A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

何が言いたいのか意味不明な甘利明経済再生担当相の発言   -栗原茂男

 

1) 何が言いたいのか意味不明な甘利明経済再生担当相の発言

2) 『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社)

第4章 橋本市長の記者会見と慰安婦問題

3) 会員の方からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

1) 何が言いたいのか意味不明な甘利明経済再生担当相の発言

 

 

大事な案件でモノを語るとき、断言するなら根拠が必要。

消費税増税なんかしなくても財政再建が出来ると多くのまともなエコノミスト達が解説してきた。

 

しかし、政府は日本経済は好景気で企業はこれ以上消費が増えると生産が間に合わないからインフレになると言う前提で政策を立案して来た。

そんな前提が如何に馬鹿げているかは実際の実業の世界で活躍する人なら誰でもわかる。統計なんか出て来る幕が無いほど自明のこと。

 

日本経済は投資をすると2,5倍の経済効果が出ることが確認されている。

逆に増税するとその2,5倍の逆経済効果が出て来ることも理論的に説明が出来る。できないと言うなら経済学の理論を根底から覆す理論となる。

 

甘利明経済再生担当相は10%への消費増税について、「予定通り引き上げることがベストだ」と述べたそうだが一体、根拠は何か?

金利は上がったって景気が良くなれば当たり前で、金利が低すぎるという事は景気が悪いという事。

 

国債の信用力云々は、もうやめた方が良い。

どうせ、無能な格付け風説屋の流す情報を無意味に持て囃すだけで根拠ゼロ。

 

こういう会社は金融庁を通じて相手にしないようにすべきだ。

https://www.mof.go.jp/about_mof/other/other/rating/p140530s.htm

 

金融会社にチラシの作り方、机の動かし方まで指図する金融庁である。

日本の金融市場から締め出すことくらい簡単だろう。

 

日本は外貨準備はたっぷりあり、経常収支も昨年までのところ黒字を計上し続けている。

通貨発行は異次元の発行をしてもデフレが止まったかな?と言う程度の物価上昇。

 

外銀に日本乗っ取り資金まで提供した日本政府、日銀である。国債利回り低下、利子率上昇は簡単に解決できる。

簡単に問題解決が出来るとなると現実の相場は何も変わらない。

 

相場なんてそんなもの。

 

 

甘利氏がいい加減な事を適当に言ったのか、ロイターがいい加減な加工記事を書いたのか解らないが、どっちにしても間違いだらけの政策選び、という事になる。

——————————————————————————————————————————————–

消費増税は予定通りがベスト、延期なら財政再建策必要=経済再生相    2014年 08月 20日 19:34 JST

http://jp.reuters.com/article/jp_Abenomics/idJPKBN0GK0Y020140820

 

 

[東京 20日 ロイター] – 甘利明経済再生担当相は20日、NHKワールドの番組で10%への消費増税について、「予定通り引き上げることがベストだ」との考えを示し、仮に引き上げない場合は「いつ引き上げるかというプランを示さなければいけない」と述べた。

甘利経済再生相は消費税引き上げの判断について、7─9月の経済の回復状況などを見て安倍晋三首相が最終的に判断するとした上で、「消費税を上げない場合は財政再建のプランをきちんと示さないと日本国債の信用を落とすことになる」と語った。

法人実効税率の引き下げについては「数年かけて実効税率を30%をきるところまで下げる。基本は5年以内にできるようにしていくことだ」としたが、初年度にどの程度下げるかは現時点で言明できないと述べるにとどめた。

 

(石田仁志)

 

 

 

===============================================================

 

 

 

2) 『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社)

第4章 橋本市長の記者会見と慰安婦問題

 

 

 

 

『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社)

 

第4章 橋本市長の記者会見と慰安婦問題

 

元ニューヨーク・タイムス東京支局長 ヘンリー・ストークス

 

 

 

 

 

第3章に引き続き第4章をお送りします。

 

本章では、慰安婦問題を扱っています。

 

まず、橋本大坂市長の外国人特派員協会での記者会見を取り上げ、弁明的な発言なら、しない方がましであること、外国人特派員協会というものがどういうところかもっとよく知らなければならいと忠告しています。

 

日本、韓国、ベトナムでの経験を交えて戦場での慰安婦、売春婦について歴史的な視点から論じ、日本の慰安婦「性奴隷」では全くない、売春婦だった、そのことを米国側の資料が裏付けしているとして、米軍心理戦争チームの報告書を引用しています。「慰安婦は売春婦に過ぎない」と。又、日本は兵士の性処理に当たっておおむね秩序をもって対応した。戦場のどこであっても、現地の女性の人権が蹂躙されないように「慰安所」を設置した。日本は女性の人権に、他国よりもはるかに配慮していた、と結論付けています。

 

 

 

第4章日本語全文はこちら:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS04.pdf

 

(第1章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS01.pdf

 

第2章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS02.pdf

 

第3章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS03.pdf )

 

 

 

英訳文は、下記の通り発信しました。

 

 

 

平成26年8月20日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

 

 

 

Falsehoods of the Allied Nations’ Victorious Views of History,

 

as Seen by a British Journalist

 

Chapter Four: The Press Conference of Osaka City Mayor Toru Hashimoto

 

and the “Comfort Women” issue

 

By Henry S. Stokes, former Tokyo Bureau Chief of The New York Times

 

We now present Chapter Four.

 

This Chapter deals with the “Comfort Women” issue. Mr. Stokes first refers to this issue in relation to Osaka Mayor Hashimoto’s press interview, based on his stance as a journalist and nature of the Foreign Correspondent’s Club of Japan. Then he elaborates his thinking concerning the comfort women from a historical point of view. His conclusion is that “Japan adopted an orderly form of catering to the sexual needs of soldiers in overseas battlefield. So as not to infringe upon the human rights of women in the local area, the comfort station was prepared. The Japanese military paid much attention to prevent rapes by these establishments. In this sense it can be said that the Japanese military was by far more concerned about of the protection of human rights than other countries.”

 

 

 

Chapter 4: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/117_S4.pdf

 

Chapter 1: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S4.pdf

 

Chapter 2: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/115_S4.pdf

 

Chapter 3: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/116_S4.pdf

 

Author profile:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S3.pdf

 

 

 

Questions are welcome.

 

 

 

Sincerely,

 

 

 

MOTEKI Hiromichi, Secretary General

 

for KASE Hideaki, Chairman

 

Society for the Dissemination of Historical Fact

 

Phone: 03-3519-4366

 

Fax: 03-3519-4367

 

Email moteki@sdh-fact.com

 

URL http://www.sdh-fact.com

 

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

 

 

 

 

 

 

===============================================================

 

 

 

3) 会員の方からの情報

 

 

 

 

◇サヨク拡散◇ ISISに情報提供をした石田城考氏が理事長を務める、国際人権NGO『アムネスティ日本』、”慰安婦”=”性奴隷” を主張するトンデモ組織である事が判明!!!

http://www.honmotakeshi.com/archives/40423055.html

 

 

有田芳生議員が拘束邦人と田母神氏が写った写真をリツィートし批判殺到

http://m.gensen2ch.com/article/11521422?guid=ON&ref=cm

 

 

 

◇超絶売国疑惑◇桝添都知事が支那に“印章”を貰っていた!? 【『臣下・属国』扱い】

http://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/40425433?guid=ON&ref=cm

 

 

 

原発吉田調書問題朝日産経の批判に抗議『日本を貶めて何が悪い』

http://blog.m.livedoor.jp/poison_labo/article/2498649?guid=ON&ref=cm

 

 

【アイヌ利権】「アイヌ利権で山菜取りに行くと補助金出る」「墓参りもお金を貰える」「半分は国税」「アイヌになぜか朝鮮人が混ざってる」自民党議員がメスを入れる模様

http://hosyusokuhou.jp/archives/39741177.html

 

 

◇東京新聞◇ 在日コリアンらの生活保護受給が『在日特権』と攻撃されている、受給権を法律に明記する必要がある【記事画像あり】

http://www.honmotakeshi.com/archives/40431189.html

 

 

ワシントンポストが韓国に迎合する米国の政治家たちを社説で批判「東海併記の公約や慰安婦碑、過剰な迎合だ」

http://gensen2ch.com/archives/11549888.html

 

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください