2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

ギリシャと日本を混同する頓珍漢な財政債権論     -栗原茂男

1) 中国は典型的な中進国のわなに陥った
2) ギリシャと日本を混同する頓珍漢な財政債権論
3) 【 NPO法人百人の会 】 ウオー・ギルト・インフォメーション・プログラム講演会のお知らせ
4) SDHF Newsletter specialウオー・ギルト・インフォメーション・プログラム
5) イランの核開発問題を巡る協議でイランと欧米側が合意
6) 海外「まだ言ってるのか…」 NYT紙 日本に謝罪を求める社説に海外から怒りの声
7) 読者からの情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 中国は典型的な中進国のわなに陥った

****************************************************************************************
中国の貿易総額、今年上半期は政府目標に遠く及ばず
http://www.epochtimes.jp/jp/2015/07/html/d16469.html
2015年上半期(1~6月期)の輸出と輸入の額を合わせた貿易総額は前年比6.9パーセント下落し、11兆5300億元(約226兆円)だった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1月の中国輸出入減少、対日輸出20.5%減
http://www.epochtimes.jp/jp/2015/02/html/d87421.html
****************************************************************************************

≪ 中国税関総署・黄頌平報道官 ; 人民元の強さによる輸入額の衰えが貿易取引の成長を妨げている ~ ≫
この人何を言ってるのだろう?自国通貨が高くなると輸入は増えるもの。

≪ 海関総署の6月の発表では、中国の輸入額は8カ月連続で落ち込み、前年同月比で6.7パーセント減の8906億7000万元(17兆4400億円)だった ≫ はかなり深刻である。
通貨が高くなると輸入が増えなければならないが、▲6,7% とは驚きである。

対日貿易はこれからますます減少するのではないだろうか。
日本では中国へ投資をすると利益が出ても中国の外には出せないと言う印象が強くあって、それは中国自身が種を撒いた結果である。
事業の世界で一度信用を失うと取り戻すことは難しい。

又、日本経済が外国侵略勢力によって縮小させ続けられた事で、優秀な人材が定年退職後の再就職先に中国や韓国に引き抜かれると言う話をしばしば聞く。
特に中国の場合、例えば年棒が2千万円の約束しても理由を付けられて大幅に差し引かれ、半分しかもらえないと言う話も聞く。
それどころか履歴書を出せと言う言い方で、退職まで居た会社の技術情報を全て盗ませるとも聞いている。

これらの情報は私が複数の人達から聞いた情報で、定着した悪いイメージを払拭するのは容易ではない。
そういう情報があるとするなら、中国政府は自ら調査することが賢明だろう。

中国の印象はやることが丸っきり暴力団であり、それも国家ぐるみだから、「中華人民共和国」と言うのは東アジアの広域暴力団と言うべきだろう。

現在の流れの行く末を想像すると、中国には日本の事業家からの投資は期待出来ないだろう。儲かっても利益を持ち帰れないし、技術は盗まれる。
ウッカリ合弁なんかしようものなら、技術をパクられ、第三国で低賃金の競争相手として登場される。
もう関わらない方が良いとなるし、既になっている。

中国は貯蓄より証券投資を選好するとか、製造業より金融や不動産が盛んとかアメリカ的で、しかし技術力は低く製造業の国際競争力は弱い。
日本からの技術の盗み出しが困難になる中で、上記の傾向であるから中国経済は縮小へ向かうであろう。

人民解放軍は環境破壊、積年の原爆実験による放射能汚染、水不足でもって国家破滅の危機感を抱いているがそこへもって経済苦が待ち受けている。

もう中国政府消滅後を想定してシミュレーションをしておく必要がある。多分アメリカあたりはとっくにやっていると思うが。
チベット、ウイグルの独立は当然として、南モンゴル、満州も独立させなければならない。

それら各民族の独立は、中国との間に長い国境線を抱え、膨大な数の軍隊を配備し続けてきたのが、緩衝国が出来る事でロシアにとっては物怪の幸いのはずである。

===============================================================

2) ギリシャと日本を混同する頓珍漢な財政債権論

****************************************************************************************
ニューズウィーク日本版

財政再建はなぜ必要か──日本がギリシャにならないために。
【小幡績】 国債市場の危機を避けるには国債発行額を減らす、つまり財政赤字を減らすしかない
2015年7月13日(月)20時55分
http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2015/07/post-3767_1.php
http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2015/07/post-3767_2.php
http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2015/07/post-3767_3.php
****************************************************************************************

如何して、こうも出鱈目な意見がでてくるのだろうか。本質的に新自由主義の囲いの中から抜け出せないようだ。
ギリシャの問題はEU全体が経済の縮小傾向があり、EUを一つの国と見立てると、国の中の弱い部分にしわ寄せがくる。
だからEU全体の方針が経済を大きくしようと言う意志が変わらないなら離脱した方が良いのである。

全体を縮小させる中でのドイツの一人勝ちはギリシャを経済破綻へ追い込む。

日本とギリシャを同じ土俵に載せて論じることが如何に出鱈目である事筆者は理解できないのであろうか。
ギリシャは経常収支が赤字である。対して日本は黒字である。しかも外貨準備は1兆2千億ドルもある。

対外純債権に至っては財務省資料によると昨年末は366兆8,560億円もある。とんでもない巨額で世界でダントツ一位である。

従って財政赤字は日本国内でのカネの貸し借りの問題で、国際レベルの話とは土俵が違う。

日本政府が累積赤字が増えると国債が消化できないと言う主張をしばしば聞くが嘘である。日銀が買えば良いのである。
財政法では日銀の国債直接引き受けは原則禁止だが、国会の議決を経れば良い事になっている。
( ※ 第五条  すべて、公債の発行については、日本銀行にこれを引き受けさせ、又、借入金の借入については、日本銀行からこれを借り入れてはならない。但し、特別の事由がある場合において、国会の議決を経た金額の範囲内では、この限りでない。 )

直接引き受けではなくて、一旦市中銀行に売って日銀が買う事は違反ではないと言う判断をされている。
小泉政権ではアメリカの対イラク戦争と復興事業の為の資金提供で、日銀⇒市中銀行と言う手を使っている。

実際、日本経済の規模からは通貨発行量は30兆円くらいが適正なのに日銀の直近の資料では6月末残高で325兆477億円も発行されている。
だからなんだ?となる。

記事では国債の利子を云々しているが、日銀の利子は大半が日本政府の懐に入ることに法律で決まっている。
( ※ 日銀法題五十三条の5 日本銀行は、各事業年度の損益計算上の剰余金の額から、第一項又は第二項の規定により積み立てた金額及び前項の規定による配当の金額の合計額を控除した残額を、当該各事業年度終了後二月以内に、国庫に納付しなければならない。 )

日本政府は自分で利子を支払って自分で受け取る訳である。

なんでそんな仕組みにするのか? 政府は日本の通貨発行を一御用商人に一手に任せるのか?
訳のわから無い仕組みになっている。

国際金融暴力団の手先の者達は一応屁理屈は述べる。それは通貨発行を政府に任せるとポピュリズムになる、である。
ならば、一介の御用商人に任せれば、外国の勢力と組んで日本経済にダメージを与えるようなことしないのか?

これまでの日銀のやってきた事を眺めれば、それが嘘であることが解る。

財政権は経済拡大することでしか成し得ない。
売り上げが減少して経営難の会社は経費節減、営業費節減、仕入れ削減では対応できない。

記事の様な緊縮財政だとスパイラルデフレへと導く。それで喜ぶのは日本の不動産、株、技術を奪おうとする勢力だ。
件の論述はそんな事も解らない出鱈目な論。

そもそも通貨発行を一介の御用商人に任せるのは止めて政府が発行するべきだ。

===============================================================

3) 【 NPO法人百人の会 】 ウオー・ギルト・インフォメーション・プログラム講演会のお知らせ

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【7月18日】(WGIP)ウオー・ギルト・インフォメーション・プログラム講演会のお知らせ

今週の土曜日(7月18日)、下記の講演会、シンポジウムが池袋で行われます。私も、シンポジウムに参加し、披見を述べ、進行役を努めます。
急なご案内ですが、ご興味のある方のご来場をお待ちしております。

平成27年7月15日「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝

【<歴史・公民>東京塾・第28回研修会】
~新版・新しい歴史教科書(自由社版)、出版記念~
<戦後七十年 未だGHQの呪縛から醒めぬ日本、その根源に今、迫る!>

<場 所> : 豊島区医師会館(池袋西口徒歩5分、東京芸術劇場前大通り反
対側、「ローソン」の横道を入って突き当たり)
TEL03-3986-2321 http://www.tsm.tokyo.med.or.jp/map/index.html
<日 時> ; 平成27年7月18日(土)午後1時00分~5時15分

1)研修会連続講座(PM1:00~1:30)質疑(5分)
「喫茶の伝統」その4
講師・石川陽子(日本の伝統と文化を語る集い)

2)講 演 ? (PM1:40~2:40)
「日本人を狂わせた洗脳工作 いまなお続く占領軍の心理作戦」
~WGIP=War Guilt Information Program(戦争罪悪感を日本人の
心に植え付ける宣伝計画)の証拠文書を発堀!~
講師・ 関野通夫(近現代史研究家)
―――――休憩(15分)―――――
3)講 演 ? (PM2:55~3:55)
「『検閲』に観るマッカーサ―の素顔とその占領史観」
~米国人が「戦後レジームからの脱却」を支持するには~
講師・ 細谷 清(近現代史研究家)

4)鼎 談 (PM4:00~5:00)質疑(15分)
「GHQの日本人を狂わせた洗脳工作、その総てを徹底検証する!」
語り手・関野通夫、細谷 清、茂木弘道(「史実を世界に発信する会」事務局長)

【懇親会】 PM5:30~7:30 同会館にて
※ 研修会は、¥1,500- 予約優先で先着90名様迄
※ 懇親会は、¥3,500-で30名様予約制

<主 催> : ≪日本の伝統と文化を語る集い≫
<企画・運営>:「新しい歴史教科書をつくる会」東京支部
<連絡先・島崎 宛>TEL;080-6722-5670 FAX;03-3660-5672
MAIL;simazaki@rondo.plala.or.jp

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

【発信責任者】
『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫
〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F
TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

===============================================================

4) SDHF Newsletter specialウオー・ギルト・インフォメーション・プログラム

ウオー・ギルト・インフォメーション・プログラム
(WGIP)
講演会のお知らせ
栗原茂男 様
今週の土曜日(7月18日)、下記の講演会、シンポジウムが池袋で行われます。私も、シンポジウムに参加し、披見を述べ、進行役を努めます。
急なご案内ですが、ご興味のある方のご来場をお待ちしております。

平成27年7月15日「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝

【<歴史・公民>東京塾・第28回研修会】
~新版・新しい歴史教科書(自由社版)、出版記念~
<戦後七十年 未だGHQの呪縛から醒めぬ日本、その根源に今、迫る!>

<場 所> : 豊島区医師会館(池袋西口徒歩5分、東京芸術劇場前大通り反
対側、「ローソン」の横道を入って突き当たり)
TEL03-3986-2321 http://www.tsm.tokyo.med.or.jp/map/index.html
<日 時> ; 平成27年7月18日(土)午後1時00分~5時15分

1)研修会連続講座(PM1:00~1:30)質疑(5分)
「喫茶の伝統」その4
講師・石川陽子(日本の伝統と文化を語る集い)

2)講  演 Ⅰ (PM1:40~2:40)
「日本人を狂わせた洗脳工作 いまなお続く占領軍の心理作戦」
~WGIP=War Guilt Information Program(戦争罪悪感を日本人の
心に植え付ける宣伝計画)の証拠文書を発堀!~
講師・ 関野通夫(近現代史研究家)
―――――休憩(15分)―――――
3)講  演 Ⅱ (PM2:55~3:55)
「『検閲』に観るマッカーサ―の素顔とその占領史観」
~米国人が「戦後レジームからの脱却」を支持するには~
講師・ 細谷 清(近現代史研究家)

4)鼎  談   (PM4:00~5:00)質疑(15分)
「GHQの日本人を狂わせた洗脳工作、その総てを徹底検証する!」
語り手・関野通夫、細谷 清、茂木弘道(「史実を世界に発信する会」事務局長)

【懇親会】  PM5:30~7:30 同会館にて
※ 研修会は、¥1,500- 予約優先で先着90名様迄
※ 懇親会は、¥3,500-で30名様予約制

<主  催> : ≪日本の伝統と文化を語る集い≫
<企画・運営>:「新しい歴史教科書をつくる会」東京支部
<連絡先・島崎 宛>TEL;080-6722-5670 FAX;03-3660-5672
MAIL;simazaki@rondo.plala.or.jp

===============================================================

5) イランの核開発問題を巡る協議でイランと欧米側が合意

イランとアメリカの敵対関係が好転するかもしれない。
両国の敵対関係の間隙を縫うようにして中国がイランに付かづいた。もうずいぶん前からである。

何がどうしてそうなったのか、拗れたのかが随分古い話で、良く解らない。パーレビ国王の1970年代は米国とは仲が良かった。
しかしパーレビ国王が革命で追放されてホメイニ師が出てきてから米国との関係がギクシャクし始めた。

イラン人は大半がペルシャ人で、自分たちはヨーロッパと同じアーリアン民族だと主張し、アラブ民族とは違うと言っている。
イラン人の男はイタリア人の男と似ている、イランの北の方はロシア人みたいに青い目の人が居るとか、欧州との近さを強調する。

地政学的には非常に重要な位置を占めるし、国際社会はイランとは上手く付き合わねばならない。

U.S. Information Alert

最新の米国政策情報

7/15/2015
アメリカンセンターJapan
アメリカンセンター・レファレンス資料室
イランの核協議合意

イランの核開発問題を巡る協議で7月14日にイランと欧米側が合意に達したことを受けて、オバマ大統領は声明を発表し、この合意がより安全で希望に満ちた世界を追求する一章となるものだと評価しました。

オバマ大統領のイラン核協議合意に関する声明
Statement by the President on Iran
The White House, July 14, 2015
https://www.whitehouse.gov/the-press-office/2015/07/14/statement-president-iran

ホワイトハウスの特別サイト
A Historic Deal to Prevent Iran from Acquiring a Nuclear Weapon
The White House
https://www.whitehouse.gov/issues/foreign-policy/iran-deal

イラン核協議合意に関するケリー国務長官のウィーンでの記者会見は、以下のサイトでご覧いただけます。
Press Availability on Nuclear Deal with Iran
John Kerry, Secretary of State
U.S. Department of State, July 14, 2015
http://www.state.gov/secretary/remarks/2015/07/244885.htm

◎ 過去に配信された”U.S. Information Alert”(最新の米国政策情報)は、こちらのページをご覧ください。

◎ お知らせした情報で、米国政府の公式サイト以外で提示されている記述や内容は、米国政府の政策や見解を必ずしも反映したものではありません。

◎ この情報はお役に立ちましたでしょうか。皆様からのフィードバックをお待ちしております。ご意見やご質問はオンライン質問箱からお願いいたします。お電話でのお問い合わせは、こちらのページでご確認ください。

===============================================================

6) 海外「まだ言ってるのか…」 NYT紙 日本に謝罪を求める社説に海外から怒りの声

ニューヨークタイムスはシナ人の資本が入って、シナ人の為の宣伝の道具になっている。

——————————————————————————————————————————————–
海外「まだ言ってるのか…」 NYT紙 日本に謝罪を求める社説に海外から怒りの声
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-1518.html

今回はニューヨーク・タイムズ紙の「「安倍晋三と日本の歴史」という20日付の社説から。

4月26日から5月3日にかけて、アメリカを訪問する安倍首相。
4月29日には、日本の首相としては初となる上下両院合同会議での演説を行う予定で、戦後70年を迎えるなか、どのような発言がされるのか国内外から注目されています。

ニューヨーク・タイムズ紙は、安倍首相のアメリカ訪問の成功を、「安倍首相がいかに誠実に歴史と向き合うかにかかっている」と指摘。
「戦時中に残虐行為を行い、多くの女性に性奴隷or従軍慰安婦の役割を強要した」事に、正面から向き合うことの重要性を説いています。

この社説を掲載したニューヨーク・タイムズ紙のフェイスブックのページには、特にアメリカ人から、非難の声が多数寄せられていました。

海外「衝撃を受けた」 『大東亜戦争の真実』に外国人から賛否両論

PMAbe presitentObama

翻訳元

■ 大局的に見たらかなりどうでもいいことだね。
日本は憲法改正に取り組み、攻撃も可能な軍隊を作ろうとしてる。
それは主に、今後起こり得る中国の侵略からセンカク諸島を守るためだ。
あとは中国が一方的に設けてきた防空識別圏や、 スプラトリー諸島(南沙諸島)の埋め立て行為を思い留まらせるためでもある。
日本が防衛面でより大きな役割を担おうとしていることを、 アメリカは喜ぶべきだと俺は思うけどね。 +2 アメリカ

■ 日本がアメリカの意向通り動いてくれて、 中国をちょいちょい挑発してくれてる限り、 アメリカは過去のことなんか気にしないさ。 国籍不明

■ もうニューヨーク・タイムズのツイッターフォローするのやめたわ……。 +1 アメリカ

■ 「ガラスの家に住む者は石を投げてはならない」 +17 アメリカ

(※誰にでも過ちはあるのだから、他人をむやみに非難してはならない)

■ アメリカが過去のことで他国に教訓を与えるとか……。 セルビア

■ まだ言ってるのか……。いい加減に過去を乗り越えてみろっつーの。 +1 アメリカ

■ アジアにおける謝罪の重さって、ほとんどの人には分からないかも。
どうせ上辺だけのパフォーマンスなんだからって思うかもしれないね。
でもさ、一方の国の謝罪が問題にされている限り、関係の正常化なんかあり得ないと思うんだよね。 +17 アメリカ

■ 何でこんなことを今問題として取り上げるんだ?? アメリカ

■ 75年前のことだ。もういいよ。もういい。
ニューヨーク・タイムズはいつも火を付けて回るようなことや、他の人種に対する攻撃ばかりしているイメージだ……。 +1 アメリカ

海外「70年も経ってるのに…」 メルケル首相の歴史認識を巡る発言が海外で波紋

■ とりあえずさ、日本に責任があるとされている問題に対して、アメリカに何の関係があるんでしょうか? アメリカ

■ 日本なんか放っておけよ。
日本が世界の大国になることはない。もう二度とな。
日本人はアメリカを憎んでるし、距離をおいた方がいい。 アメリカ

■ 日本は過去に戦争犯罪を犯した国とはまったく違う国になってる。
もちろん過去にあったことを忘れてはならない。
しかしながら、過去は過去であるということ、そして責任がある人間はすでに亡くなっていることを認識しなくては。
一部の人間がやった犯罪に対して国全体が責任を負うだなんて、あまりにも馬鹿げてる話じゃないか。 +16 アメリカ

■ アメリカはどうこう言えた立場じゃないと私は思います。 国籍不明

■ 個人的にはこの記事に賛同できないや……。 +1 アメリカ

■ えっ、ちょっと待って。俺たちって謝って欲しかったの?
アメリカも日系アメリカ人を収容所に押し込んでなかった? アメリカ

海外「アメリカの歴史の汚点」 日系人強制収容の歴史に米国人悲痛

■ ベトナムでの蛮行に関してはどうお考えなんでしょうか? スペイン語圏

■ 「君たちは戦時中に犯罪を犯した」
ねぇ、俺たちは日本に対して本当にそんなことが言えるの? +1 アメリカ

■ どうして250年しか歴史を持たないような国が、 世界各地で親ヅラしようとするんだろうか。 +24 アメリカ

■ 日本は神を信じない国だから仕方がない。 国籍不明

外国人「日本人の宗教観は理想的」 日本人の宗教観に海外から様々な声

■ アメリカが日本の都市を無差別に爆撃した事は犯罪じゃないと? +2 アメリカ

■ アメリカの新聞が戦争に関する日本の倫理に疑問を抱くのか。
これは素晴らしい皮肉だな。 インド

■ 70年前に起こったことを誰が気にするんだ?
現在、そして未来の米日の関係に何の関係がある?
ニューヨーク・タイムズ、やらかしたな。 アメリカ

■ じゃあアメリカも、ドイツと日本で一般市民を爆撃した罪と向きあおうか。
あとベトナムでも多くの人の命を奪ったよね。
枯れ葉剤やナパーム弾による後遺症に苦しむ人だって大勢いる……。
アメリカさんはずいぶん狭量ですねぇ。 +5 コロンビア

■ 奴隷制度に対して、1発どころか2発も日本の一般市民に原爆を落とした事に対して、その他もろもろの悪事に対して、アメリカが謝るのはいつなんだろ?
俺たちに比べたら、日本は聖人君子みたいなもんだよ。 +7 アメリカ

■ いや、アメリカに来て謝る必要はない。マジで関係ない。 アメリカ

■ 間違ったことをしたなら、謝ったほうがいいでしょ……。
何でそんなに謝るのが難しいのかが分からない!
変なプライドは、どんな関係をも引き裂くことになるよ。 アメリカ

■ ヒロシマとナガサキに原爆を落としたアメリカの責任は? +7 パキスタン

■ これまでのシンゾウ・アベの政治活動から判断するに、過去の戦争犯罪に対して謝罪するくらいなら、放射能まみれのスシを食べるほうがまだマシって思ってそうだけど。 +62 国籍不明

■ アメリカはこれまで、特に弱者に対して世界中で恥ずべき行為をやってきたし、これからも、変わらずにやっていくだろうと個人的に思ってる。
そんな国が、70年前の事で他国を非難するだって?
もし俺がアベ首相なら、戦時中にアメリカがやったことに対して、説明と謝罪を求めるだろうな。 +37 アメリカ

■ 残念ね。過去の過ちを否定する国は、前に進むことが出来ないと私は思う。
いつだって真実は表に出てくるものなの。
10年後、日本は子供達に何を教え、何を話すんだろう。
今とずっと変わることがないのか、それとも過ちを認めるのか。
確かなのは、変わらなければ歴史に縛り付けられるだろうってことね。 +1 韓国

■ はっ? 俺たちは原爆で一瞬にして大勢の日本の一般市民の命を奪ったのに?
って言うか、何で今この問題を取り上げようとしてるの? +1 アメリカ

■ アメリカがイラクに謝る日は来るのかな? +1 ブラジル(アメリカ在住)

■ 私たちが日系アメリカ人に対してしたことを考えれば、アメリカが日本に対して何か言えるはずがない!!! +1 アメリカ

海外「本物の侍たちだ」 米陸軍史上最強 日系人部隊に外国人感銘

■ フ~ッ、良かった。いけしゃあしゃあとこんなこと書くくらいなんだから、アメリカは日本に対して悪いことなんか何もやってないんだよ。
例えば原爆を何発か落としたとかなんか絶対にあり得ない。 +15 アメリカ

■ どういった考えで謝罪のことを今問題にしてるんだろうか。
ニューヨーク・タイムズよ、あなたたちはただ焚き付けたいだけじゃないか。
これは恥ずべきことだよ。 +56 アメリカ

===============================================================

7) 読者からの情報

(78) 沖縄が危ない!(中国が沖縄を呑む込む日)
https://www.facebook.com/groups/694923853875442/permalink/1002327223135102/

********************************************

【純日本人会 メルマガ 】
発行人 : 栗原茂男
純日本人会 http://www.junnihon.com/

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。
mail : info@sycorp.jp

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

********************************************

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください