2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

あてな倶楽部の講演ビデオ     -栗原茂男

 

1) あてな倶楽部の講演ビデオ

2) 日本の対外純債権は325兆70億円

3) ロシアの希望は日本に北方領土を返して平和条約締結

4) 【 外務省 】 色丹島及び国後島からの患者の受入れ

5) 会員の方からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) あてな倶楽部の講演ビデオ

 

 

講演 1. あてな倶楽部 株式教室

講演 2. ビットコイン

 

——————————————————————————————————————————————–

あてな倶楽部 株式教室 平成26年5月18日

http://www.youtube.com/watch?v=DeyzQruMFcE&feature=youtu.be

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

あてな倶楽部 テーマ : ビットコイン解説 平成26年5月18

http://www.youtube.com/watch?v=egH_xY68PjY&feature=youtu.be

 

2014/05/26 に公開

講師を務めてくださるのは「楠 清(くすのき きよし)」氏

 

以下は「楠 清」氏から送られて来たレジュメです。

 

 

A1-2

 

  1. ビットコイン(BTC)の仕組み
  2. ビットコインはコンピュータを使った複雑な計算・暗号・採掘(マイニング) をすることで生み出されます。(約140年後にゼロ)
  3. コインはコンピュータ上の仮想ウォレット(財布)の中に保存されます。財布から財­布へ移動する[取引1ブロックごとに約10分]
  4. コインを別の誰かに送金すると、その取引が不正でなかったかどうかを世界の複数の­第三者が検証してくれます。(帳簿・トランザクション)(帳簿の連鎖、連結・ブロック­チェーン)。人数は不明。取引は明快。
  5. 検証に貢献した人は、いくらかのビットコインを報酬として送金者?から受け取りま­す。(マイニング)。25(50)ビットコイン/回。

 

  1. ビットコインの特徴
  2. 中央銀行のような発行者が存在せず、利用者全体で発行し管理する

ピアツーピア(P2P・コンピューター同志)

 

  1. 発行の上限は2100万BTC → これによりインフレ懸念が少ないとされる?

 

  1. 取引の履歴が公開されているため、データの改ざん(通貨の偽造)が不可能(トラン­ザクション・ハッシュ・ナンス)

4. P2Pシステムを利用しており、匿名性が高い(複数口座(財布)作成可能)

 

Cメリット

他の決済手段と比べて手数料が安い(10円位~)

海外への送金が手軽にできる(銀行などの中間業者がない)(10円位~)

 

国家の管理を受けない?ため、口座凍結?や経済危機の影響を受けない

 

Dデメリット

 

国家の保障がないため、盗難や詐欺に対するリスクは自己責任

現状、使えるサービスやお店が少ないため、決済手段としては未発達

 

(時間もかかる・10分以上)

 

様々な問題を抱えている事から、政府による規制の対象となる可能性がある(中国は取引­停止)。?ロシア?

 

A2-2

Eビットコインの問題点

違法取引やマネーロンダリングに利用されている

 

ビットコインの特徴( 匿名性が高い・海外送金が簡単)から、薬物などの違法取引(シルクロード摘発)やオン­ライン賭博での利用が多いと言われています。また、テロ資金のマネーロンダリングに利­用される恐れも指摘されていて、各国がビットコインの規制を本格的に議論し始めていま­す。

 

F世界最大の取引所が経営破たんした (マウントゴックス事件・日本の渋谷にあった)

 

サイバー攻撃(ハッキング)により85万BTC(時価470億円)を盗まれたとして、­世界一の取引量を誇っていたマウントゴックス(Mt. Gox)社が2014年2月28日に経営破たんしました。その他の取 引所は「マウントゴックス1社の問題だ」としていましたが、数日後にはカナダの取引所­もハッカーによる攻撃を受けていて、ビットコインのシステムに対する不安が広がってい­ます。

 

 

Gデフレやバブルに陥る可能性が指摘されている

 

ビットコインは発行量を2100万BTCと上限を設けているため、仕組み上インフレに­は強いものの、デフレに陥る危険性が指摘されています。国の発行する通貨であれば供給­量を調節することで物価をある程度コントロールできますが、ビットコインにはその調節­機能がなく、潜在的にバブルを起こしやすいシステムだと言われています。乱高下(昔1­0万BTCでピザ2枚と交換が、現在9億円)

 

Hそもそも通貨として機能するかは誰にも分からない

 

以上のような問題 点から、ビットコインが理想とされる無国籍な通貨として世界に普及するかは不透明です­。それでも、法定通貨でさえも信用されない様な経済情勢の不安定な国が存在するのも事­実ですし、ビットコインはそういった国の人たちにとっては夢の様な存在なのでしょう。­(ケニアの3人に1人はビットコインを所有しているという話もあります)

 

また、ある学者は「ビットコインはノーベル賞級の発明だ」とも発言しています。仮に通­貨としての普及が失敗したとしても、この画期的な仕組みはいずれ何かしらの形で社会に­影響を及ぼすのかもしれませんね。「ネットから引用しました」

 

===============================================================

 

 

2) 日本の対外純債権は325兆70億円

 

 

日銀からメルマガが送られて来た。その中に「対外資産負債残高(年次公表データ)等 2013年末」が掲載されている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

対外資産負債残高(年次公表データ)等 2013年末 (単位10億円)

http://www.boj.or.jp/statistics/br/bop/iip.htm

 

[ 資 産 ]

平成 8年 96CY 302,237  / 9年 97CY 346,524  / 10年 98CY 336,778  /  11年 99CY 303,613  / 12年 00CY 341,206  /  13年 01CY 379,781  / 14年 02CY 365,940  / 15年 03CY 385,538  / 16年 04CY 433,864  / 17年 05CY 506,191  /

18年 06CY 558,106  / 19年 07CY 610,492  / 20年 08CY 519,179  / 21年 09CY 554,826  / 22年 10CY 560,215  / 23年 11CY 581,509  / 24年 12CY 661,902   / 25年 13CY 797,077

 

[ 負 債 ]

平成 8年 96CY 198,878  / 9年 97CY 221,938  / 10年 98CY 203,504  / 11年 99CY 218,878   / 12年 00CY 208,159   / 13年 01CY 200,524   / 14年 02CY 190,631   / 15年 03CY 212,720   / 16年 04CY 248,067   / 17年 05CY 325,492   /

18年 06CY 343,024  / 19年 07CY 360,271   / 20年 08CY 293,271   / 21年 09CY 286,580   / 22年 10CY 304,308   / 23年 11CY 316,083   / 24年 12CY 365,588   / 25年 13CY 472,070

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

平成25年 2013CY の外国に持つ日本の債権が797兆770億円、負債が472兆700億円。差額325兆70億円が日本の対外純債権。

 

 

財務省も同様の資料を発表している。

平成25年末現在本邦対外資産負債残高

http://www.mof.go.jp/international_policy/reference/iip/data.htm

 

日銀、財務省別々に掲載されているのは無駄にも思えるが、相互に牽制が期待できる。

因み2位中国は200兆円くらい、3位ドイツが90兆円くらい。

 

 

===============================================================

 

 

 

3) ロシアの希望は日本に北方領土を返して平和条約締結

 

 

ロシアは長い国境を接する中国を昔から警戒してきた。大昔、契丹に攻め込まれたロシアは今のシナが契丹だと思って中国をキタイと呼び、シナ人をキタイスキーと呼んでいる。

ただ、ウクライナの問題で仲間が欲しいロシアは中国と合同演習をしたが、本音の部分は中国を信用せず、日本と国交を回復したがっている。

ウクライナの問題は話としてはロシアに分があり、ユダヤ勢力のプーチンへの反撃のような意味がありそう。

 

日本はアメリカとの付き合が有るから、適当にアメリカに口を合わせているだけなのだろう。そしてロシアは建前上は日本もロシアも相互に制裁をしているが、多分本気ではないだろう。

——————————————————————————————————————————————–

【 ロイター Reuters JP 】

ロシアは北方領土問題について話し合う準備ある=プーチン大統領 2014年 05月 26日 08:54 JST

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0E514220140525

 

 

[サンクトペテルブルク(ロシア) 24日 ロイター] – ロシアのプーチン大統領は24日、日本と北方領土問題について話し合う準備があると表明する一方、日本側の準備に対しては疑問視する姿勢を示した。

 

プーチン大統領は、サンクトペテルブルク国際経済フォーラムの合間に外国人記者団に対し「我々は話し合う準備が整っている。日本の用意ができているかどうかはまだ分からない」と述べた。

 

また大統領は、両国とも問題の解決には非常に関心があるとしながらも、解決には共同で困難な作業に当たる必要があると示唆。「いかなる解決策もどちらかの国の利益を損なうことがあってはならないし、いかなる妥協もどちらかの国に敗北感を抱かせるものであってはならない」と述べた。

 

米国や欧州諸国がウクライナ問題にからんでロシアへの制裁を拡大すると発表したことを受け、日本政府は4月、23人のロシア人に対し渡航ビザの発給を拒否した。

 

 

 

===============================================================

 

 

 

4) 【 外務省 】 色丹島及び国後島からの患者の受入れ

 

 

広大な国土と豊かな資源国のロシア。しかし極東ロシアなどアジア側の人口が減少気味でシナへの警戒が強いロシア。

人口がロシアを同じくらいで経済力があるが資源の乏しい日本。両者は交流を深めると相互に利益が大きい事は間違いない。

日露間でギクシャクすることはあっても北方四島との交流は継続すると思われる。

——————————————————————————————————————————————–

【 外務省 】

色丹島及び国後島からの患者の受入れ 平成26年5月26日

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press23_000040.html

 

 

1. 本26日から,外務省は,北方四島住民支援事業の一環として,人道上の見地から,色丹島の患者1名及び国後島の患者2名の計3名を,市立根室病院(1名)及び北海道立子ども総合医療・療育センター(2名)において受け入れることを決定しました。

 

2. 今回の患者については,島側からの受入要請及び患者の病状等を踏まえ,受入れを決定したものです。

 

3. 北方四島からの患者受入れは,平成10年度から実施しており,平成25年度までに,延べ176名の患者を受け入れています。

 

 

===============================================================

 

 

 

5) 会員の方からの情報

 

 

【在日涙拭けよ!衝撃国会】 安倍総理が在日生活保護について答えた – YouTube

http://www.youtube.com/watch?v=RoCz9vF4GfY

 

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください