである。それは直接的には日本の国家権力の責任であり、間接的にはアメリカの「日本バッシング」の結果である。

 

ところが平成時代には、もう一つ重大な日本バッシングが存在するのだが、それはこの世論調査の選択肢の中には、全く含まれていない。それこそが例の歴史問題に他ならない。アメリカによる経済攻撃が日本バッシングと表現されるのに、中共・韓国による歴史問題を利用した、日本への誹謗・中傷・迫害が、日本バッシングと認識されないのは、全くの不条理である。

 

もちろん経済のバッシングも、歴史問題のバッシングも、すでに昭和の末年から開始されていたのは事実である。しかしそれが本格化したのは、明らかに平成時代であると言って良い。特に慰安婦問題は、1990年代からはじまり、今に至ってもますます混迷の度を深めている。朝日がこの歴史問題を平成時代の出来事の選択肢に入れないのは、朝日自身が、このとてつもない冤罪をでっちあげた張本人だからである。

 

平成時代の重大な出来事は、もう一つある。中共の経済成長とそれを利用した軍備の増強、すなわち文字通りの「富国強兵」路線の驀進である。

中共は我が国の領土尖閣諸島に対して、核心的利益であると、明確な侵略宣言を行い、軍事的脅威を拡大している。最近では北朝鮮も、ミサイルと核開発でその脅威は増大している。これこそ平成時代の重大な出来事なのに、朝日はこれも選択肢に入れない。広岡知男の「歴史の目撃者論」以来の、隷中路線の伝統である。

 

産経新聞は、歴史問題を「歴史戦」と名付けて、精神戦・情報戦と捉えている。ただしこの戦いにおいて、日本は一方的に負け続けている。経済問題における対米敗北を、「第二の敗戦」と形容した人がいるが、歴史戦においても「第三の敗戦」状態である。つまり日本人は歴史問題による、東京裁判史観の再構築によって、精神を再侵略されてしまったのである。明治世代が生きていた昭和時代は、日本罪悪史観に対して「面従腹背」であったが、平成時代は「面従服従」になった。

 

かくして現在の日本人は、国家意識・民族意識を完全に喪失した、幕末維新のころの日本人とは似ても似つかない、愚か極まりない精神奴隷民族になり果てた。中共・北朝鮮の軍事的脅威が、あまりにも明らかになっているのに、安保法制に大反対し、「もり・かけ」問題の馬鹿騒ぎに明け暮れている。平成時代は、日本を貶めることに熱狂する、虐日日本人、日本ヘイト日本人が、のさばり返る暗黒の世界である。民族の裏切り者、虐日メディア権力によって、日本人は騙され切っている。すなわち「大正デモクラシー」ならぬ、「平成ダマクラシー」である。

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

7) 中国ガン・台湾人医師の処方箋-11、14

 

 

 

 

「中国ガン・台湾人医師の処方箋」(林 建良著)

栗原茂男 様

 

中国の本質を知る最高の解剖学とその処方箋が本書に掲載されています。

皆様にその全貌をこれからご紹介していきます。(茂木)

 

その11

 

【中国ガン】増殖し続ける中国ガン細胞

 

またガン細胞の無限増殖は、中国人の人口増加を思い起こさせる。中国の現在の人口は十三億五千万人と言われるが、統計数値だけではわからない。統計からもれている戸籍のない世帯「黒戸」(ヘイフー)を含めれば、さらに一億人や二億人は上乗せされる。一人っ子政策を採っていても、増殖はとどまることを知らず、これで一人っ子政策がなければ、無限増殖を続けるだろう。 今の中国は対外的な資源の争奪戦を展開しているが、アメリカのエネルギー情報局(Energy Information Administration)の統計によると2010年度の中国エネルギー消費は世界の四十六%も占めている。しかも、毎年八%以上の経済成長を維持していくというのだから恐ろしい。 この一事を見ただけでも、中国による「和諧世界」(調和のとれた世界)の呼びかけなど、単に各国の警戒心を弱めるための詐術にすぎないことがわかる。中国のおかげで、地球はすでに「忍耐」の限度を超えているのだ。 中国ガンのモザイク現象 中国国内の状況はガン細胞のモザイク現象そのものだ。貧富の格差の問題、犯罪問題、環境汚染問題と言った共食い現象がそれである。朱鎔基首相は在任中、「中国では一%の人間が五〇%の富を占めている」と指摘したが、その数年後の統計によって「〇・五%の人間が富の八〇%を独占している」ことが明らかになった。このように貧富の格差は急速に拡大しているのだ。 これは中国の公式統計の数値だから控えめなものだが、この国の二億四〇〇〇万の人間は二ドル以下で一日を生活しているという。その内の一億数千万人は一ドル以下で暮らしている。つまり、中国のGDPは上がっているわけだから、貧富の格差はとてつもなく大きく広がり、これはまさに均一性を欠いたモザイク現象そのものだ。 それに加えて「転移」もある。毎年、数百万人規模の中国人が世界各地に散らばり、各地で秩序を崩壊させている。中国はまさにガン細胞そのものなのだ。 だが、問題は日本人はじめ世界の人々にこの認識があるかどうかである。 中国は地球に巣食うガン細胞 たとえば「チャイナ・ウォッチャー」という医者が一〇人いるとすれば、九人はこの中国という名のガン細胞を見ても「大丈夫だ」と診断する。つまり「これは育ち盛りの少年だから、どんどん栄養(資本と技術)を与えればいい」「今は暴れん坊だけど、まだ心と体のバランスがとれていないだけ。いずれ知的成長をともなって、いい大人になるだろう」などと言っている。 ところが最近、「これはガンではないか。この行動は異常だ。いくら待っても正常にならない」と考える医者も出てきた。 これを問題視する医者は増えてきたが、まだ病院で診察を続けている段階で、様子を見ようという態度をとっている。すでにガンが発生しているのに、これをどうやって治療するか、その方法を見つけた医者はまだ一人もいない。 中国はいずれ責任ある大国になるだろうという甘い期待が日本にはある。しかし、それはまだ中国がガン細胞であることを知らないからだ。また、中国ガンが人類全体に危機を及ぼし始めていることも認識していないからに違いない。 ガン細胞を放置するとどうなるかは医者でなくともわかる、ガンを放置してよいとは誰も考えていない。 医学の世界では正しい診断が何より大切なのだ。それによって初めて治療ができ、人命が救われる。中国問題も同様である。中国は地球に巣食うガン細胞であることをまず直視することで初めて中国問題の治療法を確立できるのだ。

 

https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%82%AC%E3%83%B3-%E6%9E%97-%E5%BB%BA%E8%89%AF/dp/4890633006/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1500086916&sr=8-4&keywords=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%82%AC%E3%83%B3

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

「中国ガン・台湾人医師の処方箋」(林 建良著)

栗原茂男 様

 

中国の本質を知る最高の解剖学とその処方箋が本書に掲載されています。

皆様にその全貌をこれからご紹介していきます。(茂木)

 

その12

 

【三峡ダム】ガン細胞が造った不吉な塊

 

  • 龍脈を絶つ「不吉な化け物」 一九九三年に着工して二〇〇九年に完成した世界一の巨大ダム「三峡ダム」が早くも不吉な塊に化けた。 多くの中国人が三峡ダムによって「龍脈」が断たれたと信じている。龍とは母なる大河長江(揚子江)のことである。 中国人には風水を信じる人が多い。風水によって人に栄光をもたらすこともあれば、不幸に陥ることもあると信じている。風水が破壊されたら子々孫々が不幸になると、中国人のほとんどが信じている。 西の辺境に聳え立つ山の小さな川から大河となって東の海へ奔流する長江は民族の命脈であり、風水の龍脈にあたる。しかし、その龍脈がいまや巨大コンクリートの塊よって断たれてしまった。長江はもはや母なる偉大な大河ではなくなり、先に述べたように、悪臭が漂う巨大な「排水溝」に変わってしまったのだ。 なぜ中国はこのような「不吉な化け物」を造ってしまったのか。  三峡といえば、頭に浮かぶイメージとはまず李白の有名な唐詩「早発白帝城(早(つと)に白帝城(はくていじょう)を発す」だろう。 朝辞白帝彩雲間 朝(あした)に辞す白帝彩雲の間 千里江陵一日還 千里の江陵(こうりょう)一日(いちじつ)にして還(かえ)る 両岸猿声啼不住 両岸の猿声(えんせい)啼(な)いて住(や)まざるに 軽舟已過万重山 軽舟(けいしゅう)已に過ぐ万重(ばんちょう)の山を この詩がなぜたくさんの人に愛されているのかといえば、三峡を具象的に描写するのではなく、動的情景で三峡の美しさを間接的に表現しているからであろう。そこに三峡の美が実在しており、多くの人間もそれを知っているから実景を描写する必要もなく、動的表現でその絶景を読者に想像させることができたからだ。 こうした文化遺産を残す三峡が人々を魅了させ、数多くの文学、芸術を生み出す土壌にもなった。しかし、こうした美的意識は中国のガン細胞にとっては無縁なものなのだ。 欲望と本能で生まれた三峡ダム 三峡にダムを造ろうという発想は極めて中国的である。そこに中国ガン細胞の本能が働いている。その本能とは、金銭欲と功名心だ。李白の詩にあるかの白帝城を水没させ、美しい三峡を破壊し、一四〇万人もの住民を追い出して巨大コンクリートの塊を造る神経は、中国人しか持ち得ない。 中国には「好大喜功」という言葉があり、それは大風呂敷を広げ、功名を追求するという意味である。三峡ダムの建設はまさにこの言葉の通りなのだ。 日本では公共建設の費用は民間のそれより三割も高いという批判をよく耳にするが、手抜き工事はほとんどないと言っていい。しかし、中国の公共建設では二割から三割くらいの予算が役人の懐に入るので、公共建設の手抜き工事は常態となっている。 二〇〇八年に起こった四川大地震で倒壊した役所や学校の映像を思い出していただきたい。崩壊した学校などの柱には針金のような鉄筋しか入っていなかった。 中国人の間では公共建設は「豆腐滓工程(オカラ工事)」と呼ばれている。オカラ工事はあらゆる段階でワイロが発生した結果である。一番下っ端の小役人から国の指導者まで、それぞれ二割ぐらいのワイロを要求していくのだから、予算が膨らむ一方、資材を減らさなければとてもワイロに間に合わない。結果としてオカラ工事しかできないのだ。 三峡ダムも例外ではない。その巨大なコンクリートの塊が中国ガンの本能と欲望の象徴となった。三峡ダムの事業効果について中国の指導者たちはまったく興味がない、と中国の研究者たちも指摘している。中国ガンの目的は事業の効果ではなく、事業を実施することにあるからだ。 環境破壊のシンボル しかし、指導者たちの欲望を満たすための代価はあまりにも大きい。三峡ダムがあらゆる災難をもたらしている。 ダムが二〇〇九年に完成してから、絶えず発生しているのは、水質汚染の問題と山崩れだ。 水質汚染に関しては、その大きな原因に、先に述べた長江流域における汚水排出量の激増が挙げられる。流域には巨大都市である重慶の三千万人を含め、一億六千万人もが居住しており、その工業・生活排水量が長江に流れ込み、三峡ダムは汚染された貯水池になりつつある。 三峡ダムの完成後はダム付近で水流が停止し、自浄機能が失われたため、窒素やリンなどによる汚染が悪化するなど、水質汚染がさらに進んでいる。そのため、長江の支流の水質が悪化して、大量の有毒藻類が広範囲に発生し、飲用水の汚染という深刻な問題も引き起こしている。 頻発する山崩れや地滑り ダムを建設するため広範囲にわたって森林を破壊したことで地質が弱まり、山崩れを引き起こしている。また、ダムに貯まった水は河岸を浸食して地滑りを引き起こし、住民の生命を脅かしている。すでに地滑りによって壊滅した村すらある。 さらに、ダムの貯水がしばしば地震を誘発するという。三峡ダムの水位が一三五メートルに達した二〇〇三年六月以降、付近では大小千回以上の地震が発生している。このダムが築かれた渓谷は、もともと地質が不安定で、水位が一〇〇メートルを超えると、地震が発生しやすい状況になる。  大規模な地滑りや洪水は、建設当初から頻発しており、環境問題の専門家の間では、三峡ダムの建設は長江の沿岸地域の自然環境を破壊すると早くから予測されていたのだが、当局はそうした指摘や警告を封殺してきた。 ドイツ在住で、ダムの建設企画に参加していた水利専門家の王維洛氏(国土計画学博士)は「当局はこの大型建設プロジェクトを支持する意見しか取り上げなかった」と指摘し、「中国の知識人は、政府の顔色を窺い、自分の見識よりも当局の言いなりになることを最重要視している」「科学者らは中国当局の政治宣伝に同調するだけで、真の客観的な科学論証を示せない」と批判している。 また、米国在住で環境問題に詳しい著名作家の鄭義氏は、ダム建設をめぐっては背後に膨大な利益集団が存在し、「権力者と民間業者が結託して自己利益を貪っている状況」だと指摘している。 これぞ中国ガンの本領発揮で、環境問題が無視されるのは当然であろう。経済的効果以上に政治的動機が強い当局の権力者にとっては、巨大ダムを造ることで得られる「役得」という利益が目当てなのだ。

 

https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%82%AC%E3%83%B3-%E6%9E%97-%E5%BB%BA%E8%89%AF/dp/4890633006/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1500086916&sr=8-4&keywords=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%82%AC%E3%83%B3

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

「中国ガン・台湾人医師の処方箋」(林 建良著)

栗原茂男 様

 

中国の本質を知る最高の解剖学とその処方箋が本書に掲載されています。

皆様にその全貌をこれからご紹介していきます。(茂木)

 

その14

 

【中国ガン】中国が持つ独特の犯罪文化

 

世界のどの国でも犯罪はある。しかし、中国は他の国と違って独特の「犯罪文化」を持っている。 中国人にとって法とは、権力者による「搾取の道具」にすぎない。力のない庶民は、法の隙間をぬって生き抜くすべを身に着けざるを得ないが、力があれば、法を守る必要もなくなる。 法の前ではみな平等という言葉は中国にもあるが、所詮スローガンであって、現実ではないことを中国人なら誰でも知っている。中国では「道徳」という言葉と同様、法も実存していないものなのだ。 中国犯罪の特色は二点に絞られる。一つは、犯罪は全面的かつ普遍的であること。一つは、組織的かつ国家的であることだ。 中国ガン細胞には、罪を犯さないなどという自制は存在しない。犯罪という認識はない。あるのは「できるか」「できないか」だけなのだ。 世界の常識からすれば、社会的地位の高い人間の犯罪とは例外的な事例で、普遍的なこととは考えられない。例えば、医者は日本ではそれなりの社会的地位があり、先生と呼ばれて尊敬されている。それに対し、医者は尊敬に値する専門知識と責任感を持ち、命の守護者になっている。当然のことである。 しかし、中国では、社会的地位を利用して私欲を満たすことは普通だから、中国の医者は「白衣の悪魔」と呼ばれている。中国の医者は安い薬を使って高価な薬の金額を患者に請求したり、無茶な検査や治療を行ったりすることは日常的になっている。中国の医者にとって、自分に頼ってくる患者は格好の餌食で「金になる木」なのだ。 風邪で十数万円も請求された日本人ビジネスマン 蘇州にある日本企業の工場責任者である知人が風邪を引いて上海の病院にかかった際、風邪とはまったく関係のない部位のCTや超音波の検査をされ、日本円にして十数万円もの治療費を請求され、おまけに出された薬を飲んでさらに具合が悪くなった。びっくりした彼は日本に戻って医者にみてもらった。そして、中国の医者が処方したわけのわからない薬をやめたら、元気になった。 それ以来、彼は具合が悪いときは日本に戻って医者にかかることにした。日本なら何をされるかわからない、という心配もなく、飛行機代を入れても、なお安いのだ。 腎臓を医者に盗み取られた台湾人ビジネスマン 患者から金をむしり取るだけならまだ可愛い方で、ある台湾人ビジネスマンが中国から帰ってきて、どうも体の調子がよくないと病院で検査を受けたら、中国で手術する際に知らないうちに腎臓を一つ盗み取られたことが発覚した。 中国では患者から臓器を盗む医者は決して例外ではない。臓器売買は「オイシイ商売」だから、臓器を手に入れるチャンスがあれば、逃がさないのが中国の医者なのだ。 その中でも、軍や警察、司法当局と連携できる医者ならもっと恵まれている。彼らは死刑囚からの臓器を手に入れられるばかりでなく、政治犯からも生きたままの「新鮮な臓器」を手に入れることができるからだ。 世界各国の医師が参加する「臓器の強制摘出に反対する医師会」(DAFOH=Doctors Against Forced Organ Harvesting)の二〇一二年の調査発表によると、「過去七年間において、中国では四万件以上の移植臓器の提供者が不明だ」という。つまり、年間六千件近くの臓器が闇摘出されていることが判明した。これほどの数は個人では無理で、システム化された組織でなければ到底できないものだ。 コネのある医者が当局と手を結び、こうした利益の大きい犯罪に手を染める。コネのない医者は自分の知恵を働かせて、患者を騙して自分の金銭欲を満たすのだ。 中国の医者にとって彼らの地位はしょせん欲望を満たす手段に過ぎない。医者でさえこのありさまだから、中国では政治や経済はじめどこでも、「全面的かつ普遍的」犯罪が行われていることは説明を要しない。

 

https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%82%AC%E3%83%B3-%E6%9E%97-%E5%BB%BA%E8%89%AF/dp/4890633006/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1500086916&sr=8-4&keywords=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%82%AC%E3%83%B3

 

 

 

===============================================================

 

 

 

8) 【 NPO法人百人の会 】 関東大震災と朝鮮人被害

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

2017.08.27

XML

関東大震災と朝鮮人被害

カテゴリ:カテゴリ未分類

 

小池知事が関東大震災時に殺戮された朝鮮人の慰霊の文面を今年は出さないことにしたという。朝鮮人による我が国の初代総理大臣が暗殺された事件に対し、半島全ての地区何十か所で罪をわび、伊藤博文公にわびを入れた事件もあった。しかしそれもその当時のみ。その非を韓国政府が毎年申し訳ないとわびを入れているとは聞いたこともない。のみならず暗殺者安何某を国家の英雄として教え続けている事実すらある。

 

この朝鮮人虐殺にせよ警官が必死にデマに惑わされるなと暴行を食い止めた事実も報告されている。

 

横浜市の鶴見警察大川常吉署長のことは地元の佐久間権蔵の 「日記」や当時町議だった渡辺歌郎の手記「感要漫録」の発見によってその朝鮮人保護の経過が明らかになっている。保護下にある朝鮮人等400人の奪取を防ぐために、1000人の群衆に対峙して「朝鮮人を諸君には絶対に渡さん。この大川を殺してから連れて行け。そのかわり諸君らと命の続く限り戦う」と群衆を追い返した。さらに「毒を入れたという井戸水を持ってこい。その井戸水を飲んでみせよう」と言って一升ビンの水を飲み干したとされる。大川は朝鮮人らが働いていた工事の関係者と付き合いがあったとされている。また、軍も多くの朝鮮人を保護した。横須賀鎮守府長官野間口兼雄の副官草鹿大尉(は「朝鮮人が漁船で大挙押し寄せ、赤旗を振り、井戸に毒薬を入れる」等のデマに惑わされず、海軍陸戦隊の実弾使用申請や在郷軍人の武器放出要求に対し断固として許可を出さなかった。他にも自警団が朝鮮人の避難所を守ったとの記録もある。軍は戒厳令を布告し、デマに翻弄され過剰な防衛行動を食い止めたのだ。こうした人々が多くいたことを忘れてはならない。

 

そもそも朝鮮人の一斉蜂起計画こそ糾弾されるべき。皇室暗殺計画などがたてられ暴動の芽を摘むべしとの世論がかかる悲劇を生んだ。橋を壊したりする事件も勃発。。

 

1920年には朝鮮人パルチザンはロシア赤軍パルチザンと協力しニコラエフスクmを占領し、日本軍守備隊を全滅させ、日本領事一家をはじめ日本人居留民数百名を殺害した尼港事件を起こし

 

間島や満州、沿海州に潜伏していた独立運動家達によって組職された抗日武装団体である独立軍は、三・一運動をきっかけに国境地帯で、良民や官公吏への襲撃・殺害といったゲリラ行為を繰り返していた。1920年10月には満州で馬賊と大韓独立軍が駐琿春日本領事館を襲撃し、日本人20人を殺戮し日本領事館を焼き討ちする事件が発生した。(間島事件)。総督府は中国側との折衝を開始し、10月16日には吉林省都督の許可を得てゲリラ掃討を開始した。小作争議や利王朝暗殺未遂事件も起こしてい

 

国内外で日本の要人への襲撃や破壊活動を展開していた。今日では拉致の実施や核開発ロケットの発射など、また歴史捏造による慰安婦像の世界的建立などを臆面もなく実施しているようなもの。国民が危機意識の中で暴発したことは悲しいことだが、当時の状況を振り返ればありえたことと思うし、その姿勢を朝鮮人が持ち続け、反日を正義と教え込んでいる以上、悲劇が再現してしまうのではとの危惧をも抱かざるを得ない。

 

 

 

小池氏も未来志向のために踏ん切りをつけられたのでありましょう。

 

南北朝鮮が反日無罪を主張している中での一方的弔意表明は将来の友好にとって好ましきことではない。まずは伊藤博文公の殺戮を公式に詫びてもらわねば不公平ではないかと思う。

 

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

 

===============================================================

 

 

 

 

9) 【 NPO法人百人の会 】 神奈川の世論6931 「私たちの選択 2017秋 in 東京」のご案内

 

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

各位

 

「政治参加に新しい選択肢を創ることで、主体性のある社会を実現する」をビジョンに掲げる「Re-Public」という学生団体が、9月の9日(土)10日(日)に東京の大原学園のオフィスで、憲法9条に関する勉強会を開催します。現在の参加予定者が学生に偏っているため、中年~熟年層の方の参加を求めたいということで、本会にお誘いを頂きました。誘って頂いたのは、安倍首相が会長を務める「創生『日本』」の東京研修会(3月4日、品川プリンスホテル)で知り合いになった慶應義塾大学経済学部2年の学生さんです。

会の趣旨としては、政治家、専門家、そして国民を巻き込んだ議論の場、そこで発せられた意見が議員に届くというもので、9月9,10日の『私たちの選択~9条を知る、熟議する、提言する~』勉強会は、そのような新しい政治参加のためのイベントです。会では様々な意見を持つ参加者同士の熟議を通じてあるべき9条の姿を議論し、グループごとに9条に関する提言をつくります。あるべき姿ですから、提言は必ずしも改正案ではなく、護憲に関する提言になることもありえます。そして、その中から参加者同士の投票で国会議員に提言する案を決定し、実際にイベントの中で国会議員への提言を行います。

若者の意見を知ることができる絶好の機会でもあります。参加ご希望の方は、以下のイベントページのURLから詳細をご確認のうえ、参加手続きをお願いします。なお、基本は9日~10日の2日間の参加ですが、1日だけの参加も可能です。会場は大原学園東京校舎本館(千代田区西神田2-4-11、最寄りは神保町駅・水道橋駅)です。参加費用等はありません。性別・職業は不問です。特に事前の準備等は不要ですが、あらかじめ憲法9条のガイドブックが配布されます。

(https://www.republic-event.com/)

 

以上、よろしくお願い致します。

 

事務局 木上

 

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

◆ 次回皇居勤労奉仕、靖国昇殿参拝

12月4日~7日です!

申し込み受付中 英霊を被告にして委員会

 

◆ 百人の会 第31(通算98)回定期理事会 http://100prs.info/

日 程 平成29年10月7日13:30~

会 場 サムティフェイム新大阪 http://fame.hey.ne.jp/

内 容 〔座談会〕進化する大阪の公教育その?

・W先生 の報告(大阪府内公立中学校教諭;55歳)

・岡田雅先生 〃 (大阪府立平野高校教諭;58歳)

 

◆「英霊を被告にして委員会」 http://mid.parfe.jp/kannyo/eirei/top.htm

【東京】 第12回口頭弁論(判決) 東京地裁4月28日(金)大勝利!原告控訴中

【大阪】 2月28日 控訴審大勝利 原告上告中

 

◆救う会大阪 http://mid.parfe.jp/kannyo/sukuukai/top.html

朝鮮学校補助金差し止め訴訟控訴審、次回口頭弁論

期日 12月6日(水)11:00~ (10:30頃から傍聴抽選)

場所 大阪高裁2階大法廷

 

■ このメールが不要な方は「不要」とご返信ください。お詫びして削除いたします。

※ 1 すでに予約セットしてあるメールは流れますのでお許しください。

2 受信されたアドレスで「不要」と返信ください。スマフォ等に転送され、

そのアドレスで「不要」と送信されても、削除できません。

 

■ 平成29年度会費納入のお願い

会費納入、よろしくよろしくご協力ください。

情報交換、メール受信は弊会の会員であることが原則です。入会の手続きが

お済でない方は速やかに下記入会フォームより手続きを賜りますようお願い申し上げます。

◎1~2ケ月は試用期間。ご自由にご覧ください。

平成29年1月8日 NPO法人百人の会 事務局

入会、会費納入案内フォーム http://100prs.info/ formbox/npo-100prs/top.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【御案内】

(1) 当会では、ニュース(主に教育関係)、みなさまからの情報、ご意見等を

転送配信、(全国約9000名;うち地方議員1/3)または機関紙(M情報)等に掲載

(文字数制限等のため編集する場合があります)します。

但し、第3者を誹謗中傷、人格攻撃、または乱暴な内容、表現。根拠の希薄な

情報等は発信できません。また、個人のご意見へは原則反論1回のみ配信。

特に礼節ある文言の使用を厳守ください。

※1 皆様からのメールを転送するに関し、その内容は弊会は一切責任

を負えませんのでご了承ください。

※2 当会発信の情報はご自由に転送、貼り付け拡散下さい。ただし、「N

PO法人百人の会」が発信元であることを明示してください。発信元

表示の消去、部分的転写は固くお断りいたします。

(2) 皆様よりいただいた情報はお名前を明記し原則公開いたします。匿名希望、

非公開希望の情報、事務局への親書、連絡には【秘】【匿名希望】のマークを。

また、当会が発信する個人宛のメールは原則件名に【私信】と記されています。

(3)もし貴方がHPをお持ちでしたらURLをお教えださい。NPO法人百人の

会HP参加者名簿とリンクしたいと思います。

 

【ご参考】

NPO法人百人の会http://100prs.info/

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

 

 

===============================================================

 

 

 

10) 【 NPO法人百人の会 】 小冊子「朝鮮人の精神構造」の紹介

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

 

皆様

 

私の知人がこの度次の小冊子(67頁構成)を上梓しました。

「朝鮮人の精神構造」

韓国人の反日病(火病とも言われる)発症の由来・背景を

明快に解析しています。

また、この厄介な火病に対する私たちの処方箋についても

分かりやすく提示しています。

厄介な隣人は反日思考の強い大統領の統率の下、反日病から

快復する見込みはありません。

激変する東アジア状勢の中、一読の価値ある図書として

紹介します。

ご興味のある方は下記にアクセス頂ければ入手出来ます。

~記~

【ST文化研究所・ 伊藤高顕star0129@sannet.ne.jpに

連絡いただければお送りします。】

 

なお、頒布価格は一冊千円(送料込み)です。

 

奥中 正之

 

備考:

伊藤高顕氏の略歴:

昭和17年熊本生まれ

昭和40年東京大学工学部卒業

昭和40年~平成7年マツダ(株)勤務

平成9年~22年(有)ST文化研究所代表取締役

 

著書:

「追憶の第二十一海軍航空廠」集英社/三省堂書店

「追憶の海軍」集英社/三省堂書店

「大東亜戦争に係る歴史認識」ST文化研究所

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

 

 

===============================================================

 

 

 

11) 【 NPO法人百人の会 】 夢と感動の偉人伝第50号 H29.8.27

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

夢と感動の偉人伝 第50号 H29.8.27

 

 

■■■(50)東條英機2■■■

 

東條英機を大悪人、独裁者と思っている方は、自虐史観にとらわれているかもしれません。

東條の実像に迫りましょう。

 

東條は開戦前夜、首相官邸で一人皇居の方角を向いて号泣しました。

戦争回避を望む陛下の意思に応えられなかったためです。

それほど東條は陛下への忠誠心が強い人間でした。

戦争回避に全力を尽くした経緯は陛下もよく理解しており、東條を深く信任していました。

あくまで陛下に尽くす忠義者であり、決して単なる開戦論者ではありませんでした。

 

また東京裁判では、オーストラリアのウェッブ裁判長は昭和天皇へ戦争責任を負わせたがっていました。

それに対し東條は「開戦の責任は自分のみで、陛下には一切ない」と明確に証言。

この証言が天皇の免訴につながりました。

 

更に東條は「日本の戦いは自衛戦争であり国際法に違反しない」と2日間かけて弁明。

石油の供給削減のため日本の命運が危機に晒されたこと等を訴え、検事たちをしばしばやり込めるほどでした。

他の被告の多くが自己弁護と責任のなすり合いをする中、東條は一切の自己弁護を捨てて国家弁護と天皇擁護に徹し、高い評価を得ます。

オランダ判事レーリンクは「東條の確固たる主張、裁判に対する態度は、日本人の尊厳を取り戻した」と評します。

刑場でも最後まで立派な振る舞いでした。

 

しかし、この「東條宣誓供述書」はGHQにより発禁に指定され、当時の世間に出回ることはなかったのです。

それが現在の、東條が大悪人という誤った印象につながっているのかもしれません。

 

東條の全てを弁護はできませんが、しかし大悪人ではない、誰も止められない大きな流れの中、逃げずに精一杯戦ったのが、東條という人物だったのだろうと私は感じています。

 

断片的な印象で浅薄に語るのではなく、丁寧に謙虚に真実に肉薄する、そういう歴史への接し方を、心がけたいですね。

 

(写真は、極東国際軍事裁判で、被告席に座る東條)

 

 

『いどばた稲毛』2014年5月号掲載

http://idoina.com/

 

 

 

━━『夢と感動の偉人伝』━━━━━━━━━━━

■ ご意見ご感想はこちらまで!

⇒office@tanuma.info

△ なおメールは匿名にて公開させて頂くことがあります

△ 転送歓迎!読んで頂ける方をご紹介頂ければ、更にうれしいです

△ 不要の方は「不要」とだけご返信下さい

■ 概略はHP⇒ http://tanuma.info

主張はブログ⇒http://ameblo.jp/tanuma

活動様子はtwitter⇒http://twitter.com/tanumatakashi

一番更新してます!⇒http://www.facebook.com/#!/takashi.tanuma

■駅立ちスケジュールはこちら⇒http://ml.tanuma.info/sche/sche6.cgi

■ 編集・発行:前衆議院議員 田沼隆志

【事務連絡】

 

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

===============================================================

12) インターネット情報

金正恩とロッドマン
( アメリカと北朝鮮は裏で繋がっている。アメリカ政府は日本政府に対し北への米100万トン支援の要請も来ていると耳にした。)
小さな農業大国オランダ、世界100億人時代の食料担う
【緊急拡散】関東大震災時の朝鮮人虐殺も全部 ウ ソ だ っ た !!! 小池知事が在日韓国人に宣戦布告キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!!
322 小池知事が追悼文を断った民間団体のトンデモ主張 当時の朝鮮人人口は4千人なのに「6千人が殺された」
【朗報】東芝売却の件から韓国排除キタ━━━━━━(°∀°)━━━━━━!!! 日米だけで無事に話がまとまるwww 韓 国 大 敗 北 www
【韓国発狂】韓国行き修学旅行が中止キタ━━━━(°∀°)━━━━!!! もう誰も韓国に行かなくなるなwww
( 理解に苦しむ韓国への肩入れは賄賂と性接待を受けたと疑われるのが常識。《
浅井隆教頭は「残念だが、安心・安全に配慮した」と話している。》 なんて言ったとの事だが、残念と口にする時点で大体察しが付くと言うもの。)
【驚愕】SMAPは全員在日朝鮮人だった!!
実はこの人も!【在日韓国人・在日朝鮮人】タレントなど
日本イチゴを丸パクリして作られた韓国イチゴがエグいwwwwwwwww
寺島進の「朝鮮人」発言に韓国ネット「我々を朝鮮人と呼ぶな!」
【韓国政府】「在日の強制送還は受け入れない。在日は日本で戦わせる。」
日本に居住資格がある在日韓国人は1世と2世だけで、3世以降は日韓条約による永住者では無い
03正木正明 谷川佳樹への逆襲の野望と策略 創価学会の教義変更・会則改正の裏事情
( 嘘かまことか、話としては良くできている。創価学会については教義を変えたがっている事は外から見ていてよく解る。近代の人文科学その他の科学の発達で日蓮本尊には無理があることが明瞭になっている。現代は寺の僧侶も新興宗教団体の職員にも大学で仏教学を学んだ者が多く、日蓮本仏論を否定したがる傾向がある。創価学会も当然の流れだろう、ただ、巨大宗教団体ほど教義の変更は難しい。)
【朗報】東芝売却の件から韓国排除キタ━━━━━━(°∀°)━━━━━━!!! 日米だけで無事に話がまとまるwww 韓 国 大 敗 北 www
≪ ・ソ連に潜水艦の静音技術を提供 / ・韓国に半導体技術を提供 / ・中国に最新の原発技術を提供  /  東芝って昔から反日企業だからな。日本の安全保障にも関わる仕事は
本来はしてはダメな会社 ≫
【中国崩壊】 違法行為を繰り返す中国が『天文学的な賠償請求を喰らう』凄絶な展開に!!⇒現地市民が3日連続でブチ切れデモ活動をした模様!!!- Love and courage
【情報】在韓日本人のほとんどが元在日だと判明
【就職】朝鮮人積極採用企業一覧

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA