A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

従軍慰安婦問題の解決についてのアメリカの見解     -栗原茂男

 

 

1) シナの歪んだ対日観

2) 従軍慰安婦問題の解決についてのアメリカの見解

3) 読者からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

1) シナの歪んだ対日観

 

*****************************************************************************************

【 Searchina 】 なぜ日本は・・・?正式に発足したAIIB、日本不参加の理由は米国が不参加だから

  2016-01-05

http://m.biz.searchina.net/id/1598807

*****************************************************************************************

 

 

日本がAIIBに参加を見送ったのはAIIBがまともな金融事業を行う銀行とは見なかったから。

アメリカの対中戦略は日本にとっても戦略目標が同じ。しかし嫌だと突っぱねれば突っぱねられる。

 

日本より国力がずっと劣る韓国でさえアメリカの意に反してAIIBに参加した。

韓国が参加したのは古来から中国の属国意識があり、現代でも経済関係が深い。

 

日本から見ていて、参加するだろうと思っていたらやっぱり参加したと言う感じ。

 

 

 日本から見ていると、中国主導のAIIBは世銀、アジア開銀の他に別の銀行を創る積極的理由は見当たらない。

見当たるのは経済的に窮地に陥っている中国が余剰生産物の捌け口に利用するのと、世界制覇の夢を重ねて無理無理に始めた事業でしかない。

 

欧州諸国が参加したのは欧州諸国が日本や米国ほど中国情報が豊富でなく、質量で劣っているからに思える。

欧州の中華幻想は思い込みが強く、中国はまだまだ経済は安定した高度成長をすると思っている。

 

AIIBの融資の決定権を中国が握りるから融資を受ける側は中国の意向のみを考慮する。

 

実際にカネを貸す場面を想像すると、貸し倒れの危険性が高くてまともな金融機関から相手にされない金詰りの国に融資する際に闇金業者が高利で貸し、返せなくなると全て乗っ取る。

乗っ取る際の財産の評価は闇金業者の言いなりで買い叩かれる。

 

国際金融暴力団が経済学を学んだエコノミック・ヒットマン( https://www.youtube.com/watch?v=v8Xsz62O-fU )を使って

途上国政府に世銀のカネを融資させて、途上国が払えなくなると債務不履行宣言で、IMFが乗り出して様々な有力資源を叩き売りさせ、インフラも叩き売りさせる。

 

そしてそれらを国際金融暴力団が独占的に買収する。勿論格安で。

ロシアでもエリツイン時代にそれをやりオルガルヒと言うユダヤ人グループがロシアの油田を支配したが、プーチンが出てきて全員逮捕してロシア政府が彼らの手から油断を取り戻した。

 

中国がAIIBでやろうとしているのは国際金暴力団と同じ事の様に見える。

所詮「中華人民共和国」と言うのは国家を名乗っていても東アジアの広域暴力団に過ぎない。そう見える。

 

 それにしても中国はAIIBを成功させようと必死のようで、日本をまだ誘い込もうとしている。

AIIBに参加することが日本の為であるかのように述べているのが痛々しい。

 

道義感が乏しく、打算の塊の中国が日本の為であるかのように言っても、もう誰も信用しないだろう。

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

2) 従軍慰安婦問題の解決についてのアメリカの見解

 

 

 

 

 大使館の発表は本国政府の公式発表だから本国政府の公式見解となる。

米国大使館の公表するホームページで、ケリー国務長官及びスーザン・ライス大統領補佐官(国家安全保障担当)が『 日本および韓国政府が「最終的かつ不可逆的に」取り組む合意に達し 』 と述べている。

 

『 第2次世界大戦中の「従軍慰安婦」の悲惨な処遇について 』 と記述してあり、売春婦については括弧付けで「従軍慰安婦」になっている。

括弧付けは真偽が怪しい場合、とりあえず、使われている表現を使用する場合の表現方法だ。

 

朝鮮人売春婦は自ら進んで商売をしていたにしても、日本やアメリカの文化では売春婦になると言う事は気の毒と言う事になるから「悲惨な処遇」との表現になるのは当然だ。

但し彼女たちの文化では売春婦は悲惨な職業ではないようで、現代でも韓国は売春大国であるかの様に伝えられている。

 

 

 いずれにしても「最終的かつ不可逆的に」と述べているから、もうこの問題は蒸し返すのを止めようと間に入ったアメリカ政府も述べているのだから、韓国政府は責任を持って問題を収束させなければならない。

アメリカにとって、日米同盟は様々な観点から死活的に重要なはずで、韓国は日本をシナやロシアから守る為に重要。

だからアメリカとしては韓国による対日因縁付けを放置できなくなったのだろう。

 

 海外ではまだまだ「従軍慰安婦」の捏造話が流布しているようだが、それは日本政府内のコリアンジャパニーズの暗躍が捏造話の拡散に後押ししてきたからだが、アメリカ政府が捏造話を鵜呑みにしなかった事で、時と共に世界的規模で濡れ衣汚名は払拭されて行く事だろう。

勿論、純日本人の努力も当然必要で、日本の中のコリアン暴きを吸いしなければならない。

彼らが日本人を偽装して捏造歴史を世界に拡散しているのだから。

 

偽装日本人、日本人仮面は左翼とは限らない。「保守」にもかなり沢山潜り込んでいて、彼らが在日認定、コリアン暴きの邪魔をする事も頭に入れて置かねばならない。

 

 

———————————————————————————————————————————-

 

 

U.S. Information Alert

 

最新の米国政策情報

 

 

 

1/5/2016

アメリカンセンターJapan アメリカンセンター・レファレンス資料室

 

従軍慰安婦問題に関する日韓合意を歓迎

 

従軍慰安婦問題の解決に関するケリー国務長官の声明

 

*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

 

2015年12月28

http://japanese.japan.usembassy.gov/j/p/tpj-20151229-02.html

 

 

 米国は、「従軍慰安婦」という長年にわたる微妙な歴史問題に関し、日本および韓国政府が合意に達したとする本日の発表を歓迎する。両国はこの合意の実施により、この問題を「最終的かつ不可逆的に」解決することを明確にした。我々は、この合意が癒しを促進し、米国にとって最も重要な2つの同盟国の関係改善に資することを確信する。米国は、この合意に達するための勇気とビジョンを持った日韓両国の指導者をたたえ、国際社会にこの合意を支持するよう求める。米国は、我々の経済関係および安全保障面での協力の促進のほか、地域および国際的な問題について引き続き両国と協力して取り組むことを期待する。

 

 

Resolution of the Comfort Women Issu

http://www.state.gov/secretary/remarks/2015/12/250874.htm

 

Press StatementJohn Kerry

Secretary of State

Washington, DC

December 28, 2015

We welcome today’s announcement by the Governments of Japan and the Republic of Korea that they have reached an agreement regarding the sensitive historical legacy issue of “comfort women.” They have made clear that by implementing this agreement they will “finally and irreversibly” resolve this issue. We believe this agreement will promote healing and help to improve relations between two of the United States’ most important allies. We applaud the leaders of Japan and the Republic of Korea for having the courage and vision to reach this agreement, and we call on the international community to support it. We look forward to continuing to work with both countries on regional and global issues, including advancing our economic ties and security cooperation.

 

 

 

 

 

「従軍慰安婦」に関する韓国と日本の合意についてのスーザン・ライス大統領補佐官(国家安全保障担当)の声明

 

*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

 

ホワイトハウス報道官室

 

2015年12月28

http://japanese.japan.usembassy.gov/j/p/tpj-20151229-03.html

 

 米国は、第2次世界大戦中の「従軍慰安婦」の悲惨な処遇について、日本および韓国政府が「最終的かつ不可逆的に」取り組む合意に達し、これを明確にしたことをたたえる。我々は、この合意およびその完全な実施を支持し、この包括的解決が、国際社会が歓迎すべき癒しと和解の重要な意思表示であると確信する。

 

 米国は、最も重要な2つの同盟国である日韓両国の指導者が、この困難な問題について恒久的な解決に至るための勇気とビジョンを持っていることを称賛する。我々は、相互利益および共通の価値観に基づき、広範に及ぶ地域ならびに国際的な問題において両国との協力関係を深めるとともに、安全保障での3カ国間の連携を推進することを期待している。

 

 

 

The White House

Office of the Press Secretary

For Immediate Release December 28, 2015

 

Statement by National Security Advisor Susan E. Rice on the Republic of Korea-Japan Agreement on “Comfort Women”

https://www.whitehouse.gov/the-press-office/2015/12/28/statement-national-security-advisor-susan-e-rice-republic-korea-japan

 

 

The United States congratulates the Governments of Japan and the Republic of Korea on reaching an agreement, which they have made clear “finally and irreversibly” addresses the tragic treatment of “comfort women” during World War II.  We support this agreement and its full implementation, and believe this comprehensive resolution is an important gesture of healing and reconciliation that should be welcomed by the international community.

 

The United States applauds the leaders of the ROK and Japan, two of our most important allies, for having the courage and vision to forge a lasting settlement to this difficult issue. We look forward to deepening our work with both nations on a wide range of regional and global issues, on the basis of mutual interests and shared values, as well as to advancing trilateral security cooperation.

 

 

 

===============================================================

 

 

 

3) 読者からの情報

 

 

独ケルン、大みそかに集団性犯罪 中東や北アフリカ出身者か

http://news.livedoor.com/article/detail/11028429/

( 欧州の移民問題を創りだしているのはシオニスト。欧州を多民族国家化して、シオニストが社会の最上部に居座ろうと言う戦略。シオニストにとっては欧州社会の混乱が必要。純欧州人にとってはたまったものではないだろう。しかし日本も多民族国家化を狙われている。移民は知的水準の髙い人、反日の気持ちを心底に持たない人、日本文化を受け入れる人に限るなら、少しづつ受け入れるのも良い。しかし現実は反日人間が日本国籍を取得した反日民族の手引きで続々と日本国籍を取得している。反日民族による犯罪やテロ対策の為に政府自治体がどれほど金を使っているのか政府が調査をして、国民に公表するべきである。)

 

 

 

参院選公認候補「オープンエントリー」プロジェクト2016 | 選挙情報 | 自由民主党

https://www.jimin.jp/election/results/sen_san24/openentry/ 

 

 

 

【サウジ・イラン断交】作家・元外務省主任分析官、佐藤優氏「第三次世界大戦に発展の恐れも」(1/3ページ) – 産経ニュース

http://www.sankei.com/world/news/160104/wor1601040039-n1.html

( シリア、ISの分析は人様々だが、ISの一番の標的になりそうなイスラエルが標的になっていない。イスラエルと深い仲の中国もあれほど悪辣なイスラム弾圧をしているのに標的になっていない。シリア問題はアメリカが乗り込んでも複雑すぎて解決できるとは思えないし、アメリカは高見の見物をしているしかないだろう。それに予算コントロール法があり、軍事費に制限が掛っているから恐らく東アジアで手が一杯ではないだろうか。)

 

 

 

NYダウ急落 一時400ドル超安(2016年1月5日(火)掲載) – Yahoo!ニュース

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6186437

( 中国経済の破綻が刻一刻と近づいている印象があり、よけい国内の纏まった資本が海外に流出するのではないだろうか。アメリカは利子率はほとんどゼロ金利でFRBの景気対策は量的緩和しかないが一昨年の10月で量的緩和を止めてしまっている処へもって、金利を引き上げると言っている。でも本当に出来るか?事情が変わってしまった。ロシアも中国同様、連邦崩壊まで行くかもしれない。それほど状況は悪い。ドイツ一人勝ちの欧州もそもそも良くない。アジア経済は好調でも中国が破綻すると大きな悪影響があるだろう。日本も当然、影響を受ける。日本政府は現在の日本経済は絶好調で人手不足なので景気対策を行わないと言っているから、もし景気が悪いとなると景気対策をする事だろう。日本については全体としてはあまり心配する必要はない。心配する企業は中国にのめり込み過ぎている会社。)

 

 

中国「株暴落」の次は「銀行破綻」か http://www.jiji.com/jc/foresight?p=foresight_15201

 

 

NYダウ急落 一時400ドル超安(2016年1月5日(火)掲載) – Yahoo!ニュース

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6186437

 

【韓国発狂】安倍首相「おい韓国。3月末に本当に日米韓で調印式やるからな!それまでに国内の世論を押さえ込めないならレッドチーム行きな」 韓国「」 http://www.news-us.jp/article/432119893.html

 

【速報】韓国政府、さっそく合意事項を破棄キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!! あーあアメリカ激おこ確定だなwww http://www.news-us.jp/article/432120291.html

 

 

【速報】韓国政府、さっそく合意事項を破棄キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!! あーあアメリカ激おこ確定だなwww http://www.news-us.jp/article/432120291.html

 

 

 

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください