A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

台湾民政府の講演会     -栗原茂男

 

1) 台湾民政府の講演会

2) <集団ストーカー考察、その3・事実に基ずいた仮説>

3) SDHF Newsletter No.76J ヘンリー・ストークス第5章

4) 政務調査会議(高市早苗会長)、新談話の欺瞞を糾す!・・・主権回復を目指す会

5) 日本には深刻な人種差別が存在する

6)会員の方からの情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【純日本人会 メルマガ 】

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

1) 台湾民政府の講演会

 

 

 

24日の日曜日に純日本人会の情報交換会を開催した。会合の名称は参加者の希望で「あてな倶楽部」となっているが命名した人は故人となっている。

 

さて台湾民政府だが、小さい部屋は一杯になった。初参加の方も何名かおられ、終始熱気にあおられて講師の解説は進んでいった。

 

皆さん、突拍子もない話と受け取ったようで質問や意見もかなり熱気を帯びていた。

 

 

台湾民政府の主張の要点は先日メルマガとブログで解説したが、講演会ではその主張が出て来た経緯を説明してくれた。

台湾の帰属が未定である事が台湾人が台湾の外に出る時国際社会の現実の厳しさを肌身で感じるようだ。

 

また、近年の中華侵略主義の台頭が米軍に大きな戦略の変更を促している事と思われる。

基地問題でごたつく沖縄から米軍基地を台湾に移したいと考えるのはごく普通の事と思われる。

 

現に2万坪の土地に地下2階、地上4階の巨大ビルの軍事基地を米軍が建設中で年内に完成する。

もし沖縄から米軍が出て行って、基地経済に影響を与えるなら侵入シナ、コリアンのやった事、鳩山由紀夫のやったことはどう言い訳するのだろう。

 

 

 

サンフランシスコ条約では朝鮮には独立を認めると成っていて、台湾には独立の文字は無い。

台湾は日本領である。

サンフランシスコ条約で日本が放棄したものは台湾に対する権利、権原、請求権であって主権ではない。

 

言ってる事が小難しいが、要するに底地は日本のもので、土地の上の権利は占領中の米軍が保有すると言うかたち。

蔣介石一派(中華民国政府とは別)は中国で共産党の反乱によって政権を軍事力で奪われ、逃げ回っていたところを米軍に助けられ台湾に連れてきてもらって、台湾の管理人さんとして雇ってもらった。

 

ところが管理人の地位に就くと蒋介石は台湾人つまり日本人を中華民国籍にしてしまった。

管理人が住人達を勝手に自分の領民にしてしまったのである。

 

と言う事は台湾人は台湾から消えてしまったのである。

これは笑話ではなく、その後の中華人民共和国承認の国際的広がりによって重大な影響が台湾人に降りかかる事になる。

 

中華民国政府は政府として認められないなら、その国に行くとき台湾人の身分は?となる。

スポーツの大会でチャイニーズタイペイとなっているのは亡命政府として認められているかたち。選手は亡命政府の人々。

 

 

李登輝氏の下で活動していた林志昇氏は台湾人の地位が不明確なので米国司法省を相手取っての訴訟を起こした。

そして李登輝氏は訴訟には距離を置き、その後両者は別離。

 

 

台湾人の地位を求めて起こした訴訟で、米国政府を訴えた訴訟は一審、二審で林氏が勝ち、2010年には国務省、つまりアメリカ政府は最高裁で抗弁権を放棄し、最高裁は判断保留。

そしてアメリカ政府は「台湾民政府ワシントンDC代表処」の設立に同意と言う流れ。

 

アメリカ政府は以下の事項を確認。

台湾は国家ではない。

台湾人は無国籍である。

台湾は中国、中共のどちらでもない。

台湾人は政治煉獄の中にいる。

 

このことは台湾人が一歩台湾の外に出ると国際社会の冷たい風あたりをヒシヒシと感じる様であり、それが台湾民政府の活動の根源となっている様である。

 

 

台湾を占領中の米軍は台湾人と中国人を区別する「台湾公民身分証」を既に発行し始めている。

これは台湾人には米国へのビザ無し入国は認めると言う事につながる。

 

テロ国家の定義は

1.国家でない、2.武器を有している、3.勝手に徴兵している。

 

ところが国家ではない中華民国政府は勝手に徴兵している。

 

それで米軍は中華民国軍の解体に着手しはじめた。

2011年にはROC(中華民国)の白色ロゴが全ての兵器から取り除かれ、2014年には徴兵も廃除される。

 

台湾は今後、シナ人による代理占領から解放され、台湾人自身によって管轄される。

丁度ドイツと同じ、施政権返還前の沖縄と同じ状態となる。

 

日本は大東亜戦争後大日本帝国議会で吉田内閣の手で大日本帝国法を改正した。

たとえGHQの米国・マッカーサーからの強い要請が有ったにしても最終的に決定したのは日本国民である。

 

 

※ しかし大日本帝国憲法改正は台湾を含んでいない。

 

 

米国は今のところ明言はしていないが、米国領である事は否定し、中国領である事も否定。独立国も否定。

では台湾は何処に所属?

それをこれから話し合いするようだ。

 

 

台湾民政府は、日本領台湾は米軍の占領中であるとはいえ、台湾の領土と住民は天皇陛下に所属する事を確認している。

 

だから「天皇陛下万歳!」なのである。

http://usmgtcg.ning.com/forum/topics/6473745:Topic:128673  (最下行)

 

 

台湾民政府にとっては台湾は日本ではなく、大日本帝国なのであり、天皇陛下の台湾なのである。

 

彼らはその事を日本人に知って欲しいと願っている。

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

2) <集団ストーカー考察、その3・事実に基ずいた仮説>

 

集団ストーカーの手口を述べますと

1)一人の集団ストーカー被害者に、ある悪の組織が人を大動員して、尾行・監視・付きまとい・騒音公害などの嫌がらせ行為を、24時間被害者本人の携帯で被害者の位置を確定して行なわれる。 車で行なわれる場合は、被害者本人の車を取り囲む様に、ぞろ目二桁ナンバー車(+両はしぞろ目)など集団ストーカー車が集結する。 おそらく、のちの移民政策により日本乗っ取りのため、集団ストーカー犯罪組織ごとに識別できる様に、ナンバー構成が、してあるのではないかと、わたくしは、勝手な推測をしています。

 

これら集団ストーカー手口の対策としては、被害者の行動パターンは完全に調査され、被害者本人の個人情報は、集団ストーカー犯罪組織で共有化されていますので、

1、行動パターンを変えてみる。

2、思い切って環境(転居・職場)を変えてみる。

3、携帯を変える(できればGPS機能なし)などがあると私は考えます。

 

2)集団ストーカー被害者本人を24時間、監視・盗聴し根拠のない悪いうわさを、集団ストーカー加害者ネットワークで拡散し、地域社会・職場・学校に流される。そしてその悪評を信じてしまった第三者から新たに嫌がらせをされると言う、風評被害に進展する場合も多々あります。

 

その集団ストーカー犯罪行為や、今、最も解決が待たれている「日本人拉致問題」を利用して「背乗り」ハイノリ(ある目的を持った外国人の工作員が、日本人の身分・戸籍を乗っ取り、日本人になりすます)と言う人権を全く無視した行為が、この国では頻繁に行なわれてきました。 そしてその集団ストーカー被害者に共通するのは、頭の良い人・優秀な人・家柄の良い人・財産の多い人・日本に必要な人などであります。

 

最後に、現在の日本の政界には、日本に愛国心が少ない、半島系の「日本人なりすまし国会議員」が多くみえるとうわさに聞くが、これが事実であるとすれば、日本国最大の悲劇であり、大問題である。

 

 

純日本人会、三重支部

 

 

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

3) SDHF Newsletter No.76J ヘンリー・ストークス第5章

 

 

 

 

 

『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社)

第5章 蒋介石、毛沢東も否定した「南京大虐殺」

元ニューヨーク・タイムス東京支局長 ヘンリー・ストークス

 

栗原茂男 様

第4章に引き続き問題の第5章をお送りします。

第1章で、ストークス氏は書いています。「国際社会で「南京大虐殺はなかった」などと言ったら、相手にされない。南京大虐殺は、歴史の事実とされている。それを否定する人とまともな議論はできないと思われている。」と。

にも拘らず、ストークス氏はこの第5章で敢えて真っ向から南京大虐殺を否定しました。外国人特派員協会内に衝撃が走りました。それをもとに、「共同通信社」は「翻訳者がストークスの言葉を正確に訳していない」という批判記事を流しましたが、直ちにストークス氏によって否定されました。(5月9日付の祥伝社のリリース)。全くの虚報、もしくは歪曲報道でした。

さて、いよいよ5章の英文が出てきたわけです。ストークスさんは、5章のはじめに「南京大虐殺なるものはⅠ937-8年にかけて行われた国民党の情報戦におけるプロパガンダに他ならない」ということを強調する文章を付け加え、南京虐殺の虚構についてさらに詳しく論じています。是非詳しくご覧ください。

第5章日本語全文はこちら:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS05.pdf

(第1章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS01.pdf

第2章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS02.pdf

第3章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS03.pdf

第4章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS04.pdf)

英訳文は、下記の通り発信しました。

平成26年8月25日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

 

Falsehoods of the Allied Nations’ Victorious Views of History,

as Seen by a British Journalist

Chapter Five: “Nanking Massacre”: Denied by Chiang Kai-shek and Mao Zedong

By Henry S. Stokes, former Tokyo Bureau Chief of The New York Times

We now present Chapter Five, the most controversial chapter.

Mr. Stokes writes in Chapter One, “In international society, one will be ignored if he or she said “Nanking massacre did not take place.” Nanking massacre is a historical fact and nobody wants to debate seriously with deniers of historical facts.”

Nevertheless, he dares to thoroughly “deny” the “Nanking Massacre” in this chapter. Against this shocking statement Koyodotsushin, Japan’s leading news agency spread a press release saying that Japanese translator mistranslated Mr. Stokes’s original comment. However, Mr. Stokes immediately rebuffed this by a statement released from the Japanese publisher on May 9, 2014 that the Japanese translation correctly expressed his comment.

Now the full English version of Chapter Five is available. Mr. Stokes updates the beginning of this chapter emphasizing that The so-called “Nanking Massacre” was a Propaganda Strategy launched in China in the context of an Intelligence War dating to 1937-8. You can examine for yourself the facts and logic-based analysis on which he based his assertion.

 

Chapter 5: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/119_S4.pdf

Chapter 1: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S4.pdf

Chapter 2: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/115_S4.pdf

Chapter 3: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/116_S4.pdf

Chapter 4: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/117_S4.pdf

Author profile:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S3.pdf

 

Questions are welcome.

 

Sincerely,

 

MOTEKI Hiromichi, Secretary General

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact

Phone: 03-3519-4366

Fax: 03-3519-4367

Email moteki@sdh-fact.com

URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

 

 

===============================================================

 

 

 

 

4) 政務調査会議(高市早苗会長)、新談話の欺瞞を糾す!・・・主権回復を目指す会

 

 

 

 

政務調査会議(高市早苗会長)、新談話の欺瞞を糾す!

 

<自民党の過去を隠蔽する新談話!

「河野談話」踏襲と「新談話」 両立はあり得ない>

 

自民党は21日、政務調査会議(高市早苗会長)を開き、慰安婦問題をめぐる1993年の河野洋平官房長官談話に代わる新しい官房長官談話を出すよう、政府に求めていくことを決め、菅義偉官房長官に要請すると公表した。

【河野談話に代わる新たな談話要請へ 自民政務調査会】(朝日新聞 平成26年8月22日)

http://www.asahi.com/articles/ASG8P5D55G8PUTFK004.html?ref=reca

 

一読して、新談話の趣旨は朝日の「慰安婦問題検証」と同じく、「河野談話」という歴史捏造を踏襲してきた自民党の過去に目をつむり、この売国政策を犯してきた責任の在りかを隠蔽する工作によく似ている。安倍政権の「河野談話」踏襲を宣言しつつ、一方ではこれを“否定”するような新談話など、論理的に両立し得ない。

 

朝日でさえ否定した「慰安婦問題検証」によって、「河野談話」を踏襲する根拠は白日の下に崩壊したのである。

 

科学実験のレポートでいえば、データが間違っていたと検証されたならその実験結果は白紙に還元されるか否定・抹消される。その上で、正しい実験データが真実であると科学雑誌に記録される。慰安婦問題に例えれば、「河野談話」はでっち上げだったのである。実験データ(「河野談話」)に悪質な不正が検証されたなら取り消されるのが世の常識、こんなもの小学生でも分かる論理ではないか。もはや、「河野談話」は白紙撤回しかあり得ない。

 

政務調査会議(高市早苗会長)に警告する。君たちには新談話の前に先ずやるべきことがある!

 

それは「河野談話」を踏襲する自民党の現在・過去(売国)を洗い残さず検証し、これらを国民に謝罪した上で然るべき責任を明確にすることである。謝罪を示すことと責任の明確化は高市早苗議員を始めとした「河野談話」踏襲に目を瞑ってきた全自民党議員に課せられた使命並びに義務である。

 

謝罪もしない、誰一人責任を取らない、どうしてこれで朝日新聞を批判できる資格があり得ようか。責任は河野洋平一人に押しつけ、自民党は全く関係・責任がなかったと涼しい顔!?こんなデタラメ通らない。

 

<先ず隗より始めよ>誰でも知っているシナの格言で国籍、民族、肌の色をを問わず人間社会を貫く倫理規範、我々が幼少時から家庭で、地域で、社会において叩き込まれてきた価値基準だ。政務調査会議(高市早苗会長)に課せられた使命なり義務は、「先ず高市早苗会長は『河野談話』の白紙撤回より始め」ではないのか。

 

新談話とは、世界に向かって「河野談話」の白紙撤回を宣言した後に発表すべきものであって、断じてその逆はあり得ない。

 

※参考【自民党よ、日本海に叩き込まれるな!】

http://nipponism.net/wordpress/?p=13530

※ 写真

第142回 アンチ「水曜デモ」自民党本部前 平成26年8月20日 (↓ 画像クリック拡大)

 

新談話は要らない!「河野談話」の白紙撤回のみだ(自民党本部前 平成26年8月20日)

 

 

 

 

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

5) 日本には深刻な人種差別が存在する

 

 

 

シナ人達が程度の悪い「国連人種差別撤廃委員会」を唆して悪辣な捏造告げ口話を拡散しているようだ。

「国連人種差別撤廃委員会」で委員が言っていると言う形をとって報道し、例によって人に責任をなすりつける卑怯なやり方で告げ口を拡散させている。

 

日本には人種差別言うより民族差別が確かに存在する。

 

お人好しの日本人は無能で可愛そうな朝鮮人を甘やかしてしまったためにいつの間にか朝鮮人利権だらけになり、日本人が逆差別状態になってしまっている。

そして最近、それが日本人に知られる処となり、朝鮮人利権を剥奪する方向になって来た為に彼らは必至。

 

更に朝鮮人に遅れて日本侵略を狙うシナ民族も朝鮮人の捏造言い掛かりに加担している。

やることが貧小卑しい朝鮮のパカおばさん、そっくりである。

 

 

シナ人は日本のことを言ってるどころではない。

チベットでチベット人に対してシナ人が何をしている?ウイグルでシナ人はウイグル人に何をしている?

その他の少数民族にシナ人は何をしている?

 

日本に「人種差別だなんて言い掛かりを付けているどころではない。

 

——————————————————————————————————————————————–

 

レコードチャイナ Record China

国連人種差別撤廃委員会、「日本には深刻な人種差別が存在する」―中国メディア

配信日時:2014年8月22日 16時37分

 

 

22日、ジュネーブで開かれていた国連人種差別撤廃委員会の対日審査会合が今月21日、終了した。同委員会の委員からは、日本社会の人種差別の状況をめぐり、続々と懸念の声が上がった。写真は反韓デモ。

 

2014年8月22日、ジュネーブで開かれていた国連人種差別撤廃委員会の対日審査会合が今月21日、終了した。同委員会の委員からは、日本社会の人種差別の状況をめぐり、続々と懸念の声が上がった。新華網が伝えた。

 

2日間にわたる審議中、ある委員は、「日本には深刻な人種差別問題が存在する。日本の一部極右団体や個人は、新聞・インターネット・テレビ・その他メディアを通じてのヘイトスピーチ(差別的憎悪表現)を繰り広げ、『日本民族優越論』を展開、デモ活動などを行い『軍国主義復活』を叫び、外国人を貶め、混乱に陥れ、挑発している。甚だしきに至っては暴れるケースもある。しかし、日本には、彼らの行為を取り締まる法規制が存在しないことから、問題はますますエスカレートしている」と指摘した。

 

このほか、委員たちからは、「日本では2013年来、人種差別的なデモや講演活動が360回以上行われた。この事実を見ても、日本政府が、ヘイトスピーチや人種差別行為を処罰する法規制を整える気持ちがあるのかどうか、極めて疑わしい」という意見や、「内閣の閣僚を含む高官の中には、日本の国民を間違った方向に誘導し、史実を捻じ曲げるような人種差別主義的な言論を行い、いわゆる『中国脅威論』をあちこちに拡散している人物がいる。この問題は、日本政府が差別助長につながる行為を規制する法律の整備を行っていないことや、全国規模の人権機関も創立されていないことに起因している」などの意見も出た。

 

また、ある委員は、「第二次世界大戦中の『慰安婦』問題についても、日本政府はまだ史実を直視しておらず、解決の道を歩もうとしていない。日本政府はいまだに、『慰安婦』が実質的な性奴隷であったこと、被害者に耐えがたい苦痛と傷をもたらしたことを認めていない」と批判した。

 

委員会は、「包括的な差別禁止法を制定し、表現の自由に抵触しないことを前提として、ヘイトスピーチを徹底的に取り締まり、早急に全国規模の人権機関を創立するよう求める」という対日勧告案を提出、会合を締めくくった。

 

国連人種差別撤廃委員会は、国連「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約」が定められた際に、締約国が公約を遵守し義務を履行しているか否かを監視することを目的として、1970年に設立された。18人の専門家で構成された同委員会は、締約国の履行状況を審査し、勧告案を提出する任務を負っている。

 

今月11日から29日まで、ジュネーブのパレ・ウィルソン(国連人権高等弁務官事務所)で開催中の国連人種差別撤廃委員会第85回会議では、エルサルバドル、米国、ペルー、カメルーン、イラク、日本、エストニアなど各国の人種差別撤廃の状況をめぐり審議が進められている。(提供/人民網日本語版・翻訳/KM・編集/武藤)

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

6)会員の方からの情報

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

花時計会員の皆様

代表の岡です。いつもご支援、有り難うございます。

知り合いが大変、勉強になる英文サイトを自力で製作してくれてますので、紹介させていただきます。写真や地図も入っていますので分かりやすいと思います。

「南京大虐殺」や「慰安婦の強制連行」が本当にあったと思っている外国人が皆さんの周囲にいたら、是非このサイトを紹介してください。普通の理解力のある方だったら、きっと理解できると思います。よろしくお願いいたします。

南京事件:

False Accusations of Nanking Massacre    ←表題:南京大虐殺のウソ

http://www.howitzer.jp/nanking/index.html

 

慰安婦問題:

False Accusations of Comfort Women    ←表題:慰安婦のウソ

http://www.howitzer.jp/korea/page03.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

【在日犯罪】15人の女性をレイプした在日朝鮮人の木下年豊に懲役47年!!

http://blog.m.livedoor.jp/hikaru2013/article/40487736?guid=ON&ref=cm

 

 

【これは酷い】朝日新聞の英語版慰安婦検証記事が と ん で も な い ことになってるぞ !!! こいつら反省する気全然ないだろ!!!

http://www.news-us.jp/article/404250449.html

 

 

朝日捏造慰安婦報道の言い訳も嘘だった !!

http://blog.m.livedoor.jp/poison_labo/article/2498874?guid=ON&ref=cm

 

 

朝日慰安婦検証記事英字版も都合の悪いことは掲載せず!!

http://blog.m.livedoor.jp/poison_labo/article/2498875?guid=ON&ref=cm

 

 

◇画像◇ 『放射線量』〜 日本の主要都市より、世界各国の主要都市の方が圧倒的に高いという調査結果!【2014年8月24日/福島民報】

http://www.honmotakeshi.com/archives/40496485.html

 

 

【群馬県高崎市】観音塚古墳の出土品、韓国に来月貸し出し、国重文の銅鋺…古代東アジアの文化交流、百済武寧王陵の出土品を中心に展示

http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/39818812?guid=ON&ref=cm

 

 

昨年のHIV新規感染者1114人 前年比16%=韓国

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/08/24/2014082402141.html

 

【コラム】「韓国の弁護人」はどこにいるのか

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/08/23/2014082300768.html

 

 

【画像】舛添やめろデモに約1000人が参加!!in銀座

http://hosyusokuhou.jp/archives/39823704.html

 

 

【舛添都知事】 「韓国優遇策」の背景に私的な感情とルーツ? 都内に韓国学校増設、在日韓国人融資

http://treasonnews.doorblog.jp/archives/40500213.html

 

 

【舛添氏 政党私物化】自宅に事務所費800万円を支出し、政党助成金を懐に【舛添は何でも私物化 公金は全部舛添の懐へ】

http://hosyusokuhou.jp/archives/39810167.html

 

 

【コラム】上海にも劣るソウルのクラシック音楽インフラ

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/08/23/2014082300797.html

 

 

◇これは酷い◇警察庁の担当官『パチンコで換金が行われていることなど全く存じあげないことでございまして』⇒課税狙う議員は『建て前はやめましょう』と反発

http://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/40518205?guid=ON&ref=cm

 

 

 

 

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください