2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

韓国人が「日本軍の虐殺・人肉食に抵抗して蜂起」、米軍の写真資料で明らかに  -栗原茂男

 

1) 日銀の都市伝説

2) 韓国人が「日本軍の虐殺・人肉食に抵抗して蜂起」、米軍の写真資料で明らかに

3) 「日清戦争はなぜ起こり、日本はいかに勝利し、この意義は」

4) 終戦69周忌(8月15日)に何を考えるか・・・主権回復を目指す会

5) 第32回時事研修会の案内

6) 会員の方からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 日銀の都市伝説

 

 

だいぶ前の事になるが、維新政党新風さんから依頼されて話したことがあった。

皆さん、紳士だから質問時間では要領よく要点だけ質問して、理解力も素晴らしい方達だった。

 

その後、別のある会で政府貨幣論を話してくれと依頼され、話したことがある。

その前に新風さんで話した内容と同じテーマだったから簡単に引き受けた。

 

ところが、中にユダヤに詳しいという大学教授を名乗る人物がいて、これがとんでもない発言を私の講演中に放つ。

茶々を入れるにしても、もっと良く勉強して来てから発言すれば良いのに、テキトーな知識で自信たっぷりに出鱈目な事を言う。

 

それどころか、自分が知りもしない癖に出鱈目を言いながら人差し指を私の方に向けて、「勉強してください!」なんて図々しい事を繰り返し言う。

 

彼は二次会では「我々はゴイムだから!」と薄笑いを浮かべながら繰り返していた。

それとなく何度も繰り返す事で抵抗を諦めさせる。ユダヤ支配を必然として受け入れさせる。

そういう戦略に沿った、卑しく姑息な方法。なんて卑しい者達なのだろう。

 

この卑しい戦略はコリアンも使っている。

「日本はコリアンがいなければ成り立たないほど入り込まれている。もう、諦めろよ!」という言い方。

 

そんな事は無い、コリアンがいなくなれば、抑圧されていた技術開発も進展し、抑制されて来た所得増加を増加させ、消費が増え、企業は開発や新製品の発売も増える。

人手不足も高度成長時代のように合理化が進む。

 

治安も良くなり、治安悪化の為に国・地方政府や企業で増えた支出も減少する。

売春、暴力団、凶悪犯罪などが減ることが予想できる。

 

密入国、不法滞在者とその子孫のコリアンを日本から帰ってもらえば、日本はどれほど住みやすい国に成るか解らない。

 

ロシアや清朝に飲み込まれる処を救ってもらった日本に大恩を仇で返す朝鮮をこれ以上甘やかす必要など全然ない。

甘やかすのは堂々と日本人と対峙出来ないで、日本人の仮面を被った卑怯で卑しいコリアン政治屋達などが暗躍するから。

 

純日本人達がコリアン認定を勇気を持ってする事が日本の事情を劇的改善する。

 

日本を汚染するコリアンが蔓延るのはコリアンが優秀だからと、日本人の振りをしたコリアン「保守」が言う。

しかしコリアンが日本社会のあちこち蔓延るのはコリアンが優秀だからではなく、背後でユダヤ、金融暴力団がコリアンを利用して操るから。

 

ユダヤと言っても勿論すべてのユダヤ人と言ってるわけではない。しかしユダヤによるユダヤ以外への民族差別差別に対しユダヤ人として利益を受け取っているなら共犯である。

 

話を戻すと、講演中に出鱈目を言いきって茶々を入れた彼は要するにユダヤのチンドン屋。

ユダヤの後押しで、T大の教授の地位に就いたのだろう。

 

一般に知られていない事に関して出鱈目での言い切ると聞いてる人はそうだと思い込む。

 

 

 

彼が茶々を入れたのはいくつかあったが、彼が一番力を込めたように見えたのが、日銀の通貨発行と国債発行の関係。

 

政府貨幣を話すと、話の中で日銀に触れることが多い。

政府貨幣は通貨発行権を民間企業の御用商人に委ねるのではなく、政府自身が発行すれば良いと言う丹羽春喜博士の主張。

但し日銀を廃止しろと言うところまでは主張していない。実現性を考えておられるのかも知れない。

 

しかし政府貨幣を利用すると、通貨発行権をいつか自分たちで完全に握ろうと言う金融暴力団の野心と衝突するから金融暴力団は何とか話を潰そうとする。

 

彼らは日銀についていくつか出鱈目を言うが、最近、上記大学教授と同じことを別の会合で言われた。

 

 

『 日銀の通貨発行は政府の国債発行額の範囲内しかできない 』と言う主張。

 

 

これは完全な都市伝説。

 

日銀の決算書を見れば保有国債額以上に通貨を発行している。

 

確認のために日銀に電話で聞いたことがある。

答えは、『 日銀の通貨発行は政府の国債発行額の範囲内しかできない 』は間違い。

 

25年度末の日銀の国債保有額は198兆円でマネタリーベースは200兆円を超えている。

 

政府の国債発行額は853兆7,636億円。

 

日銀は国債保有額の制限なんか受けずに通貨は発行できる。 そもそもそんな法律は無い。

 

 

2008年9月、リーマンショックの後、世界中が金融不安になっていた頃、世界中からから日本におカネが流入した。

そのカネの多くが日銀当座預金に入った。

そして11月から日銀当座予期に利息を付けるようになった。一体、何の為に?

 

その話をすると横やりが飛んできて、日銀当座預金が増えたのは日銀が国債を買うから、と見当違いの発言をして私の発言を止められてしまい、話は違う方向へと舵を切られてしまった。

 

この話、会計学の知識が若干必要となる。それと通貨発行の具体的方法の知識。

 

 

兎も角、ハッタリを言い切って話をごまかす。

 

 

===============================================================

 

 

 

2) 韓国人が「日本軍の虐殺・人肉食に抵抗して蜂起」、米軍の写真資料で明らかに

 

 

このところ、日本軍が組織的に人肉食をした、という田中利幸の言説を世界中にばらまいている韓国ですが、ついにこんなことまで報道しています。

これが事実で無かったとしたら徹底的に嘘を暴く必要がありますが、どうなのでしょう? 米軍の写真資料が実際、あるのでしょうか!!!

 

ひょっとして辻正信?

韓国人虐殺!!

しかもKBSが中国語放送! 中韓タッグのひとつでしょうか……?   貝塚う

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140815-00000035-xinhua-cn&pos=4

韓国人が「日本軍の虐殺・人肉食に抵抗して蜂起」、米軍の写真資料で明らかに―韓国メディア

XINHUA.JP 8月15日(金)20時28分配信

 

韓国国史編纂委員会は13日、米国で保管されている米海軍の資料写真から、太平洋戦争末期に日本に強制徴用された韓国人が、日本軍による韓国人虐殺に抵抗して蜂起したことが分かったと明らかにした。韓国KBSワールドの中国語電子版が同日伝えた。報道によると、写真は米国の国立公文書記録管理局が保管しているもので、1945年3月、南太平洋のある島で強制労働させられていた韓国人193人が、日本軍による虐殺行為に抵抗して蜂起したことが分かる。蜂起した人々のうち68人は日本軍の手の及ばない場所に逃げ、米海軍の助けで生き延びたという。同委員会は「太平洋戦争末期に日本軍は極度の飢餓状態に陥り、韓国人を殺害して食べた。韓国人たちの蜂起はこうした野蛮な行為への抵抗だった」と指摘。日本軍が人肉を食べていたという状況は、米国立公文書記録管理局が保管する日本人の戦犯の裁判記録から明らかになっているとした。(編集翻訳 恩田有紀)

 

 

===============================================================

 

 

 

3) 「日清戦争はなぜ起こり、日本はいかに勝利し、この意義は」

 

 

 

 

日清日露両戦争記念顕彰の会

第1回研究講演会「日清戦争はなぜ起こり、日本はいかに勝利し、この意義は」

 

今年平成26(2014)年は、明治27(1894)年の日清戦争開戦から120周年、明治37(1904)年の日露戦争開戦から110周年を迎えます。私達はこの記念すべき年に、日清日露両戦争の歴史的意義と先人の偉業を再確認するための、かつ、両戦争の現代的意義を捉え直すことを通じて現在の日本の危機を乗り越える方向を考えるための「日清日露両戦争記念顕彰国民大会」を開催すべく、加瀬英明・頭山興助共同代表のもと実行委員会を結成しました。

国民大会は、11月18日(水)、憲政記念会館で開催する予定ですが、それに先立ち9月10日、10月8日に乃木神社に於きまして研究講演会を開催することになりました。9月10日の研究講演会は下記の通りです。皆様のご来場をお待ちしております。

1、    日時:9月10日(水)午後6時~8時

2、    会場:乃木神社 参集殿

3、    テーマ:日清戦争はなぜ起こり、日本はいかに処理し、この意義は

4、    講師:平間洋一先生(元防衛大学教授)

5、    資料代:500円

日清日露両戦争記念顕彰の会

共同代表=加瀬英明、頭山興助 大会顧問=小田村四郎、中條高徳*後援 乃木神社、靖國神社、日本会議、他

(研究会担当:茂木 Tel 03-3519-4366 Fax 03-3519-4367 qzd13301@nifty.com)

*お申込みは呉竹会青年部まで:

Fax 03-5980-2401 mail:nisshinnichiro@gmail.com

 

<参考>

日清日露両戦争記念顕彰国民大会 趣意書

今年平成26(2014)年は、明治27(1894)年の日清戦争開戦から120周年、明治37(1904)年の日露戦争開戦から110周年を迎えます。私達はこの記念すべき年に、日清日露両戦争の歴史的意義と先人の偉業を再確認するための、かつ、両戦争の現代的意義を捉え直すことを通じて、現在の日本の危機を乗り越える方向を考えるための「日清日露両戦争記念顕彰国民大会」を開催致します。

日清戦争とは、片や前近代的な華夷秩序のもと朝鮮を属国として内政に干渉し、大規模派兵をはかる清国と、片や朝鮮の独立国たるを支え東洋平和の確立を目指す日本との戦争でした。日清戦争における日本の勝利は、華夷秩序体制を根本から覆し、清国国民に自国の近代化や民主化の必要性を悟らせ、後の辛亥革命にもつながっていきます。東アジアの近代化は、この日清戦争から始まったと言っても、過言ではありません。

日露戦争とは、当時、世界を覆っていた欧米の帝国主義体制のなかでも最強の大国であったロシア帝国のアジア侵略に対し、これを日本が自国の存亡を賭けて阻止した戦争でした。日露戦争における日本の勝利は、白人帝国主義による世界支配を揺るがし、植民地化されて喘ぐ全世界の被抑圧民族に希望を与え、民族独立運動の覚醒を促しました。日露戦争は、約40年後に東京で行われた、史上初の有色人種サミットたる大東亜会議によって、自存自衛の戦争目的に加えて、白人支配からのアジア解放という大義を得た、あの大東亜戦争の先駆けだったとも言えましょう。

そうした両戦争に鑑みるならば、現在の東アジアの状況はどうか。中国はかつての華夷秩序を再現しようとしています。中国の植民地と言うべきウイグル、チベット、南モンゴルなどの各民族は、欧米支配時代より以上の苛酷な弾圧下に置かれており、東南アジア諸国や我が国は固有の領土を侵略され、あるいは侵略の脅威に直面しています。朝鮮半島情勢は、中国、韓国、北朝鮮、米国、ロシアなどの複雑な相互関係のなか混迷を極めています。

私達は、アジア諸国諸民族が連帯することによって、自由で平和な、民族自決に基づくアジアを実現するためにも、上記の日清日露両戦争顕彰国民大会を今年11月18日に憲政記念館にて開催する次第です。皆様方のご参加、ご支援、ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

 

===============================================================

 

 

 

 

4) 終戦69周忌(8月15日)に何を考えるか・・・主権回復を目指す会

 

 

 

 

終戦69周忌(8月15日)に何を考えるか

http://nipponism.net/wordpress/?p=28486

 

<終戦69周忌 鎮魂の祈りは絶へず幾夏も靖国神社に蝉鳴き止まず >

 

 

写真:正午、靖国神社に向かって黙祷(8月15日 神保町交差点)

 

8月15日は連合国側が提起していた降伏(ポツダム宣言)を受諾した日であり、厳密にいえば「終戦」ではなく停戦を双方が確認した日といえる。軍事的な抵抗を皆無にまで破壊された無惨な戦争状態が、天皇陛下の聖断によって断ち切られた。

 

戦争とは政治の延長である。戦争を始めるのも、戦争を終結させるのも軍人ではなく政治家である。3月10日の東京大空襲に象徴される制空権の壊滅、その間終戦に至るまで6ヶ月間にもわたって無防備の国民が日夜米軍によって殺戮されていた。さらに2発の原爆投下と・・・。まさに殺戮列島といっても過言ではなかった。

 

当時の政治は我が国民の生命を守ることができなかった。つまり、戦争を終結させる能力が国家になかった。戦争を統括、コントロールする政治がシステムとして存在しない。明治憲法が抱えていた統治システムの矛盾が国家の危機に際し一気に露呈したのである。

 

惨憺たる国家の現状において、遅きに失したとはいえ、天皇陛下の聖断によって民族の殺戮に一応の終止符が打たれた。つまり、政治ではなく天皇の聖断を仰がなければ国家と民族を救えなかったのである。極めて歪な国家といえる。

 

軍人・軍属、民間人を合わせて約300万人以上の同胞が命を失った。命ばかりではなく先人が築いてきた全てに近い財産を失って無一文になったのである。敗戦という結果を知っているうえでだが、戦争を回避したとしても、斯様に無惨なまでの結果は招かなかったであろう。この責任の有り様が戦後69年にわたって民族として総括しないままに今日を迎えている。

 

終戦69周忌にあたる8月15日、戦没者に哀悼の意を捧げる日であるが、真の追悼とは先の大戦の総括を考える日でもあることを忘れてはいけない。

参考文献:【日本はなぜ開戦に踏み切ったかー「両論併記」と「非決定」】(森山優 新潮選書)

 

 

「河野談話」の白紙撤回を求める署名活動 神保町交差点 平成26年8月15日

youtube

ニコニコ動画

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24266434

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24266553

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24266631

 

 

 

 

===============================================================

 

 

第32回時事研修会の案内です。

 

 

毎度の御案内です、他所では絶対に聴く事の出来ない貴重な真実のお話です。

 

暗号と言う特殊な分野を徹底して研究して来た結果得られた物は「真実」です、つまり社会は余りにも嘘・洗脳で溢れていて誰も本当の事を知る事が出来ない様に仕組まれて居ます、その実態を毎回時間一杯お話して皆様に御理解を頂いております。

 

変な事件だ、雨の降り方がおかしい、台風がおかしい、意味が解ら無い政治的、世界的な動きにも必ず深い真実が有ります、自分を守る為にも真実を知る事が必要です、新聞やテレビラジオでは何も本当の事を言いません、此の国は「洗脳国家」「猿の惑星」です。

 

当会で早く覚醒をして下さい、真実を理解して下さい、メールやHP,では絶対に書けない事が沢山有ります、皆様お気軽に危機に来て下さい、そう言う「私」を徹底して嫌う人も居ます

真実を知られたくない人達です、私は戦います。

 

 

時事研修会 吉澤 稠

 

 

——————————————————————————————————————————————–

 

 

 

5) 第32回時事研修会の案内

 

 

 

第32回  期日:平成26年8月31日・日曜日

場所 : 国分寺労政会館(地階)>>>第1会議室です。 定員40名。 

時間 : 午後 1:15~5:00 ・会場へはお早めに、1時前から受け付け可能です。

会費 : 夏期集中研修会期間で1000円均一、学生は無料です。

交通 : 中央線国分寺駅南口から徒歩5分・丸井横道、駐車場口前から右斜め方角へ歩いて下さい・・

 

集中開催の1回目四谷では多くの初参加者を迎えて盛況で終わりました、初参加者の皆様には長時間の研修会はややきつい、且つ理解が出来なかった部分が有る筈ですが何事も慣れ暗号のロジックにも特別な違和感を感じる事無く理解出来る様に成ると信じて居ます、「日本を取り戻すには」一人でも多くの更なる新規会員の御参加が必要不可欠です、お渡ししたお土産品?を話の「ネタ」にして会員増強に御協力を主催者から重ねて御願い申し上げます。

予定演題等(順不同)

前回の開催で時間的なズレが可也解消されて来ました、今回はほぼリアルタイムの時事研修会として迫力のある内容でお話が出来ると想います、「29年目の御巣鷹山」その日を挟んで居ます何が起きるか其れを如何理解するか、暗号から出て来る真実には絶対に見逃せない他所では聴く事の出来ない驚愕の事実が語られます御期待下さい。

@8月3>31回開催日当日あの日の5時30分頃です、中國雲南省に地震が、私の会の開催日には良くある事ですがその裏側を全開お話致します、その日研修会出席の皆様は帰り道西方の空に「地震雲」を見た筈です、私は其の事を話しながら2次会会場へ向かいました、その時点ではその地震の事を全く知りません。

@翌日4には佐野市で段ボール箱入りの女性遺体が発見されました、世保~野への「ささ」パスワード現象が発生した事に成ります、HP,で>佐宗さま世界でおわり歩もとまる・と読んだあの私の「句」が災いしたのか?の真相は更に驚きます御期待下さい、これぞ29年目の「」の霊魂現象真夏のミステリーなのか?

@5日には同じく西方で大きなニュース「理研」の笹井芳樹センター長が自殺、今年は一段と暑い夏ですが、背筋が寒くなる出来事が続きます、その真相見えて居ますか?暗号では意外な背景が浮き彫りにされて居ます。

@6日未明に京都南部地震?その日は広島原爆記念日から69年目です、一般には理解不能だが得意とする「地震ベクトル分析法」から出て来る驚愕の事実とは御期待下さい。

@イル・イー・サム・サ=4<朝鮮語で4番日本では=「」=「」のお話≫佐野市?皆様にお渡ししてある暗号分析基本表(初歩的)な物にピタリと合致する一連の事件発生の意味は結果的に私の暗号ロジックの正しさを証明する結果と成って居る、基本表で4=青色です、清水寺の今年の漢字は「静」=青で争う年でした、覚えて居ますか?その通りに社会が動き出して来ました、社会を見る、読む上で必要不可欠の暗号の研究を始めましょう、私と共に当会で、常時情報の提供が各方面から暗号で送られて来ます、私は其れを皆様にいち早く御紹介をしている訳です、自衛隊の情報工学課?小平学校でもやらない特殊な学問です、唯一無二の当会で始めましょう、今からです

・・・あの「晴子」さん、も心配だ。

@10日台風11号上陸なのだが、同日地震が起きた青森県沖、ベクトル図から見るとただ事では無い様です、高知へ上陸、赤穂市へ再上陸?だと言うが、台風11号進路図と重ねて見て下さい、驚愕その読み出しは31日国分寺で、

 

@震源地の座標=41.1/142.3>暗号法では4114/123>144&114そして123便をカウントダウンとなるが?此処に

奇跡の数値が偶然?に出て来た事が解ります、その実態は国分寺で解ります。

@何故か今日8月12日急にイメージが浮かんで出て来た事が或る、是は説明出来ませんが、写真を公開致します、凄い新事実です「昇竜の碑」の上「X岩に白ペンキで×」その脇に「警視庁派遣部隊建」>建立では無かった?

日本語を知らないのか、違います。

@真実を絶対に言わない「メディア」やTVに出て来る評論家、アカデミズムの学者さん達、此の国で洗脳と言う虚構の社会を作り上げその裏側で遣りたい放題の社会主義、独裁政治的専制体制国家を作り上げ国民には更なる増税だと言う異常な支配層、そろそろ限界です、高度情報化時代を迎えてもうその嘘には誰も着いて来ません200兆円予算と言われる特別会計の実態を国民は見逃しません、日本人を奴隷化支配する裏国家体制にもそろそろ終わりが近づいている時期である日本人よ目を醒ませ、自分の国を「日本を取り戻せ」その意識に目覚めて下さい、此の国の毎日の真実を知る事からその動きが大きく成ります覚醒して下さい、1230時事研修会」から始まります。

野蛮人達は今彼方が目覚めず諦める事を待っている、諦めたらこの国が無く成ります、日本は取り戻せません。

@29年目の「御巣鷹山」其の時間帯特別番組を放映して居た某TV局から真実を探る、公開すると言う部分は巧妙に焦点をずらしていた様な印象を受けました、やっぱり真実を言わない>いや誰も言えないのですが、一つだけ新発見が有りました被害者の一人故>吉田由美子様周辺の構成その画像を引用して比べて見て下さい、そう言う事です、虎の門ヒルズに出現した「白ドラエモン」は吉田様の霊魂です、その無念さが改めて伝わって来ました、「合掌」~

其の他更にこの番組の分析を致します、御期待下さい・・・白い服に黒い線、その手には「門」?

@その他は又直前情報で公開致します、引き続きご注目下さい、「御巣鷹山事変」の戦いに終わりは無い、絶対に

諦めない、「日本を取り戻すまで」常識と言う「洗脳」から早く覚めて下さい、彼方から。

 

 

 

 

 

@818又行って来ました「御巣鷹山慰霊登山」警視庁の慰霊碑を今度は誰の目にも見える様に写して来ました、その帰路は終始付き纏いの1台の「野蛮人車」の後面ガラス窓には「桔梗」の家紋が?AKBから家紋に拘る「野蛮人」の其れは私へのPWに成って居た、「更に吉」と略されるこの家紋は「鎌倉」の土岐氏の家紋と伝わるが、是は「私」への黒いメッセージでした、「吉澤は更に不吉」へと言う陰陽法で逆の意味で私に無言の圧力のベクトルを掛けて来たのだが、不覚にも案の定帰路でその先の大渋滞に取り込まれてしまった、その話は映画を見るより面白いです、是非お聴き逃し無く31日国分寺「第32回時事研修会」です。私は撮影時間を意識した事は無い、13:13何故?

真実を知れば、そして一人一人と友を増やせば世界を変えられる、絶対にミスリードをやらない当会の研修で明日の日本を良くしよう、「日本を取り戻そう」それにはあなたの探究心が必要不可欠です、其処から開ける明日の日本。

 

>>>開催会場の御案内<<<

 

交通案内略図 :JR中央線利用・新宿から特快で国分寺駅まで約20分近いです。

東京駅から中央線特快始発ですので座席確保で約35分位です。

既成の常識を取り払い、先入観も無くして私の話をお聴き下さい、宜しくお願い致します。                         注意事項:受付登録票に虚偽記載又は、御記名頂けない方の入場は安全上の理由で参加御断り致します。             秘蜜**法が通りました、当会の「盗聴・撮影」は一切禁止致しますので御協力を御願い致します。

皆様お誘い合わせてお出で下さい。

時事研修会主催者:吉澤 稠(シゲル)

1947年4月13日生67歳

携帯電話番号 :090-1812-2172

普通回線番号:042-343-4753(専用直通回線)

E-mail :port-shige@santec-corp.co.jp

: merosanfirm@yahoo.co.jp

携帯mail :0gn0fx51785485r@ezweb.ne.jp

 

 

HP:http://1230jijiken.com/ <<<左でも御覧下さい。

 

 

 

 

===============================================================

 

 

 

6) 会員の方からの情報

 

 

 

有田芳生議員、スイスの国連人種差別撤廃委員会に出席し告げ口外交

http://m.gensen2ch.com/article/11566232?guid=ON&ref=cm

 

 

◇これは酷い◇ローマ法王にわざわざ慰安婦の質問をして慰安婦発言を引き出したのは“毎日新聞”と“共同通信”の記者であることが判明!!

http://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/40441256?guid=ON&ref=cm

 

 

 

【韓国人犯罪】在日韓国人の金安喜(70)容疑者を再逮捕!! ベトナム人を不法就労させ、生活保護を不正受給させた容疑。

http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/39758000?guid=ON&ref=cm

 

 

【国際】中国の誤算? 対日強硬策で日本が“ノーマル”な国に 豪研究機関指摘 [H26/8/18]

http://totsugeki-news.m.doorblog.jp/article/40415443?guid=ON&

 

 

◇在日韓国人犯罪◇ 20代女性にストーカーの疑い、東京・国立市の医師で韓国籍の李俊烈(イ・ジュン リョル)容疑者(50)を逮捕

http://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/40448737?guid=ON&ref=cm

 

 

【衝撃】風俗営業の従業員ら、本籍確認を廃止へ

http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/39766126?guid=ON&ref=cm

 

 

【支那共産党】『日本の自動車部品メーカー12社が独占禁止法に違反した、罰金200億円を科す』

http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/39753675?guid=ON&ref=cm

 

 

 

【辻元清美のブログ】です。

日韓議員連盟の女性議員団で韓国を訪問しました

http://www.kiyomi.gr.jp/blogs/

 

 

【兵役確定の在日韓国人に朗報!】韓国軍、新兵をたくましくする為の訓練を公開!!!軍刀で殴る、ハエを呑みこむよう強要、頭を壁に打ち付ける、先輩兵士からディープキス

http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/39769013?guid=ON&ref=cm

 

 

◇これは酷い◇NHKの委託先業者が、衛星放送を視聴できない長野県栄村の9世帯に、受信料の支払い契約を結ばせる【長野】

http://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/40452049?guid=ON&ref=cm

 

 

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください