2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

【セミナー】千葉戦略研究所 2014/3/2(日)

— 千葉戦略研究所 —
一般の報道では公表されない、報道の裏側を独自の情報ネットワークで入手

皆様、こんにちは。
千葉戦略研究所、2014年3月度勉強会のご案内です。刻一刻と変化する国際情勢を千葉俊一が独自の分析でお届けします。

テーマ:「安全保障、国際政治の裏を読み解く」

【直前情報】
・皇居の宮殿内を一般公開となる。松の間と国賓の宴会場の二ヶ所を公開予定。この時期にこのような話が出るのは、オバマに対する嫌がらせか。オバマが来ないのなら、国民に見せようと言う意味。
・オバマ大統領が、ダライラマと会談。中国に対する軍事を伴わない締め付けの戦略か。人権擁護からの交渉ということは、戦争はすぐに起こらないと読み取れる。しかし、米国軍部とオバマ大統領の間には、考えや方針に距離がある。オバマ大統領の最近の動きは、アジア重視である。その中での日本の地位は、非常に弱い。
・日米関係は、悪化ぎみ。米国議会が安倍首相の靖国参拝を批判する調査報告書を提出。中国に柔軟姿勢をつづける米国。また、日韓間の緊張の高まりも、米国は、静観か助長ぎみの姿勢を継続。
・米国と韓国の軍事演習が29日より予定される。また、下院の委員長と横田恵のご両親が東京で会見。この時期に行われる会見の意味とは。
・フランスの常温核融合5年以内の実用化をふまえてか、英国のロイヤルダッチシェルが、石油事業の売却を始めた。まずは、豪州とイタリアから。
・EUのアシュトン外交安全保障上級代表は、核の平和利用を促すためにイランに行った。また、ウクライナにも行く。EUは、ウクライナ高官の資産を凍結などで圧力をかけ、ドイツ、ロシア、フランスの外相がウクライナのヤヌコビッチ大統領と会談したが、大統領は意向を変えない。
・緊張の高まる外交関係とは逆に、日米の経済関係を良好。FRBの新議長と日銀総裁、副総裁の進む方向に大きなズレはない。
・アメリカ政府は、陸軍の縮小を決定。第二次大戦時の規模まで縮小し60万から44万人体制へ。反面、特殊部隊を増やし、6万から7万弱まで拡大。軍事面を米国に依存したい日本の国防は、これからどう変わってゆくか。
・宮崎駿の風立ちぬが米国で好評。

【主なトピックス】
・フランスのブルボン家を中心とした三角関係。右の英国王室(皇太子様)、左にドイツ:ハプスブルグ家(秋篠宮様)。
・美智子皇后様が養蚕されている蚕について、2月よりフランスで「蚕-皇室のご養蚕」展と題して開催される。何故、今このときに美智子皇后の蚕が話題に上るのか。その理由を解き明かす。
・先のダボス会議では、安倍首相をはじめとする安倍政権への印象が一変し、ネガティブ傾向に進んだ。そして、アメリカが親日から親韓国よりに変化した。安倍首相の本音とこれからの諸外国との関係はどう変わってゆくか。裏ダボス会議以降、下落した日本株。
・安部首相、麻生大臣が関わる次世代エネルギー利権。
・フランス、英国、ドイツ、インドとの協力関係を推し進める安倍首相。フランスの軍事用ステルス技術は、日本の三菱にテストを依頼。軍事利用可能な技術をカードにフランスや他国との提携を推進。英国、フランス、ドイツと結びつき対米戦略を構築するのが安倍首相の本音と読み取れる。
・国賓として招待される米国のオバマ大統領が、進んで招待を受け入れない理由。
・米国議会は、連邦債務上限を来年3月15日まで無条件で引き上げる法律を賛成多数で可決。その裏には、米国退役軍人への保証を確約することがあった。もし、退役軍人を敵に回すリスクや軍事費が削減され、大量のリストラが現役陸軍で起きるとしたら、何が危険なのか。軍人人口と彼らの影響力の面から見た米国とは。
・経済面の日米関係は良好である。政治面は、真逆。
・中国政府の最終カードは、東京への直接攻撃。尖閣にこだわる中国の本音は、日本の首都攻撃の為の軍事拠点の確保である。
・日本の首相専用機が、ロシアのソチでは給油拒否。日露関係の弱さが露呈した出来事。
・陸自は、経費削減がすすむ。また、自衛隊の編成も北方から南方に兵力を移すことに。過去でみれば、太平洋戦争開戦前もこのような状況であった。
・宮内庁が皇居の内部を一般公開へ。何故この時期に。政治的な目的を読み取る。

※講演、質疑応答があります

====================================================================

日時: 2014年3月2日(日)13時開場 13時30分から16時50分

会場:中央区明石町区民館(4号室洋室)
東京都中央区明石町14番2号

地図
http://maps.google.co.jp/maps?q=%E6%98%8E%E7%9F%B3%E7%94%BA%E5%8C%BA%E6%B0%91%E9%A4%A8&hl=ja&ie=UTF8&ll=35.666344,139.778227&spn=0.002393,0.003406&sll=35.676315,139.771419&sspn=0.002392,0.00545&brcurrent=3,0x601889646d8f70bb:0x6fac763629423d9f,0&hq=%E6%98%8E%E7%9F%B3%E7%94%BA%E5%8C%BA%E6%B0%91%E9%A4%A8&t=m&z=18&iwloc=A

定員: 30名

受講料: 3,500円、 学生 500円、高校生以下 無料
 ※費用は当日ご持参下さい。

講師: 千葉戦略研究所 主幹 千葉 俊一(ちば しゅんいち)
元内閣調査室

主催: 千葉戦略研究所

参加申し込みフォームはこちらから
http://ciss.johocan.com/smr
※当日参加も可能です。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください