2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

“「日本の歴史」復権の幕を上げよ”渡辺望氏 於:あてな倶楽部 H26.1.18  -栗原茂男

 

1) “「日本の歴史」復権の幕を上げよ”渡辺望氏 於:あてな倶楽部 H26.1.18

2) 第119回日本経済復活の会定例会のお知らせ

3) 第25回時事研修会開催の御案内

4) 総理大臣の靖国参拝は諸外国へのユスリタカリ拒否の宣告

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) “「日本の歴史」復権の幕を上げよ”渡辺望氏 於:あてな倶楽部 H26.1.18

 

 

平成26年1月の「あてな倶楽部」は講師に新進気鋭の哲学者の渡辺 望氏をお迎えして開催しました。

『月刊正論最新号 http://seiron-sankei.com/recent 』(2月号)で

≪ 「世界征服」者たちと苦闘した記憶の覚醒こそ サブカルチャーに刻まれた民族の悲劇 ≫

—————————————————————————————————————

「世界征服」者たちと苦闘した記憶の覚醒こそ

ー サブカルチャーに刻まれた民族の悲劇     : 評論家 渡辺 望

 

【特集】「日本の歴史」復権の幕を上げよ

 

「天皇」と「人類」の対決

—————————————————————————————————————

を書かれたので、その解説をお願いしました。

 

渡辺氏はご自身は哲学者と称しておられますが歴史学者でもあると思います。先日の出版記念会では西尾幹二氏が大変評価している様子でした。

 

 

当日の模様のビデオがYou Yube にアップされました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

“「日本の歴史」復権の幕を上げよ”渡辺望氏 於:あてな倶楽部 H26.1.18

 

講師:渡辺望氏:早稲田大学大学院法学研究科修了。ブログ「倶楽部ジパング・日本」を開設http://nozochan.blog79.fc2.com/

著書に『国家論ー石原慎太郎と江藤淳。「敗戦」がもたらしたもの』(総和社)

『蒋介石の密使 辻政信』(祥伝社新書)など

 

https://www.youtube.com/watch?v=wIgk0zK9ERU  1/5

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=6f-INNQTxyo   2/5

 

https://www.youtube.com/watch?v=HlQCOwEewrE  3/5

 

https://www.youtube.com/watch?v=qSNeauiFcOA   4/5

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

2) 第119回日本経済復活の会定例会のお知らせ

 

 

 

皆様

 

寒冷の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

次回定例会の案内をお送りします。

 

日本経済復活の会 事務局長 吉野守
 
——————————-以下 ご案内———————————

 

第119回日本経済復活の会
平成26年1月23日
日本経済復活の会 会長 小野盛司

 

 

○講師
藤井聡先生 国土強靭化が日本を救う
京都大学工学部社会都市工学科教授

内閣官房参与、ナショナル・レジリエンス(防災・減災)懇談会座長

ご専門は国土計画論、土木計画学、公共政策のための心理学など。

社会心理学・社会学研究にて2009年度日本学術振興会賞など受賞歴多数。

著書:“救国のレジリエンス”“列島強靭化論”等。

講演の概要:今の日本に蔓延する閉塞感を打開する為“公共事業の必要性”を正々堂々と論じる京都大学藤井聡先生が国土を“強くしなやか”にする強靭(きょうじん)化の展開について分かり易く解説されます。

小野盛司 日本経済復活の会会長
会の活動報告、『大震災からの復興への道 -刷ったお金は使いなさい-』

 

○日時 平成26年2月27日(木)午後6時~午後9時
(開場5時30分、講演開始6時)
○場所 アルカディア市ヶ谷(私学会館)
  東京都千代田区九段北4-2-25 TEL:03-3261-9921

●地下鉄有楽町線・南北線      市ヶ谷駅A1-1出口

●地下鉄新宿線          市ヶ谷駅A1-1またはA4出口

●JR中央線(各駅停車)市ヶ谷駅  上記各出口から徒歩2分

○会費 3500円(資料代や食事・飲み物の費用を含みます)
  当会合に関する一切の問い合わせと、御来会の可否は小野(03-3823-5233)宛にお願いします。

メール(sono@tek.jp)でも結構です。

弁当の注文や配布物の準備等ありますので、申し込みはできるだけ早めに行って下さるよう、ご協力お願いします。

 

 

日本経済復活の会のホームページと連絡先

http://tek.jp/p/

TEL:03-3823-5233

FAX:03-3823-5231

担当 小野盛司

 

 

 

===============================================================

 

 

 

3) 第25回時事研修会開催の御案内

 

 

第25回時事研修会開催の御案内

 

期日 : 2014年2月11日(火)

場所 : 国分寺労政会館(4階)>>>第4会議室です。 定員120名。

時間 : 午後 1:15~5:00 ・会場へはお早めに、1時前から受け付け可能です。

会費 : \2000円。お釣りの無い様に御準備下さい、学生30歳以下の方は無料です。

交通 : 中央線国分寺駅南口から徒歩5分・丸井横道、駐車場口前から右斜め方角へ歩いて下さい・・

当会の開催趣旨=素晴らしい明日の日本を築く民の会として、歴史の町、国分寺市からの発足です。

時事問題を中心に、現代の歴史を皆様と共に解り易く分析研修する事から始める会として立ち上げました。

その手段として【123便事件の真相を知る会】として其処から多角的に派生する問題を広く検証する事から始めました。

 

初参加の方は半額¥1000.-です。

 

公演予定演題抜粋

平成となり早25年が過ぎた、今回は26年目の建国記念日に開催となりました、「平成」平和に成ると言う意味で

故小渕首相が出して来たメディアへの一般公開シーンが目に浮かぶ、「**平の環に成る」其れが主因で殺された、と個人的には今でも疑わない、くたばれ!野蛮人、そんな人種がこの社会の頂点に今でも君臨して居る。

私は暗号を勉強して行く内に私自身が明治維新の時に御姿を隠された「孝明天皇」の直系子孫である事を発見してしまった、その事を隠す事無く当会から其の背景と真実を発信公開致します、一部既にお話しして居ますが「建国記念日」と言う日柄でも有りもう一度近代日本国家の建国に尽いて皆様と一緒に研修して見たい、一般には暗号が理解出来るか如何かで信憑性を疑問視する人も居るかも知れませんが、その当事者が自ら発見した真実を公開致します、驚きの真相は会場で確認して下さい、歴史が変わります。

@「輪」を去年の漢字に決定した「清水寺」には脱帽敬服、私は環・○・π・314=413=4月13日生まれです、

南相木ダムにも「環の広場」、小川があり、444m堰堤もある1444mの場所もある、当社は小川町1-444-25です。

@小と子の事件が連発した、本当に小・子が悪いのか?不思議な子供達は出て来た?理解不能覚えて居ない。

@五井海岸1丁目=語意開眼の事ではないのか?いや5*と井戸の関係もあるのだろうか?

@報復・矢太郎・平出・浜松その先は焼津日露・御巣鷹山へとつながる暗号的な解釈の意味は深いフイヨルド?

@東京湾直下型地震には気を付けなければならん訳がある、是は都市伝説ではない。

@今年の皇室カレンダー最初に「昭和天皇」その意味は大変に重要、平成の4半世紀を返り見れば!此処は植民地国家と思える惨状から「日本を取り戻す」事に、安倍首相しっかりして下さい、彼方に掛かって居る。

@12X6=72X2=144・今年がその「144年目」このままでは済まされまい、「日本が動き出した」?その原点は明治3年9月19日、「聖頂院即顕真明光久清淨大居士」の戒名の当家14代の命日、此処に信じ難い背景がある。

@天皇陛下インド訪問から御帰国の時に彬子様何故羽田で倒された?その布石が有ったようです、皇室警護隊に何か言及したらしいと、その報復?彼らは皇室の警護をするのが任務では無いのか?更に同日に妹の瑶子様も体調不良で入院をされていたのは姉妹そろって本当に偶然なのか?そう言えば選挙で666千票取った「山本太郎議員」の直訴状を陛下の手からもぎ取ったあの動画のシーンは今でも目に焼き付き忘れられない。

@天皇は神聖にして侵すべからざる?いや皇室は公安警察の命令に背くべからざる物?と成って居るのでしょうか?安倍首相も追突事件を仕組まれる環境だ、多分そうなのだろう。見るに忍びない状況(惨状)である。

@出雲大社+伊勢神宮揃って「式年遷宮」が終わった「巨頭の神々」が揃ってその体系を整えた、それがゆえに今年はこの地上界が【動く】時代が来たと言う、天界は決断をするだろう悪を正し矛盾を解く何かのオペレーションを、一般には何の事やら、其れも又人生か?皆様早く目をお醒まし下さい、今日本は危機的な状況にあるのです。

@ついうっかり、忘れてしまった「歌会始」の分析を、今年のお題は「静」です、暗号的分析は驚きますが、

@「ココ」1で「ノロ」の報道が?やっぱりです、「千葉市」らしい、そうなのかなあ、恐らくTokyo bay Plan

@第24回開催出席者全員に配布したおみやげお年玉?「石」の件ですが、もう少し言及します、其れは特別な物

で非常にある種のエネルギーが高い物です、その効果的利用法は加温=80度以上の環境で使用すると良い、普段の生活環境では、炊飯・ポット湯沸かし器・味噌汁・煮物・スープ等を造る時に一緒に入れて置く、作業後に洗い

乾燥して何回でも使用が可能です、その効果についてはあえて言えません、特別な症状の変化は全くありません

が皆様の生活習慣のひとコマに入れて毎日使うと良いと思います、ポイントは加温使用です、少し低温すぎますが毎日の風呂の中に入れて置くのも良いのですが、やや温度が低過ぎて効率が今一良くない。

@関連情報で今世界の目がその様な特殊な資源を探す事に向いて居る、「金」は全くの見せ掛け地下資源であり其れより重要な物とは特殊な微生物・酵母菌・未知の鉱物資源?らしい、或る筋のお話です、確かに金塊を溜め込んでも其れは食物では無い、食べられない、間接的な媒介物であり其の物が生きる為の要因にはならないからだと言う事です、其れが証拠に此の金融大混乱の最中でも理屈に合わず今金価格が値下がりしている、その価格はシンジケートが勝手に相場を操って居る様な博打商品です、最近の金相場で大損した人も居るのではないでしょうか?

@日本は世界一地下を掘る事が上手く、トンネルや地下施設の技術は狭い国土の至る所に掘り進んでいる、その本当の目的とその利権はこの国の根幹を成す物が多く、国民はその事を知らない、何故掘るのか?愚問である事を

理解しなければ、鹿やキツネや熊しか通らない山奥でも高速道路を建設する、国家予算で殆どトンネルの中を進む

未知の乗り物?「リニヤ」新幹線も絶対に建設をする意味は其れだと言う事です、掘り出した「瓦礫=宝の山」は

誰が何処へ持って行くのか、其れはもしかすると「金」よりも価値の高い「瓦礫」かもしれないのです、是を言うと圧力が掛かるかもしれないが事実だ、原発はその意味で山間部を越えて遠い地域に造られる汚染対策上有利だから、と言うがその電線の経路は狭い国土を広くカバーするあの「高圧送電線」の「鉄塔」その下は誰の物?発送電分離問題はその下です当然前途多難です。

@東京都の発電所は都市周辺に造れば同じ受給関係者内で給電が可能だ、と言って猪瀬さん消えて行った?徳洲会の毒まんじゅう食ってしまった、未熟だったと言うがその裏は老練な多くの政治屋さん達は皆上手く喰らって居ると言う意味の事を猪瀬さん言いたかったのでないか?片目で其れを見ながらめげずに「お殿様」立候補です、戦いの図式は非常に複雑怪奇になって来た、この世は恐ろしい処です、東国原さん回避して賢明だと感心した。

@私の専門、暗号の世界では常に多くの情報が出ている、まるで普通の人が新聞を読むように活字で書けない事を全て暗号で理解出来る、最初に予備暗号、foundations=テーマに沿った下地造りで幾つかの事例が出て来るその時点では何の事か解らないが一つでは無いので幾つかの事例を見て事前予測が出来て来る、その後から本件が出て来るので予測の誤差が其処で修正され自分で結果確認が出来る、それらの目安は各事象の中に必ず「パスワード」が組み込まれてある、数字や色や語路合わせ、私のコードや生年月日等非常に多彩である為に他人には理解出来ないつまり完全に個人に宛てられて出されて来るとも言えるのです、但し一般の皆様も慣れるとそれ程難しい物では無いので是非私と共に暗号を勉強しようと言う意味の「時事研修会」とした訳です。

@世は洗脳の社会です、本当の事は誰も言いません、まるで実像の様に騙しの世界を演出して其れを国民に見せている多くの国民は其れを信じて本当の事を言う私を逆に「敵視」しますが其れは大きな間違いであります、同時に如何に「洗脳」が怖い事か恐らく今社会的に優秀頭脳明晰な貴女方でもそのトリックに気付いて居ません、昔から大学は洗脳の機関ですから、おかしな事を言う奴は瞬時に敵視する事で自分の正当性を周囲に理解させる行動を取る、しかし其れは猿山の猿の集団がボスザルに右へ習い付いて行く心境と同じです、そうしなければ今の自分の生活が、社会的な立場が失われるからなのです、しかし気付いて欲しいその猿山を管理する裏方が居る事を、貴女方が信じているその社会が実はそうだったのか?と言うあの映画と同じ事が今世界的に見直されて来ている、私はその事を知らせるために皆様に真実をお話するのです、猿山の猿が良く見ると全員が裸の「人」だった!と言う或る

出版社の全紙広告が昔出ていた事を皆様はどう感じて居たのでしょうか?

@マルハニチロ犯人捕まった、安倍さん!正義のコスプレ?去ってで、いや違います「幸手」ですよ、真相公開。

@本日以降の時事問題追加情報も随時紹介する積りです。

 

一人でも多くの皆様の参加をお待ちしております。

 

時事研修会・主催者・吉澤 稠

 

アメーバブログ・ワールドフォーラムHPでも掲載されて居ます、其方でも是非ご覧下さい。

 

 

 

===============================================================

 

 

 

4) 総理大臣の靖国参拝は諸外国へのユスリタカリ拒否の宣告

 

 

 

中国の尖閣侵略問題、韓国による慰安婦などの歴史捏造問題は中韓が第二次大戦後の歴史評価固定化の問題へとすり替えようとしている。

それは純日本人として大歓迎するべきこと。

 

そもそも第二次大戦の評価は戦勝国が不誠実な歴史解釈をしてそれを固定化しようと画策してきた。早い話、歴史を捏造してきたのである。

その背後に国家を超えた特定民族による民族戦略があり、その悪だくみは人類にとっての犯罪と言える。

 

韓国は戦争中は日本国であった。つまり日本が開戦国なら韓国も敗戦国である。

ところが歴史を妄想で語る韓国人達は自らを戦勝国として戦後の日本で悪事の限りを尽くしてきた。

その清算はまだ手つかず、というより議論さえされていない。

 

特定諸民族による歴史捏造は戦後の特定諸民族の経済的利益の源泉になっている。

 

総理大臣の靖国参拝に屁理屈を並べて抑制することが歴史の捏造による日本服従を可能にしていると錯覚している。

民間人の参拝は可で、総理大臣の参拝は不可と言うのはユスリタカリ主義者の大いなる誤解。

“ユスリタカリ主義者よ! もっと勉強してください!” です。

 

 

昨年来、邦銀の外国への貸し出しが増えているとの事。

今噂されているのが韓国経済が既に破綻していて、韓国の政府、民間への貸し出しが焦げ付いているのに隠している、IMFによる韓国のストレステストを公表するとそれが明るみ出る、国際金融暴力団は韓国への貸付債権を日本の銀行等金融機関に押し付けようとしている、と言うもの。

 

だから安倍総理が靖国へ行って、日本から韓国へ「如何か支援させてください!」という言い出すきっかけを無くしてしまった。

今までは信じ難い事に、日本が韓国を助ける時は日本がお願いして韓国を助けさせていただくと言う姿勢。

今回はそういう申し出を日本がする前の段階で韓国が対話を拒否。

 

それで困ったのが国際金融暴力団。

韓国の不良債権を日本に押し付け、その後で韓国に対するIMFのストレステストの結果を公表し、韓国の破綻が世界中に知れると債権を押し付けられた日本は大損害。

多分そんなヘボい図面を描いていたのでしょう。

 

ところが韓国の不良債権の日本への押し付けが宙に浮いたので国際金融暴力団は困ってしまった。

安倍総理の靖国参拝を大声で非難する特ア以外の者達は国際金融暴力団の手下と見て良いと思います。

 

町のダニならぬ世界のダニは無視して置けば良いのです。中国の下僕のオバマ氏が対日強硬路線を執るなら仕方ない。

日米安保が生きている間は条約を守る事を要求し、廃棄したいなら1年前に申し出てもらい、日本は日本として東アジアを中心に新しい国際秩序を模索することになる。

 

国際秩序の枠組み変更は新たな緊張を伴うが、さりとていつまでもユスリタカリに甘んじている事は愚かなこと。

 

第二次大戦の歴史解釈を特定民族の民族戦略から開放して「歴史学」を近代科学の分野に成長させる良い機会となる事でしょう。

 

現状の歴史学は科学とは言えず、実に恥ずかしい学問であることは否めないところ。

 

 

 

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください