A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

【セミナー】千葉戦略研究所 2014/2/2(日)

— 千葉戦略研究所 —
一般の報道では公表されない、報道の裏側を独自の情報ネットワークで入手

皆様、こんにちは。
千葉戦略研究所、2014年1月度勉強会のご案内です。刻一刻と変化する国際情勢を千葉俊一が独自の分析でお届けします。

テーマ:「安倍政権の2014年度のゆくえを読む-安全保障・次世代エネルギー・内政・対米・対EU・極東戦略について」

【直前情報】
・安倍首相がインド訪問の目的とは。7年前の悲願を達成か。旧帝国陸軍が創設に関与したインド軍。海上自衛隊との共同演習。
・インドムンバイで、2000億円超の円借款供与。日本経済界との橋渡し。
・東京都知事選、だれを応援すべきか。

【講演の主なトピックス】
・2014年度の皇室「歌会始の儀」を読み取る。
読み上げられた歌は、皇太子様の新嘗祭についてと三笠宮家彬子さまの出雲大社に夜中に参拝されたもの。東宮侍従長は、涙をながされる。
・新嘗祭の時に中国の防空圏の設定は、新嘗祭であった。
・アメリカの上院議員共和党の若手、次期大統領候補。次期米大統領選の有力候補に挙げられるマルコ・ルビオ上院議員は、日本の立場を重視、支持し中国に対抗する立場を取る。しかし、靖国参拝には、否定的。
・日本版NSAとなる国家安全保障会議(NSC)谷内正太郎局長は、複数の政府高官とともに米国でライス大統領補佐官と会見。情報の双方向やりとりにはならず、米国は情報、日本は資金提供による協力になるのか。米国の後には、フランス、英国の情報部を訪れた。谷内局長を支える、栗山尚一、柳井俊二元駐米大使。
・同じ時期中谷元防衛庁長官は、特定保護法案のための視察に民主党と共に、イギリス、ドイツに向かった。フランスは、除外された。憲兵隊を持つフランスは、安倍政権が見本とする国。
・「電通」の子会社「電通ワークス」への詐欺疑惑が高まったLED販売会社「ワールド・ワイド・エンジニアリング」の事件の裏側。10億近いお金はなんの為に使われたのか。また、この一連の出来ごとと発電利権、東京都知事選、安倍政権との関係について。
・細川元首相、小泉元首相、小沢一郎が画策する新党結成。
・世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で話されること。裏方の会議(アドリア海)の行方は。

※講演、質疑応答があります
 他。

====================================================================

日時:2014年2月2日(日)13時開場 13時30分から16時50分

会場:中央区明石町区民館(5号室洋室)
東京都中央区明石町14番2号
03-3546-9125

地図:
http://maps.google.co.jp/maps?q=%E6%98%8E%E7%9F%B3%E7%94%BA%E5%8C%BA%E6%B0%91%E9%A4%A8&hl=ja&ie=UTF8&ll=35.666344,139.778227&spn=0.002393,0.003406&sll=35.676315,139.771419&sspn=0.002392,0.00545&brcurrent=3,0x601889646d8f70bb:0x6fac763629423d9f,0&hq=%E6%98%8E%E7%9F%B3%E7%94%BA%E5%8C%BA%E6%B0%91%E9%A4%A8&t=m&z=18&iwloc=A

定員: 30名

受講料:3,500円、 学生 1000円、 高校生以下 無料
※費用は当日ご持参下さい。

講師:千葉戦略研究所 主幹 千葉 俊一(ちば しゅんいち)
元内閣調査室

主催:千葉戦略研究所

参加申し込みフォームはこちらから
http://ciss.johocan.com/smr
※当日参加も可能です。

====================================================================

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください