A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

維新の会・結いの党と民主党      -栗原茂男

 

1) 集団ストーカー被害者の被害の件

2) 日立、年功序列廃止

3) 松田学「国力倍増論」の出版を記念する会を開催します

4) 安倍総理,消費税引き上げと経済的損害を比較する

5) 維新の会・結いの党と民主党

6) 会員の方からの情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 集団ストーカー被害者の被害の件

 

集団ストーカー被害者の被害の状況について

http://kuroiringo.blog.fc2.com/

 

 

3日前くらいから、また被害が悪化しました。 両親も同様で父は音声送信が悪化して音をかけ消すために1日中、掃除機の電源を入れっぱなしラジオを大音量で流し続け、母がやめさせようとすると大声で怒鳴りちらします。 母の目も加害者が原因でかなり悪化しています。 インターネットにも昨日の数時間を覗き繋がらないので携帯からメールさせて頂いています。 現在の私の被害状況 ・連日心臓に強い圧迫、レーザーで焼かれるように熱くなる、頭部や目、身体に何度も電磁波攻撃、夢への介入、音声送信 ・インターネットに繋がらない    (証拠の動画をアップできない、携帯もツィッターのみ繋がらないので被害状況を綴れない) ・被害の証拠動画をアップしていた最初の動画サイトに動画が拒否されてアップできなくなった ・私のブログに犯人をミスリードする工作員の書き込み  (同じ被害者さんから工作員だと教えて頂きました) ・証拠撮りをしていた携帯が原因不明の故障で証拠のデータが全て消える ・利用しているコインパーキングの駐車場管理のコールセンター

から死を示唆するような嫌がらせ(画像あり) 昨日の数時間の間に不特定多数からの罵倒の動画を私のブログにアップしましたが、これは良い事例にならないでしょうか。 動画【罵倒 2.6】の最後にも載せてありますが、 ・日時も行き先もバラバラなのに同じ罵倒をされる ・罵倒してくる言葉が全員同じ ・別の話をしていたのに何の脈絡もなく罵倒 ・私の名前を知っている   (まだアップできてない動画に私の名前を言っているものがあります) 以上の事から誰かが私の行動を監視して私の情報を流し、不特定多数に嫌がらせを依頼しているのだと断定できます。 以下も証拠のあるものです。 ・自宅の電波が規制値を越える数値を計測(違法電波) ・うちの車だけに不特定多数の車がブライティング ・数日留守にした後、自宅のガス栓辺りからシューという異音がして警察に通報 ・動画の音声送信の自殺強要、殺害予告の音声が周波数が違い、私とは別人が言っている(これは証拠にならないのでしょうか?) 人権侵害にも相談しましたが調査するには任意でしか無理なため強制力がないと言われました。今は違法電波などで総務局に被害を訴えて回答を待っている所です。 大阪府警にも被害をメールで訴えましたが、翌日警官がうちに訪問した際に「自殺したいって書いたの?」とおかしな言動をされたので(以前から音声送信に自殺強要をされていましたが私は自殺強要のことは書いていません)、私の居住区の管轄に被害を訴えに行くのはどうかと躊躇しています(その前にも親が不当な対応をされています)

 

===============================================================

 

2) 日立、年功序列廃止

 

 

日本では成人して就職する事を「就職」ではなく「就社」だともしばしば言われて来た。

処が9月26日、日立製作所は賃金体系の変更を発表し年功序列を廃止するようだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日立 年功序列廃止の衝撃

http://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2014_1001.html

 

絶好調の日立、なぜ年功序列廃止?首相も異例の後押しで、企業に守られる時代の終焉か

http://biz-journal.jp/2014/10/post_6459.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

理由はグローバル化。猫も杓子もグローバル化。

だがこの言葉、鵜呑みにできないところがある。

 

高度経済成長時代の日本企業は国際競争力が強かった。強くなくなったのは政府と日銀が経済成長を抑制化し始め、成長率が下がるほどに企業の国際競争力は弱まった。

 

政府と日銀が経済成長率を抑制する理由は物価を抑制。抑制という言葉が刺激的だからか、安定成長路線という言葉を使ってきた。

投資をすると日本経済は投資額の2,5倍の国民所得を生み出すと言われて来た。

実際、統計数字を見るとそうであるし、今も約2,5倍。

 

ところが、1970年代ころからもう高度成長の時代は終わった、安定成長だと経済政策当局は言い、理由は私は耳にしたことはない。

その後、安定成長が続くと、政府が投資をしても国民所得がかつてのように2,5倍にならずに1,0倍とか1,1倍だと言うようになった。

 

だが、計算仕方が変わったわけではなく、統計数値を見ると今も約2,5倍である。

 

要するに経済を成長させたくないわけである。経済政策を取り仕切る者たちは物価上昇が低いほど良いと考えているし、マイナスならなお良いとかんがえている。

 

しかし物価が安定するということは商品が売れないことを意味し、商品が沢山売れれば価格は上昇気味になる。

高度成長時代はそうだった。それで企業は翌年の売り上げ増を予測して設備投資を、競争があるからより生産性の高い設備、より高品質の商品開発へと努力した。

 

高品質の商品が売れると企業は利益が拡大し、従業員の給与は上がる。

日本の企業では従業員は就職ではなく就社だから、原則的な考え方は定年退職まで会社に勤め、生活は会社を頼りにする暗黙の合意がある。

若い時に入社して真面目に働くと年々給料が上がり、会社は福利厚生に力を入れ、従業員は会社への忠誠心を強めた。

 

だから注文が一度にたくさん来ると残業も厭わず働き、会社が経営難になると労働者は経営者と一緒に真剣に考えた。

そういう企業体質が日本企業の強さの源泉。

 

韓国などが一頃もてはやされたが、日本の技術を不思議なほどいつの間にか取り入れてきて、日本企業が法律で雁字搦めで新製品開発を規制されている間をぬって韓国企業は業績を伸ばしてきた。

しかし安倍政権になって技術流出に監視をするようになり、特定秘密法案も通り、技術流出も減少している事と思われる。

 

近年の日本企業は一見、弱そうに見えるが、そんなことはなくて経済成長率が低いために積極的な投資ができず、国際競争力を落としている面があるが、それでも強い。

円安になっても貿易収支が改善しないのは中国の経済が悪化していて、対中貿易が悪化しているから。

財務省の資料によると下記

 

Asia    中華人民共和国    香港

P.R.China       Hong Kong

(  単位 :100万円)

平成8年    1996C.Y.    53,068    -19,807         22,228

平成9年    1997C.Y.    62,569    -24,117         28,793

平成10年    1998C.Y.    34,728    -21,608        24,659

平成11年    1999C.Y.    30,882    -21,631        20,800

平成12年    2000C.Y.    40,337    -25,367        26,176

平成13年    2001C.Y.    15,392    -30,589        24,263

平成14年    2002C.Y.    39,108    -25,117        28,007

平成15年    2003C.Y.    59,046    -16,677        30,720

平成16年    2004C.Y.    78,301    -16,075        34,021

平成17年    2005C.Y.    71,673    -27,701        34,877

平成18年    2006C.Y.    75,640    -24,075        37,268

平成19年    2007C.Y.    98,832    -16,037        36,497

平成20年    2008C.Y.    83,618     -12,961        31,453

平成21年    2009C.Y.    67,332     -9,319                 23,366

平成22年    2010C.Y.    115,131    2,110                32,094

平成23年    2011C.Y.    78,777    -11,285              31,166

平成24年    2012C.Y.    49,294    -27,226               31,816

平成25年    2013C.Y.    42,933    -41,971                 7,214

 

 

 

 

日本の製造業が弱いわけではない。

 

 

むしろ心配なのは、日本企業の強さの源泉である日本的経営を破壊すること。

1970年代に日本の貿易収支が黒字化するようになって以来、先進諸外国は日本的経営を止めさせようとあの手この手で国策してきたように思える。

 

しかし騙されてはいけない。

 

外国、特に欧米は日本企業の強さを削がせるために偽りの風説を流してきた。

 

終身雇用や年功序列は評価を客観化するし、従業員の忠誠心を非常に高くする。

経営者は自分が退職後の利益を生み出す投資を決断する。当然自分が在職中は多額の償却費が発生し、経営成績には自分の在職中には良い数値は出ない。

それでも愛する会社のために経営者は将来に実を結ぶ投資を決断する。

 

新規採用者は会社が教育する。ビジネスマナーも教える。そうやって忠誠心を高める。

 

ところが短期的経営成績だけを重視するグローバルスタンダード経営を取り入れると日本型の経営体型は崩壊する。

 

日立製作所の賃金体系変更はそういう危うさを孕んでいる。

 

 

 

 

 

===============================================================

 

3) 松田学「国力倍増論」の出版を記念する会を開催します

 

 

─────────────────────────────────────

松田まなぶ通信  号外

─────────────────────────────────────

 

松田まなぶ通信をご覧頂きましてありがとうございます。

本年11月18日(火)18:30より、東京の都市センターホテルで開催されます。以下、ご案内文です。ご参加いただければ幸いです。

 

衆議院議員 松田学「国力倍増論」の出版を記念する会 開催のお知らせ

 

(代表発起人より)

謹啓 皆様におかれましては、益々ご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。

平素は、衆議院議員 松田学君に対し、温かいご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

松田まなぶ君は、国家の再建と日本の再設計を志して政界に飛び込み、当選以来、幅広く培ってきた知識や経験、ネットワークを活かしながら国会論戦や党活動などにおいても「次世代の党ホープ」として新人とは思えない活躍をしております。

この度、その思いを一冊の本にまとめ「国力倍増論~もう大丈夫といわれる国にしたい~」を上梓しました。

つきましては、日頃よりご縁のある皆様方と出版を記念する会を下記の通り開き、激励したいと存じますので、ご多忙のところ誠に恐縮ではございますが、是非ともご臨席を賜わりますようご案内申し上げます。

謹白

 

代表発起人 次世代の党党首 平沼赳夫

 

日時:2014年11月18日(火) 午後6時30分 開会(午後6時00分 開場)

場所:都市センターホテル 3階 「コスモス」

http://www.rihga.co.jp/toshicenter/access/index.html

会費:20,000円

 

下記まで電話かメールでお問い合わせいただければ、パーティー参加券をご指定のご住所までお送りさせていただきます。 何卒よろしくお願い申し上げます。

 

[お問合せ先]

衆議院議員 松田まなぶ 事務所

TEL : 03-3508-7625

Mail : nipponsaiken@gmail.com

 

※この催物は、政治資金規正法第8条の2に規定する政治資金パーティーです。

 

===============================================================

 

4) 安倍総理,消費税引き上げと経済的損害を比較する

 

 

政府や民間が投資をすると国民所得が投資額の2,5倍になるから、逆に増税で市場からお金を引き上げるとその2,5倍の額の国民所得が減ると考えて良い。あくまで原則論だが。

欧州経済の見通しは暗い。中国も多分マイナス成長。7,3%成長なんて言ってるが、多分嘘。

 

アメリカは予算事ロール法があって、財政政策に縛りが有り、高い成長率は無理。それどころか今まで成長を支えてきたFRBは通貨大増発をやめてしまった。

このままずっとやめるかどうかわからないが、あまりに異常な通貨大増発でおっかなびっくりの金融政策となるはず。

 

だから世界経済を引っ張る可能性があるのは日本。外貨準備もタップリあり、貿易収支なんかかなりの将来まで安泰。

 

安部総理はそのことを理解しているように見える。

だじな事は周辺が安倍政権の足を引っ張らないこと。

——————————————————————————————————————————————–

フィナンシャル・タイムズ紙(英国)による安倍総理大臣対面インタビュー(2014年10月19日付)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/p_pd/ip/page4_000758.html

平成26年10月24日

 

 

安倍総理,消費税引き上げと経済的損害を比較する

 

 

 

安倍晋三氏は,もし増税が日本経済に過度の損害を与えるのであれば「元も子もない」として,日本の消費税増税を延期する可能性を示唆した。

 

フィナンシャル・タイムズ紙とのインタビューにおいて,日本の安倍総理は,予定されている8%から10%への消費税増税は,「次世代」のために,年金や医療給付を確保するためのものであると述べた。しかし同氏は,「他方で,せっかくつかんだデフレ脱却のチャンスを逃すわけにはいかない」とも付け加えた。

 

日本経済は,安倍政権が5%から8%への消費税増税を実施して以降,4月から7月までの間に年率換算で7.1%縮小した。2度目の増税は,日銀,財務省,大企業や国際通貨基金(IMF)から強く支持されている。これらはすべて日本の巨額の債務削減のための行動を求めている。増税の延期には,法律改正も必要となろう。

 

しかし,安倍総理は,「消費税の増税によって,景気が腰折れしてしまっては,税収も上がらず,元も子もない」と述べた。

 

安倍総理の慎重な態度は,今後の対応が,第3四半期の成長の回復の強さにどれだけかかっているかということを示している。安倍氏は,最終的なデータがそろう12月初めに増税について決断する見込みであるが,差し当たって示されている指標は失望させるものである。

 

日本経済を再生させるという安倍氏の計画が息切れしているとの懸念は,先週,世界中の金融市場を動揺させた,世界経済の成長見通しへの沈鬱を強めた。

 

以前の外遊では,安倍総理は自らの改革計画を売り込む自信に満ちたセールスマンを演じていた。ニューヨークの証券取引場で,「アベノミクスを買おう」とトレーダーらに呼びかけたこともある。

 

しかし,熱気はアベノミクスから去ってしまった。むしろ,日本経済を好転させる努力は,長く厳しく危険な道のりにも見える。

 

ミラノにおいて,安倍氏の態度は慎重であり,時折防御的でさえあった。安倍氏は,アベノミクスの成功に対して疑問を投げかけた評論家に対し,わずかないらだちも見せた。

 

「全国津々浦々に届く景気の好循環が始まる日がくると信じている。」,「政策においては様々な批判が伴うが,どうすればいいという代替策を示した人は1人もいない」と,安倍総理は述べた。

 

同氏は,円安の影響を受ける企業,とりわけ中小企業への一層の支援が必要であると認め,「もちろん,輸入価格の高騰により影響を受ける地方や中小企業の方々にはしっかりと目配りしながら,必要に応じて対策を打っていく考えである」と述べた。

 

一方,安倍氏は,アベノミクスが達成したと考えている成功,とりわけデフレとの戦いについて進んで強調した。同氏は,「我々は,デフレ予想を払拭した」と述べ,更に,現在は賃金が上昇しつつあり,求人は豊富である,と加えた。更なる構造改革も約束された。

 

「電力の自由化も進んでいる。過去に指一本触れられなかった農協改革にも手を着けることを決定している。また,医療分野の改革,雇用分野の改革も進んでいる」とした。

 

米国の貿易交渉担当者が,TPP交渉を妥結させるための構造改革が進んでいないと公に日本を批判していることについて指摘されると,安倍氏は短く笑い,「交渉は最終局面であるが,こうした交渉は最終局面が常に最も困難である」と外交的に回答した。同氏は,先週のオバマ大統領との電話会談で,「TPP交渉の妥結に向けて最大限努力をしていく」ことで一致したと付け加えた。

 

しかし,安倍氏が最も会談することを望んでいる外国の指導者は,おそらく中国の習近平主席であろう。日中間の緊張は高いままである。両国は,問題となっている,東シナ海の諸島を巡り対立を続けている。中国政府はまた,安倍政権の歴史の取扱いや,総理自身とその同僚らによる靖国神社への参拝に対して非常に批判的である。

 

安倍氏は,中国の習主席に対し,繰り返し会談を申し入れているが,これまでのところ拒絶されている。ミラノにおいて,安倍氏は,来月北京で開催されるAPEC首脳会議の際に,習主席との二国間会談が実施されることへの期待を再度述べたが,その一方で,日本は「前提条件」を受け入れることは出来ないと述べた。明らかに,安倍氏が靖国神社に二度と参拝しないと約束することを中国が求めていることへの言及である。

 

安倍氏は,言葉を慎重に選びつつ,日本が尖閣諸島,中国が魚釣島と呼ぶ,争点となっている諸島周辺での軍事的状況について詳細に論評することを拒み,「残念ながら領海への侵入が行われているが,それに対して日本は冷静に対応している」と述べた。

 

安倍氏は,日中間の相互の経済的利益を強調し,「APEC首脳会議の際に首脳会談を行うことができれば良いと考えており...不測の事態を防ぐという観点から,防衛当局間のホットラインを運用すべきであり...首脳会談が成立した際には,この合意を中国側に確認したいと考えている」とも加えた。

 

ロシアによるクリミアの強奪の影は,日中間の領土紛争にも及んでいる。安倍氏がインタビューを行った同じミラノのホテルで,ロシアのプーチン大統領は,ウクライナのポロシェンコ大統領と会談していた。安倍氏は,ミラノにおいて,ロシア及びウクライナの指導者双方と会談し,FT紙に対し,「日本は,力と脅迫による現状変更を認めない」と述べた。

 

 

【2014年10月19日付フィナンシャル・タイムズ紙掲載記事】

===============================================================

 

5) 維新の会・結いの党と民主党

 

 

 

 

News U.S. – 中国・韓国・在日崩壊ニュース

【朗報】橋下徹と維新の会がついに【 在日殲滅作戦 】のターゲットに!!!? 民主党と同レベルの扱いに転落!!!  2014.10.27

http://www.news-us.jp/article/407848656.html

 

 

 

◆橋下徹・維新の会もようやく殲滅対象に?

今回の在特会の一件は、どう考えても橋下の負けだったけどそれがどうやら「維新の会の負け」にまで発展しているらしい。

まあ民主党と共闘するとか宣言しちゃったからな。アホすぎだろ。

 

 

 

日本再生大作戦放談会 橋下辛坊②:余命3年時事日記

 

・・・

それにしても橋下vs桜井対談はひどかったですね。橋下側からの設定だそうですから、当然、何らかの意図があったのでしょうが、まあ、お粗末すぎました。誰が見ても、敵前逃亡です。あの流れでは押さえ込もうとした在日特権の数々が桜井氏の口から次々と暴きだされる想定外の可能性が出てきて逃げるしかなかったのでしょう。

 

今後、理屈をこねて言い訳ラッシュになるのでしょうが、政治家としても弁護士としても終わりましたね。

 

今回の件で、橋下個人情報の数々が明るみに出ております。マルハンだの同和だの関知しない組織の名前が出てきて、もうバンザイです。まあ、今回の対談でベールをかぶっていた橋下維新の正体が反日、在日擁護ということがはっきりしましたから各方面で大きな影響がでてくるのは必至ですね。

 

さて話を橋下vs桜井に戻します。桜井氏は敵の牙城に単独乗り込んでの快勝という図式で、在特会という名前も全国区になると同時に「在日特権てなんだ?」というテーマを日本人に知らしめたという点、そして得体の知れなかった橋下維新にはっきりとした色づけをしたという大仕事をしました。

 

民主党泉健太の衆院、内閣委員会での警察庁警備局長の答弁。「在特会について公安警察は関心を持っているが、監視の対象ではない」これがすべてでしょうね。

 

維新と民主党の共闘が発表されました。公然の秘密ですが、現在民主党はすべての議員が監視対象です。これに維新が加わったということですね。公安は忙しくなりました。

・・・

 

http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2014-10-26

 

 

 

 

「現在民主党はすべての議員が監視対象です。これに維新が加わった」

 

 

◆橋下は偽装保守、裏でこっそり売国。

舛添みたいな分かりやすい親韓バカと違って、橋下は「在日の特別永住を見直す」とかポーズでも発言してる。

この発言のためか、ちらほら橋下を支持する声が聞こえる。

まあ言ってしまえば「お前に特別永住制度の何かを見直す権限はない」と。

2015年7月9日で在留カードへ切り替え、通名は事実上使えない。

これで生活保護の不正受給もガクンと減る。

実はこの段階で、在日特権と呼ばれるものの核は大きく削られる。

これは別に橋下が決めたことじゃないし、橋下が止められるものでもない。

要は「橋下は邪魔。黙ってろ」これに尽きると。

 

 

 

◆橋下VS在特会、橋下どころか維新の負け。

橋下は維新の看板を背負ってることを忘れてたらしい。

>維新と民主党の共闘が発表されました。公然の秘密ですが、現在民主党はすべての議員が監視対象です。これに維新が加わったということですね。公安は忙しくなりました。

とあるとおり、この一件で維新が民主党レベルに転落したという。

まあ昨年の慰安婦発言にしろ、どっちつかずの姿勢は気持ち悪かった。

こういう一件で白黒がはっきりつくのが一番の収穫。

 

 

 

◆在特会はダチョウ倶楽部?

ザイニチはどうやら在特会=バカなお笑い芸人とレッテルを貼り在日特権がうんたらと騒ぐのは頭のおかしい奴らとしたかったらしい。

ところが日本人はそんなに単純ではなかった。

「あははは。ところで在日特権って何なの?」と調べる頭を持っていた。

結果的に「在日特権?永住資格?初めて知った!!!」となってしまう。

この辺は日本人と朝鮮人の感性の差による工作失敗例だと思われる。

在特会桜井会長はこの辺りも計算ずくで動いてそうな気がする。

逆にマスゴミが在特会をこぞって持ちあげていたら、日本人は疑ってた。

「あれっもしや橋下と在特会はグル?」と。そういう民族性。

 

 

 

357 :右や左の名無し様:2014/10/26(日) 20:33:29.76 ID:Gv5ygGOM.net

 

#tbs  サンジャポ

橋下市長と在特会の会見で

爆笑太田「橋下市長に向かっていく時の在特会の代表が遅すぎるんですよぅ、はやく止めてぇ!今止めて!みたいなぁw」

一同ゲラゲラ。

全国放送で恥さらすwwwwww

 

 

 

366 :右や左の名無し様:2014/10/26(日) 20:40:25.27 ID:Xtqz0igc.net

>>357

上島竜平扱いだねw

 

 

370 :右や左の名無し様:2014/10/26(日) 20:42:26.01 ID:2VOWJaAH.net

>>357

ハシゲと爆笑は事務所が同じ社長は太田の酒乱嫁w

 

 

360 :右や左の名無し様:2014/10/26(日) 20:35:25.57 ID:q2IcZn7O.net

>>357

でも、今日まったくノンポリの知り合いが 在日の永住権の話しをはじめて驚いたよ。

サンジャポだったんかw

 

 

362 :陽気な名無しさん:2014/10/26(日) 21:33:27.42 ID:JqWRLjyM0.net

太田、嫌韓を広めてくれてありがとうね

また馬鹿テレビのおかげで、在特会や在日特権をググるきっかけがお茶の間にww

・・・

 

 

 

 

◆2013年の都議選に参院選、安倍内閣の戦略とは?

安倍首相としては、野党がどれも烏合の衆でいることが理想。

民主党なの?維新なの?まさかの共産?

こうやって売国勢力を分散させる方針だったという。

余命時事はこの2013年6月の時点で橋下は切り捨てていた。すごい慧眼。

◆自衛隊、いつでも殲滅作戦始動OK。

 

 

 

テロ資産凍結法が決まったら暴力団と戦闘開始か?

で、ここにきて日韓議員連盟の連中が韓国へ。

自衛隊に「私たちを殺してください」ってアピールしたのと同じ。

額賀とか野田とか、その他野党何人か。終わったな。

めでたく売国殲滅リスト入りだそうで。

まあ小渕が潰された経緯をみてもこの動きなんだから、まさに「バカは死ななきゃ治らない」。

せめて骨だけは祖国にうずめた方がいいんじゃないの?

 

 

 

 

日本再生大作戦放談会 橋下辛坊①:余命3年時事日記

 

・・・

3月1日に1本出稿後、先代が倒れ入院、結局、車椅子状態になりまして、私がお手伝いをすることになりました。当初、もうブログは無理で4月は0、5月はほとんど口述で遺言のようなブログを14日に1本、6月半ばに、書きかけであった記事に、追加で書いてみろということで②を記述したのです。その後容態が徐々に回復して、その1本だけが紛れ込んで残っていたというわけです。

 

そういうことで①は3月という1年8ヶ月にもなろうかという過去記事ですが古さは感じさせないですね。ところで①の中で、「橋下がこけて、維新終了」と結論を出しています。であれば橋下ネガティブキャンペーン擁護以降、維新についての記述はないというのは当然のことで、もうすでに見限っていたんですね。申し訳ありません。気がつきませんでした。

 

さて、中国、韓国、北朝鮮、ヤクザ、在日の処理と簡単に言うなあと思われたかもしれないが、実はそう困難でもないのである。小生過去ログに記述しておいた「極限値2015」つまり2015年までに、あらゆる指標が中国、韓国の崩壊を示しているからだ。であればけんかすることはないし、ただいなしてあしらっていればよいということになる。尖閣も竹島もずるずる、逃げるが勝ち、何もしなければ相手が勝手にこける。そのくせ、在日とヤクザに関してはちゃんと手を打っている。安倍はしたたかになった。

 

参院選の前哨戦と言われる東京都議選。自民の圧勝であったが安倍の望み通りのこれ以上ない結果となった。韓国民団や北朝鮮お抱え政党がばれてしまった民主党はもはや死に体で消滅するだけであるが、その受け皿が問題であった。一縷の危惧は維新の台頭であったが、橋下がこけて維新終了。みんなと共産党が議席を伸ばすこととなった。

 

この傾向は参院選でも同様であろう。衆院選と同じく、憲法改正、原発、TPPその他の政策の違いは投票行動には関係なしと思われる。安倍にとっての理想の形は公明、維新、共産、みんながそれぞれに同じようなドングリ勢力になっていることだ。維新とみんなが大きな勢力にならない限り政権運営はどうにでもなるからだ。

・・・

 

http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2014-10-24

 

 

日本再生大作戦放談会 橋下辛坊②:余命3年時事日記

 

・・・

しかし何といっても喜んだのは自衛隊です。政治情勢が外圧によってテロ資産凍結法が成立必至の中で、すでに米国で指定されている4大暴力団の凍結指定は避けようがなく、法的なしばり開始の2015年7月9日前に衝突がおきそうな展開になっているからです。

 

自衛隊の準備態勢がすでに完璧なことから、在日や反日勢力の唯一の抵抗はお抱え議員を総動員しての政治的圧力しかありません。本来は隠れてやりたかったのでしょうが、もうなりふりかまっている状況ではありません。こんな嫌韓ムードの中での日韓議連の韓国訪問は、常識的に考えて売国奴リスト入りです。維新も隠れ反日でいたかったのでしょうが状況が許さなかったのでしょう。もうここまでくると民団から在日企業総動員しての戦いとなりますね。

・・・

 

http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2014-10-26

=============================================================== 6) 会員の方からの情報

 

 

 

 

 

◇アルカニダ◇東京都赤坂の中国人クラブと韓国人クラブを捜索!! 泥酔客のカードで不正決済、被害総額2億円か…警視庁

http://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/41569407?guid=ON&ref=cm

 

 

◇凶悪支那人犯罪◇殺人未遂容疑で中国籍のファン・イェン容疑者(30)を逮捕!! 夫を出刃包丁で刺す…『やってない』と容疑を否認【大阪】

http://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/41569577?guid=ON&ref=cm

 

 

【動画】防衛省・自衛隊60周年記念航空観閲式26日午前

http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/40955419?guid=ON&ref=cm

 

 

日韓議連が共同声明『永住外国人へ地方参政権付与を目指す。ヘイトスピーチの防止』

http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/40956309?guid=ON&ref=cm

( メンバーは⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%9F%93%E8%AD%B0%E5%93%A1%E9%80%A3%E7%9B%9F )

 

 

日韓議連が共同声明『永住外国人への地方参政権付与を目指す。ヘイトスピーチの防止』←日本を侵略する気満々のおちょんこさん。

http://blog.m.livedoor.jp/jesus000mana/article/1820456?guid=ON&ref=cm

 

 

在日『帰りません、努力しません、媚びません、非はありません、一生日本でリア充生活送ってやるから、せいぜい妬んどけ』

http://m.gensen2ch.com/article/15658442?guid=ON&ref=cm

( リア充実 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%85%85 )

 

 

反日左翼や韓国に利用される日本のキリスト者たち 日本は悪魔の国ですか? 日韓併合時代の真実

http://ameblo.jp/fuuko-protector/

 

 

【自民党】宮沢経産相、外国企業から40万円の献金受け取っていた!! ←パチ屋ですた

http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/40959787?guid=ON&ref=cm

 

 

【韓国】一人暮らしのお婆ちゃんを狙ったレイプ事件が相次ぐ39歳男が62歳婆をレイプ47歳男が普段から親しくしていた76歳婆をレイプ

http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/40959556?guid=ON&ref=cm

 

 

【古谷経衡】『ネット右翼の高齢化が進んでおり彼らの多くがネットリテラシーが低い。若者のネット右翼は多くない』

http://m.gensen2ch.com/article/15667362?guid=ON&ref=cm

 

 

【朝日新聞】『日本軍は住民を守らなかった』…『ご希望の学校に無料でお届けします』朝日新聞作成の中高生向け教材日本軍の残虐性強調、学習指導要領の趣旨を逸脱しているとの指摘

http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/40960665?guid=ON&ref=cm

( 中華民国軍や朝鮮の軍隊と主語を間違えているのでは?)

 

 

 

◇移民問題◇『気を付けなくてはいけない。日本が少しでも気を緩めると移民に占拠されますよ』20年前にフランスの政治家が警告していた!!

http://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/41579401?guid=ON&ref=cm

( 他の民族国家を多民族国家化しようと画策するユダヤ、シナ、朝鮮。そのほうが彼らにとっては住みやすいからだろう。)

 

移民受け入れは大量の中国人を日本人の税金で養うことに…今、中国では『日本でタダで生活する方法』という類いの本が売れている

http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/40976743?guid=ON&ref=cm

( 賄賂というのはコソ泥のように侵略するにはコストパフォーマンスが良い。)

 

 

【朝日新聞・元論説主幹】若宮啓文『いっそ竹島を譲ってしまったら、と夢想』『竹島と独島、これを「友情島」に』

http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/40961332?guid=ON&ref=cm

( 売国奴というより、朝鮮の民族主義者なのだろう。しかしコリアンは卑怯で卑劣。日本人になりすましてコソコソ侵略する。)

 

 

 

【拡散希望】小坪慎也・行橋市議が『在日特権』を詳細に説明!! 『外国人の場合であれば容易に非課税にすることが可能』…福岡県行橋市

http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/40964699?guid=ON&ref=cm

 

【拡散希望】「在日特権・外国人特権」の公的証明~外国人のみ税金が安く生活が楽。(ソース不定とは言われません。) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

http://samurai20.jp/2014/10/g-huyou/

 

【赤旗問題】コミンテルンのスパイであった、共産主義者:尾崎秀美(朝日新聞記者) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

http://samurai20.jp/2014/09/comintern/

 

 

岡崎久彦氏は英霊が召し上げた。安倍総理は外務上級試験を廃止すべきである。

http://blog.m.livedoor.jp/giranbarekanjya/article/51441791?guid=ON&ref=cm

 

 

 

年間計2300万円の補助金が5年間交付されていない…都内の朝鮮学校関係者が都に補助金の再交付強く求める『都民の理解が得られない?民意とは何だ』『舛添都知事に会わせて』

http://m.gensen2ch.com/article/15713132?guid=ON&ref=cm

( 図々しいにもほどがある。)

 

 

移民受け入れは大量の中国人を日本人の税金で養うことに…今、中国では『日本でタダで生活する方法』という類いの本が売れている

http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/40976743?guid=ON&ref=cm

 

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください