2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

次第に明らかになって来たホントにダメなAIIB   -栗原茂男

1) 日一日と政権に近づく『台湾民政府』
2) ナイジェリアで苦闘する大和撫子68
3)【極めて重要】TPA法案の概略(原文)
4) 次第に明らかになって来たホントにダメなAIIB
5) 王道日本の会 270419変わるアメリカ
6) 読者からの情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 日一日と政権に近づく『台湾民政府』

台湾民政府が出来ると如何いう事が起きるかをしばしば訊かれる。昨年までは無かった事、。台湾民政府の登場が近い事を感じる人が増えているのだろう。
私が聞いている処では、台湾民政府は行政府の幹部と衆議院と参議院の議員は講習を受けて試験に合格した人が職務に就くそうだ。
今までのところは蒋介石が台湾を統治して以来、様々な利権を蔣介石一派のシナ人が独占して来て社会の上部層や経済的な豊かさを享受してきて、台湾の本来の主人公である台湾人は辛酸を舐めてきた。

しかし台湾民政府は議員はもとより、行政府の幹部は解雇してそっくり入れ替えるようだ。もうすでに数千名の幹部候補を揃えている。後は政権移行を待つだけ。

という事は今まで人脈を築いて来た台湾との人的つながりは全て御破産となる。
一日でも長く政権に留まりたい中華民国政府関係者とその繫がりの強い日本人。
彼等は政権移行を一日でも長くしようと、台湾民政府については否定的に語る。

しかし現実は一日、一日と政権移行へ動いている。
——————————————————————————————————————————————–

https://www.facebook.com/groups/1551154815130510/

HuiChen Hu
4月17日 8:48

毎日のように宣伝しています。
法理宣揚深入民間,是每天例行的工作…

HuiChen Hu
21時間前
チャイニーズタイペイのメディアは台湾民政府を報道するようになった。チャイニーズタイペイの警察は台湾民政府の車ナンバープレートを取り締まることができない。

「台灣民政府」紅車牌 交警:視同無牌 開罰扣車
又見怪車牌,台灣民政府的成員,在9號白天再度因為掛上自製車牌,被員警攔查,但最後沒被開罰扣車,讓當事的民政府成員相當得意,並且PO網炫耀。我們詢問台灣民政府的幹部,他強調自家的車牌經過國際認證,不隸屬於台灣政府,所以不應…

David Chen
4月18日 15:54

馬英九:每年花40多億美元照顧榮民 | 新頭殼 newtalk
總統馬英九總統今(14)日接見「美國海外作戰退伍軍人協會」總會長史饒德(John W….
newtalk.tw

David Chen
4月18日 11:26
「台灣民政府」法源探討之四( 接續 )

麥克阿瑟原來預定運用來自台灣的逃難中國軍隊,在11月或12月以增強韓戰戰力為由,然沒有被杜魯門採納。美國三軍聯合參謀總部於1951年1月,內部達成暫時協議,萬一聯合國軍隊被逐出朝鮮,在台灣的中國軍隊是要用於抵禦共產黨軍隊,而不適用於朝鮮。

由上敘述可知,麥克阿瑟無權指揮蔣介石,是美總統杜魯門才有權力指揮蔣介石「元帥」。1951年5月18日,美國遠東事務助理國務卿Dean Rusk 在“China Institute”演講時稱:「We recognize the National Government of the Republic of China even thoug the territory under its control is severely restricted」美國承認中華民國的國民黨政府,即使其所「控制」的領土極其有限。

David Chen
4月16日 10:45
「台灣民政府」法源探討之三( 接續 )

最後舊金山和約定案之Article 2b,日本只是「喪失」臺灣主權權利(管轄權),而不能「免除」主權義務,這就是美國國務院至今仍然堅稱:「沒有任何條約稱將臺灣主權移轉予中國(中華民國)」,其根本之法理上的理由跟原因是:「日本不能移轉台灣」。令人諷刺的是,在1960年美國政府的立場是:「不承認」中華民國對台灣領土有主權,可是,美國總統艾森豪卻在1960年6月18日至19日,親赴台灣台北與蔣介石會談。這兩位所談的是:

B.美國接受中國人政權在台灣之運作。…

続きを読む
翻訳を見る
David Chenさんの写真4月15日 23:55
美國軍方重要國際媒體訪問

翻訳を見る

Admiral Locklear Delivers Remarks on a U.S. Security Overview of the Asia-Pacific
Admiral Samuel J. Locklear III, Commander, U.S. Pacific Command delivers remarks on a U.S….
youtube.com

4月10日 2:03
台湾人の素敵な笑顔!

楊聰さんの写真楊聰さんの写真楊聰さんの写真楊聰さんの写真楊聰さんの写真
楊聰さんが新しい写真12枚を追加しました
每次法理宣傳,我們心情都很快樂…

翻訳を見る

===============================================================

2) ナイジェリアで苦闘する大和撫子68

放火した隣家の老女宅とは塀をはさんで発電機小屋が接しているのですが、あちら側が屋根を高くしてしまいました。
ナイジェリアは強盗が多いので、ゲートに守衛のいるエステートの中でさえ隣家との境の塀には鉄線やガラス片を埋め込んであります。
犬がいなければ、日夜不安に苛まれるところです。

母屋の修理以来、家具の修理に来ている大工が勧めた嗅ぎタバコを夫が鼻につけた後、「毒を盛られたようだ」と異常を訴えました。

ナイジェリア中、お金で殺人や放火を簡単に引き受けてしまう風潮です。
今回は大事に至らないようですが、まだまだ気が抜けません。

次の大統領になる元将軍は、私達に凶行を仕掛けてきた一派と仲が悪く、お祝いに来た税関長を追い出した頃から、隣家がなんだか静かになり、依頼人である夫に毒を盛った弁護士が辞任したいと言ってきました。
このまま事態が解決に向かうと良いのですが。

Michiko Ohara Uzomba’s photo.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

南アで外国人排斥運動が暴力化、他のアフリカ出身者を襲撃!
ナイジェリア人在住者も多い南ア。黒人同士でも移民排斥があるのですね。

ダーバンでソマリアやエチオピア人が主なターゲットにされていたのが、他のアフリカ出身者に拡大。5人死亡、数千人が避難生活という騒ぎに。それに対する外国人側のデモも4000人規模。
ヨハネスブルグ郊外でも、外国人の店を襲撃しようとする群衆を散らすため、警察がゴム弾や催涙ガスを発射。

発端は2月に14歳の黒人少年がバングラデシュ人のお店に盗みに入り、射殺されたこと。両者が和解した後も、外国人が自分達から搾取していると、外国人経営の店を攻撃し、略奪へ。

外国人店主達はただ現地人より真面目に仕事して稼いでいるだけらしいのですが。
http://www.bbc.com/news/world-africa-32332744
http://blogs.yahoo.co.jp/nagacumatz04/54974630.html

===============================================================

3) 【極めて重要】TPA法案の概略(原文)

皆様

TPA法案と呼ばれるものの概要の原文です。
はTPPのみならず、欧州とのEPAやWTO交渉など今後の貿易交渉全てに適用されることに注意が必要です。

TPA-2015と題される新しいTPAは従来と次の点で異なります。

(1)調印の60日以上前に、上下両院に妥結文書を全て開示する必要がある。

(2)外国の投資家に、国内法を上回る権限を与えない(事実上、NAFTA型のISDはダメ)→これは良い事である。

(3)通商に関する権限を有する委員会(上院の財政委員会、および下院の 歳入委員会)は、交渉が自国にとって十分に利益のあるものとならないと判断した場合は、TPAを取り消すことができる。

★今晩、全訳が入手できる予定です。

田淵 隆明

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Overview of the Bipartisan Congressional Trade Priorities and Accountability Act of 2015
Prepared by the staffs of the Ways and Means Committee and Senate Finance Committee
Sets the Direction for a Robust Trade Agenda: Working in consultation with Congress, the Administration is pursuing a robust trade negotiating agenda.
• The United States is negotiating agreements with 11 Asia-Pacific economies, 28 Member countries of the European Union, 22 other countries for a trade in services agreement (TISA), and 161 Members of the World Trade Organization.
• Combined, if successful, U.S. negotiations with the Asia-Pacific and the EU presents an opportunity to set high standards and open markets with nearly 1 billion consumers, covering nearly two-thirds of global GDP, and 65% of global trade. Services negotiations cover about 50% of global GDP, as well, and over 70% of global services trade.
• Renewing TPA, which expired in 2007, is necessary to get the best result in these negotiations for American workers, farmers, and businesses, consistent with Congressional priorities.
Strengthens and Modernizes Existing Law: TPA-2015 includes three main components.
• Directs the Administration to pursue Congressional prerogatives through Congressionally-mandated negotiating objectives;
• Establishes robust consultation and access to information requirements before, during, and after negotiations that ensure an open and transparent process for Members and the public;
• Preserves Congressional prerogatives and gives Congress the final say in approving trade agreements, allowing removal of TPA procedures if the Administration fails to meet TPA requirements.
Updates Negotiating Objectives for the 21st Century: Through TPA, Congress sets clear and ambitious negotiating objectives for the Administration and puts U.S. trading partners on notice about Congressional expectations. TPA-2015 updates and modernizes existing negotiating objectives to ensure that U.S. trade agreements open markets to U.S. goods, services, and investment and deliver for American workers.
• Establishes New Goods and Services Objectives for the Digital Age: New and expanded provisions recognize the role of services in generating benefits across all sectors of the economy and facilitating trade, and encourage the negotiation of an ambitious TiSA. Updates objectives to facilitate digital trade, including through protections for cross-border data flows, and to recognize the significance of the Internet in international trade.
• Strengthens Rules for Agriculture: Updated provisions seek robust and enforceable rules on sanitary and phytosanitary measures and address improper use of geographical indications.
• Maintains Balanced Objectives for Investment: TPA-2015 maintains strong objectives to eliminate barriers to cross-border investment and protect U.S. investors from unfair treatment, while ensuring that trade agreements provide no greater substantive rights than U.S. investors have under U.S. law and have strong transparency and procedural protections.
• Protects Intellectual Property (IP): Updated provisions to address government involvement in cyber theft, protect trade secrets, and facilitate legitimate digital trade, and the negotiating objectives continue to call for trade agreements to provide a high standard of IP protection, and to ensure that trade agreements foster innovation and promote access to medicine.
• Updates Labor and Environment: Updated provisions reflect the United States’ most recent trade agreements, to require trading partners to adopt, maintain, and not waive or derogate from measures implementing internationally recognized core labor standards in a manner affecting trade and investment and multilateral environmental agreements to which the United States is a party, with the same dispute settlement and remedies as for other enforceable obligations.
• Promotes Human Rights: New negotiating objective recognizes the importance of trade agreements in advancing internationally recognized human rights aimed to ensure implementation of trade agreement commitments to strengthen good governance, transparency, the effective operation of legal regimes, and the rule of law, which promote respect for internationally recognized human rights and more open and democratic societies.
• Addresses Currency Manipulation: New negotiating objective for the first time directs that trade partners avoid manipulating exchange rates, such as through cooperative mechanisms, enforceable rules, reporting, monitoring, transparency, or other means, as appropriate.
• Addresses Impact of State-Owned Enterprises (SOEs): A new negotiating objective calls for eliminating trade distortions and unfair competition from SOEs and ensuring that they act solely on commercial considerations.
• Seeks Strong Enforcement: Directs the President to secure strong dispute settlement mechanisms in agreements.
• Seeks Improved Regulatory Practices: New and updated provisions aim at improved regulatory practices, regulatory coherence and compatibility, stronger transparency, and ensure that government regulatory reimbursement regimes are transparent, provide procedural fairness, and are not discriminatory.
• Takes on Localization Barriers to Trade: A new negotiating objective addresses forced localization of facilities and related barriers to U.S. goods and services exports.
• Promotes Global Value Chains: New provisions encourage U.S. participation in global value chains and ensure trade agreements reflect the increasingly interrelated and multi-sectoral nature of trade and investment activity.
• Preserves Trade Remedies: Preserves the ability of the United States to enforce rigorously its trade laws.
Strengthens Consultations with Congress and the Public: New and expanded provisions empower Congress and ensure it plays a meaningful role in negotiations.
• Ensures Access to Text: Statutorily ensures that every Member of Congress has access to negotiating text, and also provides for staff access to text.
• Greater Transparency During Negotiations and Before Signing: Requires USTR to publish trade agreements 60 days before signing them, and to publish detailed summaries of U.S. proposals throughout.
• Creates a Transparency Officer: Creates new position at USTR to consult with Congress and advise the USTR on transparency policies and engage and assist the public.
• Strengthens Congressional Consultations: Requires USTR to meet and consult with any interested Member of Congress, at any time. Expands scope of consultation requirements before, during, and after negotiations.
• Allows All Members to Participate in Negotiating Process: Allows any Member of Congress to be designated as a Congressional Adviser and accredited to attend negotiating rounds.
• Establishes House and Senate Advisory Groups on Negotiations: Creates House and Senate Advisory Groups on Negotiations to oversee ongoing trade talks and requires regular, scheduled meetings. Provides for any Member of Congress to submit views.
Keeps Congress in Control of Implementing Bills: New and expanded provisions ensure that Congress retains control over implementing legislation and provides rules for consideration without amendment.
• Meaningfully Extends TPA: Extends TPA three years, with an option to renew an additional three years – allowing authority for the next Administration.
• Provides Robust Reporting Requirements: Expands reporting requirements on the effects of trade agreements. Requires that all reports be made public.
• Protects U.S. Sovereignty: New provisions affirm that trade agreements cannot change U.S. law without Congressional action.
• Clarifies Scope of Implementing Bills: Clarifies that implementing bills include “only such provisions as are strictly necessary or appropriate to implement” trade agreements.
• Tightens Congressional Oversight: Ensures TPA procedures apply only to agreements concluded within a specified time frame and tightens entry-into-force procedures.
• Ensures Oversight for Ongoing Negotiations: Ensures that TPA applies to ongoing negotiations, including oversight and consultation requirements.
• Provides Strong, Comprehensive Disapproval Process: TPA can be disallowed if agreement makes inadequate progress in meeting objectives, and new language extends disapproval to all notice and consultation requirements.
• Provides New Consultation and Compliance Resolution: Creates a new mechanism to remove expedited procedures for a trade agreement if, in the judgment of either the House or Senate, that agreement does not meet the requirements of TPA.

===============================================================

4) 次第に明らかになって来たホントにダメなAIIB

中国がAIIB構想を発表したら欧州諸国だけでなく、日本のメディアや民主党も日本も入れ!入れ!の大合唱

・ 中国主導のAIIBに日本も参加すべき』民主党議員

・ 【国会・参議院】民主党『AIIBに不参加は世界から日本だけ外れている』はぁ? 平成27年4月7日

・ 【国会】民主党『AIIBに入らない日米は取り残されている』はぁ? 平成27年4月17日

しかし中国経済が如何に異常かは中国経済の数字を見ていれば数年前から明瞭だった。
日本は国内総生産(≒国民所得)の内、消費は60%くらいだが、中国は60%が公共投資。
このことが意味することは政府が巨額の政府投資をしても庶民におカネが全然廻らないと言う姿を示している。

それに対し、日本は政府が公共投資をすると2,5倍の国民所得を生み出している事を意味している。
ところが公共工事を縮小させて日本経済を不況にして国際金融暴力団の餌食になるような政策を日本の経済政策当局は執ってきた。

それに対し、中国はやり過ぎるくらい公共投資をして、しかしそれが市場で回転せずに途中で富裕層の懐に入って庶民にはおカネが行き渡らない。
それで政府も自治体も資金不足で公共投資がこれまでのように出来なくなり、外国のカネを中国内に引っ張り込もうと言うのだろう。

世界銀行やアジア開発銀行は融資には適切な審査をするが、中国支配のAIIBはそうしない事だろう。世銀やアジア開銀が都市銀ならAIIBはノンバンクか闇金融。
何しろ中国自身がいい加減な融資をして来ているから国内は物価と投資の両睨みでかなりの不況になっている。

公共投資を何とか実行しなければならないがカネが無い、と言う事で外国に出資させてシナ人に公共工事の恩恵を与えようと言う事なのだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【お金は知っている】AIIB参加の韓国“対中実利外交”は失敗が目に見えている 2015.04.17
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20150417/ecn1504171140006-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20150417/ecn1504171140006-n2.htm
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

===============================================================

5) 王道日本の会 270419変わるアメリカ

4月18日、ワシントンで開かれていたG20財務省・中央銀行総裁会議が閉幕した。共同宣言では、IMF(国際通貨基金)につき新興国の発言権を高める改革を実現するよう、米国に「強く促す」ことが明記された。その背景にはアジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立の正当化があるが、流れとしては、戦後の国際金融を仕切ってきた米国の衰退がある。

AIIBの設立に関し、維新の党代表の江田憲司氏などは、「日本が参加しないのは外交的敗北だ」と強い口調で言っていたが、それは外交を知らない「無知さ」をさらけ出すものである。
国際連合にしろGATTやIMF,世界銀行にしろ、米国は真珠湾攻撃の2年も前から、「如何に戦争に参画し、それに勝利した後の国際政治の覇権をイギリスから奪い、仕切っていくか」を入念に討議した。
その事前シュミレーションにもとづいて米国はIMFや世銀を設立した。
また、先の大戦で同盟国であった米ソが戦後に東西冷戦となったのは、朝鮮戦争の他に、スターリンがIMFなどへの参加を拒んだからという指摘がある。それは国際金融面でのアメリカの世界的覇権を認めないことを意味し、アメリカは怒って東西冷戦に走ったという。

そうした歴史を知れば、同盟国であり、それをさらに強化しようとする日本は、米国と同一歩調をとるのが賢明で、米国の寝首をかくようなことはしない方が良い。実際、AIIBに参加しない主要国は日米の2ヶ国だけであるから、同一歩調をとることで、アメリカにとっての日本の重要性はさらに高まるのである。
一方で、AIIBの設立は、戦後の国際金融を一元的に仕切ってきた米国の衰退を表わす。その意味で画期的な出来事だが、歴史的には好ましいことである。民間の銀行を見ても、複数の銀行のあった方が競争が生じ、融資を受ける側にとっては好ましいからである。
日本はAIIBに入らなくとも、アジア開発銀行を実質的に仕切っており、そこからの融資が可能である。
また、同じ途上国の開発でも、技術力と誠意で勝負できる国である。
つまり中国の仕切りの中に入らずとも、対等以上の立場で、アジアの特殊性や自立のために資金と技術を出せるのである。
そのことに自信をもって、AIIBを牽制しつつ、IMFや世銀、アジア開銀の改革に取り組むべきと考える。

ちなみに最近のアメリカは、キューバとの国交回復やイランとの協議、逆にイスラエル首相には強く苦言を呈するなど、「アメリカは変わりつつある。それも良い方向に」という感想である。かってチャーチルは「アメリカは一通りの過ちを犯す。
しかし、最後は適切な方向に進路をとる」と言っていた。そのことに期待したい。

※ご意見をお聞かせ下さい。必ず本人が目を通しますが、返答は答えに窮するものもあり、省略させていただきます。下記へどうぞ
e-mail: y-sano@sage.ocn.ne.jp

※このメルマガの申込や停止をしたい方は、下記にて「登録の解除または申込」をお願いします。 http://ameblo.jp/ohdoh/
◎王道日本
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000279511/index.html

===============================================================

6) 読者からの情報

中国で日本人学校へのテロ!これが中国人の民度?こういうのってテレビでは報道しないよね
http://ameblo.jp/fuuko-protector/

スマートガバメントの実現を目指して 地域活性化フォーラム2015 – Yahoo!公金支払い –
http://koukin.yahoo.co.jp/forum/2015/index.html

「安倍首相の秘密兵器」昭恵夫人の「発信力」を分析する | 饗宴外交の舞台裏 | Foresight(フォーサイト) | 会員制国際情報サイト
http://www.fsight.jp/articles/-/40001

【GJ】韓国のTV局が『徳島県教職員組合』のことを『“朝鮮総連系列”教職員組合』と報道
http://www.honmotakeshi.com/archives/44250222.html

患者には出しても医者が自分では飲まない薬
http://blog.m.livedoor.jp/poison_labo/article/2513671?guid=ON&ref=cm

【衝撃】『韓国のり』から基準を上回る細菌見つかる、中国が450キロの輸入を却下
http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/43664405?guid=ON&ref=cm

【速報】韓国政府『慰安婦が強制連行された証拠はない』
http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/43651156?guid=ON&ref=cm

【マスコミ聴取】自民党・磯崎総理補佐官『テレ朝とNHKから説明を受けました。極めて静かで、他党のように出席者を恫喝するようなことはありませんでした』
http://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/44343245?guid=ON&ref=cm

【移民】外国人住民:神奈川県民の55人に1人増加に転じる…1位中国5万4520人(32.8%2位韓国・朝鮮2万9355人(17.7%)
http://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/44340679?guid=ON&ref=cm

【韓国】ビザ免除なのに…米当局が韓国人女性に対する入国審査を強化、韓国ネットは『これが現実』『米国だけではない』
http://m.gensen2ch.com/article/27608904?guid=ON&ref=cm

********************************************

【純日本人会 メルマガ 】
発行人 : 栗原茂男
純日本人会 http://www.junnihon.com/

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。
mail : info@sycorp.jp

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

********************************************

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください