A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

松方デフレと日銀    -栗原茂男

 

1) あてな倶楽部 5月の株式教室

2) 松方デフレと日銀

3) 日本国憲法はシナ人にとって最高の宝物(酒井信彦)

4) ASKAが救急搬送されたのは パソナの施設

5) 会員の方からの情報

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) あてな倶楽部 5月の株式教室

 

 

年初から4カ月連続安は東証再開以来今回で3回目。何を織り込むか。不気味な株価の動き、

1.1990年では4カ月で9331円23.9%下げ

2.1992年は5593円24.3%下げた。

1990年は前年ベルリンの壁が破れ世界は冷戦が終結し平和の配当の享受を期待される一方、株価も史上最高値38915円を記録、企業業績も89年は経常利益は前年比46%増、90年8.3%増で最高益を更新する企業が続出、地価は公定歩合引き上げもものかわ上昇していた(地価の下落は92年から)。業績は最高益なので安くなったと思って買うとさらに株価が下がる時代のスタートである。戦後の金融システム崩壊のスタートである。

1992年はバブル崩壊が金融システムに深刻な打撃をうけたこと意識されはじめ、大量の銀行株売りが出た。株価は日銀の公定歩合引き下げの度に材料出尽くしで下げた。この時代ほど金融機関のバランンスシートが信用されなかった時代はない。そして金融再編成へ繋がる。

では3回目の今回は何を示唆してるだろうか。

後になってしかわからないことだが先進国で4か月連続で下げているのは日本だけ。中国経済の後退、ウクライナ問題等は世界共通の悪材料であって日本だけが下がる理由とならない。結局、消費税の引き上げによる景気後退懸念を織り込んでいると判断せざる御えない。そしてもし、5か月連続安であれば史上初であり、きっと大きな材料たとえば再度の消費税引き上げによる景気後退と物価高のスタグフレーションを予見しているのかもしれないし、あるいは近い将来のアベノミクスの破たんあるいは日本と中国の紛争ぼっ発を織り込んでいるのかもしれない。後になってしかわからないことだ。なにか不気味な株価の動きだ。

米国NYダウのチャートは拡大ペナント型でいわゆるY波動。いったん崩れればリーマンショック時を下回ることもあり得ることを示唆しているし5年周期の歴史も不気味だ。

こういうときはキャッシュ比率を引き上げて短期売買に徹すべきである。

 

 

===============================================================

 

 

2) 松方デフレと日銀

 

 

25日日曜日、四谷で丹羽経済塾が開かれた。

今回のテーマは『 明治10年代の松方デフレは、何を意味していたのか?  —明治財政史の読み解きかた— 』

 

丹羽博士から渡された資料を見ると、松方正義が明治14年に大蔵大臣になり、明治15年からGDPが急減している事が明瞭。

それ以前のGDPは明治9年が551百万円、翌年以降576、597、778、948、13年が1,016と順調に経済は成長していたのに15年は969百万円と急減。16年は828、17年は815。

18年になってやっと回復し始め881百万円。

何が起きたかと言うと

 

その間、しわ寄せはの受けへ行った。

コメの生産額は明治14年は31,739万円 、17年は13,939万円と言うぐあい。

当時の農村は悲惨を極めたようだ。

 

 

ところで驚くべきことに松方デフレが始まった明治15年6月27日に日本銀行条例公布、明治15年10月10日に 日本銀行開業という出来事があった。

日本銀行条例によって設立された日銀は株式会社だった。

株式会社と日銀法による会社とはどう違うかと言うと、最大に違いは株主総会が無い事。

更に経営者が出資者の意向に反しても法律違反であったも罰則がない事。だから違反しまくり状態。黒田日銀になって改善したようには見えるが。

 

 

そして時代が下がって昭和の17年、日本銀行法が出来て株式会社ではない会社に組織変更された。

昭和17年と言えばミッドウェー海戦などの大東亜戦争真っ最中。そんな時に日銀法の議論を国会でしていたとは驚きである。

 

 

 

 

===============================================================

 

 

 

3) 日本国憲法はシナ人にとって最高の宝物(酒井信彦)

 

 

 

 

主権回復を目指す会

日本国憲法はシナ人にとって最高の宝物(酒井信彦)・・・主権回復を目指す会

 

酒井信彦の日本ナショナリズム

http://sakainobuhiko.com/2014/05/post-243.html#extended

 

 

<日本国憲法はシナ人にとって最高の宝物(酒井信彦)>

 

『月刊日本』2014年6月号 羅針盤 2014年5月22日

 

集団的自衛権が緊急の政治的課題として浮上しているために、今年の憲法記念日はことのほか、憲法問題で盛り上がった。とくに朝日新聞は広大な紙面を割いて報道し、五月四日には、皇后陛下のお言葉を使って、現行憲法の擁護に大わらわであった。護憲という目的のためには、あからさまな皇室の政治利用も辞さないわけである。

 

憲法については膨大な言説がなされているが、根本的に大事ことは、この憲法はすでに破産しているという事実である。それはこのような憲法が作られた土台である前文の文章と、中華人民共和国という国家の存在と、突き合せて見れば良く分かる。

 

まず注目されるのは、中段に出てくる「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」の部分である。これに基づいて問題の戦争放棄の九条が出てくるのであるが、この認識と決意は日本の現実には全く当てはまらない。

.

 

今から四十余年前の日中国交成立以後の、歴史を振り返ってみれば良い。中共は当初、日中友好の大合唱を演出しておいて、日本から巨額のODAを引き出し、インフラの整備に努めて、経済成長の土台を作る。さらに日本は資本と技術を大量に注入するが、第一次教科書事件以後、常に歴史問題で脅迫されて、もうからない商売をし続ける。経済成長をすぐさま軍備増強に結びつけ、富国強兵路線を驀進して、世界第二の経済大国・世界第二の軍事大国になりおおせる。同時に〓小平時代の穏健路線をかなぐり捨てて、とりわけ海洋で覇権主義を鮮明にする。

 

我が国に対しては、歴史問題における言葉の攻撃から、二十一世紀になると直接暴力を振るうようになり、二〇〇五年、二〇一二年には広汎な官製反日暴動を発動した。また尖閣諸島に関しては、核心的利益だと明言して、我が国の領土に対する侵略宣言を行い、侵犯行為を繰り返している。また歴史問題でも、虚偽の言説を国家元首自ら、世界に向かって発信している。つまりこんな国に「公正と信義」を期待することなど全く不可能である。

 

問題はそれだけではない。また前文では先の個所に続けて、「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ」とあるが、この認識は完全なる間違いである。そもそも中共はその成立時から、まぎれもない侵略国家であるが、偉そうな顔をしてのさばりかえっている。この中共による残虐極まりない侵略犯罪を、国際社会が告発し糾弾することは、現状において全くない。その意味で、正義は完全に踏みにじられている。

 

さらに前文の末尾近くに、「われらは、いずれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはらならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従うことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立とうとする各国の責務であると信ずる」とある。他国を無視するどころか、他国を侵略の対象としか考えない、普遍的な政治道徳の法則に、完璧に違反している国家こそ、言うまでもなく中共である。

 

つまりこの前文は現実の世界を全く反映していない虚偽そのものである。したがって、この前文の思想に立脚した日本国憲法は、無価値を通り越して、極度に有害であり、危険である。

 

本来ならば、反戦平和主義者こそ、中共という国家に最も批判的でなければならない。しかし事実は全く逆である。憲法を崇め奉る日本人ほど、中共に卑屈なまでに融和的である。つまり彼らの護憲論は、まるで本気ではないのだ。単に憲法を振りかざして、反戦平和主義を呼号することにより、自分が善人であると自己確認がしたいだけなのである。私が常々指摘する、偽善である。しかも同胞の日本人を虐めまくるのであるから、虐日偽善である。

 

この東アジアの現実に完全に目を瞑った、盲目的・狂信的な反戦平和主義の日本における蔓延を、「中華民族の復興」のスローガンのもとに、膨張主義を推進する中共の支配者たちは、腹を抱えて笑って眺めているに違いない。日本人の愚かさが、シナ人の侵略意欲を、ますます亢進するのである。日本国憲法は、人類の財産だと主張する人々がいるが、日本国憲法こそ、シナ人侵略主義者にとって、最高の宝物である。日本国憲法が、シナ人の日本侵略を招きよせるのだ。

 

 

 

===============================================================

 

 

 

4) ASKAが救急搬送されたのは パソナの施設

 

 

 

一見、どうでも良さそうな話だが、よくよく事情を見ていると案外重要な情報のようだ。

——————————————————————————————————————————————–

【 News U.S. – 中国・韓国・在日崩壊ニュース 】

【飛鳥逮捕】ASKAが口封じで殺されそう!!!? 救急搬送されたのは【 パソナの施設 】だった事が判明!!! これエクストリーム自殺ありうるぞ…

http://www.news-us.jp/article/397931037.html

 

 

===============================================================

 

 

 

5) 会員の方からの情報

 

 

 

 

新潟中国総領事館の万代小学校跡地移転問題

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%BD%9F%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E7%B7%8F

%E9%A0%98%E4%BA%8B%E9%A4%A8%E3%81%AE%E4%B8%87%E4%BB%A3%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%

A0%A1%E8%B7%A1%E5%9C%B0%E7%A7%BB%E8%BB%A2%E5%95%8F%E9%A1%8C

新潟県新潟市

新潟中国総領事館の万代小学校跡地移転問題(にいがたちゅうごくそうりょうじかんのばんだいしょうがっこうあとちいてんもんだい)とは、新潟県新潟市に開設された中華人民共和国駐新潟総領事館が、2011年(平成23年)を目途に新潟市立万代小学校跡地へ移転・拡張する計画について、その是非が問われている問題である。同跡地は、JR新潟駅から徒歩8分(道なりに640m)ほどの同市中央区東万代町9-2(地図)にあり、面積は約15,000m²である。

東京都や名古屋市でも同様に中国大使館都内一等地買収問題、名古屋中国総領事館の国家公務員宿舎跡地移転問題が起きている[1]。

 

 

【緊急拡散】美味しんぼ風評被害騒動の 目 的 が ヤ バ す ぎ た !!! これ事実なら【 外患誘致罪 】確定だぞ… – 中国・韓国・在日崩壊ニュース

http://www.news-us.jp/article/397092841.html

 

 

日本や世界や宇宙の動向 : ASKA、パソナ、創価、政界、財界、芸能界の闇の輪

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51928132.html

 

 

物価が上がっているのになぜ金利低下? (THE PAGE) – Yahoo!ニュース BUSINESS

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140526-00000001-wordleaf-nb

( 金融博徒が大手を振るって侵略するようになってから経済が自然体ではなくなった。為替も金利も意図的に決められている。そして物価も同じ。)

 

安倍首相の移民受け入れに対する考え – YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=1v5YAvD-9bs&feature=player_detailpage

 

 

空自スクランブル中国の領空侵犯 – YouTube

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=kzykzO_dSYw

 

 

日本の未来を予見 みる: >核を持てば、核保有国の攻撃にさらされないと言うことです。「答えを掲示」

http://tikataka.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/09/post_7439.html

 

経営破綻、経営再建 – Yahoo!ニュース

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/bankruptcy/?id=6117837

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください