2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

精神病院入院の恐ろしい制度 ②    -栗原茂男

 

 

1) 精神病院入院の恐ろしい制度  ②

2) 倒れない小池潰しへの焦りの記事 

3) 経済が成長すれば少子化、労働力不足は解消する

4) 日本銀行メール配信サービス

5) 消費動向調査(平成28年10月実施分)  【 内閣府経済社会総合研究所 】

6) 財務省HP新着情報 2016-11-2

7) 外務省ホームページ新着情報 

8) 拓殖大学国際講演会  ー 今週土曜日 「緊迫する南シナ海情勢-ベトナム、フィリピン、そして日本-」 

9) SDHF ユネスコ記憶遺産に登録申請した「通州事件」から 8、遭難生存者の証言 

10) 【 NPO法人百人の会 】 蓮舫代表を東京地検へ告発  

11) 【 NPO法人百人の会 】 第33回 軍事評論家・佐藤守の国防講座(ご案内) 

12) 【 NPO法人百人の会 】 日本征服を狙ったアメリカのオレンジ計画  

13) 【 NPO法人百人の会 】 琉球新報・沖縄タイムスを糺す県民・国民の会 

14) 【 NPO法人百人の会 】  緊迫する南シナ海情勢-ベトナム、フィリピン、そして日本-

15) 【 NPO法人百人の会 】 若い機動隊員を何度も殴りつけている

16)インターネット情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 精神病院入院の恐ろしい制度  ②

 

精神病の入院には自分から入院を申し出る「任意入院」の他に「医療保護入院」と「措置入院」がある。

純日本人会に協力してくれているAさんは会の活動とは無関係だが、裁判所の調停中の相手方から医療保護入院の手続きを一方的に取られてしまった。

自室の内側から鍵を掛けていたのだが、男性数名が突然来て、鍵を壊して拉致してそのまま「多摩あおば病院」に連れて行かれて入院。

 

担当の医者の名前は「ナカジマ」で、裁判所の調停中である事を知っているとの事。

「ナカジマ」に直接聞いたわけではないが、医療保護入院に際して裁判の相手であるかないかは担当医は当然確認するべきで、確認しなかったと言う弁明は成り立たない。

裁判所の件は手紙に事件番号等が書いてあり、他の訴訟の件も裁判所に電話して事件番号を告げて確かめると間違いなかった。

 

明らかに違反していると考えざるを得ない。

 

病院は入院患者が居ると国と自治体から一人、毎月40万円入るという情報もある。

もし、違反して入院させて、国や自治体から補助金を得ているなら公金を詐欺していると言う事になる。

 

メルマガ、ブログで事件を書いたら何名かの方から情報が寄せられた。

 

その一つ、≪ 2000年に、手話を専門とする知人が、千葉県茂原市で交通事故に遭い、救急車で病院に運ばれるている途中、手話を披露したら、「身体に外傷は見られない。 これは精神病院だ。木更津病院に入れよう」と決めて、勝手に入れられてしまったのでした。 その知人から、「ここから出して欲しい。助けて欲しい」と言われて一度、面会に行きましたが、既に薬物で記憶喪失の状態にされていたのです。 身寄りのない方でしたから、当方には、どうしようもありませんでした。その知人が廃人化される前に話した内容は、「わたしが入院していると、国と千葉県から毎月40万円の補助金が、この病院に入る。 だから、わたしを手放さないのだ」と言っていました。≫

 

 

Aさんが退院の目途が立たないので裁判所へ出廷が出来ない可能性を述べる手紙を裁判所に書いたが、返事が来ないので裁判所に私が電話し、事件番号を告げると事務官はその返事を裁判所が出したか出していないかを答えられない、手紙が届いたか?返事を出したか?に応える義務もない事になっていると言う返事。

 

別の病院の関係者から聞いたところでは、精神病院に関しては裁判所や警察は当たらず障らずで、彼等はともかく関わりたがらない。

 

Aさんの件で東京都人権擁護委員、厚生労働省、東京都に電話で事件の解決方法を訊ねるも、実質的にはすべては担当医の判断一つに掛っていて、最終的には殺傷与奪の権限を握っている仕組み。

 

その制度は精神指定医が人格高潔で無誤謬であることを前提に成り立っている。

しかし現実は下記のよう。

***************************************************************************

精神指定医資格89人取り消し 厚労省処分    全国26病院で不正  2016/10/26 22:48

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26H86_W6A021C1CR8000/

***************************************************************************

これは医療技術を学んでも自動的に教養や人格の身につく訳でない事を物語っている。

 

 

精神医療の制度は考えられないほどに酷く幼稚な制度であると言わざるを得ない。医療業界全体のレベルの問題なのだろうか。

「東京都中部保険福祉センター」に再度電話して何か良い方法は無いか相談したが、残念ながら制度に従うしか方法は無いようで、電話口の人も私が言う幼稚でお粗末な制度と言う事に小声で「ええ」と賛同していた。

 

近年、経済の停滞で純日本人の医師志望者が減り、税金を払わない違法人の医者が増えていると聞くが、精神指定医の程度の悪さには呆れる。

 

 

 

———————————————————————————————————————————–

 

 

治療や生活に役立つ情報

 

http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/3_01_06mental.html

 

 

 

精神科に入院したときの権利

精神障害者であるないに関わらず、どんな場合であっても、一人の人間として「人権」が守られなければならないことはいうまでもありません。自分の意思で、自らの行動や、生き方を選ぶことも人権に含まれます。

しかし、精神疾患の病状によっては、どうしても医療や保護のために必要な場合、治療のために、自分の意思に反して精神科に入院したり、入院治療に身体の拘束を伴うことがあります。 このような処遇は、人権が適切に守られた上で、医学的な必要性についての厳格な判断と、法的に定められた手続きに則って行われる必要があります。

ここでは、精神科への入院の仕組みとともに、人権が適切に守られるべきことや、入院患者には様々な権利があることをご紹介します。

 

入院の制度について

精神科の入院制度には大きく分けて3つあります。本人が自ら入院に同意する「任意入院」、本人の保護者の同意による「医療保護入院」、都道府県知事の権限による「措置入院」に分けられます。こうした入院制度は精神保健福祉法で定められています。

このうち、本人が入院の必要性を理解し、自らが選択して入院する「任意入院」が最も望ましいものです。任意入院以外の場合は、本人の意思に反して入院をすることになりますが、そのような入院の際には、「告知義務」があり、十分に説明を受けることとなっています。

任意入院

本人が自ら入院を希望しての入院となります。自ら希望する入院ですので、自らの申し出により退院もできます。ただし、精神保健指定医が、本人の医療及び保護のために退院が望ましくないと判断した場合は、書面にて十分な説明をしたうえで72時間に限り退院を制限することがあります。

入院形態の中では、任意入院が望ましいことから、病院の管理者は出来る限り任意入院ができるように努めることとされています。

医療保護入院

精神保健指定医が、本人の医療及び保護のために入院が必要と判断しているが、本人が入院に同意しない場合、保護者の同意により入院となります。保護者とは、後見人または保佐人、親権者、配偶者、扶養義務者のことを言います。保護者に該当する者がいない場合や、やむを得ず保護者の責務を果たせない場合は、市町村長が保護者となります。

医療保護入院で入院した場合も、病状の改善や本人の同意が得られる状況になった場合は、任意入院に切り替えられます。

措置入院

入院しなければ自傷他害の恐れがある場合の、都道府県知事の権限による入院です。措置入院には、精神保健指定医2名以上の診察により必要と認められることが必要です。ただし、急速を要する場合は、精神保健指定医1名の診察に基づいて、72時間に限って緊急措置入院が行われる場合があります。

措置入院で入院した場合も、病状の改善により医療保護入院や任意入院へ切り替えられる場合があります。

【精神保健指定医とは】 精神科医療の経験や資質等の一定の基準を満たした医師を「精神保健指定医」として定めています。任意でない入院や行動制限などの、人権に関わる医学的判断を行うことができるのは、精神保健指定医に限られています。

===============================================================

 

 

 

2) 倒れない小池潰しへの焦りの記事

 

 

 

豊洲市場の問題は都民、国民の健康と食の安全性の問題でカネの問題はその次の問題であるのに対し、五輪の問題は殆ど「カネ」の問題。

両者も巨額のカネが動くから利権屋が群がるのは世の常の姿。

企業は兎も角、政治家や公務員、公益法人役員が群がるなら言語道断である。

 

五輪予算が数千億から1兆、2兆、3兆、5兆と、それこそ豆腐屋みたいに膨れ上がれば都の行政側から「待った!」が掛って当然。

「待った!」が掛らないなら、その方が怪しいとなる。舛添は何を考えていたのか!

 

IOCも予算急膨張を深刻に考えるべきだが、会長は日本に来てから言うことがクルクル変わる。

組織員会も海の森がダメなら「韓国で」なんて蓮舫みたいな違法人が喜びそうな事を言い出す始末。

 

そしてIOC会長は、さすがに韓国云々は相手にしなかったが、組織員会の言う事に振り回されている。

まるで接待や賄賂を受けたかのように感じるほどいうことが不安定。

 

五輪会場問題は第一はカネの問題で、計画は予算と一体であるから、予算が豆腐屋状態なら計画は見直さざるを得ない。

そんな解りきったことが無視されるからには、よほどの不正な利権が有ることを疑わさせる。

 

そんな疑いを晴らす為には行政は真面目に対応しなければならない。

 

IOCがアスリートファーストと言う以上、競技団体の役員を排除して選手の本音を聞かねばならないから、上限関係のやかまし体育会系の選手から本音を聞くにはOB、OG役員を排除して話を聞かねばならない。

小池氏が選手とだけ会って話を聞くと言うのは当然の努力である。

 

OB、OGの役員だけでコソコソ談合する「闇会議」と行政側が選手だけと行う会議を一緒にして報道するのはあまりにも意図的である。

 

 

*****************************************************************************

情報公開もう腰砕け 小池都知事こっそり五輪“闇会議”画策

http://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_355921/

 

小池都知事がアスリート5人と会談 非公開一転公開

http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1730769.html 

 

「東京が五輪の転換点になる」 バッハ会長が筑波大で講演

http://www.sankei.com/sports/news/161020/spo1610200022-n1.html

 

【東京五輪】ボート、韓国開催も検討 IOC、現計画で困難なら

http://www.huffingtonpost.jp/2016/10/17/olympic-boat_n_12530952.html

 

バッハ会長、小池知事との会談で「招致時の約束の実行」を強調 – サンケイスポーツ

http://www.sanspo.com/sports/news/20161019/oly16101905010003-n1.html

*****************************************************************************

 

===============================================================

 

 

3) 経済が成長すれば少子化、労働力不足は解消する

 

 

 

 

*********************************************************************************************

【緊急事態】中国人ら外国人1万人が日本で行方不明に!!! その実態が ヤ バ す ぎ る !!!

http://www.news-us.jp/article/20161101-000011z.html

*********************************************************************************************

 

昨今の労働力不足は少子化の影響はあるはずだが、少子化の原因は国に大部分を占める大衆の所得が減少しているからであり、所得が増えれば子供は1人より2人、2人より3人となる。

労働者不足を埋める為に外国から低賃金労働者を入れれば、彼等の所得が低い分、彼等への政府の支出は年を経ると共に増える。

 

それより、国内の労働力で賄えば、低賃金=低生産性部門は衰退して海外に外注するようになり、日本国内は高生産性=高賃金の社会となる。

 

その為に必用な国の政策は国全体の技術革新力の強化。

常に他国よりも技術力を高くすることで付加価値の高い商品を製造でき、言い換えれば高い所得を確保できる。

 

それは格差を楽しむ巨額資産家や高額所得者にとっては面白くない事態かも知れないが、社会の極一部の者に富が偏在する社会は停滞し、国際化時代ではその社会の全ての構成員が貧しくなる。

 

欧州にはかねてから、欧州に潜り込んだ特定民族が密かに結束し、その国に国民あるいは民族に成りすまして多民族国家化を進めてきた。

ヒトラーユダヤ人説はその疑惑の象徴みたいなところがあるようだ。

 

ヒトラーがユダヤ人であったと言う仮説を立てると第二次世界大戦の歴史解釈は全く違うものになる。

 

日本の外国人労働者の議論は日本の多民族国家戦略の一環と見るべきで、それを拡散する事は侵略勢力の戦略を知った者の役目だろう。

===============================================================

 

 

4) 日本銀行メール配信サービス

 

 

詳しくは日本銀行ホームページ http://www.boj.or.jp/ をご覧下さい。

 

 

 

経済・物価情勢の展望(10月、基本的見解)

http://www.boj.or.jp/mopo/outlook/gor1610a.pdf

 

当面の金融政策運営について

http://www.boj.or.jp/announcements/release_2016/k161101a.pdf

 

 

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

【記者会見】黒田総裁(11月1日) http://www.boj.or.jp/announcements/press/kaiken_2016/kk1611a.pdf 経済・物価情勢の展望(10月、全文) http://www.boj.or.jp/mopo/outlook/gor1610b.pdf 基調的なインフレ率を捕捉するための指標 http://www.boj.or.jp/research/research_data/mui.htm 【概要説明】黒田総裁「通貨及び金融の調節に関する報告書」(衆議院財務金融委員会) http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2016/ko161102a.htm

 

======================================================================

本サービスに関するお問い合わせ:prd.hp-mds@boj.or.jp

======================================================================

===============================================================

 

 

 

5) 消費動向調査(平成28年10月実施分)  【 内閣府経済社会総合研究所 】

 

 

 

===================================================================

消費動向調査(平成28年10月実施分)は、11月2日(水)14:00に公表されました。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/shouhi.html

===================================================================

【配信元】

内閣府 経済社会総合研究所 情報研究交流部

http://www.esri.cao.go.jp/

 

===============================================================

 

 

6) 財務省HP新着情報 2016-11-2

 

 

 

・麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要(平成28年10月28日(金曜日))

http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20161028.htm

 

・麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要(平成28年11月1日(火曜日))

http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20161101.htm

 

 

 

  • 財務省へのご意見・ご要望は、以下のURLよりお願いします。

https://www2.mof.go.jp/enquete/questionnaire_jp.html

 

==============================================================

 

 

7) 外務省ホームページ新着情報

 

 

【 外務省ホームページ日本語版  http://www.mofa.go.jp/mofaj/ 】

 

 

 

日韓秘密軍事情報保護協定に関する日韓間の協議(結果)

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_003879.html

 

第2回東アジア地域包括的経済連携(RCEP)閣僚中間会合の開催

 —–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_003880.html

 

===============================================================

 

 

 

8) 拓殖大学国際講演会  ー 今週土曜日 「緊迫する南シナ海情勢-ベトナム、フィリピン、そして日本-」

 

 

 

 

 

 

 

<今週土曜日、拓殖大学です>

国際講演会のご案内

「緊迫する南シナ海情勢-ベトナム、フィリピン、そして日本-」

 

11月5日(土)に、南シナ海問題に関する講演会が、ベトナム外務省顧問、フィリピン下院議員が参加して行われます。下記のとおりです。皆様のご参加をお勧めする次第です。

 

平成28年11月1日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝

 

案内チラシ:http://www.sdh-fact.com/CL/20161115a.pdf

  (若干予定が変わったところがあります。下記の通りです。)

 

研究講演会のご案内

 

「緊迫する南シナ海情勢-ベトナム、フィリピン、そして日本-」

 

2016年7月、ハーグ仲裁裁判所は、フィリピン政府が訴えた南シナ海問題に関し、中国が主張してきた内容を全面的に否定する判決を下しました。

しかしながら、中国政府はこの判決を紙くずと言い捨て全く受け入れようとせず、逆に南シナ海支配体制を一層強化し、東シナ海でも尖閣列島に次々と領海侵犯を繰り返しています。

私達はこの中国の覇権主義に抗し南シナ海、東シナ海の平和と法治の原則を守るために、日本そしてフィリピン、ベトナムなど関係諸国の代表を招き、今、日本と東南アジア諸国が何をなすべきかを考える研究講演会を開催いたします。

2016年10

南シナ海問題を考える会 

代 表   宮崎正弘

実行委員長 飯田康夫

*研究講演会テーマ 「緊迫する南シナ海情勢 -ベトナム、フィリピン、そして日本-」

*日時 2016年11月5日(土)午後2

*会場 東京・拓殖大学文京キャンパスC101教室

*主催 「南シナ海問題を考える会」 代表 宮崎正弘(評論家)

*講演

産経新聞特別記者 論説委員    湯浅 博

ベトナム外務省顧問局長       ティン ホァン タン

フィリピン下院議員      ハリー・ロケ(下院野党院内副総務海洋問題専門)

*来賓挨拶

「日本の領土を守るため行動する議員連盟会長」  衆議院議員 新藤義孝 

*参加費 1,000

*事務局 03-5840-6460

 

===============================================================

 

 

 

 

9) SDHF ユネスコ記憶遺産に登録申請した「通州事件」から 8、遭難生存者の証言

 

 

 

ユネスコ記憶遺産に登録申請した「通州事件」から“

その8、「通州事件」遭難生存者(4人)の証言

4)佐々木テンの証言

栗原茂男 様

 佐々木さんは攻撃を受けた受難者ではありません。たまたまある事情で、事件時に支那人の群衆に紛れて「支那人として」蛮行の一部始終を目撃することになった、貴重な証言者です。

 大分の田舎で生まれた佐々木さんは大阪で働いているときに中国人の沈さんという人と知り合い結婚し、昭和3年に中国にわたり、昭和9年に通州に移住しました。昭和11年ころになると町の空気が不穏になってきて、夫の沈さんから中国人を装うように言われ、そうして暮らしていました。

 そして昭和12年7月29日に朝、夫の沈さんと殺害現場に出くわしたわけです。「支那人として」目撃していたためにとがめられることなく一部始終を見るとになったのでした。

 浄土真宗本願寺派因通寺16世住職であった調(しらべ)寛雅氏が西本願寺別府別院で講話をしたときに熱心に通ってこられた佐々木さんからこの証言を直接聞いて、『天皇様が泣いてござった』(教育者)という本に載せています。

 佐々木さんの証言の部分を藤岡信勝教授が、解説を加えて『通州事件 目撃者の証言』(自由社)という本にまとめております。その証言部分です。

 

  日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/sasaki.pdf

英訳文:URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/854/

PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Testimony-of-Ms.-Sasaki-Ten.pdf

 

海外には、下記の通り英文で発信しました。

 

平成28年11月2日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝

http://hassin.org

 

“Tongzhou Massacre” Series 8

Testimonial record of survivors (4)

4) The Testimony of Ms. SASAKI Ten

 

This is the eighth of a series of articles pertaining to the Tongzhou Massacre, which has been submitted for inclusion in UNESCO’s Memory of the World Register.

Ms. SASAKI Ten, from Ooita Prefecture, married a Chinese named Chen (沈) and moved to China. She lived in Tongzhou at the time of the Incident. On the morning of July 29, being drawn by murmuring (“Something odd is going on in Japanese residential district”), hiding behind the shadow of her husband, she witnessed the crime.  Returning to Japan after a divorce, she was fearful of mentioning the Incident to anyone or that she had even lived in Tongzhou

After speaking with a senior monk, Shirabe Kanga, at a Buddhist Temple, she was able to open up and speak about her experience. A chronicle of her statements was published and authored by Shirabe, “The Emperor is Crying” (l997, published by Kyoiku-sha), with nearly 50 pages of commentary.

   Compared to other testimonies, Ms. Sasaki’s testimony is that of a witness, watching the atrocities as they occurred, and so, by its nature, very precious source material.

From Ms. Sasaki’s statement:

“From the house a young [Japanese] woman was dragged out. She looked like someone’s young daughter and appeared to be about 15 or 16 with fair skin. It was a [Chinese] student who dragged her out. And he stated found her hiding and dragged her out. The face of the young lady was hard with fear. Her body was violently shaking. The student who dragged her out had a smile on his face, as if he had just pulled out a kitten out from hiding… [annotated 8 lines] The student suddenly threw the girl down to the pavement, then ripped off her undergarments. The young lady screamed ‘Please help me!’ It was at that moment, one Japanese man jumped out. And as if to cover her body he threw himself onto her. He was probably her father. Then a [Chinese] militia man struck the head of this man with the butt of a rifle. A crushing sound was heard. The man’s head split open…”

 

Gruesome atrocities committed during the Tongzhou Massacre appear to be endless in Ms. Sasaki’s testimony. While horrifying, Ms. Sasaki’s testimony vividly conveys heinous acts of Chinese barbarism.

 

English translation: URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/854/

PDF:http://www.sdh-fact.com/CL/Testimony-of-Ms.-Sasaki-Ten.pdf

 

Questions are welcome.

 

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact

Phone: +81-3-3519-4366

Fax: +81-3-3519-4367

Email moteki@sdh-fact.com

URL http://www.sdh-fact.com

 

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

 

===============================================================

 

 

10) 【 NPO法人百人の会 】 蓮舫代表を東京地検へ告発

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

各位

 

市民団体「愛国女性のつどい花時計」の代表らが、二重国籍問題で民進党の蓮舫代表を東京地検へ告発することが分りました。

http://www.sankei.com/politics/news/161028/plt1610280024-n1.html

 

東京地検が告発状を受理するようであれば、その時点で蓮舫代表はアウトです。

 

事務局 木上

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

===============================================================

 

 

11) 【 NPO法人百人の会 】 第33回 軍事評論家・佐藤守の国防講座(ご案内)

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

増木様

 

いつもお世話になっております。

11月の日本兵法研究会主催イベントにつきまして貴会の皆様に紹介していただきたく、お願い申し上げます。

 

日本兵法研究会

会長 家村和幸

 

(以下、告知文)

 

国防を語らずして、日本を語るなかれ!

第33回 軍事評論家・佐藤守の国防講座

 

軍事評論家としてブログなどで活躍中の当会顧問・佐藤守が「国防」を熱く語る連続シリーズの第三十三回目です。

まもなく真珠湾攻撃による日米開戦から75周年を迎えます。今なお日本を「侵略国」と位置づけることに国家存立と人民統治の基礎を置いている中国、日本を「戦争犯罪国」と決めつけることで、日本から多くの「利益」を引き出そうとする韓国、これら近隣諸国の影響下にある政党・メディアや教育界などが「日本を貶める」ために暗躍しています。こうした歴史戦に勝つためには、歴史の「真実」を知り、粘り強くその「真実」を主張していくしかありません。

そこで、今回の国防講座は「大東亜戦争・日米開戦記念講演」として、メルマガ「甦れ美しい日本」で570回以上にわたる連載記事「大東亜戦争の真実を求めて」を掲載されている佐藤守氏が、「日本はなぜ支那事変と対米英戦争に突入したのか?」「こうした戦争は、本当に回避できなかったのか」といった疑問にお答えしながら、今までほとんど語られることがなかった歴史の「真相」について分かりやすくお話しいたします。

脱線転覆を交え、大人気の佐藤節が唸ります。どうぞご期待下さい。

 

演 題:日本はなぜ大東亜戦争に突入したのか?=今こそ、歴史戦争に勝利せよ!=

 

日 時:平成28年11月26日(土)

12:30開場、13:00開演(15:30終了予定)

場 所:靖国会館 2階 偕行の間

講 師:佐藤 守(軍事評論家、日本兵法研究会顧問、元南西航空混成団司令・空将)

参加費:1,000円(会員は500円、高校生以下無料)

お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp FAX 03-3389-6278

件名「国防講座」にてご連絡ください。

なお事前申込みがなくても当日受付けます。

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

===============================================================

 

12) 【 NPO法人百人の会 】 日本征服を狙ったアメリカのオレンジ計画

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

昭和史学習会のお知らせ

 

「日本征服を狙ったアメリカのオレンジ計画」

あの戦争は誰がはじめたのか。日本か?

緻密な資料と周到な準備で、

目から鱗をぼろぼろ落としてくださいます!

そうだったのか!昭和史の真実の核心に迫ります。

 

11月2日(水)午後2時~4時

講師 鈴木莊一 「幕末氏を見直す会」代表

  昭和23年東京笑まれ

昭和46年東京大学卒業 日本興業銀行勤務

  著書「開国の真実」「日露戦争と日本人」

  「アメリカのオレンジ計画と大正天皇」

  「アメリカの罠に嵌まった太平洋戦争」

場所 文京アカデミー向丘 一階学習室

  (文京区向丘1-20-8 ?03-3813-7801)

  東京メトロ南北線「東大前」下車エレベーター上がって目の前

会費 1,000円

主催 歴史学習会(会長滝沢晴美)電話電送045-542-9922 携帯 090-5495-3620

後援 村田春樹 090-7055-2500

事前予約不要 直接会場にお越し下さい。

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

 

===============================================================

 

13) 【 NPO法人百人の会 】 琉球新報・沖縄タイムスを糺す県民・国民の会

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

各位

転送します。

事務局 木上

 

—–Original Message—–

From: 琉球新報・沖縄タイムスを糺す県民・国民の会 mag2 0001655005 [mailto: mailmag@mag2.com]

Sent: Monday, October 31, 2016 12:30 PM

To: kingarmy88@plum.ocn.ne.jp

Subject: 「メルマガ第83号」10月31日

______________________________________

__

 

「メルマガ第83号」10月31日

 

機動隊員による「土人」発言を知った瞬間、沖縄2紙の記者は、嬉しさのあまりカ

チャーシーでも踊り狂ったのではないでしょうか。

 

そう思わせるほど、沖縄2紙の報道は、狂喜乱舞の有様でした。

 

沖縄2紙はこう判断しました。

 

≪これで来年年明けに予想される最高裁の敗訴確定に対抗できる。≫

 

≪法廷内では「確定判決には従う」と言質をとられながら、法廷外では「あらゆる手

段で辺野古阻止」などと整合性に伴わない翁長知事の発言に「民意」という信任を与

えることができる。≫

 

しかし、狂喜が失意に転落するのに時間は掛かりませんでした。

 

沖縄2紙が「市民ら」などと、あたかも一般県民であるかのように報道していた反対

派活動家が実は、機動隊員の顔面を何度も殴ったり、聞くに堪えない暴言を連発して

いる「極左暴力集団」そのものでした。

 

高江騒動を放映する「動画」が暴露してくれたのです。

 

思わぬ伏兵(動画)の反撃に、沖縄2紙の戦略は徹頭徹尾「高江の真実」を読者から

遮断することでしたが、もう一つ読者に隠蔽したいことがありました。

 

産経新聞が28日の沖縄県議会で自民党県議が「市民ら」による「暴言集」すべて公開

する予定と報道したのです。

 

県議会の質疑は議事録に記録されます。 沖縄2紙が必死になって隠蔽した反対派抗

議団の「暴言集」が県議会の議事録に記録されては、今後の翁長知事擁護の民意形成

の大きな障害になります。

 

沖縄タイムスは県議会情報で「暴言集」をスルーしてお茶を濁しました。

 

ところが、またしても伏兵が沖縄2紙の隠蔽工作を妨害してくれました。

 

「正す会」の我那覇真子代表もキャスターを務めるチャンネル桜「沖縄の声」が、県

議会で写真パネルを提示しながら、聞くに堪えない「暴言集」のすべてを公開する自

民党県議の説明を公開したのです。 貴重な記録を公開したチャンネル桜「沖縄の

声」のGJです。

 

これで沖縄2紙の読者に対する「報道しない自由」の野望は見事に打ち砕かれまし

た。

 

機動隊「土人」発言は、ある意味、沖縄の世論形成の分水嶺でした。

 

当初、カチャーシーを踊って狂喜した沖縄2紙の記者は「ネット動画」により、天国

から地獄へと突き落とされました。

 

もはや、「高江の一般市民を弾圧する強権的機動隊」と沖縄2紙が捏造報道をしても

誰も信じる者はいません。

 

ネット動画が捏造新聞に勝ったのです。

 

すでにご覧の方も多いでしょうが「拡散」のため、下記に県議会の攻防をリンクして

おきます。

 

可能な限り拡散をお願いいたします。琉球新報・沖縄タイムスを正すために・・・。

 

「激震!沖縄県議会」1.https://www.youtube.com/watch?v=5RtmgjpkHFs

「激震!沖縄県議会」2.https://www.youtube.com/watch?v=vx6mlI6yG2s

 

___________________________

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

See you next week!

___________________________

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

 

===============================================================

 

14) 【 NPO法人百人の会 】  緊迫する南シナ海情勢-ベトナム、フィリピン、そして日本-

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

<今週土曜日、拓殖大学です>

国際講演会のご案内

「緊迫する南シナ海情勢-ベトナム、フィリピン、そして日本-」

 

11月5日(土)に、南シナ海問題に関する講演会が、ベトナム外務省顧問、フィリピン下院議員が参加して行われます。下記のとおりです。皆様のご参加をお勧めする次第です。

 

平成28年11月1日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝

 

案内チラシ:http://www.sdh-fact.com/CL/20161115a.pdf

(若干予定が変わったところがあります。下記の通りです。)

 

研究講演会のご案内

 

「緊迫する南シナ海情勢-ベトナム、フィリピン、そして日本-」

 

2016年7月、ハーグ仲裁裁判所は、フィリピン政府が訴えた南シナ海問題に関し、中国が主張してきた内容を全面的に否定する判決を下しました。

しかしながら、中国政府はこの判決を紙くずと言い捨て全く受け入れようとせず、逆に南シナ海支配体制を一層強化し、東シナ海でも尖閣列島に次々と領海侵犯を繰り返しています。

私達はこの中国の覇権主義に抗し南シナ海、東シナ海の平和と法治の原則を守るために、日本そしてフィリピン、ベトナムなど関係諸国の代表を招き、今、日本と東南アジア諸国が何をなすべきかを考える研究講演会を開催いたします。

2016年10月

南シナ海問題を考える会

代 表 宮崎正弘

実行委員長 飯田康夫

*研究講演会テーマ 「緊迫する南シナ海情勢 -ベトナム、フィリピン、そして日本-」

*日時 2016年11月5日(土)午後2時

*会場 東京・拓殖大学文京キャンパスC101教室

*主催 「南シナ海問題を考える会」 代表 宮崎正弘(評論家)

*講演

産経新聞特別記者 論説委員    湯浅 博

ベトナム外務省顧問局長       ティン ホァン タン

フィリピン下院議員 ハリー・ロケ(下院野党院内副総務海洋問題専門)

*来賓挨拶

「日本の領土を守るため行動する議員連盟会長」 衆議院議員 新藤義孝

*参加費 1,000円

*事務局 03-5840-6460

 

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

 

===============================================================

 

15) 【 NPO法人百人の会 】 若い機動隊員を何度も殴りつけている

 

 

 

国民の祝祭日には、国旗を揚げましょう!

▼ここから本題デス!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼拡散、転送ヨロシク!▼▼▼

 

公明党は素晴らしい党だな! マスキ

——————————————

 

辻よしたか(大阪市会議員4期目 公明)

 

辻よしたか@ytsuji2001

https://twitter.com/ytsuji2001/status/789307375358324736

 

先ほど、反対派が若い機動隊員を何度も殴りつけている映像を見ました。

非常に理不尽。なぜ公務執行妨害に問わないのか?

暴言も暴力も許されることではありませんね。

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

=============================================================== 16)インターネット情報 題都庁公務員のずる賢さや築地業者の怒りの声 iroiro iroiro https://www.youtube.com/watch?v=FbWwaD6vRp4 ( 豊洲はもう無理。化学や医学の専門家でもない政治家や公務員、各種業者などが必死に安全性を訴えれば訴えるほど利権まみれにしか見えない。専門家達は水質汚染や地下の上昇し続ける水位による汚染物資の人体への影響などが確認できていないのに、安全と断言すること自体が間違い。こんな状況で消費者は安心して食品を購入できない。それは商売をしている人が良く解っている事。ともかく現状で安全性を主張する者達は既に賄賂を受け取ってしまっている可能性がある。巨額の建設費が掛った施設は広くばら撒かれた賄賂まみれだった可能性が高く、賄賂を既に受け取ってしまった者達は何が何でも移転しなければならないのだろ。 現時点で安全性を強調する意見には都民の健康への配慮は全くないと言わざるを得ない。)

 

************************************************

 

韓国は反日政策から用日政策に政策転換を模索する?

【韓国崩壊】韓国政府が と ん で も な い 斜め上の経済政策をブチ上げる!! ⇒ 完全に国際協定違反と判明www 世界中から訴えられ経済崩壊クル━━━━(°∀°)━━━━!!! ≪ 174 :政府による特定企業への支援を制限するWTO違反じゃね? 以前もEUと日本に、大宇造船へ資金援助が問題になってたろ。≫ http://www.news-us.jp/article/20161102-000009k.html

韓国中銀「お願い!助けて日本!! ス ワ ッ プ!!!助けろニダァァァァアア」 日本「へー。ほー。ふーん。大変ですねえ。それじゃまた」 韓国「」 http://www.news-us.jp/article/20161102-000003k.html (大使には経済協力の権限はない。銀行の支店長が融資申し込みで「ウン!」と言ったところで担当課長が「ウン」と言わなければカネが出ないのと同じ。しかしどうも日本政府のカネを韓国に既に廻 しているような匂いを感じる。利用するだけ利用して後は、仇で返すのが朝鮮人、シナ人の特徴。駅前一等地の強盗、李ラインでの日本人漁船員拿捕、竹島、国宝、産経新聞記者不当逮捕などなど、過去の心からの清算が韓国には必要。) 【韓国崩壊】平昌五輪が本当に中止クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!!パククネの親友逮捕でと ん で も な い 新展開にwww ≪ 2 :  日本の支援が無い計画が狂うwww 都知事から崩れたwww / 40 : >>2 それだろうなぁwww / 92 :  >>2  何倍にでも膨れ上がった施設建設費から賄うつもりだったのではないだろうか    今は都民の目が厳しい ≫ http://www.news-us.jp/article/20161101-000005k.html 【拡散】韓国経済の危機的状況が一発で理解できるコピペをご覧くださいwww クッソワロタwww

————————————————————————————————————————————————- http://www.news-us.jp/article/20161031-000009k.html

 

×韓進海運・・・・・倒産、輸出と物流にも悪影響 (×)サムソン・・・・・大リコール後も爆発、収益激減、株価大暴落、賠償金が利益を超える、倒産間近 (×)大韓航空・・・・・経営不振、負債比率1000%、海外空港使用料はその都度現金払い △現代商船・・・・・経営不振、危機的状況 (×)ポスコ・・・・・・高炉爆発、米対ダンピング懲罰的関税、販売不振で大赤字 (×)大宇造船・・・・・極度経営不振、作るほど損失拡大、大リストラ、倒産間近 (×)ヒュンダイ・・・・大リコール、ストで大規模損失、販売不振、輸出大幅減 △ロッテ・・・・・・不正経理脱税で血祭り状態 △ゴルフ場飲食業・・・接待規制法の影響で売上大幅減少 (×)K-girl派遣事業・・・米国にて大量逮捕者、入国審査厳格化 ×慰安婦ビジネス・・・終了 ×ステマ韓流ビジネス・・・終了 ○ウリナラカルト宗教・・・・資産収益あり ◎ザイニチ/海外組資産・・・有望資産←←←←←←←←注目度No.1 (×)韓国政府・・・末期的財政赤字、深刻な外貨不足、デフォルト間近 オマケ:従軍売春婦ビジネスの後継謝罪賠償ビジネス 「わさびクレーム」「キムチョン乗車券クレーム」 「外国人アナウンスクレーム」「道頓堀回し蹴りクレーム」「チョコ異物クレーム」「韓国語クレーム」 ————————————————————————————————————————————————- 【緊急速報】韓国が国家非常事態に突入か!!!? 反政府デモの規模が ヤ バ す ぎる!!!【画像あり】 http://www.news-us.jp/article/20161030-000003k.html 【韓国崩壊】パククネの「陰の実力者」がついに海外逃亡www国家存亡危機で軍事クーデター勃発クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!! http://www.news-us.jp/article/20161030-000008k.html 【韓国発狂】世界中の韓国人が「韓国は恥ずかしい国」と思い始めたぞwww愛国心が粉々に破壊されててワロタwww http://www.news-us.jp/article/20161030-000002k.html (反日から用日に政策転換する為に、すべてをパク・クネの責任にしようと言うのでは?国家存亡の危機を迎え、日本を利用する為に反日を是正するつもりだろう。)

************************************************

 

 

 

 

 

【百田尚樹】根深き土人問題…拡散して欲しい基地外プロ市民の動画!! #石平 ※説明欄に動画有り https://www.youtube.com/watch?v=qKIGeIeiROc

https://www.youtube.com/watch?v=49BcAFjoxLI

 

【在日発狂】国税局がプロ土人団体へ強制捜査!!!土人団体が溜め込んでる6億円の資金の洗い出しへwwww ついに中韓とサヨク団体の関係 http://asianews2ch.jp/archives/49895207.html 【超速報】 蓮舫、台湾総統選で投票していた事が発覚キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 裏が取れたら日本国籍消滅と公選法違反で逮捕確定!!! 2ch「あーあww」「これ本当にやばい奴やん」 http://asianews2ch.jp/archives/49894507.html 【シ〇ア】でペン〇ゴンとCIAが敵対関係になって戦っている理由。 https://www.youtube.com/watch?v=IsNLi3PGnls ( アメリカ内部が一枚岩でない事は正しいし、述べられていることは概ね正しいと思う。ただ、近年はCIA内部でユダヤ排除が進んでいると言う情報がある。オバマは明らかに金融ユダヤ、シナ、コリア連合と戦っている。ヒラリーも金融ユダヤとつるんでいる一方で、オバマと一緒に国民皆保険を進めようとしている。アメリカに限らず何処の国も内情は複雑怪奇。オバマはマネーロンリング対策を強力に進める一方で、8年の在任中に中国に好き勝手の振る舞わさせ、東シナ海ガス田、南沙諸島で軍事基地を造らせてしまい、国防総省と大喧嘩と言う情報もある。しかしオバマ政権の終わりを告げようとしているので、先ずは台湾から大激変が始まる予定。台湾の大激変は中国崩壊へ繋がる髙い可能性がある。)

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください