A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

日本経済に貢献しない外国銀行      -栗原茂男

 

1) 日本経済に貢献しない外国銀行

2) 【 王道日本の会 】 戦後の国際秩序を破壊する中国

3) 【 なでしこりん 】 永久保存版!在日韓国朝鮮人はどこから来たのか?   -会員の方からの情報

4) あいさわ一郎 :  「インドが本格的に動き始めます」

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 日本経済に貢献しない外国銀行

 

 

下記、点線以下は日銀当座預金の推移。

日銀は紙切れに¥○,○○○.と書いて市中銀行におカネを貸し、市中銀行はそのおカネを融資先に貸す。日銀へ支払う利子より融資先に貸す金利の方が高いから、利益が発生し、それで銀行の本業の商売は成り立つ。

 

全国銀行協会のホームページによると「銀行の主な役割」は以下のように書いてある。

・ お金を預かる

・ お金を貸し出す

・ お金を送る・決済する

https://www.zenginkyo.or.jp/service/bank/part/

 

おカネを預かるのも貸し出す為。一番重要なのは貸し出し。

おカネを預かる銀行に世の中のおカネが集まるのは当然。そのおカネで免許商売の銀行が不動産投機をしたり、証券投機をしたら圧倒的に有利となり、経済社会が不安定となる。

それで銀行業務は法律で厳しく規制されている。

それどころか金融庁が規制緩和の世の流れに逆らい、特定の外国勢力には貸し出しを垂れ流しの様に貸し出させ手いるように見える一方、純日本人への融資にはやたらに口題して共産主義以上の規制強化路線を推進してきた。

 

最近の貸し出しの傾向は如何かと言うと銀行の貸し出しは増えないと言う。

全銀協の統計によると平成24年の年末、12月26日に成立した安倍政権になってから増え始めている事が解る。

https://www.zenginkyo.or.jp/stats/month1_01/archive.html

 

では日銀は市中銀行にどれだけおカネを供給してきたかと言うと通貨膨張と言われるほど異次元の大増発。

問題は異次元の通貨大増発が市中で回転していない事。

 

市中銀行へ異次元の大増発でおカネが大量に出回っているはずなのだが、実際は全銀協の資料だとあまり出回っていない。

 

日銀が市中銀行におカネを供給する際のことをもう少し詳しく見ると、

日銀は市中銀行が融資先におカネを貸し出した際に一定比率を日銀当座預金に預けさている。

https://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/reservereq/junbi.htm/

 

それで日銀に預けている市中銀行のおカネの量を調べてみるととんでもない姿が浮かび上がる。

 

融資実績から日銀当座預金に預ける比率から割り出された数字が所要準備額(B)。

それに対し実際に預けられた金額が準備預金残高(A)。

余分に預けた金額が超過準備額(A-B)

 

 

日銀当座預金の推移をご覧いただきたい。

2008年9月にリーマンショックが有り、世界中の金融かいが大混乱。対外純債権、外貨準備がバカバカしいほどたっぷりだった日本はそれほど直接的な被害はなかった。

それでかどうか知らないが、世界中から日本へおカネが集まり、円高が始まっている。

 

外国銀行は必要な預け額、所要準備額(B)は2008年7月は271億円で実際の預け額(A)は783億円。超過分は512億円。

2008年8月は(B)278億円で(A)は806億円。

 

邦銀の都市銀は

必要な預け額、所要準備額(B)は2008年7月は2兆9,898億円で実際の預け額(A)は2兆9,08億円。超過分は10億円。

2008年8月は(B)は2兆9,803億円で実際の預け額(A)は2兆9,896億円。超過分は93億円。

 

ところがリーマンショック直後の9月は(B)3,452億円で(A)は286億円。差額はなんと3,166億円。

都市銀は(B)は2008年7月は2兆9,671億円で実際の預け額(A)は2兆9,811億円。超過分は140億円。

 

そして10月からは超過分(B-A)に0,1%の利息が付くようになった。

通貨発行権を一手に握る御用商人、日本銀行は独立性を世間が認めるから政治家は口出し出来ない。口出しすればマスコミから叩かれる。

 

しかし能々考えれば、そのそも外国銀行の貸し出しに必要な日銀当座預金預け額が少なすぎる。

つまり最初っから貸し出しなんかに力を入れるつもりはないという事になる。少なくとも結果から見て、貸し出しを増やす意思はないと判断されても仕方ない。

一方でマネーゲームに熱心な事は知られている。

 

こういう企業は社会に用のない存在と言うべきだろう。

 

 

——————————————————————————————————————————————–

( 単位 : 億円 )

フォームの始まり

時系列データ表示

※チェックを付けたデータコードのグラフを表示します(最大18まで)。

BJ’MACAB1011 日銀当預残高/都市銀行/準備預金残高(A)/平均残高 BJ’MACAB1012 日銀当預残高/都市銀行/所要準備額(B)/平均残高 BJ’MACAB1013 日銀当預残高/都市銀行/超過準備額(A-B)/平均残高 BJ’MACAB1041 日銀当預残高/外国銀行/準備預金残高(A)/平均残高 BJ’MACAB1042 日銀当預残高/外国銀行/所要準備額(B)/平均残高 BJ’MACAB1043 日銀当預残高/外国銀行/超過準備額(A-B)/平均残高
2005/01 174739 29281 145458 50167 519 49648
2005/02 178861 29275 149586 42012 479 41533
2005/03 152767 29522 123245 44889 458 44431
2005/04 144617 29619 114998 58845 474 58371
2005/05 147296 29605 117691 56940 466 56474
2005/06 133640 29079 104561 58710 455 58255
2005/07 149447 29342 120105 65274 480 64794
2005/08 172841 29384 143457 54452 471 53981
2005/09 154768 29502 125266 52612 461 52151
2005/10 156518 29557 126961 72813 480 72333
2005/11 172833 29611 143222 49348 500 48848
2005/12 164150 29629 134521 39245 510 38735
2006/01 158375 30205 128170 44322 482 43840
2006/02 156708 30008 126700 33812 440 33372
2006/03 126328 30192 96136 24099 440 23659
2006/04 62553 30723 31830 28595 451 28144
2006/05 38089 30335 7754 10581 467 10114
2006/06 32945 29654 3291 8729 472 8257
2006/07 29831 29715 116 4223 495 3728
2006/08 29537 29385 152 3008 487 2521
2006/09 29458 29338 120 2908 471 2437
2006/10 29356 29283 73 2556 457 2099
2006/11 29508 29251 257 2193 429 1764
2006/12 29516 29460 56 2025 444 1581
2007/01 29711 29566 145 1062 440 622
2007/02 29567 29383 184 1043 430 613
2007/03 29568 29524 44 1003 429 574
2007/04 29858 29836 22 892 440 452
2007/05 30086 29787 299 891 432 459
2007/06 29618 29518 100 800 339 461
2007/07 29671 29560 111 930 248 682
2007/08 29589 29322 267 768 257 511
2007/09 29283 29226 57 720 278 442
2007/10 29297 29245 52 624 283 341
2007/11 29823 29486 337 611 257 354
2007/12 29736 29712 24 1059 275 784
2008/01 29903 29784 119 554 257 297
2008/02 29928 29656 272 847 281 566
2008/03 30147 30047 100 1141 297 844
2008/04 30190 30153 37 1093 287 806
2008/05 30226 30114 112 881 278 603
2008/06 30038 30015 23 995 271 724
2008/07 29908 29898 10 783 271 512
2008/08 29896 29803 93 806 278 528
2008/09 29811 29671 140 3452 286 3166
2008/10 29778 29659 119 3120 285 2835
2008/11 30186 30082 104 2192 289 1903
2008/12 32311 30303 2008 9081 297 8784
2009/01 30937 30465 472 11867 291 11576
2009/02 30894 30426 468 14794 282 14512
2009/03 31388 30824 564 16549 271 16278
2009/04 31407 31215 192 24079 272 23807
2009/05 31585 31242 343 21247 277 20970
2009/06 31498 31026 472 22029 281 21748
2009/07 31634 31262 372 20109 279 19830
2009/08 31506 31176 330 20654 268 20386
2009/09 31071 30794 277 26411 262 26149
2009/10 31910 30816 1094 22576 257 22319
2009/11 31599 30891 708 22010 257 21753
2009/12 36094 31040 5054 31670 260 31410
2010/01 31819 31412 407 25657 253 25404
2010/02 32468 31389 1079 22004 250 21754
2010/03 32872 31543 1329 21312 249 21063
2010/04 34097 32144 1953 22535 259 22276
2010/05 34079 32403 1676 20216 250 19966
2010/06 32395 31906 489 33964 250 33714
2010/07 32688 32081 607 37804 253 37551
2010/08 32785 32208 577 34901 252 34649
2010/09 34944 32100 2844 45955 263 45692
2010/10 34056 32187 1869 48287 288 47999
2010/11 35004 32051 2953 48258 288 47970
2010/12 37041 31828 5213 58948 293 58655
2011/01 38790 32035 6755 36794 283 36511
2011/02 49279 31931 17348 32142 268 31874
2011/03 123586 32543 91043 50463 274 50189
2011/04 81174 33070 48104 48708 275 48433
2011/05 67429 33131 34298 31374 267 31107
2011/06 59450 32623 26827 42135 256 41879
2011/07 54512 32623 21889 61653 270 61383
2011/08 61678 32340 29338 50838 291 50547
2011/09 58017 32357 25660 62679 286 62393
2011/10 72781 32546 40235 72991 286 72705
2011/11 78870 32521 46349 68633 307 68326
2011/12 74604 32668 41936 51588 277 51311
2012/01 66927 32843 34084 41955 253 41702
2012/02 64765 32546 32219 54430 258 54172
2012/03 88529 32891 55638 56151 266 55885
2012/04 97266 33224 64042 56748 274 56474
2012/05 90800 33154 57646 55651 270 55381
2012/06 87386 33140 54246 65541 267 65274
2012/07 82877 33200 49677 57161 257 56904
2012/08 88671 33128 55543 54183 243 53940
2012/09 103895 33262 70633 62055 257 61798
2012/10 112828 33245 79583 74456 273 74183
2012/11 113353 33207 80146 74929 284 74645
2012/12 131033 33580 97453 79256 293 78963
2013/01 97956 33755 64201 81134 308 80826
2013/02 107881 33659 74222 64750 297 64453
2013/03 149915 34186 115729 60814 273 60541
2013/04 232204 34562 197642 55104 263 54841
2013/05 284264 34475 249789 62089 262 61827
2013/06 317434 34686 282748 64351 258 64093
2013/07 327892 34888 293004 77446 276 77170
2013/08 348409 34733 313676 80721 287 80434
2013/09 384027 34800 349227 93027 306 92721
2013/10 410566 34868 375698 91202 313 90889
2013/11 418953 34815 384138 95255 300 94955
2013/12 440897 35130 405767 90807 312 90495
2014/01 449949 35394 414555 99886 317 99569
2014/02 456124 35136 420988 106448 324 106124
2014/03 500352 35454 464898 120278 353 119925
2014/04 545530 35790 509740 122010 370 121640
2014/05 552410 35750 516660 117140 360 116780

 

フォームの終わり

===============================================================

 

 

 

 

 

 

2) 【 王道日本の会 】 戦後の国際秩序を破壊する中国

 

 

中国政府による新疆ウイグル自治区への支配に対し、ウイグル族の反発から何度もの暴動、反逆事件が起きている。

中国共産党は、これをアメリカへの9.11テロとだぶらせる意図で「ウイグル族によるテロ」とレッテル貼りをしているが、中共による新疆ウイグル自治区やチベットへの支配こそ、戦後の国際秩序を破壊するものである。

 

というのは「戦後の国際秩序」は、戦前のイギリスを筆頭とする列強国の「他民族への武力による植民地支配」から脱して、国際連合やGATT、IMF、世界銀行などによる支配へと変わっていった。

そこにはもちろん、戦後世界をリードしたアメリカの方針があったが、日本が先の大戦で欧米の植民地支配に対抗して「アジアの解放」を叫びながら死力を尽くして戦った成果も生かされていた。

いわば最大の戦勝国アメリカの方針と最大の敗戦国・日本の貢献で、「他民族や他国への武力による植民地支配を否定し、国際機関と国際法を尊重する戦後の国際秩序」が形成されてきたのである。

そのことは戦争で敗れたとはいえ、日本が「アジアの解放」を賭けて戦ったお蔭で、ビルマ(現ミャンマー)、インドネシア、フィリピン、インドなどが次々と列強国から独立できたことを知れば充分であろう。

 

その戦後秩序を中国は否定する。中国のやっている新疆ウイグル自治区への武力による支配、チベットへの武力による支配は、明らかに「他民族への武力による支配」であり、戦後の国際秩序を破壊するものである。

また、国際司法裁判所への提訴を拒否しながらの尖閣諸島の領有権主張や、尖閣上空を含む防空識別圏の一方的設定、フィリピン領有の南沙諸島への侵略行為、ベトナム領有の西沙諸島への侵略行為なども「他民族や他国への武力支配を否定し、国際機関と国際法を尊重する戦後の国際秩序」を破壊するものである。

 

中国は日本の政治家が靖国神社を参拝したら、ただちに「戦後国際秩序の否定である」と言って日本を非難する。

しかし、戦争で負けたのだから、戦争指導層がA級戦犯として処刑されるのはやむを得ないとして、日本人が主張するのは「敗者=侵略者=虐殺者」と、戦争責任をすべて敗者である日本になすりつける東京裁判史観の不当性である。

逆に日本は、「国際紛争は国際機関や国際法で処理し、武力で他民族を植民地化したり、支配しない」という戦後の国際秩序の多大なる寄与者であることを、もっと主張すべきと考える。

 

若者よ、AKBやサッカーに浮かれる時は終わったのだ!

 

※ご意見をお聞かせ下さい。必ず本人が目を通しますが、返答は答えに窮するものもあり、省略させていただきます。下記へどうぞ

e-mail: y-sano@sage.ocn.ne.jp

 

※このメルマガの申込や停止をしたい方は、下記にて「登録の解除または申込」をお願いします。 http://ameblo.jp/ohdoh/

◎王道日本

のバックナンバー・配信停止はこちら

http://archive.mag2.com/0000279511/index.html

 

 

===============================================================

 

 

 

 

 

3) 【 なでしこりん 】 永久保存版!在日韓国朝鮮人はどこから来たのか?   -会員の方からの情報

 

 

 

 

 

【 なでしこりん 】

永久保存版!在日韓国朝鮮人はどこから来たのか?在日小中高生に学んでほしい「在日の真の歴史」

― 捏造された歴史ではなく自分の頭で歴史を調べてみようよ!

在日韓国朝鮮人の皆さんは「在日1世の歴史」を知っていますか? ー

http://ameblo.jp/fuuko-protector/entry-11881457292.html

 

 

 

捏造された歴史ではなく自分の頭で歴史を調べてみようよ!

  在日韓国朝鮮人の皆さんは「在日1世の歴史」を知っていますか?

  なでしこりんです。アメリカの出方次第ではもうすぐ「イラクという国家が消滅する」可能性があります。スンニ派を主体とする「イラク・レバントのイスラム国家(ISIL)」がバグダッドを攻略すれば、シーア派住民は虐殺を恐れて国外脱出し「難民化」するでしょう。アメリカによって破壊され、アメリカに見捨てられるイラク。もし神様がいるのならば、アメリカこそが罰せられるべきでしょうね。さて今日は「AFP」の記事です。
A war weary Korean girl carries her brother on her back, with a stalled M-26 tank in the background, in Haengju, Korea, June 1951

 避難民5000万人超す、第2次大戦後初めて 「世界難民の日」 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が「世界難民の日(World Refugee Day)」の20日に発表した年次報告書によると、2013年末時点で紛争や危機により家を追われた避難民の数は、第2次世界大戦(World War II)以降初めて5000万人を超えた。シリアが最も深刻という。 UNHCRによると、避難を強いられた人の数は昨年より600万人増え、5120万人に達した。報告書は難民、亡命希望者、国内避難民を対象としている。避難民の増加の最大の要因は長期化するシリア内戦。2011年3月の紛争開始以降、国外に脱出した難民の数は250万人に上り、国内避難民は650万人に上った。また中央アフリカと南スーダンの危機により新たな避難民の波が生じている。(AFPhttp://www.afpbb.com/articles/-/3018329

 

    

 

戦争が起こるたびに「難民」が発生します。そりゃ当然ですよね。みすみす殺されるよりは「命あってのものだね」ですから誰もが逃げます。私が難民で思いつくのは「在日韓国朝鮮人」のことです。在日韓国朝鮮人は、「ウリたちは強制連行された来たニダ」と言っていますが、あれは全部ウソです。当時の状況を調べて客観的に判断すれば、在日韓国朝鮮人はほぼ全員が「戦争難民」であることがわかります。以下、資料です。日本ではほとんど知られていない事件もあります。これだけ虐殺がおこなわれたならば「逃げ出したくなる気持ち」もわからないではありません。
April 14, 1950,Korean civilians “suspected of being communists” were tied up to poles and blindfolded, with bull’s eyes pinned over their hearts, just before being shot by South Korean Military Police firing squad, ten miles northeast of Seoul, Korea.
日本人が知らない「韓国の血塗られた歴史」

済州島四・三事件

1948年4月3日に済州島で起こった島民の蜂起にともない、韓国政府・韓国軍・韓国警察などが引き起こした島民の虐殺事件。島民の5人に1人にあたる6万人が虐殺され、済州島の村々の70%が焼き尽くされた。韓国軍は島民の住む村を襲うと、若者達を連れ出して殺害するとともに、少女達を連れ出しては数週間に渡って輪姦、虐待を繰り返し惨殺した。

麗水・順天事件

1948年10月19日、済州島四・三事件鎮圧のため出動命令が下った国防警備隊第14連隊(約2,000名)が反乱を起こした。韓国政府は直ちに鎮圧部隊を投入し、1週間後の10月27日には反乱は鎮圧された。事件後、韓国政府の左翼勢力摘発は過酷を極め、反乱部隊に加えて、反乱共謀者として非武装の民間人8000名を殺害した。

 

聞慶虐殺事件

1949年12月24日に大韓民国慶尚北道聞慶郡(現:聞慶市)で、共産匪賊に協力したなどとして、韓国陸軍第2師団第25連隊の第7中隊第2小隊第3小隊が非武装の女性、子供、老人の88人を射殺した。事件は長らく共産匪賊による仕業とされていたが、2007年6月26日に韓国政府の犯行であったことが明らかにされた。
朝鮮戦争

1950年6月25日 – 1953年7月27日-休戦)は、成立したばかりの大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の間で、朝鮮半島の主権を巡り北朝鮮が、国境を越えて侵攻したことによって勃発した国際紛争。戦闘に巻き込まれたり虐殺された民間人の死者だけで200万人を超えるという。

保導連盟事件

1950年6月25日の朝鮮戦争勃発を受け、李承晩大統領の命令により、韓国軍や韓国警察が共産主義からの転向者やその家族を再教育するための統制組織「国民保導連盟」の加盟者や民間人など少なくとも20万人以上を大量虐殺した事件。

漢江人道橋爆破事件

1950年6月28日午前2時30分頃、およそ4,000人の避難民が渡っていた漢江人道橋を、避難民もろとも韓国軍が爆破し、約500~800名が死亡した。この橋梁の爆破によって、前線で北朝鮮軍と交戦中であった韓国軍主力の退路が断たれ、背後を遮断されたことを知った各部隊は雪崩を打ったように後退を開始し、戦線は瞬く間に崩壊することとなった。
大田刑務所虐殺事件 朝鮮戦争勃発直後の1950年7月初め、韓国の軍と警察が、大田刑務所の収監者約1800名を銃殺していたことが、このほど資料的に裏付けられた。このことは、2000年1月5日、韓国マスコミが、機密指定解除されたアメリカ国立公文書館の文書から「処刑」が確認されたと報道したことにより明らかになった。

信川虐殺事件

1950年、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)黄海南道信川郡において、国連軍占領下で住民の4分の1にあたる3万5383人が虐殺されたとされる事件。

国民防衛軍事件

中国義勇軍の参戦による戦局の悪化を打開するべく韓国政府は国民防衛軍を組織した。1951年初頭、韓国は北朝鮮・中国両軍の攻勢を受け、前線からの後退を決定し、およそ50万の将兵が大邱や釜山へと撤退することとなった。この撤退の際に、国民防衛軍司令部の幹部達が国民防衛軍に供給された軍事物資や兵糧米などを不正に処分・着服。その結果、極寒の中を徒歩で撤退する将兵達に対する補給物資が不足し、9万名余りの韓国軍兵士が餓死・凍死する「死の行進」となった。江華良民虐殺事件

1951年1月6日から1月9日にかけて、韓国軍、韓国警察、民兵は北朝鮮統治時代に北朝鮮に協力したなどとして島民212人から1,300人を虐殺した。この事件前の1950年には、保導連盟事件で、すでに140人の島民が虐殺されていた。 山清・咸陽良民虐殺事件

1951年2月8日、韓国陸軍第11師団第9連隊第3大隊は居昌郡に隣接する山清郡今西面、咸陽郡柳林面の一帯にある12の村々の住民705人を集め、パルチザン殲滅と称して殺害した。

居昌良民虐殺事件

1951年2月9日から2月11日にかけ、2月8日に山清・咸陽良民虐殺事件を引き起こした 韓国陸軍第11師団第9連隊第3大隊が共産匪賊のパルチザンを殲滅するためと称し、無実の市民を719名を虐殺した。犠牲者の内訳は、3歳以下100人、4~11歳未満191人、11歳~15歳未満68人、15歳~60歳未満294人、60歳以上66人であった。
South Korean soldiers detaining a group of young female communist prisoners during a communist uprising against the rhee government.Location: Korea (South) Date taken: November 1948     ライフ誌の解説には、Grieving women and civilians killed by communist rebels during the 1948 Yeosu-Suncheon Rebellion. とありますが、「麗水・順天事件」ならば、正しくは、Grieving women and civilians killed by South Korean government armyではないでしょうか? なぜなら外国人オブザーバーが現地にいますから。女性たちは彼に抗議しているように見えます。

 

これをご覧になられた皆様なら、在日韓国朝鮮人が「ウリたちは強制連行された来たニダ」とウソをつき、そのくせ韓国や朝鮮に「帰国したがらない理由」がご理解いただけたでしょう。おそらく、在日1世にとっては「朝鮮半島は悪夢」でしかないはずです。だからといって、在日1世が日本に密入国し、「特別永住資格の不正取得」をごまかすために「強制連行のうそ」を撒き散らし、本来、在日を助けた日本国民を敵視する反日教育をおこなっていることに納得できない方も多いでしょう。でもそれが「朝鮮人」なんです。彼らは日本人ではないんです。日本人の思考方法で朝鮮人を理解するのは無駄であり無理なんです。朝鮮語にはそもそも「感謝」という言葉すら存在していません。日本人が「感謝→カムサ」という概念を教えただけで、朝鮮人には感謝という概念は身についていません。私たちはそういう民族を日本に同居させていることを今一度考えるべきですね。
6月20日は「難民の日」でした。 在日韓国朝鮮人のみなさんは故国を思うと同時に、在日1世を助けたにもかかわらず悪く言われ続けている日本と日本人のことも考えてみてください。 在日韓国朝鮮人が今あるのは誰のお陰なのかを・・・・。By なでしこりん
韓国軍に殺される前に日本へ逃げるニダ~!

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

4) あいさわ一郎 :  「インドが本格的に動き始めます」

 

 

 

「インドが本格的に動き始めます」

 

26日デリー市内でサルマン・クルシード前インド外務大臣と会談。イスラム教徒。政治経験豊富なコングレスの幹部。

「5月の選挙は予測をはるかに上回る結果でした。なぜそんなことになったのか、今分析を急いでいる」とのこと。「ここ数年のインド経済の成長が、さらなる成長を、という過剰な期待を国民が持つことになった。経済の成功が我々を苦しめることに繋がった」と。

 

コングレス党は154議席から44議席に。BJPインド人民党は170議席増で282議席に。地すべり的大勝で政権交代です。

私から、シン首相もコングレス党も国と国民のために努力した。日印関係の発展に貢献いただいたことを高く評価している。今後も引き続きコングレス党の方々との信頼と友情を大切にしていく。こんな趣旨の発言をしました。

 

クルシード前外相は日本のさくらに大きな関心を持っておられる。私が「さくら振興国会議員連盟」会長で、世界中にさくらの苗木を届ける活動をしている、と話しましたら大変喜んで下さいました。

デリーは暑すぎるので、さくらに適した場所を探します、とのこと。楽しみが一つ増えました。さくらは日本の象徴、日本人の心です。世界に広げていきます。

 

インドは今後国際的にさらに大きな存在になっていきます。経済、外交安全保障などあらゆる分野で影響力を増します。そのインドが親日国である、ということは大切なことです。

 

インド経済が順調に成長するかどうかは、国際的関心事です。日中韓などの東アジア、そしてASEANが世界の成長センターとして世界経済を牽引していますが、いずれこの地域も成熟化する。次の主役としての期待がインドに集まります。その期待の中心にいるのがモディ首相です。近い将来世界最大の人口となるインドを、世界の成長センターの中核に育て上げることが出来るかどうか。それがモディ首相に与えられた責務です。

 

インド経済が成長することは大歓迎です。もともと日印関係は良好。モディ首相は親日家。日本企業のビジネスチャンスは広がります。インドは巨大な市場です。その市場は購買力を高めます。インドが中国、ASEANのような製造業大国であり輸出大国になるかどうか。それはこれから次第です。自動車や多くの製品をインドで製造して、中近東やアフリカに輸出して外貨を稼ぐ。そうした実力をインドが持てるよう日本は協力します。

 

インドは実に多様な国家です。民族、言語、宗教、そしてカースト制度をいささか引きずり、現代的価値観、基本的人権の尊重という観点からは、とても容認できない古くからの宗教的、民族的行為など。しかしそのインドが本格的に動き始めます。

 

########################################################

衆議院議員あいさわ一郎++Media++

 

+HomePage:http://www.aisawa.net  +Mail:ask-aisawa@aisawa.net

+Twitter :@ichiroaisawa         +Facebook:www.facebook.com/IchiroAISAWA

+MailMagazine:国政報告を配信中!

 

お近くの配信ご希望の方をご紹介ください。メールにてご一報ください。

皆様の様々なご意見やご要望を逢沢一郎までお寄せください。

配信ご不要の方は、お手数ですがメールにてご連絡よろしくお願いいいたします。

*連絡先(岡山事務所) TEL 086-233-0016

########################################################

 

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください