A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

北朝鮮危機はエンターテインメントの「プロレス」に見え    -栗原茂男

 

 

1)北朝鮮危機はエンターテインメントの「プロレス」に見える

2) 【 内閣府 】  四半期別GDP速報(2017(平成29)年4-6月期・1次速報)

3) SDHF 日本人の目から見た「大東亜戦争」への道(アルドリック・ハマ)

4) 【 NPO法人百人の会 】 第七十三回 「浴衣で日の丸行進」(日本唱歌を歌う日の丸行進)

5) 【 NPO法人百人の会 】 同胞婦女子に対する凌辱殺害を謝罪せよ

6) インターネット情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【純日本人会 メルマガ 】

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 北朝鮮危機はエンターテインメントの「プロレス」に見え

 

 

 

第二次大戦後、中国はソ連が創った共産党が革命戦争を起こして蔣介石が乗っ取った中華民国政府を中国から追い出して1949年10月1日に「中華人民共和国」を成立させた。

蔣介石一派は大日本帝国を占領した米国から台湾・台北市に亡命政府を置かせてもらい、併せて代理占領の仕事をもらった。

言ってみれば、台湾と言う団地に居候させてもらい、管理人として雇って貰ったと言う立場。

 

台湾は朝鮮半島の問題とは関係ないが、朝鮮半島の法的地位を推測する時、大いに参考になる。

朝鮮半島と中華人民共和国関係の出来事を時系列で纏めると、

*******************************************************************************************************************

1945年8月9日、ソ連軍が朝鮮半島北半部に侵攻して占領(その後一般命令第1号に基づく)。

 

1945年9月7日、一般命令第1号に基づいて朝鮮半島南半部を占領した米軍が軍政を実施し、38度線を境に朝鮮半島は分断。

 

1949年10月1日、中華人民共和国が成立。

 

1950年6月25日、朝鮮戦争が勃発。

 

1951年9月8日、「日本国との平和条約」が締結。

1952年4月28日、「日本国との平和条約」が発効。

*******************************************************************************************************************

 

「日本国との平和条約」と言うのはいわゆるサンフランシスコ講和条約である。

この通称はかなりの誤解をもたらす表現で、英語名は「 Treaty Of Peace With Japan 」となる。

これは連合諸国と日本国との間で結ばれた平和条約では決してなく、つまり連合諸国が占領地の主要部分である日本列島住民との間で結んだ「条約」と言う意味。

 

「日本との平和条約」が結ばれ、発効したのが1952年で、朝鮮戦争勃発前である。

 

朝鮮戦争で戦ったのは、戦争から逃げ回った李承晩と韓国軍ではなく米軍であり、相手は中華人民共和国の人民解放軍ではなく「人民志願軍」である。

これは負けた場合の言い訳を考えたソ連の作戦だったのだろう。

 

この作戦は中国とソ連で決めたとなっているが、1949年に出来たばかりの中国にアメリカと戦争する力があるわけなく、ソ連が指図した考えるべき。

カイロ宣言の密約に基づき米ソで合意した38度線を越えて進軍して始まったのが朝鮮戦争で、休戦となったのが1953年。

1952年に「日本との平和条約」にソ連は署名していないし、当時は連合国側だった中華民国政府は呼ばれてもいないから署名はしていない。

 

「日本との平和条約」では第二条(a)で日本は朝鮮の独立を承認して施政権(権利、権原、請求権)を返還するとなっている。

ここで注意は主権については1条で使われているsovereignty と言う語が使われていない事。

≪ (b) The Allied Powers recognize the full sovereignty of the Japanese people over Japan and its territorial waters. ≫

 

そして条約に署名していないソ連が占領した。少なくとも終戦時はそうだった。

 

朝鮮の法的地位がハッキリしないが、大日本帝国の植民地で、朝鮮王は日本の貴族になっていて、朝鮮の主権はどうなっていたのだろう?

私には今のところ解らないが、しかし施政権が大日本帝国に有ったことは確か。だから2条(a)で放棄した。

 

大日本帝国がポツダム宣言を受け入れ、連合諸国の占領を受け入れた時は朝鮮はソ連の占領地であったことは確か。

そして台湾は今も米国の占領下。

 

となると朝鮮半島の南半分は今も米国の占領下で、北半分はソ連を継承したロシアの占領下と考える方が納得しやすい。

因みにドイツは今も連合諸国の占領下と言うのが法的地位であるし、先日の「あてな倶楽部」の講演会でドイツの小学校ではそれを普通に教えていると言う情報をくれた人がいた。

 

もし北朝鮮がロシアの占領下であるとすると、金正恩の上役はロシア政府の軍部と言う事になる。

台湾でも「中華民国政府」の蔡英文総統の上には米国国防総省の米国軍政府が居て、重要な案件では命令を出している。

 

とすると北朝鮮に中国が幾ら何かを言ってもロシア政府が、つまりプーチンが許可しないと言う事を聞かないと言う事になる。

韓国も、いくらTHAADは嫌だと言っても米国には、フィリピンのドテルテ大統領のように米国に逆らえない。

 

そんな事は大統領のトランプ氏が知らないわけない。

だとすると、トランプ大統領の北への中国の圧力要請は一体何なのだろう?

 

結局、米国、北朝鮮、ロシアによる中国封じ込め政策の一環に思える。

米ソの中国封じ込めは1960年代に有った。

ソ連が創った中華人民共和国が1960年頃からソ連離れをしようとしたからである。

 

その頃、米ソで意図的にキューバ危機を作り出し、米ソの話し合いで世界の危機を救った形を世界中に見せつけたのである。世界の主役は米ソであると言う訳である。

中国は少なくとも当時はキューバ危機をその様に捉えていたようである。

そしてそれに反発した中華人民共和国は核実験をして核保有国となった。

 

今回の北朝鮮の、一見、暴走で何もできない中国が張子の虎であることを見せつけた。

 

 

日本では平和安全法が成立し、集団的自衛権が確認された事で、韓国が攻撃されても関係のない日本は韓国支援をする事が出来ないが、日本を防衛する米軍が攻撃されたら日本は集団的自衛権を発動する。

つまり自衛隊は米軍を守る。

米国が守っている日本は米国を守らないと文句言ってたトランプさん、大満足となる。

集団的的自衛権成立はそのような重大な意味が有ったのだと、高村自民党副総裁の勉強会で聞いた。

 

そして日米の思いを「忖度」するかのように、北朝鮮は8月半ばころに米国領のグアム攻撃を検討と言っている。

多分やらない。何故ならトランプさんと金正恩のWWEプロレスに見えるから。

そして、案外アントニオ猪木あたりがリングに登場か?

最後はロシアが登場して仲裁し、コミッショナー役を演じるか?

 

最後はロシアがコミッショナーのような顔をして登場なのだろうか?

 

中国は近代世界の共通の価値観である民主化や人権は全く推進するつもりがない事を世界は認識した。

中国にあるのは中華侵略主義であり、世界乗っ取り支配が目的であることが明瞭となって来たからである。

だから2000年頃から中国の経済発展を確信して中国へ進出した欧米諸国は対中認識を変え始めている。

 

中国の近未来も将来も厳しいと思う。

 

以上が確かな情報を持たない私の推測。

 

 

===============================================================

 

 

2) 【 内閣府 】  四半期別GDP速報(2017(平成29)年4-6月期・1次速報)

 

 

===================================================================

四半期別GDP速報(2017(平成29)年4-6月期・1次速報)は、

8月14日(月)8:50に公表されました。

 

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/menu.html

===================================================================

 

 

▼お問合せはこちら

このサービスや内閣府 経済社会総合研究所ホームページに関するご意見・ご質問などは、

こちらからお寄せください。

https://form.cao.go.jp/esri/opinion-0002.html

 

【配信元】

内閣府 経済社会総合研究所 情報研究交流部

http://www.esri.cao.go.jp/

 

 

===============================================================

 

3) SDHF   日本人の目から見た「大東亜戦争」への道(アルドリック・ハマ)

 

 

 

日本人の目から見た「大東亜戦争」への道(アルドリック・ハマ)

論文と書評(杉原誠四郎)

 

栗原茂男 様

本論文は日本の第二次世界大戦直前の状況について、日本人は欧米人とは全く違った記憶を持っていると指摘して、そのあまりの違いを明らかにしようとしているものです。

欧米人の教えられている公式のストーリーは、端的に言えば東京裁判で示された見解をほぼそのまま取り入れているものです。日本の「犯罪的で軍国主義的な一派」が東アジアと残りの全世界を「支配」するために「侵略戦争」を始めたという、言ってみれば荒唐無稽な見解です。

日本人の中でも「政治的に正しい」見解を持つ人々は東京裁判の判決を受け入れていますが、多くの日本人が持っている考え方は今なお東京裁判で述べられた考え方とは著しい対照をなしていると著者は述べています。

そして日本人のこの考え方を丹念に検証していけば、戦後の日本の行動に関して理解が深まるであろうという考えで著者は本論文を書いています。

本論文の英語原文は、The Journal of Social, Political and Economic Studies,

Volume 42, Number 1, Spring 2017 に掲載されたものです。出版社の許可を得て、原文・日本語訳を「史実を世界に発信する会」のサイトに掲載したものです。

本論文の書評を元城西大学教授杉原誠四郎氏にお書きいただきました。長文の本論文の前にお読みいただくと理解の助けにもなり、また参考になるかと思います。

 

*書評:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/BuildupR.pdf

*論文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Buildup.pdf

 

英文版は、下記の内容で海外4000のアドレスに発信しました。

 

平成29年8月14日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝

http://hassin.org

 

The Buildup to the ‘Greater East Asian War’

from the Japanese Perspectives

By Aldric Hama

Reviewed by Sugihara Seishiro, Former Professor at Josai University

 

  Aldric Hama’s essay, “The Buildup to the ‘Greater East Asian War’ from the Japanese Perspective,” notes how differently the people of Japan and the West view the origins of the so-called Pacific War, and attempts to explain this vast discrepancy in perceptions.

The Western image is, in a word, a regurgitation of the opinions put forward at the International Military Tribunal for the Far East (the IMTFE or Tokyo Trials) that World War II was an illegal war of aggression launched by Japan’s militarist faction in order to dominate East Asia and the rest of the world.

Although it is true that Japan did ultimately initiate the Greater East Asian War, the series of events that led Japan to the war were not at all conveyed in an accurate manner by the IMTFE. Mr. Hama’s essay makes this point very clear.

Prof. Sugihara’s review of this essay will be a useful introduction to this long essay.

The essay was first published in The Journal of Social, Political and Economic Studies, Volume 42, Number 1, Spring 2017. The essay has been uploaded to our website and now presented here.

 

*Essay:

URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1011/

PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Greater-East-Asian-War-from-Japanese-Perspective1.pdf

*Review:

URL: http://www.sdh-fact.com/review-article/1013/

PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Review-of-the-Aldric-Hama.pdf

 

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact

Phone: +81-3-3519-4366

Fax: +81-3-3519-4367

Email moteki@sdh-fact.com

URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

===============================================================
4) 【 NPO法人百人の会 】 第七十三回 「浴衣で日の丸行進」(日本唱歌を歌う日の丸行進)

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

第七十三回 「浴衣で日の丸行進」 (日本唱歌を歌う日の丸行進)

 

できれば浴衣でご参加ください

なお浴衣姿でのご参加は10名以下ですので普通の服でも結構です。

 

日時

平成29年8月20日(日) 6月から9月まで16時開催予定 (毎月第3日曜日開催)

 

集合場所

大阪市西区・新阿波座公園(地下鉄四ツ橋線本町駅の西の端、23番出口を出て左折すぐ)

 

集合・集会

16:00 確定 行進開始:16:40

 

行進の目的

郷愁をさそう日本唱歌を歌うことで「日の丸」に親近感を感じていただき、自衛官の皆様に感謝の気持ちを伝えています。このパレードは沿道の人々に日本人としての目覚め、自虐史観からの目覚めを願うものです。

 

行進の内容

動物着ぐるみたちが愛嬌を振りまきながら先頭を歩き、沿道で日の丸小旗や風船を配り非常に好評です。沿道へ向かって笑顔で手を振り、そのためか外人や観光客や日本の若者たちが写真を撮り、子供は日の丸小旗を喜んで受け取り、手を振ってくれ沿道との交歓の姿が見られます。

 

主張の内容

「日の丸を掲げましょう」「国歌を歌いましょう」「がんばろう日本」「自衛官、警察官 ありがとう」

 

8月の唱歌

「日の丸の旗」「ふるさと」「椰子の実」「われは海の子」「ふじの山」「月の沙漠」

 

注意事項

小雨でも決行(レインコートは準備しています)

 

参加費 無料

 

毎月開催

次回、第七十四回は9月17日、10月は15日、11月は19日、

(警察からの変更依頼がない限り 夏期6~9月は16時集合予定 /春秋冬期(1~5月、10~12月)は13時集合予定、

/集合場所は「新阿波座公園」

 

主催: 日の丸行進の会 連絡先・会代表: 石黒大圓 090-1146-7351

 

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

===============================================================
 

5) 【 NPO法人百人の会 】 同胞婦女子に対する凌辱殺害を謝罪せよ

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

H29-8-12

 

まき やすとも 政経調査会

抗議文 (原文は縦書き)

 

昭和二十年八月九日、日ソ不可侵条約を一方的に破棄したソビエト軍はソ満国境を越えて満州の地へとなだれ込んだ。八月六日の広島に続き、長崎への原子爆弾が投下され降伏を余儀なくされた断末魔の如き状況下において、多くの日本人民間人が居住する満州への侵略であった。

 

その後、樺太・北方領土等々にもなだれ込み官民を問わず日本人の財産を略奪すると共に、暴行・陵虐の限りを尽し、多数の日本人を殺害・死に至らしめたのである。

 

 

 

特に婦女子に対する凌辱は筆舌に尽くしがたいものがあった。変節者として著名なる橋下徹前大阪市長は従軍慰安婦強制連行を否定する保守派の論陣に乗っかる形で「従軍慰安婦なんていうのは戦時下においては何処の国にも存在した。日本だけではない」、といった発言を行っている。浅学菲才も甚だしい。

 

正規の兵隊を確保する寸余も惜しんだソビエトが使ったのは刑務所に服役する囚人兵であった。この血と肉に飢えた野獣の群れを日本人が生活する満州の地に送り込んだのである。

 

戦場の治安を護り綱紀粛正を図るなどと言う概念も持たぬソビエト政府が従軍慰安婦などと言う制度を整える訳もなく、我国婦女子はソビエト兵の慰み者にされたのである。

 

 

 

昭和二十一年春、三十名ほどの看護婦が勤務を命じられていた満州の首都・長春の八路軍長春第八病院に対し、ソビエト軍から「看護婦三名派遣」の命令書が届いた。数キロ離れた城小溝にあるソビエト陸軍病院である第二赤軍救護所へ一か月間の派遣を命ずるものであったが、実際はソビエト軍将校の慰みものとして使役する目的であったのだ。

 

期限を過ぎても戻らぬ三名を案じていると更に三名、また三名を要求する命令書が舞い込む。

 

思案している最中、鉄条網を?い潜り満身創痍で脱出してきた一人の看護婦が実情を話し息絶えた。

 

「私が慰み者になるのは耐えるが、これ以上同じ犠牲者を出さないでください。行かせてはいけません」それを伝えたいために命を犠牲にして脱出してきたのだ。

 

六月二十一日、看護婦二十二名が青酸カリを服毒して集団自決を遂げた。「私たちは敗れたりとは言え、かつての敵国人に犯されるよりは死を選びます」、と記された遺書が残されていたのである。

 

看護婦長は派遣したまま帰らぬ五名の看護婦が働かされていると聞いた長春のデパート地下のダンスホールを訪ねると肌も露わなイブニングドレスをまとった五名と出会う。

 

婦長は一緒に帰ることを進めるが五名はこれを拒む。「毎晩七~八名のソビエト将校の相手をさせられ梅毒を移されています。看護婦なのでこれが治らないことは分かっています。この身体でどうして日本に帰れましょうか。今は一人でも多くのソビエト兵を客として、この梅毒を移してあげたい。それが大和撫子としての最後のご奉公です」、と語ったのである。

 

この悲劇は単に民間業者が軍の名を騙り婦女子を誑かしたというものではない。当時ソビエト政府の下に展開する軍隊が国家の意思によって日本人婦女子を貶め死に至らしめたのである。

 

日本人はこの凄惨なる史実を忘れない。ソビエトがロシアに代わろうともロシア政府は反省と謝罪・賠償を以って償う責任がある。

 

 

 

ロシアは不可侵条約破棄の侵略を謝罪せよ

 

同胞婦女子に対する凌辱殺害を謝罪せよ

 

全千島・北方四島と南樺太を還せ

 

シベリア抑留の責任をとって賠償せよ

 

 

 

平成二十九年八月九日

 

ウラジミール プーチンロシア連邦大統領

 

エバゲーニ・ウラジーミロビッチ・アファナシエス同国駐日大使

 

政経調査会 代表 槇泰智

 

日本国民有志一同

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

=============================================================== 6)インターネット情報

 

【速報】露外相「米国はマジで軍事衝突する気なのか?我が国が仲介役をしてやってもいい!やめとけ…」

http://crx7601.com/archives/51875157.html

 

 

【韓国崩壊】フジテレビ、スポンサー契約を次々解除される!!大手企業、下品すぎる番組内容を拒否

≪ テレビの放送違反に対する純日本人の怒りが本気となって来た。朝鮮人会社に電話で抗議なんかしたって受付の者は適当に応答して、奥ではバカにしているに違いない。全然改善されないのだからそうなんだろう。ところが最近、抗議の矛先をスポンサーに向ける事が有効であることを抗議する人々は気が付き始めた。放送に登場するタレント達も反日勢力の反論するようになってきた。流れは完全に反日排除。今後が楽しみ。 ≫

 

 

 

【フジテレビ 崩壊】嫌なら見るな発言のナイナイ岡村に責任追求クル!フジテレビ株主総会で取締役が衝撃発言!ナイナイ干されるなw 【大和魂+α】

 

海外感動「日本が最も早かった!」東日本大震災時の2億円寄付の理由とは?【すごい日本】【海外の反応】

 

 

トランプ氏の「炎と怒り」発言は場当たり的=米政権当局者

https://goo.gl/Sd9sUc

 

 

 

中国経済の現状 最新 2017年7月9日 ついに崩壊する!三峡ダムがもたらす中国崩壊のへの道。上海がなくなる!?

( 占い的な言い方だが、人間でも国でも悪い時は色々な悪い事が重なるもの。中国は良い時期は頂点を過ぎて、これから転げ落ちるような雰囲気がある。前々から指摘されているが経済派破綻へまっしぐらで時期と切っ掛けが誰にもわからないだけだし、自然環境も破滅へまっしぐらだし、水の質と量も年々悪化だし、それらが一気に噴き出すのかも知れない。支那と言う民族はそういう運命を持っているかのようだ。しかし結局は国民一人一人の問題なのだが。)

 

 

沖縄タイムス記者が『致命的すぎる光景』を思わず掲載して自爆した模様。デモ隊の正体が韓国人だと露呈

(日本の磨き直しには一番最初に手を付けるべきは除鮮。それには純日本人がコリアン疑惑のある者を堂々と情報交換することが必要。朝鮮人であることが悪い事であると言ってるわけではない。朝鮮人が反日活動の為に日本人を偽装しているなら、それは悪だと言わなければならない。)

 

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください