A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

観閲式に日本を招待せずに恥をかいた侵略者中国     -栗原茂男

 

1) 観閲式に日本を招待せずに恥をかいた侵略者中国

2) 「台湾は日本領」の論拠は「万国公法」

3)会員の方からの情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

1) 観閲式に日本を招待せずに恥をかいた侵略者中国

 

 

 

18日日米ネービー友好協会( http://www.janafa.com/ )の講演会&懇親会に行ってきた。

日本側は河野(かわの)克俊海上幕僚長、つまり海上自衛隊トップが参加。

アメリカ側はCOMMANDER SEVENTH FLEET ROBERT L. THOUMAS ( 米国海軍第七艦隊司令官 )氏が参加。

その他、日米双方の海自、米海軍の幹部たちが勢ぞろい。

 

如何でも良い事のようでも、私には重要なイベント。間に入った人が推薦してくれて招待だから、当然に事前にチェックされている。社会的地位の高い人で何故か拒否されているそうだ。

統一教会、創価学会などの宗教関係者や反日日本人などは排除されていると聞かされている。だから私は何を話しても安心ですよと言われた。

念の為、統一教会を噂される、2年前まで「日本ネービークラブ」を名乗っていた団体(http://defend-japan.org/index.php/2012-11-23-03-00-00/14-main-contents/76-2012-11-24-04-06-18 )とは無関係。

河野幕僚長による講演では、中国は中国海軍が4月下旬に開催する国際観艦式に自衛隊を招待しなかった為にアメリカ海軍は不参加を通告。自衛隊は 米軍に参加しないでくれなどとは言ってなく、米軍が独自の立場で不参加を決めた事で中国は日本の孤立をアピールしようとして、逆に日米の結束の強さを世界アピールしてしまった、と解説。

大体、そもそも、日米は喧嘩する理由はなく、軍事技術、軍事産業その他が複雑密接に絡み合っていて産業界も巻き込んで日米は完全に一体化している。

その技術をコソ泥で入手しようとしているのが中国、韓国。

そして両国は日米離間を狙っているがそんな事、無理だという事が解らない処に幼稚さがある。

国土環境破壊の中国、経済破綻の韓国。中国は政府とは別組織の人民解放軍が国土が住めなくなった現状を打開する為に侵略を本気で思い詰めている。

ところがこの数年、中国は日本政府が何を言っても返事が無かったそうだが、ここへきて急に近づいて来ているそうだ。

先月マレーシア航空機が墜落したのは米国に撃ち落されたと言う情報がある。韓国もそうかもしれない。

アジア諸国侵略を進める中国と中国の後ろにくっ付いて動く韓国。所詮、町のダニ国家。日本は付き合いは最低限にするべきだ。

こんな状況でまだ、日中友好、日韓友好なんて言ってるのは日本人を偽装したコリアンか中韓から賄賂と性接待を受けている者と見て良いだろう。

 

===============================================================

 

 

2) 「台湾は日本領」の論拠は「万国公法」

 

 

 

黄恵瑛氏からのメールの法律部分は難解。論理が破綻していると忠告してくれる方も居る。しかし台湾人の立場で考えると如何なのか?

 

民族自決権は1960年に国連憲章で認められた。

日本はサンフランシスコ条約で台湾領有を放棄したのは事実。しかしそこには勝手に捨てられた台湾人の立場は無視されている。

 

そもそもサンフランシスコ条約の大元となるカイロ宣言が嘘の根拠で論理が成り立っている。

《 清国人から盗取したすべての地域を中華民国に返還 》と満州人の「清国」とシナ人の「中華民国」を摩り替えている。

「返還」という言葉は不適切。

シナ人に聞いてみれば解る。清朝は中国ではないと言う。清朝はシナ人が満州人に支配されていた国。

《 領土拡張の念も有しない 》と言いうながら領土的野心ギラギラである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

http://www.chukai.ne.jp/~masago/cairo.html

They covet no gain for themselves and have no thought of territorial expansion.

同盟国は、自国のためには利得も求めず、また領土拡張の念も有しない。

 

It is their purpose that Japan shall be stripped of all the islands in the Pacific which she has seized or occupied since the beginning of the First World War in 1914, and that all the territories Japan has stolen from the Chinese, such as Manchuria, Formosa, and the Pescadores, shall be restored to the Republic of China.

同盟国の目的は、1914年の第一次世界戦争の開始以後に日本国が奪取し又は占領した太平洋におけるすべての島を日本国からはく奪すること、並びに満洲、台湾及び澎湖島のような日本国がすることにある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ポツダム宣言は正論に基づくものではなく、米国の軍事力を背景に強引に押し付けた文言。

その根拠が出鱈目なら、そしてその出鱈目さの為に台湾民族が民族の意志を無視されているのだから、法律論を置いて、台湾人の叫びに耳を傾けるべきだろう。

日本侵略の為に日本の軍事力を抑えたい侵略誘導勢力と日本を守りたい勢力の思惑でどうにでもなる法律の屁理屈。

誰が読んだって軍事力を持てない憲法9条が国連の集団的自衛権と矛盾する憲法9条であることを是正すら出来ない法律業界。

法律屋業界はオピニオンリーダーとは言えない。

 

日本国憲法無効論もある。

上記のような矛盾があるのだから、いっそ大日本帝国憲法改正前に戻して改めて改憲論議をするべきだろう。

 
——————————————————————————————————————————————–

「日属米占』は正論

 

日本国民と台湾人が好むと好まざるに関係なく台湾は法的に今でも日本の固有領土であり、本土台湾人は大日本帝国の臣民であることは、100%依拠ある正論です。この真相を米国を始め、中、韓、露、亡命馬政権も承知しているが各国共、野心があるため隠蔽しています。不思議なのは、この事実を認めたくないのが、日本国民と本土台湾人である。

 

この真相を発見したのは本土台湾人であるが、台湾人は被占領者であり、米高裁から無国籍民族と判定されている故、米政府も代理占領の馬政権も台湾人の主張を無視できるので、台湾社会が常に揺れて混乱するのは、その所以であるが、台湾人の有識者はその原因を追究して解決しようともせず、唯米国代理の占領軍亡命中華民国国民党政権の無能を罵り、李登輝氏も批判等で鬱憤晴らしを繰り返すだけでは、社会混乱は終止しないし、台湾地位問題も解決できません。然し、米政府は、人権ある主権独立国家に復帰した日本国民の主張は聞かざるを得ないが、日本国民に「台湾返還」を主張する勇気がないのは何故か? 遠慮を美徳とするのは日本の愚かな外交政策である。

 

日本の軟弱さの隙を狙って、韓国は竹島に侵入、中国は尖閣諸島の空海領域に侵犯、ロシアは北方四島を占領していて日本政府は対抗できないでいる。

 

あれほど筆者が李登輝氏の斡旋で台湾地位の真相は国際戦争法に基づいて『日属米占」であることを発見し、100%証明しているにも関わらず台独派も李登輝友の会も信用せず、検証もしないで我々をペテン師だと悪宣伝し、通れない独立建国の路を30年間ぐるぐる回るだけで支持者からの募金を浪費しているのはなぜか?

 

台湾が日本の領土になるのが嫌なのか?それとも日本人になりたくないのか?嫌なら中国大陸に移民して中国人になるのは簡単だ。

我々の論述のどの点が間違っているのか、法理論で反論して欲しいが、未だに反論者が出てこないのも何故か不思議。 中華民国からの既得利権を手放したくないのかと合理的な疑問が湧く。 筆者は過去二度李登輝先生と単独会談したが、話題が違って要領を得なかった。もう一度李先生と単独インタビユーして、じっくり彼の本心を聞いて見たい。李先生に問い合わせたが、側近が阻止しているようで返事がない。

 

台湾地位が正常化して、日本の領土に戻れば、日米安保は強固になり、台湾人は政治煉獄から開放される。そして一番多大な経済利益を得るのは日本国である。台湾の豊富な農作物は自由に入手できる。台湾の宜蘭州に属する尖閣諸島の争議は終止し、台湾の高雄州に属する南海諸島付近から出る石油は全て日本国の所有物となる。

 

日本国民よ、国益獲得のためにも昔の毅然とした勇気を取り戻し、大東亜戦争で共に戦った台湾人同胞に代わって万国公法を遵守すべき米国憲法に宣誓したオバマ大統領に向かって、台湾地位正常化を強く主張し、台湾返還を訴求して下さる様お願い申し上げます。ずるい米政府は、自分から表明しないで、日本国民の主張を待っているのです。

 

note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n214065 –

 

「台湾」は、大日本帝国に返還すべき! 日本国民は「万国公法」を依拠に …

 

 

台湾地位正常化促進会

黄恵瑛  拝  2014年4月18日

 

From: E-Magazine User <taiwannokoe@googlegroups.com>
To: keiko7314@yahoo.com
Sent: Friday, April 18, 2014 8:53 AM
Subject: 「台湾の声」【ヒマワリ学生運動】テレビ東京が李登輝元総統に単独インタビュー
【ヒマワリ学生運動】テレビ東京が李登輝元総統に単独インタビュー

日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載
2014.4.18
————————————————————————————————————————

サービス貿易協定の撤回を求めて「太陽花学運(ひまわり学生運動)」の学生たちが立法院を占拠したことについて、占拠早々に王燕軍・李登輝元総統弁公室主任を代理として訪問させ、自らも「馬総統は彼らの話を聞いて、早く学校や家に帰す努力をするべきだ」「もし私がいま総統であれば、今度の学運の学生たちと対話して、彼らの要求をじかに聞き取り、学運をいいように処理する」と述べるなど、学生たちの行動に理解を示してきた李登輝元総統は、去る3月12日、テレビ東京のインタビューを受けた。

テレビ東京が発表した動画は4分少々の短いもの。今後、番組で放映するかは分からないが、インタビューのエッセンスを伝えている。

——————————————————————————–
ゆれる台湾 李登輝元総統 単独インタビュー
【テレビ東京:2014年4月17日】

動画:http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_64589【4分13秒】

中国との経済連携の是非を巡り台湾が揺れています。先月18日には、学生が日本の国会にあたる立法院に突入し、占拠する事件が起こりました。台湾政府が中国とサービス業に関して貿易自由化協定に調印し、国会で審議を行っていることに反対したものです。中小企業を中心に中国から人や金が流入し、雇用面に影響がでるのではないかと懸念の声が上がっています。

今後、台湾はどう変化していくのか、台湾の民主化を主導し、今もなお国民の一部から絶大な人気を誇る李登輝元総統がテレビ東京の単独インタビューに応じました。李登輝元総統は協定について「馬政権が中国大陸と結びつくことを考えてやってきた」と指摘した上で、「国際的な貿易関係を作ればいい」と多国間での経済連携が必要だと訴えました。

『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

解除するには下記URLにアクセスして下さい。
http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=keiko7314@yahoo.com&e=1

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

U.S. President Obama bowed deeply to the Japanese Emperor Akihito at the Imperial Palace on November 14, 2009. 

 

 

1952年4月28日発効の平和条約23条(a)に基づき日本天皇に所属する台湾領土の主要占領権国の米国が戦後68年経っても台湾を正常地位に回復させないでいる。

 

2009年11月14日、米軍総指揮官としての米オバマ大統領が日本を訪れ、皇居で日本明仁天皇に深深と最敬礼したことに対し、如何なる解読をしようとも、人情、義理面においても、その最敬礼は謝罪としての正当行為である。

 

日本国民の皆様、今月オバマの訪日期間に過去神風特攻隊の復讐精神の半分でも倣って、台湾地位正常化の「台湾領土返還」を強くオバマに対して主張訴求して下さい。

 

台湾の地位が正常化すれば、中、韓、露の反日活動は終止します。

 

台湾地位正常化促進会

黄恵瑛   

2014年4月18

 

 

 

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

3)会員の方からの情報

 

 

 

 

三橋貴明、日本は生産年齢人口減少と労働力不足で高度経済成長率を取り戻す?女性や外国人はさほど必要ない理由とは?

 

 

移民政策の元凶は坂中英徳、コイツは在日韓国・朝鮮人の法的地位安定を唱えた<坂中論文>を出したヤツで、 日本の移民政策に関するブレインとされる|保守速報

http://hosyusokuhou.jp/archives/36948216.html

 

 

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

 

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください