A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

台湾民政府情報      -栗原茂男

 

 

1) 台湾民政府情報

2) 【 NPO法人百人の会 】 神奈川の世論6907捏造と偏向のTBS「ひるおび」

3) 【 NPO法人百人の会 】 神奈川の世論6906加計問題メディアの偏向報道

4) 【 NPO法人百人の会 】 変更、変態報道!

5) 【 NPO法人百人の会 】 「教育出版」教科書、支持を盛り上げましょう

6) 財務省HP新着情報 2017-08-07

7) 日本銀行メール配信サービス 2017-08-07

8) 【 内閣府 】 景気動向指数(平成29年6月分速報)

9) 外務省ホームページ新着情報

10) SDHF オバマ大統領の広島訪問の歴史的意義  ―アメリカは原爆の呪縛から解かれた 元城西大学教授 杉原誠四郎

11) 第142回日本経済復活の会定例会のお知らせ

12) インターネット情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 台湾民政府情報

 

台湾民政府の公式サイトに掲載された「2017年8月6日付台湾民政府新聞公告」(下のURL)によれば、8月1日から昨日5日にかけて米国政府の代表団三名が台湾を訪れ、台湾民政府の代表と協議を行った結果、次の五点のコンセンサスに達したとのことである。

 

1. 今後台湾民政府側と米国政府側は正式な協議日程を設定し、米国政府の代表団は帰国後に関係各部門を招集して今回の協議の結論を整理した上で、第二回会議の際に台湾民政府側に回答する。

 

2. 台湾民政府が9月に予定している国連総会への参加は予定通り行い、その際台湾民政府に一回の会議を主催させるよう米国政府が手配し、更に国連総会後には定期刊行物でも発表して、米国政府自ら国連加盟国に台湾民政府を認識させる。

 

3. 国連本部では台湾民政府旗を少なくとも一年間は会場の内外において掲揚する。

 

4. 米国政府側の代表は「米国政府は台湾民政府を除く台湾島内のいかなる団体とも連絡を取っておらず、それら団体が勝手に米国政府と連絡を取っているかのように詐称している行為は看過することが出来ず、いずれその責任を追及する」旨厳重に言明している。

 

5. 戦後六十年余りのうちに国際情勢が大きく変化しているため、米国政府自らが台湾民政府に参考のため台湾の地位正常化のあるべき姿を提示する。

 

 

これら五点のうち、

①に関してはこれまで度々行われてきた協議は準備協議的なもので、今後は定期的に正式な協議を行うということだと思われる。

 

②及び③に関しては9月に予定されている台湾民政府の国連総会への参加が政権委譲への大きなステップになることを意味し、それを米国政府自らが主導していくということで、特に国連本部に台湾民政府旗が掲げられることの象徴的な意義は非常に大きいと言える。

 

台湾民政府旗が国連本部に掲げられることにより、カイロ宣言及びそれを引用したポツダム宣言に基づいて台湾を占拠してきた中華民国亡命政府はその台湾における存在の正当性を名実共に失い、その亡命政府が台湾に存在していることを根拠に台湾に干渉してきた中華人民共和国も台湾には手出しが出来なくなる上、これまで台湾独立派が事あることに繰り返してきた「中共の圧力で台湾は国際社会に出られない」という主張も出来なくなるからである。

 

④に関しては実は最近台湾民政府の国連総会への参加に触発されたのか、台湾の国連加盟を訴え中には米国政府との関係を詐称する団体が乱立しており、そのような動きを米国政府が自ら否定したと考えられる。

 

⑤に関しては台湾民政府の第二次対米訴訟で既に被告の米国政府及び中華民国政府が抗弁権を放棄したのに伴い、米連邦最高裁が米連邦高裁の事実認定を再確認することがほぼ確定したことから、舞台を司法の場から行政の場に移し、しかも中国共産党大会が9月に行われて習近平も動きにくいことを意識して、このタイミングで台湾民政府との正式な協議に入り、司法の判断に沿う形で台湾の地位正常化に向けた具体的な手続を開始したということであろう。それによって中国との間の無用な戦争が避けられ、平和裏に政権委譲が行われることにもなる。

 

 

2017年8月6日付台湾民政府新聞広告

http://usmgtcgov.tw/forum/topics/2017-8-6

 

—————————————————————————————————————————————————————–

 

 

中国がこれまで台湾にちょっかいを出せていたのは、中華民国亡命政府がカイロ宣言やそれを引用したポツダム宣言を根拠に台湾を占拠してきた為である。

そしてカイロ宣言やポツダム宣言の当事国でもある米国が戦略的曖昧政策を採り続け、カイロ宣言に対する立場を公開的には明確にしていなかったためである。

 

しかし国連の場でその米国の法体系下にある台湾民政府が公開的に認められるということは、カイロ宣言や戦略的曖昧政策といった従来の前提が根底から覆ることを意味する。

 

それに対し、国際法に基づく組織である台湾民政府を覆せるだけの説得力ある論拠を何ら持ち合わせていない中国は、もはや台湾に干渉することは出来なくなり当然拒否権を行使することも出来ない。

 

実際中国は中華民国亡命政府に噛みつくことはあっても台湾民政府に対して噛みついたことは一度もない。

とりわけ支那人というのは面子を重んじるので、もはや通る余地の全くない主張のごり押しは自ら控えるであろう。

国内への言い訳が見ものではある。

 

台湾が真実の法的地位が明らかになると、台湾の統治者が国連からも国際社会からも承認されない「中華民国政府」集団から台湾民政府に交替し、米国の占領下ではあっても実態は2千3百万人の人々が住む一つの「国」であり、国際社会が無視できない存在であるから、国連への加盟は当然の如く承認される事であろう。

国連には占領地の民政府でありながら実質的に国家である「国」がいくつも加盟しているからである。

 

 

=============================================================== 2) 【 NPO法人百人の会 】 神奈川の世論6907捏造と偏向のTBS「ひるおび」 国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう! ▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼ 各位 「神奈川の世論6906」でお知らせしましたようにTBSの偏向は顕著ですが、とりわけ「ひるおび」の捏造と偏向がひどいです。 最近では7月3日の放送で、都議会の川井議長(当時)が小池都知事との握手を拒否したという捏造報道をして抗議が殺到し訂正しました。 そのせいか再春館製薬所がスポンサーから撤退しました。 次は「キユーピー株式会社」です。 https://www.youtube.com/watch?v=Gh67hkEhO70 キユーピーになぜ「ひるおび」のスポンサーをしているのか聞いてみましょう。 キユーピー(株):03-3486-3331 事務局木上 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 【発信責任者】 『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫 〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974 =============================================================== 3) 【 NPO法人百人の会 】 神奈川の世論6906加計問題メディアの偏向報道 国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう! ▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼ 各位 加計学園の獣医学部新設の問題で、閉会中審査をテレビがどのように伝えたかを調査したところ、前川喜平前文科次官の発言ばかりを取り上げ、前川氏に対立する加戸守行前愛媛県知事やワーキンググループの原英史氏の発言がほとんど取り上げられなかったことがデータで明らかになりました。 特にテレビ朝日とTBSがひどいです。 http://netgeek.biz/archives/100599 事務局木上 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 【発信責任者】 『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫 〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974 =============================================================== 4) 【 NPO法人百人の会 】 変更、変態報道! 国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう! ▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼ 【情報提供神戸市 佐野賢治】 その1 https://www.youtube.com/watch?v=AD-djf2z7x0&t=2s H29-11-25【TV等】教育バリバラ(障害者の性) 変態番組。こんなの公共放送で流していいの。しかもNHK。 まだAVの方がスッキリして健康的。 その2 https://www.youtube.com/watch?v=JRE3ndlrR_I&t=37s H29-8-1【TV等】 朝日放送 N-キャス (沖縄タイムズ応援) 沖縄タイムズを必死で弁護。沖縄タイムズは中立だって。 その3 https://www.youtube.com/watch?v=hfixmbjGvKU&t=10s H29-7-31【TV等】 毎日放送愛国と教科書(育鵬社攻撃) 育鵬社によほど恨みつらみがあるんだろうね。 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 【発信責任者】 『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫 〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974 ===============================================================

5) 【 NPO法人百人の会 】 「教育出版」教科書、支持を盛り上げましょう

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう! ▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼ 中谷良子のブログより http://ameblo.jp/ryobalo/entry-12299446136.html 「教育出版」教科書、支持を盛り上げましょう NEW!2017-08-07 テーマ:     教育問題 東京都練馬区教育委員会は、本日4日、定例会で表記案件を審議し、平成30年度使用小学校道徳教科書は、委員の全員一致をもって、 光村を採択した。 傍聴席18名の定員に対し63名が集結。大半が共産党後援者、新日本婦人の会、生活ネット系市民グループ。ちらほら教科書会社の営業マンの姿も見受けられた。報告者は辛うじて18番目に当たり玉を得た。 委員会の冒頭1時間は教科書協議会からの答申を非公開で行った。公開後11時から、まず教科書採択に関する陳情書3件の読み上げと審議であった。3件いずれも、教科書は現場教員の声を聞け、そして教育出版は採択するなという趣旨である。 当然のことながら、特定教科書名指しで採択・不採択を求める陳情は、受け入れられないのが一貫した区教委の方針であり、一応の審議を経て、3件皆陳情として不採択となった。 そして直ちに道徳教科書の採択審議となる。 教育長も含め5人の委員が順次、自分のよいと思った教科書を複数紹介することから始まり、一巡の後、再度絞り込みを行って、共通推薦対象の教科書を確定した。 東書、学研、光文書院、など候補名が挙げられたが、委員5人全員が推薦した教科書が光村であった。 いじめ対策から発した道徳教科化、したがって、いじめ・命などに評価の高い光村は妥当であった。なお、陳情で不採択を求められた「教育出版」はどの委員からも推薦の声が出なかった。結果的に陳情の効果があったのか、どうか。 空花さんより。 大阪市の小学校道徳教科書採択会議が、8月9日に行われることが公表されました。採択会議の開会前に、大阪市役所前で極左過激派が緊急のアピール行動を行います。今のところ大阪府内で「教育出版」はゼロです。安倍首相の写真が載り、国旗掲揚、国歌斉唱を推進する教科書は要らないとのこと。 保守層の抗議は本当に小さな声です。かたや、極左の連中は半島が基本なので徒党を組み、粘り強く、しつこいです。保守は潔すぎる。9日までの残された短い時間での皆様からの抗議が頼りです。大阪市教育委員会へ怒涛の声をお寄せください。宜しくお願い致します。 日本の子供達が偏った思想を植えつけられないためにも皆様からガンガン「教育出版」教科書を支持する声を上げてください。 ●大阪市教育委員会事務局・指導部、小学校初等教育課担当 電話06-6208-8174 FAX06-6202-7055 ★大阪府内の道徳教科書採択情報(8/3現在)★ 今日の時点での大阪での道徳教科書採択のまとめです。 大阪では明日の採択はありません。 来週の月曜日は、いよいよ東大阪市の採択です。 ■今日までの大阪府内の道徳教科書採択状況です。昨日までに43市町村(38採択地区)の内、33市町村(28地区)で採択が終わりました。 日本文教10(採択区9) 光村図書10(採択区6) 東京書籍7 学研みらい3 光文書院2 教育出版0 あかつき0 学校図書0 *不明1 ■以下、採択教科書の一覧です。 豊能郡(能勢町、豊能町)日本文教 島本町 光文書院 柏原市 東京書籍 泉南郡(熊取町、田尻町、岬町)光村図書 枚方市 東京書籍 羽曳野市学研みらい 茨木市 光村図書 四条畷市 日本文教 河内長野市 日本文教 泉南市 9月1日公表 富田林市 日本文教 吹田市学研みらい 守口市 東京書籍 門真市 東京書籍 交野市 光村図書 大阪狭山市 学研みらい 岸和田市 日本文教 泉大津市日本文教 忠岡町 光村図書 寝屋川市 光村図書 藤井寺市 日本文教 大東市 東京書籍 南河内郡(太子町、河南町、千早赤坂村)光村図書 阪南市 日本文教 松原市 東京書籍 八尾市 東京書籍 豊中市 日本文教 摂津市光文書院 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 【発信責任者】 『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫 〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974 ===============================================================

 

 

6) 財務省HP新着情報 2017-08-07

 

 

 

・外貨準備等の状況(平成29年7月末現在)

http://www.mof.go.jp/international_policy/reference/official_reserve_assets/2907.html

 

 

・財務総研トピックス(2017年7月)

http://www.mof.go.jp/pri/summary/topics/index.htm

 

_______________________________________________________________

 

  • 財務省ウェブサイト

http://www.mof.go.jp/

  • Facebook

http://www.facebook.com/MOF.Japan

  • Google+

https://plus.google.com/#114755011782415457072/

  • Twitter

http://twitter.com/#!/MOF_Japan

  • YouTube

http://www.youtube.com/user/MOFJapan

 

 

  • 財務省へのご意見・ご要望は、以下のURLよりお願いします。

https://www2.mof.go.jp/enquete/questionnaire_jp.html

 

===============================================================

 

 

7) 日本銀行メール配信サービス 2017-08-07

 

 

 

消費活動指数

http://www.boj.or.jp/research/research_data/cai/index.htm

 

消費活動指数について

《 中村・河田・田中・植前「消費活動指数について」、日本銀行調査論文(2016年5月) 》

http://www.boj.or.jp/research/brp/ron_2016/data/ron160502a.pdf

 

消費活動指数の公表内容の拡充と見直しについて

《 中村・三浦・丸山「消費活動指数の公表内容の拡充と見直しについて」、日本銀行調査論文(2016年10月) 》

http://www.boj.or.jp/research/brp/ron_2016/ron161007a.htm/

 

 

————

※登録情報の変更・配信停止は下記URLをクリックして下さい

https://service.sugumail.com/boj/m/u/i/9506535d26db84a29a84e802b522c699

 

======================================================================

本サービスに関するお問い合わせ:prd.hp-mds@boj.or.jp

======================================================================

===============================================================

 

 

8) 【 内閣府 】 景気動向指数(平成29年6月分速報)

 

 

 

===================================================================

景気動向指数(平成29年6月分速報)は、8月7日(月)14:00に公表されました。

 

http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/di/di.html

===================================================================

 

 

【配信元】

内閣府 経済社会総合研究所 情報研究交流部

http://www.esri.cao.go.jp/

===============================================================

 

 

9) 外務省ホームページ新着情報

 

 

 

河野外務大臣とムハンマド・サウジアラビア王国皇太子との電話会談

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004884.html

 

 

イラクに対する円借款「ハルサ火力発電所改修計画(フェーズ2)」に関する書簡の交換

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004885.html

 

薗浦内閣総理大臣補佐官のカタール訪問(結果)

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me2/qa/page4_003165.html

 

内閣総理大臣コメント(北朝鮮による累次の弾道ミサイル発射等に関する国連安保理決議の採択について)

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/page4_003167.html

 

北朝鮮による累次の弾道ミサイル発射等に関する国連安保理決議の採択について(外務大臣談話)

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/page4_003166.html

 

 

第10回日・メコン外相会議

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sea1/page4_003168.html

 

 

河野外務大臣会見記録

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_000550.html

 

 

 

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

新着情報メールサービスをご利用いただきありがとうございます。

本サービスの登録、削除及び電子メールアドレス変更は、下記の画面にて受け付けております。

http://www.mofa.go.jp/p_pd/ipr/page23_000994.html

 

外務省ホームページ日本語版

http://www.mofa.go.jp/mofaj/

===============================================================
10) SDHF オバマ大統領の広島訪問の歴史的意義  ―アメリカは原爆の呪縛から解かれた 元城西大学教授 杉原誠四郎

 

 

 

オバマ大統領広島訪問の歴史的意義

アメリカは原爆の呪縛から解かれた

元城西大学教授

杉原誠四郎

 

栗原茂男 様

平成28年(2016年)5月17日、アメリカのオバマ大統領が原爆を投下したアメリカの現職大統領として、初めて被爆地広島を訪れ、原爆死没者慰霊碑に献花し、演説し、そして被爆者と対話した。演説では「われわれは歴史を直視し、そのような苦しみを繰り返さないために何をしなければならないかを問う共通の責任がある」と語った。

謝罪の言葉はなかったが、このオバマ大統領の広島訪問には歴史的な意義があることを掘り下げて論じたのが本論文である。

8月6日の今日、この論文を改めて内外の心ある人々に読んでいただきたく、英訳版とともに発信する次第である。(6日が日曜日なので、実際の発信は7日の月曜日。)

論文は、次のような構成、内容となっている。

 

はじめに

(1)広島平和公園でオバマ大統領の行ったこと

(2)オバマ大統領の広島訪問による歴史認識の修正の必要

(3)日米戦争は実質的にはアメリカ政府によって始められた戦争であり、なおかつアメリカ政府によって必要以上に凄惨になった戦争である

(4)原爆投下まで戦争が続いたことに関する日本側の責任

(5)原爆投下は直近の状況の中では避けるのは難しかったが、長い時間の中で見れば全く必要のないものだった

(6)オバマ大統領の広島訪問の歴史的意義の最大のものは、アメリカをして原爆の呪縛から解放したことにある

 

*全文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/hiroshima.pdf

 

英文版は、下記の内容で海外4000のアドレスに発信した。

 

平成29年8月6日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝

http://hassin.org

 

The historical significance of President Obama’s visit to Hiroshima

—The U.S. freed from the spell of the atomic bomb

By Sugihara Seishiro, Former Professor at Josai University

 

   On this day of the atomic bombing of Hiroshima, I would like to present Prof. Sugihara’s thoughtful essay on the meaning of President Obama’s visit to Hiroshima on May 27, 2016. The following is the translator’s introduction, written by Mr. Norman Hu:

 

Few have commented on the importance of President Obama’s visit to Hiroshima on May 27, 2016. But among these, Sugihara Seishiro discusses its significance as an act of reconciliation between Japan and the United States, even while he decries the atomic bombings as crimes against countless innocents. Sugihara emphasizes how important it is that this reconciliation was born from the use of the atomic bombs, and how it is a critical and bold statement in the 21st century, when it has become all too commonplace for nations to criticize each other without regard for the long-term consequences.

Japan is the only nation to have experienced the impact of an atomic bomb, and the United States is the only one to have dropped such a weapon in an act of war. Western scholars often discuss Hiroshima with a view to justify what the U.S. did to Japan at war’s end, while Asians may see that action as excessive and entirely preventable. While many Americans argue that the atomic bombs shortened the war and saved further loss of life (both among the Japanese but in particular those of American troops), Japanese people continue to regard the destruction of Hiroshima and Nagasaki as a supreme tragedy. President Obama highlighted “the remarkable transformation” in relations between the U.S. and Japan inasmuch as seventy years ago, “it would have been very difficult to imagine given the hostility between our two countries.”

This essay was recognized in 2016 for its contribution to modern and contemporary history by the APA Group’s 9th Annual Essay Competition. It is presented here in English for the benefit of readers outside of Japan. Sugihara presents the case that these close ties between erstwhile bitter enemies are a testament to humanity’s ability to reconcile given even the most virulent of enmities. Crucially, it is a clear statement that one not only needs to acknowledge and learn from history, but above all, to look forward.

 

URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1005/

PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Sugihara_ObamaHiroshima4.pdf

 

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact

Phone: +81-3-3519-4366

Fax: +81-3-3519-4367

Email moteki@sdh-fact.com

URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

 

===============================================================

 

 

11) 第142回日本経済復活の会定例会のお知らせ

 

 

 

第142回日本経済復活の会
平成29年8月1日
日本経済復活の会 会長 小野盛司

 

 

○講師
小野 盛司  日本経済復活の会長
会の活動報告、『日本経済復活への道 -お金がなければ刷りなさい-』

政府は53か月間景気は拡大を続けているとし、2014年度の消費増税でも景気は後退しなかったのだと主張しています。しかし一人当たりの名目GDPは1990年頃世界トップレベルであったのが、最近では先進国では最低に、アジアでもどんどん追い抜かれているのが実情で、日本は急速に貧乏になりつつあります。失われた20年がこのままでは失われ30年へと進んで行きます。世界経済を牽引し始めたAI技術にかけても日本は周回遅れといわれています。財政を拡大すればデフレ脱却・景気回復・財政健全化が一挙に達成されるのに、なぜそれが理解できないのか。我々の戦いはまだまだ続きます。

会長以外の登壇者は未定です。

また日本経済等の事柄に関し、ディスカッションの時間もあります。

 

○日時 平成29年8月27日(日)15時00分~18時30分                 (開場14時45分、講演開始15時00分)

この後、希望者は二次会(食事会)にご参加下さい。

○場所 文京シビックセンター 3階 会議室1
東京都文京区春日1-16-21 TEL:03-3812-7111

●東京メトロ丸の内線           後楽園駅 「4a・5」出口徒歩1分

●東京メトロ南北線             後楽園駅 「5」出口徒歩1分

●都営地下鉄三田線・大江戸線   春日駅  「文京シビックセンター連絡口」徒歩1分

●JR総武線            水道橋駅  東口徒歩9分

○会費 1000円(資料代を含みます。)
当会合に関する一切の問い合わせと、御来会の可否は小野(03-3823-5233)宛にお願いします。

須田(090-2170-3971)、吉野(080-3312-3485)、メール(sono@tek.jp)でも結構です。

ご協力お願いします。

 

日本経済復活の会のホームページと連絡先

http://tek.jp/p/

TEL:03-3823-5233

FAX:03-3823-5231

担当 小野盛司

===============================================================
12) インターネット情報

********************************************************************************************************************

【 日 本 】 【日本人vs蓮舫】蓮舫、90万回再生の力作「蓮舫vs蓮舫」を削除→法則で増えまくる→削除しまくるエンドレスwwwwwwwww http://www.moeruasia.net/archives/49583041.html こんなにいる! あの有名な犯罪者も実は韓国人!! https://www.youtube.com/watch?v=Tspv3eIJ23Y こんなにいる! あの有名な犯罪者も実は韓国人!! https://www.youtube.com/watch?v=Tspv3eIJ23Y 日本で活躍する在日韓国人・朝鮮人の芸能人・著名人 https://www.youtube.com/watch?v=_dHkHWq9AW8 投票してはいけない」売国議員のリスト https://www.youtube.com/watch?v=OXZHBwpUiRQ ( 河野太郎は如何なんだろう? 河野氏は自身がインターネットで一部からコリアンだと言われている事は知っておくべきだろう。何しろ、蓮舫みたいのが成果に多数いる事は連合の会長が述べているのだから。) 幹部名簿 – 内閣府 http://www.cao.go.jp/about/meibo.html#container ******************************************************************************************************************** 【 世界から賞賛される日本 】 ≪ 日本人の美点を誇りに思い、美点を伸ばすことで次世代に自信を与える事が出来る≫ 【海外の反応】訪日中国人がバスから見た異様な光景にびっくり!「噂には聞いていたけどまさか小学生が…」外国人「冗談抜きで一番すごい」と称賛! https://www.youtube.com/watch?v=STguO0vnFEE ≪ 最近の中国は日本への擦り寄りが目立ってきた。日本経済の圧倒的な存在感を実感し始めたのだろう。賄賂と恐喝でどうにでもなると思っていた日本が安倍政権になって汚らしい手法が通用しなくなった事で、日本に突き放される事がどれほど重大かということに気が付いたと思われる。因みに直近の日本のマネーは460兆円超で、世界の基軸通貨で世界通貨である米ドルと裏表の関係の米国債は約3兆8千億ドル弱。円ドル相場を1ドル110円とすると10%くらい円が多く発行されている。だから支那人は要注意。孫文や蔣介石など日本に来て日本人達に散々世話になってもあくどい反日だった事は銘記する必要はある。しかしそういう事と離れて見ても、日本を旅行をする中国の支那人が非常に多いから政府から教えられた日本と日本人についての思い込みが現実は全く違う事に気が付いても不思議ではない。) 海外の反応 中国人驚愕!「日本は恐ろしい!たった数日間でこれほど・・」日本旅行で娘に劇的を変化を与えた日本の日常に感動!【外国人感動エピソード】 https://www.youtube.com/watch?v=MpkesE2RlZE 海外 感動 「日本ってホントにスゴイところ」反日の妻に「また行きたい」と言わせた日本の凄さに海外が感動 https://www.youtube.com/watch?v=78b0aSx4TvU

********************************************************************************************************************

 

 

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA