A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

3月3日、アングレーム漫画祭参加報告会 / 純日本人会

純日本人会の栗原茂男です。

 

先ごろ、フランス・アングレーム市での毎年恒例の大規模な漫画祭が開かれましたが、韓国が捏造慰安婦をテーマにした漫画を多数出展して官民挙げての捏造歴史を拡散すると言う暴挙を計画し、そして実行しました。

それに対し、ネットで事前に情報を入手した事業家の藤井実彦氏がカウンター漫画を出展するべく漫画を集め、「論破プロジェクト」を立ち上げ、出店を申請し、現地に向かいました。

 

韓国は事前に主催者を韓国に招いて参加を発表し、現地アングレーム市では関係者やメディアを招待してのコリアンナイトを開いたりで、デイスカウトジャパンに大変な熱意を示したようです。

それで、藤井氏も韓国が記者会見を開くなら「論破プロジェクト」も記者会見を開くと申し入れしたそうです。

しかし、結局言論弾圧の地、アングレーム市では行えなっかたそうです。

 

現地で行ってこそ意味がるのであり、主催者側に言論に対する言論弾圧は酷いものだったそうです。

言論弾圧に関して藤井氏に聞くと、まるで共産主義だったとのこと。

 

韓国のデイスカウトジャパン運動はこれからも続く予定なので、藤井氏の活動を何らかの形で協力したいもの。

それで3月3日に報告会を開きますので、一人でも多くの皆さんのご参加をお待ちします。

某大手新聞グループにも協力をお願いしています。

 

藤井氏に聞くと、現地に行ったのは「テキサス親父」さんと日本事務局の方、それに通訳の方で数日間滞在ですから、それだけで百万円くらい、これまでにカウンター漫画出展の為に掛った費用はやはり数百万円使ったとの事。

 

事業家でないとなかなかできない事ですが、それにしてもこれからも息の長い戦いを続けるには藤井氏個人の懐に頼るだけではなく、多くの方の支援を必要とするという事で、支援者の方が「自由、民主、人権をまもる日・米・アジア共同委員会」を立ち上げ、「論破プロジェクト」の帰国報告会を開催することになり、純日本人会も「共催者」に名前を加えさせていただくことにしました。

 

そういう訳で、参加費は3千円、学生1千円、18歳以下無料と、少し高めではありますが、収益を「論破プロジェクト」の支援に廻すことになりました。

 

会場は第二衆議院会館で中山成彬衆議院議員のお世話になるので、中山議員から参加者のお名前を教えて欲しいとの要請が主催者にあったそうです。

そういうわけですのでご参加を希望される方は、このページの上部の「CONTACT US 」から送信をお願いいたします。

出来れば、急ですが、20日の準備会合までに御参加のお申し出をいただければ幸甚です。

 

尚、藤井実彦氏の「幸福の科学」との関連ですが、前回の準備会合で御本人に問い質しました。

藤井氏は「幸福の科学」の会員であることはあっさり認めました。

しかし我々が知っているほどには「幸福の科学」について知っている訳ではなさそうで、少なくとも幹部ではなく末端の信者であり、「論破プロジェクト」関連では金銭などの支援は全く受けておらず、フランス語への翻訳は知り合いの「幸福の科学」会員に協力していただいたとの事。

ですから、純日本人会としては藤井氏が「幸福の科学」会員であることについては信教の自由の範疇の事と理解しております。

尚、週刊新潮による、藤井実彦氏「幸福の科学」信者説、「論破プロジェクト」「幸福の科学」偽装会員説については週刊新潮からも「やや日韓カルト新聞からも全く取材を受けていないそうです。

取材を受けていないと言う藤井氏の言を私は信じますが、いい加減なものですね。

3月3日のご参加希望のご連絡、お待ちしています。

純日本人会・会長 栗原茂男拝

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~      記  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
韓国がフランスのアングレーム市での漫画展に参加して従軍慰安婦をネタにして、官民挙げてのデイスカウントジャパン運動を展開しました。
そのカウンター漫画を藤井実彦氏が100枚用意してアングレーム市に私財を投じて乗り込んだのですが、韓国の記者会見は許されて日本の記者会見は不許可と言う近代社会では有り得ない暴挙をフランスのアングレーム市で見せつけられました。
フランスは近代社会ではなかった! フランスは前近代社会を思わせる、まるで共産主義の国だったというのが藤井氏の印象。
その報告会が3月3日、第二衆議院会館で午後2時より開催されます。
日 時 : 3月3日・月曜日 午後2時~午後3時20分
場 所 : 衆議院第二議員会館会議室。
報告会の内容
① 午後2時~3時30分 「韓国反日文化政策の実態を目の当たりにして」
                       論破プロジェクト代表 藤井実郎氏
② 午後4時~5時20分 「日・中・韓の現状と今後について」
                       衆議院議員・中山成彬氏
                       日本維新の会・歴史問題検証プロジェクト 座長
【 参加費 】 会員2,500円、一般3,000円、学生1,000円、18歳以下
 無料。
論破プロジェクトの方がポケットマネーで活動されていますが、ポケットマネーとは言っても4名でフランスへ渡航し、数日間滞在したりで、それなりの出費。運動は今後も継続するので主催の会長がカンパを兼ねての参加費設定をし、少し高めのせっていとなりました。詳細が決まり次第、再度お知らせいたします。
【 主 催 】 自由・民主・人権を守る日・米・アジア共同委員会
【 共 催 】 市民政策研究協会、論破プロジェクト、そよ風、純日本人会
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください