2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

「東アジア首脳会議(EAS)」と言う名の「アセアン10+8」  -栗原茂男

 

 

今朝、入った情報。自民党幹事長に小渕優子が就任する模様。

======================================================

1) 8月24日あてな倶楽部情報交換会動画アップ完了

2) 【 NPO法人百人の会】首相等の靖国神社参拝等の法制化について(意見)

3) 【 NPO法人百人の会 】 神奈川の世論5089 NHKへの意見をお願いします

4) 「東アジア首脳会議(EAS)」と言う名の「アセアン10+8」

5) 【暴言】拉致被害者「とっくに死亡」=石井一元議員が発言★ASKA実刑か?【栩内被告との愛人継続を希望】

6) 会員の方からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

※ つい先ほど入ったニュース。

① 中国は遺伝子組み換え農産物を禁止するそうだ。人口16億の国で公式に禁止になる論議への影響は大きいはず。

② 高市早苗の入閣は無し。

===============================================================

 

1) 8月24日あてな倶楽部情報交換会動画アップ完了

 

 

 

日 時 :8月24日(日) 午後6時~8時

 

 

講 師 ①

胡 蕙真女史 : 台湾民政府( Taiwan Civil Government )東京エリアコンタクトスタッフ

タイトル  :  台湾民政府の立場

 

 

 

 

 

講  師 ②

パチ ミキヲ氏

タイトル   :  あてな株式教室

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

2) 【 NPO法人百人の会】首相等の靖国神社参拝等の法制化について(意見)

 

 

 

 

 

国際化時代では日本人は従来の日本人の精神性に基づく広い心と純粋性では交流が出来ない事を、特アが日本人に教えた。

我々純日本人はこれまでお人好しが過ぎた。

 

しかし国際化が現実になって庶民まで特アその他の被害を実感するようになると、対応策として日本の立場を主張する為の理論武装は庶民も欠かせない。

外国人と接して、政治家の靖国神社参拝を云々された場合、反論の用意が是非必要。

 

その意味で、下記投稿文は一人一人の理論武装の参考に大いになるのではないかと思う。

 

——————————————————————————————————————————————–

 

 

 

 

各位

 

本日、官邸宛に下記意見を提出しましたので、ご参考までにお送りします。 湯澤甲雄

 

 

平成26年8月29日

内閣総理大臣 安倍 晋三 殿

内閣官房長官 菅 義偉 殿

 

湯澤 甲雄

横浜市南区大岡3-41-10電話045-713-7222

 

首相等の靖国神社参拝等の法制化について(意見)

 

安倍首相の靖国神社参拝等については、菅官房長官より「首相の(参拝の)趣旨は、国のために戦い、尊い命を犠牲にした方に尊崇の念を示し、不戦を誓い、平和の国を誓う。そういう趣旨を関係諸国に理解いただけるように、首相の談話を英文で海外にも発信した」ことが明らかにされています。

この首相の誓い・礼拝について国際的取極めの角度から眺めてみますと、日本を占領していた連合国軍は多神教の靖国神社を習俗宗教の施設と公式に認めてきた経緯があります。したがって靖国神社は国際的に認められた習俗宗教施設でありますので、日本人の誰しもが靖国神社でお祈りすることについて、連合国各国はそれを尊重してきていました。

 

この点について国連憲章とそれと一体を成している社会権規約、自由権規約(covenantsと称される)という確立された国際法規をかえりみて、同規約の該当箇所を照合し意訳すると次のようになります。

即ち同規約第5条において、日本民族が歴史的に育んできた習俗・習慣(custom)である多神教の神道のお祈り等は、国民の基本的人権の範疇であります。その国民の基本的人権は、同規約第2条において国連加盟国は尊重し保障することを約束するとしています。さらに、同規約第5条は、加盟国はいかなる理由をもってしても、靖国神社において誓い・礼拝を習俗とする日本人の基本的人権について、制限し又は侵すことは許されないと規定しています。誓い・お祈りは、自由権規約第18条2項「何人も自ら選択する宗教又は信念を受け入れ又は有する自由を侵害する恐れのある強制を受けない」自由権の下に行われているものであって、お祈りの内心をあえて明らかにするならば、阿部首相の場合は冒頭に述べたものです。

ところが現実は、国内的にも国際的にも、国によって尊重され保障されると定められている靖国神社参拝等の日本国民の基本的人権を行使する行動に対して、日本の多くのメデイアは疑問を提起し、否定的報道を行ってきています。

 

従って<日本のメデイアは、自由権規約第19条(表現の自由)3項「他の者の権利の尊重」の規定により、「習俗宗教の祈り」という国民の基本的人権を尊重する態度を示した報道をしなければならない>ことを同規約の規定に基づき法制化していただきたいと思います。メデイアが靖国神社に参拝した政治家に対して、政治家の基本的人権を侵すように公式参拝か私的参拝かを毎年質問して、否定的報道を繰り返すことによって諸外国に無用の疑念を生じさせる報道をやめさせ、確立された国際法規に従って政治家の行動を尊重する肯定的報道に改めさせていただきたいと思います。以上

平成26年8月29日内閣官房、内閣法制局、内閣府、宮内庁、国家公安委員会・警察庁、総務省、法務省、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、国土交通省、防衛省への送信依頼を受付ID:0000845003で受付

ました

 

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

3) 【 NPO法人百人の会 】 神奈川の世論5089 NHKへの意見をお願いします

 

 

 

 

天皇についてはどの程度の気持ちかは、神道の人、仏教徒、その他の宗教の人など様々の教義や哲学の人がいるから温度差はある。

しかし日本国民の象徴であり、天皇を侮辱することは日本国民を侮辱するである。

 

それに反対なら憲法改正を目指すしかない。

改憲論議の中で反対の主張をすればよい。

 

しかし現憲法を守る意志の有る者ならば、天皇に対する態度はおのずから常識的となる。

常識豊かな諸外国の人々は天皇に対しては少なくとも表向きは敬意を表している。

 

ついでに言うと大東亜戦争を戦った米軍の軍人達も靖国神社を以前から多数参拝している。

お国の為にと戦った相手に対し、最大限の敬意を表しているのであり、それが人間というモノ。

 

しかし特アのような民度の低い国民はその国の支配層でも国際標準の常識をわきまえていない。

 

下で名まえが上がっている池田恵理子氏、故松井やより氏などの女性たちは憲法改正論者なのだろうか?

 

——————————————————————————————————————————————–

各位

 

8月23日の産経新聞「産経抄」は、「NHK全国退職者有志」なる人々が籾井NHK会長の罷免を求めるOBの署名を約1500人分集めたことを取り上げています。その中心人物の池田恵理子氏は元朝日新聞の故松井やより氏と結託して、昭和天皇を有罪と断じた「女性国際戦犯法廷」という茶番劇をNHKの特集番組で報道しようとして大問題を起こした張本人です。このような連中が籾井会長の罷免を求める資格などありません。

つきましては、NHK及び衆参の総務委員に意見提出をお願い致します。

意見のサンプルを添付しますのでご活用ください。

 

事務局 木上

(以下産経新聞引用)

2014.8.23 03:09 [産経抄]

「すまじきものは宮仕え」とはよくいったもので、清少納言の昔からサラリーマンは気楽な稼業ではない。今はやりのブラック企業ではなくとも「成果主義」という正体のしれぬ怪物に追いまくられ、日々の疲れを一杯の生ビールで洗い流すことさえままならぬご同輩も多い。

▼退職してからなお一層、「わが社」への愛憎がいや増すのもサラリーマンの悲しい性(さが)か。「NHK全国退職者有志」なる人々が、籾井勝人(もみい・かつと)NHK会長の罷免を求めるOBの署名を約1500人分集めたという。

▼記者会見した元ディレクターの池田恵理子さんは、「国際的にみたらとんでもない人が公共放送のトップにいる」と口を極めて罵(ののし)った。さて、彼のどこがとんでもないのか。どうやら、半年前の就任会見をいまだに問題にしているらしい。

▼記者から慰安婦問題について聞かれた籾井氏は、「今のモラルでは悪いことだが、戦争地域ではどこにでもあった」と述べた。どこかの新聞やテレビが、さも大失言かのように扱ったのは記憶に新しい。

▼罷免に値する発言ではさらさらないのだが、池田さんには我慢ならなかったらしい。さすがは在職中から市民運動家と知られ、13年前、昭和天皇に「有罪」判決を下した「女性国際戦犯法廷」なるインチキ模擬裁判に深く関わったご仁だけある。

▼つい最近までNHKは、ニュースでも左翼系団体の集会をさも重大事のように扱っていたが、署名した1500人のOBはそんな昔が懐かしいのだろう。朝日でさえやめたのに、NHKがいまだに「従軍慰安婦」なる用語を使っているのも昔の名残である。OBたちが今、せねばならないのは、慰安婦問題などで偏向番組を放送し、視聴者を惑わせた過去への謝罪である。(引用終わり)

 

 

[意見提出先]

NHK

電話:0570-066-066 FAX:03-5453-4000

メール:https://cgi2.nhk.or.jp/css/mailform/mail_form.cgi

 

衆議院総務委員会

会長 高木陽介(公)

FAX:03-5251-3685 メール:yousuke@takagi21.com

理事 三宅博(次)

FAX:03-3508-3373 メール:http://miyakehiroshi.net/?page_id=26

 

参議院総務委員会

会長 山本香苗(公)

FAX:03-6551-1024 メール:info@yamamoto-kanae.com

理事 丸川珠代(自)

FAX:03-6551-0902 メール:https://www.t-marukawa.jp/modules/inquiry/

 

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

 

===============================================================

 

 

 

 

4) 「東アジア首脳会議(EAS)」と言う名の「アセアン10+8」

 

 

 

日本の援助で資金と技術を頂戴して発展することが出来た中国は生意気盛り。

生来の強欲さが頭をもたげ、欲望のままにチベット、ウイグル、ベトナム、フィリピンなどなどと蛮性を剥き出しにして残虐な行動を官民挙げて続けている。

 

日本では反日コリアン達が日本の敵はコリアの味方とばかりに中国と繫がり、中国が主張する東アジア共同体構想に乗ろうとしていた。

東アジア共同体というのは中国が日本と朝鮮を手下にする枠組みで、そこをてこに東南アジアからアフリカまでを取り込む戦略の手始めだった。

 

それに乗ったのが鳩山、小沢組。待ったをかけたのが米国。

 

日本政府は「アセアン10+6」を提案。東南アジア10各国と日、中、韓、豪州、ニュージーランド、インドで構成する地域連合の枠組み。

それを口にすると生意気な中国は烈火のごとく怒っていた。

 

しかし小生意気な事言ってても、弱いと見た相手にだけ高飛車な態度で無理を言うが、強い者が出て来ると土下座するところはコリアンと同じ。

 

結局、米国の意を受けたと思われる中曽根氏の発言が何年か前にあった。「アセアン10+8」。

「アセアン10+6」にロシアと米国を加える構想。

 

先ごろ外務省が発表した東アジア首脳会議(EAS)と言うのはまさに「アセアン10+8」構想。

中国の退潮を示しているのだろうか。

 

——————————————————————————————————————————————–

 

【 外務省 】

東アジア首脳会議(EAS)    平成26年8月10日

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/eas/index.html

 

 

東アジア首脳会議(EAS)参加国外相会議(概要)(平成26年8月10日)東アジア首脳会議(EAS)

岸田外務大臣のASEAN関連外相会議出席及びインドネシア訪問(平成26年8月8日~12日)

 

 

 

 

東アジア首脳会議(EAS)とは

EASは,地域及び国際社会の重要な問題について首脳間で率直な対話を行うとともに,地域共通の課題に対し,首脳主導で具体的協力を進展させる目的で2005年12月にクアラルンプール(マレーシア)で発足。

 

第1回EASにおいて,エネルギー,金融,教育,鳥インフルエンザ/感染症対策,防災を優先協力分野に設定。2011年の第6回EASにおける「ASEAN連結性に関するEAS首脳宣言」の採択を機に連結性が優先分野に加わった。2011年からは米露が正式参加し,政治・安全保障分野の取組強化を確認している。

 

 

参加国一覧

ASEAN10カ国(インドネシア,マレーシア,フィリピン,シンガポール,タイ,ブルネイ,ベトナム,ラオス,ミャンマー,カンボジア),日本,中国,韓国,豪州,ニュージーランド,インド,米国,ロシア(注:米国,ロシアは2011年から参加)

 

 

首脳会議

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/page3_000488.html

 

 

 

EAS参加国外相協議

・ 東アジア首脳会議(EAS)参加国外相会議(概要)(平成26年8月10日)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/rp/page4_000632.html

 

8月10日(日曜日)午前11時10分から午後1時30分(現地時間)まで,ミャンマー・ネーピードーにおいて東アジア首脳会議(EAS)参加国外相会議が開催され,我が国から岸田文雄外務大臣が出席したところ,概要次のとおり(議長:ワナ・マウン・ルイン・ミャンマー外相)。

 

1 第8回EASのフォローアップ

(1)総論

岸田大臣から,我が国として,地域の首脳が一堂に会する場としてEASを重視しており,

EASを地域のプレミア・フォーラムとして強化すべきであり,その関連で,

ASEANによるEASのレビューが現在行われていることを歓迎する旨発言した。これに対し,「首脳たちが集まり、あるべき秩序を話し合う場として,EASに勝る舞台はありません」との安倍総理のシャングリラ・ダイアローグにおける基調講演の一節を引用してEASの重要性に言及するなど,多くの国から,EAS強化の必要性について指摘があった。

 

(2)海洋協力

岸田大臣から,海洋が地域の重要な公共財であることを確認しつつ,その秩序を「法の支配」の原則に基づいて維持すべきであるとした上で,ベトナムによる第3回ASEAN海洋フォーラム拡大会合(EAMF)の開催を歓迎するとともに,我が国として拡大ASEAN船員訓練(EAST)イニシアティヴに海洋環境分野で協力する旨表明した。

 

(3)低炭素成長

岸田大臣から,第2回東アジア低炭素成長パートナーシップ対話の開催に触れつつ,本年度中に民間セクターのより主体的な参画を得て日本でハイレベル・フォーラムを開催予定である旨紹介した。また,二国間クレジット制度の構築・普及を含め,引き続きEAS各国とも連携・協力していきたいとの意向を表明した。

 

(4)災害管理

岸田大臣から,災害多発地域であるアジア大洋州地域においてEAS参加国と協力し,引き続き積極的に災害管理分野における協力を推進したい旨述べた。また,地域のハブとなるASEAN防災人道支援調整センター(AHA:アハ)センターに対する支援を表明するとともに,来年3月に第3回国連防災世界会議を被災地の仙台市で開催する旨紹介し,各国首脳・閣僚の参加を得て同会議を成功させたいとの意気込みを表明した。

 

 

 

2 地域・国際情勢

(1)北朝鮮

ア岸田大臣から,拉致,核,ミサイル等の諸懸案の包括的解決を目指すとの我が国の方針は不変である旨述べた上で,北朝鮮の「核保有国」化の追求,繰り返される弾道ミサイルの発射等について,国際社会として断固とした対応が重要である旨指摘した。

 

イまた,岸田大臣は,北朝鮮による拉致被害者を含む全ての日本人に関する包括的・全面的な調査の開始に触れ,その進捗を注意深く見極める必要があるとしつつ,拉致問題に関する各国の理解と協力を求めた。また,北朝鮮における人権に関する国連調査委員会(COI)の報告書に触れつつ,北朝鮮の人権状況改善のための各国の協力を呼びかけた。

 

ウ これに対し,大多数の国から,北朝鮮情勢ついての言及があった。

 

 

 

(2)南シナ海

ア岸田大臣から,南シナ海をめぐる問題について,地域の平和と安定に直結し,国際社会全体の関心事項であるとした上で,シャングリラ・ダイアローグにおいて安倍総理が表明した「海における法の支配の3つの原則」に基づき,平和的解決を期待する旨述べた。また,2002年の南シナ海における関係国の行動に関する宣言(DOC)の精神と規定に立ち返り,恒常的な物理的変更を伴う一方的行動をとらないという固い約束を交わすべきとの安倍総理の提案を改めて説明した。さらには,DOCの完全かつ効果的な実施及び南シナ海における関係国の行動に関する規範(COC)の早期妥結を期待する旨述べた。

 

イこれに対し,大多数の国から,南シナ海をめぐる問題は地域全体の問題であるとして,国際法に基づく平和的解決の必要性等につき発言があった。

 

 

 

===============================================================

 

 

 

5) 【暴言】拉致被害者「とっくに死亡」=石井一元議員が発言★ASKA実刑か?【栩内被告との愛人継続を希望】

 

 

 

愛国者各位

 

石井一氏が暴言を吐きました。やれやれ・・・

こんな売国奴が与党だったとは・・・

 

ASKAの公判が始まりました。パソナ・政界疑惑はどうなるのでしょうか?

 

 

★安倍晋三は、奸臣竹中(パソナ会長)を切るべし★

★安倍晋三は、奸臣竹中(パソナ会長)を切るべし★

★安倍晋三は、奸臣竹中(パソナ会長)を切るべし★

★安倍晋三は、奸臣竹中(パソナ会長)を切るべし★

★安倍晋三は、奸臣竹中(パソナ会長)を切るべし★

 

★パソナから多額の支援を受けている、松下政経出身の高市の入閣は、安倍内閣の命取りになるぞ★

★パソナから多額の支援を受けている、松下政経出身の高市の入閣は、安倍内閣の命取りになるぞ★

★パソナから多額の支援を受けている、松下政経出身の高市の入閣は、安倍内閣の命取りになるぞ★

★パソナから多額の支援を受けている、松下政経出身の高市の入閣は、安倍内閣の命取りになるぞ★

★パソナから多額の支援を受けている、松下政経出身の高市の入閣は、安倍内閣の命取りになるぞ★

 

 

——————————————————————————————–

【1】拉致被害者「とっくに死亡」=石井一元議員が発言 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140829-00000163-jij-pol

時事通信 8月29日(金)20時50分配信

 

政界を引退した民主党の石井一元自治相は29日、神戸市内で開いた自らの旭日大綬章記念パーティーで、北朝鮮による日本人拉致問題について「日本政府は(拉致被害者の)横田めぐみ(さん)その他を返せと騒ぎまくっているが、とっくに亡くなっている。違和感がある」と発言した。

石井氏は、出席者に配布した「私の主張」と題した文書でも、「北朝鮮が一度死亡と発表した方々を改めて生存しているとする可能性は、とても低いのではないか」と指摘した。北朝鮮からの再調査報告を控えた時期だけに、関係者らの批判を招く可能性もありそうだ。

記念パーティーには民主党の海江田万里代表も出席した。

——————————————————————————————–

【2】ASKA初公判、栩内被告を“愛人宣言” 裁判官に堂々「大事な人」夕刊フジ 8月29日(金)16時56分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140829-00000009-ykf-ent

 

「大事な人です」-。覚せい剤取締法違反(所持と使用)などの罪で起訴されている「CHAGE and ASKA」のASKA(本名・宮崎重明)被告(56)は28日の初公判で、ともに逮捕された栩内(とちない)香澄美被告(37)について、堂々の“愛人”宣言を行った。さらに、栩内被告との関係に未練タラタラの発言も。懲役3年を求刑されたASKA被告。法廷での愛の告白は判決にどう影響するのか。

 

法廷に現れたASKA被告は、先月3日の保釈時と同様の黒系のスーツに黒縁めがね姿。落ち着いた様子で被告人質問にも淡々と答えていたが、様子が変わったのは、栩内被告について内容が及んだときだ。

 

検察側が「性交渉のときに使ったのか」「知らないうちに飲ませたのか」と繰り返し栩内被告の覚醒剤使用を質問すると、「使っていません」「ありません」と栩内被告の無罪を主張。最後に「水に混ぜたりして飲ませたことは」とたたみかけられ、「そんな卑怯(ひきょう)なマネをしたことは一度もありません」と気色ばんだ。

 

検察側はその後、今年4月に栩内被告からASKA被告に送られたメールの存在を明らかにした。

《私にしたの、気付いているんだよ。今日も寝られなかった》《なのにあんなひどいことするんだ。娘には絶対にさせないことを》…。

 

ASKA被告が栩内被告に気付かれないよう覚醒剤を使用したことをうかがわせる内容や、過激な性交渉を連想させる内容のメールについて、追及されたASKA被告は「(薬物疑惑の)週刊誌の報道以降、(栩内被告は)敏感になっていた」「妄想を膨らませるのはやめてほしい」などとかわした。

 

公判では第2、第3の愛人の存在は明らかにならなかったが、「あなたにとって栩内被告はどんな人か」との質問には「大事な人です」と宣言。「大事で好きな人か」と問われると、「はい」と言い切った。

 

栩内被告との今後の関係について聞かれると「その前に話さないといけないことがたくさんあり、ここで話すのは無理があります」とし、「まだ決められないのか」との問いに「はい」と答え、未練たっぷりな様子で傍聴席をあぜんとさせた。

 

最終意見陳述では何度もファンへの謝罪を口にしたものの、公判を通じて印象に残ったのは栩内被告への思いばかり。ASKA被告の妻は出廷せず、「家族とともに支えていきたい」とする供述調書が読み上げられただけだったが、ショックは大きいはずだ。

 

裁判官の前での堂々の愛の告白は、どう影響するのか。

 

元東京地検公安部長で薬物事件に詳しい若狭勝弁護士は、「裁判官に、妻が真面目に監督するとは思えないというイメージを与え、保護観察付き執行猶予判決になる可能性が増したといえる。また、栩内被告の裁判にも大きく影響するだろう。彼女が否認している以上、栩内被告をかばっているという印象を与えてしまった。栩内被告からのメールは非常に不自然な内容だった。検察側は、栩内被告の有罪に向けてポイントを少し稼いだとみることができる」と指摘する。

 

ラブソングの名手らしく、法廷でも愛をうたったカリスマアーティスト。判決は9月12日に言い渡される。

 

 

★栩内被告をそこまでかばうとは・・・ 魔性の女だな。

 

 

————————————————————————————————-

【3】ASKA 栩内被告擁護発言で裁判官の心証悪化か http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140829-00000023-tospoweb-ent

 

覚醒剤取締法違反罪、麻薬取締法違反罪で起訴され、28日の初公判で検察側が懲役3年を求刑した歌手ASKA被告(56=飛鳥涼、本名・宮崎重明)が「大事な人」などとした栩内(とちない)香澄被告(37=覚醒剤取締法違反罪で起訴)に関する発言が波紋を広げそうだ。自分はおろか、かばってみせた栩内被告にも不利な状況を招きかねない。

 

ASKAと同日に逮捕された栩内被告との今後の関係について、ASKAは「この場で言うのは無理」と思わせぶりな発言をするにとどめた。栩内被告は捜査段階から一貫して薬物使用を否定しており、有罪を立証しようとする検察側とのせめぎあいが続いている。

 

ASKAは自身の罪を認めているだけに、栩内被告との絶縁を誓っておけば、更生への強い意志をアピールできるところだった。栩内被告に関するASKAのあいまいな発言は、わざわざ裁判官に今後への疑念を抱かせ、心証を悪くした可能性もある。

 

求刑の懲役3年は、近年の薬物事件でいえば、女優酒井法子(43)や小向美奈子(29)の1年6月の2倍。

いずれも同じ量刑の判決で3年の執行猶予がついた。ASKAは同じ初犯で罪を認めているが、検察側は常習性があるなどとして3年を求めたもよう。識者からは、実刑は避けられたとしても「保護観察がつく可能性が高い」との指摘もなされている。

 

この日の法廷では洋子夫人(59)の情状酌量を求める書面も読み上げられたが、それを台無しにしかねないASKAのあいまいコメント。9月9日の栩内被告の第2回公判でも、突っ込まれる材料になる可能性もある。本人ばかりか、家族や栩内被告にもプラスにならない発言だろう。

 

 

★実刑で良い。→刑務所へどうぞ。

→売国奴国賊野田もどうぞ。

 

 

————————————————————————————————-

【4】ASKA被告、最悪実刑の可能性も出てきた 「愛人が大事な存在」発言が判決に悪影響 J-CASTニュース 8月29日(金)14時16分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140829-00000002-jct-ent

覚せい剤取締法違反の罪で起訴された「CHAGE and ASKA」のASKA(本名・宮崎重明)被告(56)の初公判が2014年8月28日、東京地裁で開かれた。ASKA被告は起訴内容全面的に認め、「大変申し訳ない」と謝罪した。

 

更生への決意を語る一方で、ASKA被告と一緒に逮捕・起訴された愛人である栩内(とちない)香澄美被告(37)については「大事な存在」と未練をにじませたという。こうした答弁が影響して、単なる執行猶予ではなく、「保護観察」が付くのではと専門家はみている。さらに、実刑の可能性もないわけではないのだ。

 

 

■妻は手紙で「夫を支えていきたい」

 

ASKA被告は5月17日に覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で逮捕、起訴された。法廷では起訴内容について異論を問われると「何もありません」と全面的に認め、20年以上前にロンドンで合成麻薬MDMAを初めて使用したことや、2010年夏に覚せい剤を使用し始めたことなどを説明した。

 

情状証人として出廷するとみられていた妻の洋子さんは「体調が優れない」として現れなかった。法廷では洋子さんから預かった手紙が読み上げられ、その中で「健康だった頃の姿に戻ることを願って、夫を支えていきたい」という主旨の思いが語られていたという。

 

最終意見陳述ではASKA被告自身も反省の言葉を述べるとともに、

 

「私はこの恐ろしい覚せい剤をやめたい。しかし、自分の意思だけではやめることができないと思っています。

人として立ち直るためにも、しばらく時間を要することになりますが、引き続き医師の指導に従って治療していきたいと思っています」どと更生への前向きな思いを語ったという。

 

法廷では冷静な受け答えをしていたASKA被告だが、検察側から栩内被告について質問された際には語気を強めることもあり、仰天発言も飛び出した。

 

報道によれば、検察側に栩内被告のことをどう思うか尋ねられると「大事な存在だと思っています」。さらに「大事で好きということか」と聞かれると「はい」と答えたという。今後の関係については「これから話さなければならないこともあるので」とした上で、ここで答えることはできないと言うにとどめ、断ち切れない思いをうかがわせた。

 

検察側は「長期にわたり違法薬物を使用し、常用性が高い」として懲役3年を求刑。弁護側は執行猶予を求めた。

「『大事な存在』と言っちゃだめと弁護側から言われていたはず」

判決では執行猶予が付く、というのが一般的な見方だが、専門家らは今回の公判によって猶予期間中に「保護観察」が付く可能性が高まったとみている。

 

元東京地検検事の田中喜代重弁護士は29日放送の情報番組「モーニングバード!」(テレビ朝日系)に出演。

懲役3年という求刑に「重たいですね」と話した上で、裁判所は4~5年の執行猶予をつけるだけでなく、保護観察をつける可能性を予想した。

 

保護観察は、執行猶予になった犯罪者らに対して保護司が定期的に面会して更生するよう指導することを指し、家族など身近な人が監督できない場合などにとられる施策だ。

 

田中弁護士は「法廷を見る限り、保護観察が付く可能性が大きく出てきてしまった」と指摘した。

 

そもそも検察側の質問で栩内被告について聞かれることは100%分かっており、弁護士との打合せも十分してきているはずだという。にもかかわらず、ASKA被告が「大事な存在」といった発言をしたことについては、「それは言っちゃだめだと言われているはず。栩内被告については『交際しません、手を切ります』とか。『家族のもとに戻って家族の監督のもと、自分はしっかりやっていきます』と言えって絶対言われているはずですよ」と推測した。

 

その上で、

「覚せい剤をやめるには自分の強い意志とサポートしてくれる人の存在が必ず必要であり、その一番近い存在であるはずなのが妻。だが、信頼関係がなければうまくいかない」とし、今回の法廷によって妻が監督するのは難しいとみられたのではないかと分析する。

 

保護観察も決められた約束事を守りながら、家庭で生活して更生を図るケースがほとんどだ。家庭での生活が難しいとすると、保護観察もダメという最悪ケースも考えられなくはない。

 

「今までは執行猶予が付くかつかないかの話だったのが、今度は(法廷によって)保護観察が付くかつかないかまで来て、実刑の可能性も微妙に出てきている」と話した。

 

東京地検特捜部元副部長・若狭勝弁護士も複数のスポーツ紙上で保護観察の可能性が高まったと指摘している。妻など身近な人が裁判官に被告人を監督することを直接約束することが大事であり、書面だけでは弱いという。また、栩内被告についての証言も「妻の気持ちが引いてしまうと想像すれば、この証言も保護観察付きに傾くと思う」としていた。

 

ASKA被告の判決は9月12日の14時に言い渡される。

 

—————————————————————————————————-

【5】ASKA初公判 空気を一変させた愛人質問 http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/306430/

 

覚醒剤取締法違反(所持、使用)で起訴された人気歌手ASKA被告(56=飛鳥涼、本名・宮崎重明)の初公判が28日、東京地裁で開かれ、検察は懲役3年を求刑した。ASKAは起訴内容を全面的に認めており、裁判は形式的なものになると思われたが…。検察側がASKAと一緒に逮捕された“愛人女性”栩内(とちない)香澄美被告(37)の名前を出すや、法廷の空気は一変! 2人の関係を執拗に問いただす検察側に、ASKAの弁護側は「その質問は関係ない!」と激しく抵抗し、ASKAも語気を荒らげる場面もあった。やはり栩内被告は最大のタブーなのか——。

 

弁護側「そのことを聞く意味はない。質問(内容)が重複している!」

 

検察側「いいや、これは薬物使用の実態を示すのに必要な質問だ!」

 

公判開始(午後1時15分)から30分が経過したあたりで突如、法廷の雰囲気が変わった。

 

5月17日に覚醒剤取締法違反(所持、使用)の罪で逮捕、起訴されたASKA。起訴内容は大筋で認め、20年以上前に滞在先のロンドンで合成麻薬MDMAを使用したことや、家族から薬物使用を疑われ、2013年4月から検査キットでの尿検査を週に1、2回義務付けられていたことなどを明かした。

 

法廷では元アナウンサーの妻・洋子さん(59)から預かった「健康だったあのころに戻ってほしい。これからも家族で寄り添って支えていきたい」という手紙も読み上げられ、ASKA本人も「人として立ち直るためにしばらく時間を要することになりますが、引き続き医師の指導に従って治療していきたと思っています」と更生を決意した。

 

だが、検察の狙いはASKAではなく、同じく同法違反で起訴されたものの、容疑を完全否認している栩内被告だった。

同被告の毛髪と尿からは覚醒剤の陽性反応が出ているが、先月22日の初公判では「知らない間にASKAに(薬物を)盛られた。私はやっていない」という趣旨の発言を繰り返し、無罪を主張している。

 

これを覆すには、この日のASKA証言が重要になってくるだけに、被告人尋問で検察は「彼女と性行為中に薬物を使ったか?」「彼女の尿から薬物反応が出たが、あなたが混入したのか?」など、ASKAを執拗に問いただした。

 

これにASKAは「そのようなことはありません」とキッパリ。なおも検察側は「本当はMDMAなのに別のモノと称して飲ませたのか?」「彼女のたばこや食べ物に入れたのでは?」と畳み掛ける。これにはASKAもイラッときたのか「そんな卑怯なマネはしたことがありません!」と語気を強めた。

 

それでも検察側が「では、彼女の陰部に覚醒剤を塗ったことは…」と続けたところ、弁護側は「質問の重複だ! それ以上聞く必要がない」と激怒。裁判長が「お互いほどほどに…」とたしなめる場面もあった。

 

 

検察は今年4月のASKAと栩内被告のメールのやりとりの開示も提案。これに弁護側は「本件とは全く関連性がない!」と猛反発し、約5分間にわたり検察側と応酬を繰り返した。

 

結局、裁判長が開示を許可し、栩内被告がASKAに「私にしたこと知ってるよ。おかげで寝れなかった」というメールを送っていたことが明かされた。これだけ見れば、やはりASKAが知らぬ間に薬物を混入したように思えるが…。

 

ASKAは当時を振り返り「全く心当たりがない。彼女は時々そういうメールを送ってくる。また始まったか…という気持ちだった」と述べ、栩内被告の“偽装工作”である可能性を示唆した。

 

一方で栩内被告の存在について聞かれたASKAは「大事な人」。「好きな人か?」と聞かれ「はい」と即答した。

栩内被告との今後についても「その前に話さないといけないことがたくさんあるので…。この場で答えるのは無理です」と明言せず。事件を受け、関係解消するものと思い込んでいたマスコミからは閉廷後「未練タラタラ」「奥さんがかわいそう」という声が飛んだ。

 

検察側の求刑は懲役3年。弁護側は執行猶予判決を望んでおり、判決は9月12日に下される

 

 

—————————————————————————————————-

【6】韓国で衝撃、“人肉カプセル”6万6000錠押収・・韓国ネットは「人間の皮をかぶった鬼」「糞が体に良いと言えば食うのか?」 XINHUA.JP 8月28日(木)9時50分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140828-00000011-xinhua-cn

韓国で、人間の死体などから作られた「人肉カプセル」が密輸され続けていることが明らかになり、衝撃が広がっている。

 

 

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

6) 会員の方からの情報

 

 

 

 

◇速報◇理研、中国軍のレーザー兵器開発を技術支援か、研究協力覚書の締結が発覚!! 中国に手を貸す日本の研究機関

http://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/40574402?guid=ON&ref=cm

 

 

水島氏、田母神俊雄さんと訣別する!!

http://blog.m.livedoor.jp/soemon/article/54930600?guid=ON&ref=cm

 

 

【拡散希望!! 】韓国LG電子製の冷蔵庫が発火、長崎県で住宅全焼!!

http://blog.m.livedoor.jp/hikaru2013/article/40583982?guid=ON&ref=cm

 

 

 

【反日ハンター】駐日本国大韓民国大使館からのお知らせその5

http://blog.m.livedoor.jp/antijapanhunter/article/51833385?guid=ON&ref=cm

 

 

 

【衝撃】韓国製LG冷蔵庫、日本国内で住宅全焼など5件発生!!

http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/39915439?guid=ON&ref=cm

 

 

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください