A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

【セミナー】千葉戦略研究所 2014/6/1(日)

— 千葉戦略研究所 —
一般の報道では公表されない、報道の裏側を独自の情報ネットワークで入手

皆様、こんにちは。
千葉戦略研究所、2014年6月度勉強会のご案内です。刻一刻と変化する国際情勢を千葉俊一が独自の分析でお届けします。

テーマ:「中国対ベトナム。緊迫するアジア情勢。ベトナム=米国対中国の構図を読む。イスラエル第三神殿に建設に向かう世界の動き。」

【主なトピックス】
・下記の様な情報が流れている。
-7/1にアメリカで陸軍がクーデターを起こす。
-上院で内閣不信任案=オバマ大統領への不信任案を通通過させ、政権交代を促す。
-陸軍は、ホワイトハウスを取り囲み海兵隊がそれを守る。
-瞬間にドルの価値が下がる。
-さらにフォートロックにあるはずの金塊がゼロになっている。先日のオバマ大統領来日の目的の一つが、日本の金財産を(英国とスイスにある)を米国にまわしてもらう為の嘆願であった。
・この真相について。7/1に起こること。公開後に間もなく発禁あつかいとなった古い映画「5月の七日間」が伝えるメッセージとは。
・共和党保守派が筋書きを書いたオバマつぶしの戦略とアメリカ陸軍の動き。
・中国とベトナムが海上で衝突し、中国軍は、ベトナム国境、中国側雲南省国境に集結中完了。ベトナム系企業は、台湾からも一部避難。その陰に暗躍する米国。
・ベトナム戦争直後、中国はベトナムに戦いを仕掛けたが破れている。中国は、ラオスを巻き込み北からの侵略を検討したが、米国によって阻止される。
・17日、ラオス空軍機が墜落し副首相兼国防相らが死亡した。
・戦後にラオスに留まった旧日本陸軍とラーオ族、ベトナム戦争時のエア・アメリカの関係とは。
・ウクライナ情勢は、幕を引きつつある。
・中国側の見解は、防衛においてアメリカは日本を見捨てるだろう。更にアメリカの軍事力の低下を認識。
・アメリカがダメでもEUに鞍替えできない日本。キリスト教でもなくアジアの国だから。
・韓国で起きたフェリーボートの沈没の真相とは。韓国の朴大統領の任期全うの可能性。
朴さんの失脚のための陰謀。
・世界情勢と仕掛け人の真の目的とは。信仰の世界からこの世界の様子を読み解くと、全ての現象は、イスラエルの第三神殿の建立に繋がっている。マレーシア航空機の行方不明、ウクライナ、ベトナム対中国などなど。その中での日本は。

※講演、質疑応答があります

====================================================================

日時: 2014年6月1日(日)13時開場 13時30分から16時50分

会場:中央区明石町区民館(3号室洋室)
東京都中央区明石町14番2号

地図
http://maps.google.co.jp/maps?q=%E6%98%8E%E7%9F%B3%E7%94%BA%E5%8C%BA%E6%B0%91%E9%A4%A8&hl=ja&ie=UTF8&ll=35.666344,139.778227&spn=0.002393,0.003406&sll=35.676315,139.771419&sspn=0.002392,0.00545&brcurrent=3,0x601889646d8f70bb:0x6fac763629423d9f,0&hq=%E6%98%8E%E7%9F%B3%E7%94%BA%E5%8C%BA%E6%B0%91%E9%A4%A8&t=m&z=18&iwloc=A

定員: 30名

受講料: 3,500円、 学生 500円、高校生以下 無料
 ※費用は当日ご持参下さい。

講師: 千葉戦略研究所 主幹 千葉 俊一(ちば しゅんいち)
元内閣調査室

主催: 千葉戦略研究所

参加申し込みフォームはこちらから
http://ciss.johocan.com/smr
※当日参加も可能です。

====================================================================

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください