2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

『 頑張れ田母神俊雄 』 1月28日(火)18:30~     -栗原茂男

 

1) 『 頑張れ田母神俊雄 』  1月28日(火)18:30~

2) 『 舛添要一 』とは?

3) 『 初 釜 ご案内 』 ― 大和流

4) 会員の方からの情報

5) 沈みゆく泥船「中華人民共和国」はもう終わり

) 【ご案内】松田まなぶ&松田裕美子「新春サロン・コンサート&ご挨拶

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 『 頑張れ田母神俊雄 』  1月28日(火)18:30~

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

各位

 

転送します。

 

事務局 木上

 

From: 大橋 武郎 [mailto:t-ohashi@khf.biglobe.ne.jp]

Sent: Friday, January 17, 2014 10:36 AM

To: 大橋 武郎

Subject: 頑張れ田母神俊雄

 

 

皆様 へ

 

今回の東京都知事選挙には首都東京の舵取りを任せられそうな理念と政策がしっかりしている候補者は田母俊雄氏を除いては居ないと多くの国民が感じているようです。是非タモさんに頑張って欲しいものです。

 

大橋武郎

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

緊急集会!! 東京から日本を再興する  開催のご案内

 

東京オリンピック・パラリンピックを7年後に控え、東京のみならず日本中が沸き立っています。その一方で予想される首都直下型地震、増加する外国人犯罪、少子高齢化など、東京は大きな課題を抱えています。

 

迫り来る危機から首都東京、そして祖国日本をいかに守るか、今回こうした観点から下記のとおり集会を開催することとなりました。

 

お誘い合わせの上、奮ってご参加下さいますようご案内申し上げます。

 

と き:1月28日(火)18:30~20:00(18:00開場)

 

ところ:憲政記念館    千代田区永田町1-1-1

 

東京メトロ「永田町」駅2番出口より徒歩2分、

 

または「国会議事堂前」駅2番出口より徒歩7分

 

 

登壇者:田母神俊雄(元航空幕僚長)、中山成彬(衆議院議員)、

 

西村眞悟(衆議院議員)、渡部昇一(上智大学名誉教授・交渉中)、

 

他 有識者・国会議員(調整中)

 

 

*入場無料、事前申し込み不要。

 

主催・問合せ:東京から日本を再興する会 電話:03-5314-9470(展転社気付)

 

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

【発信責任者】

『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F

TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

 

 

 

 

 

 

===============================================================

 

 

 

2) 『 舛添要一 』とは?

 

 

 

都知事選の候補者で一番気になるのが舛添要一氏。

巷間噂される処では、奥さんが創価学会幹部と言う噂。

そして創価学会は今もそうなのか違うのか解らないが、昔から国会議員選挙よりも都議会選挙に力を入れていると言う噂。

 

創価学会が都議選に力を入れるのは、かつて「諸君」に何度も書かれて来たのが東京都は警視庁を配下に持つからというもの。

警察の中でも東京は大企業、政治家が集中しているために警察、司法も東京が圧倒的に重要。

 

それが今も本当なら、舛添都知事は創価学会にとっては待望の人材という事になる。

 

もう一つ、猪瀬氏が五千万円の貸し借りの説明が原因で退任に追い込まれたが、一億円借りれば追及されなかったのだろうか?

五千万円が本当の理由とは思えない。聞こえてくるのはオリンピック関連の工事の利権を独り占めしたからと言う噂。

 

国土交通省の大臣はだいぶ前から公明党が引き受けて来た。

公明党にはオリンピック関連の工事に談合が無いか目を光らせる事を期待したい。

 

 

更に舛添要一氏はコリアンジャパニーズと言う噂。

この噂を肯定、否定を明瞭にしてから外国人地方参政権を語るべきだろう。

そしてもし朝鮮に民族帰属意識があるなら都の職員にコリアンを不必要に多数採用しないとも限らない。

 

 

いずれにしても舛添要一氏はコリアン疑惑を公開の場で明瞭するのが有権者への礼儀というものだ。

 

一応彼のプロフィールについてウィキぺディアで調べると少し変わったところがあるように感じる。

 

離婚歴2回、結婚3回、他に二人の女性との間に子供3人と言うのは有権者が如何判断するか?彼の弁明を聞いてみたい。

 

 

実姉の生活保護問題もあまり普通の感覚とは思えないのは私だけか?

 

帰化や外国人参政権に非常に甘いようだが、韓国は在日韓国人の徴兵が噂されている。だから韓国人の日本国への帰化を容易にしようと考えるかも知れない。

その辺も彼がコリアンか否かを踏まえて説明を聞きたいもの。マスコミ人達が純日本人なら必ず問い質すだろうと思う。

 

もし取材や記者会見でのマスコミが問い質さないなら、そこに居るマスコミ人はコリアンなのだろう。ともかくマスコミにはコリアンが多いと聞く。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%9B%E6%B7%BB%E8%A6%81%E4%B8%80

人物・エピソード[編集]

 

家族・親族[編集]

 

奔放な女性関係で知られ、2度の離婚歴がある。最初の妻は留学時代出会ったフランス人。2度目の妻は官僚時代の片山さつき(当時朝長さつき)であり、衆議院議員だった近藤鉄雄の紹介でお見合いしたのが馴れ初めで1986年に結婚。しかし実質的な結婚生活は長続きせず、3ヶ月後には片山が弁護士に相談する事態に陥ったといい、調停を経て89年に離婚した[32]。1996年6月に現在の妻である元秘書の女性と3度目の結婚をし、2児をもうけている。他に日本人女性2人との間に婚外子が計3人いる[注 1]。かつての盟友栗本慎一郎は舛添の女性遍歴につい

て「あいつは女の胸を揉んだ手で翌日に仕事で善人面して握手をしている。」と批判した事がある[要出典]。

 

実姉の生活保護問題[編集]

 

また、次長課長河本準一の母親の生活保護受給スキャンダルの発覚(芸能人生活保護不正受給問題)から、姉の生活保護受給の話が再び注目された[34]。1992年、北九州市の担当職員が「可能な範囲で1万でも2万でもいいから仕送りしてくれ」と頼みに舛添の家を訪ねたが追い返された(元市職員談)。当時の舛添はタレント学者としてテレビで稼いでおり、億単位で不動産を買い漁っていた。といった内容が報じられているが[35]、舛添事務所は取材に応じていない。ちなみにこの芸能人生活保護不正受給において追及の筆頭に立ったのは元妻の片山さつきであった。

 

外国人参政権・帰化条件について[編集]

 

2002年12月04日、国会の答弁にて「それから、二番目の御質問の帰化要件についてですけれども、私は諸外国と比べて決して日本の帰化要件が、何というか、簡単というか易しくないというふうに思っています。ですから、これから少子高齢化で労働力不足ということも景気が良くなれば出てくるわけでしょうから、ある程度帰化要件というのは緩めていいんではないか。」とし、「(参政権については)あと二世代ぐらいこの問題が解決しないとすれば、やはり例えばその地域における、これも住民参加、いろんなところで外国人に認めていますけれども、そういう試みはやってみて構わないだろうと思います。公権力の行使ができない、だけれども、例えば川崎はそうだったと思いますけれども、これは課長さんぐらいまではたしか在日の方でもなれるはずですし、公務員であっても就ける職種がどんどん拡大しております。こういうことの地道な積み重ねの上に新しい時代が開けるのかなと、そういうふうに思っています。」という考えを示した[36]。

 

 

 

===============================================================

 

 

 

3) 『 初 釜 ご案内 』 ― 大和流

 

 

日頃純日本人会に御協力頂いている須永有輝子先生よりのご案内です。

 

須永先生のついては2010年に「華道」、「茶道」、「着付け」の実演と真髄のお話しをいただいた事があり、その時のブログ記事が下記です。

==================================================================================

昨日は須永有輝子先生にお越しいただいての勉強会でした。 By junnihonjin, on 12月

7th, 2010

http://www.junnihon.com/?p=886

 

 

「 華道、茶道、そして日本の心」と題してのお話は日本文化の真髄に迫る内容で、我々純日本人が日本人であることを主張するために是非知っておかなければならない日本文化の重要部分であったと思います。華道、茶道の他に「着付け」もお話くださり、私など、和服の凄さを始めて知りました。同じ和服は一つも無いそうで、和服だけの文化とは驚きでした。

 

須永先生は日本国内で大使館の奥方達に教えて感激されるばかりでなく、海外でも「華道」、「茶道」、「着付け」を教えたりもされているそうですが、ニューヨークでガーナ大使の奥さんに教えた時にはサムソンの社長夫人などの韓国女性達が和服を着て須永先生を取り囲み、ガーナ大使夫人と一緒に写っている写真も見せていただきました。

それにしても朝鮮人は日本人に便乗するんですよね。

東芝は韓国企業だ!、日立は韓国企業だ!、どうだ!韓国は凄いだろう!と言って自慢して、韓国のイメージアップも計算すると聞いています。

須永先生の写真から朝鮮人のそういった屈折した感情を垣間見た感じがしました。

 

当日の模様はビデオに収録はしましたが、公開できない部分もあり、ホームページに揚げることは無いかと思いますが、素晴らしい講演とお点前でした。

お茶と菓子、大変美味しかったです。

 

純日本人会は政治や経済の情報交換ばかりでなく、今後も日本人を日本人たらしめている日本文化を学ぶ会でもありたいと思います。

==================================================================================

 

 

 

————– 記 —————-

 

 

初釜御案内

大和流

 

 

本格的な茶席

 

初めての方も丁寧にご説明

 

させていただきますので安心

 

してお越しください

 

場所 日月庵(羽根木公園内)

小田急線梅ヶ丘駅徒歩五分

 

日時 一月十八日(土)

一月二十六日(日)

 

十二時~一時 会食おとそ、お汁こ付 一万円也

一時~四時三十分 おとそ、お汁こ、濃茶、薄茶 五千円

 

席主 岸川 水野

( 日本文化の原点となり 年の初めに日本人として素晴らしい体験をして戴きたいと、宜しくお願い申し上げます )

 

家元 須永宗静

 

 

【 須永有輝子プロフィール 】

・大和流家元

・We Love 地球号会長

・サクラジェンヌ会長

・国際珠算基金会長

・世田谷『町の賢人』

 

生花 草月流、勅使河原蒼風、有野光峰、国際いけ花、大野典子

茶道 裏千家・鵬雲斎宗室、中島宗定

和太鼓 末永克行

書道 宮川朋子

油絵 日展審査委員、菊池健蔵

青山釜 栗田氏

日本舞踊 西崎みどり、花柳年之助

着付け はくび学院、和装学院

各流派教授師範取得

 

・18歳より生花、茶道の家元代理指導に携わる。

・オーストラリア文化協会立ち上げと共にオーストラリアフラワーアカデミー主宰

・ミャンマー水掛祭り日本文化企画公演中野駅前広場3000人動員

・イギリス、ブリテッシュクラブ日本の祭り企画公演

・ホテルニューオータニにおいて毎年、各国大使をお招きし、1983年から現在茶会、生花の公演

・米国、オーストラリア、イギリス、スペイン、マルタ、ウクライナ、ハワイ、イタリア、ドバイなど各国より招待を受け茶道、生花、着物を披露及び享受する。

・その他多数の活動

 

 

===============================================================

 

 

 

 

4) 会員の方からの情報

 

 

 

国家戦略としてやってくる中韓。 日本政府はどうするつもりでしょう?

( 下半身の事は明け透けに話す事柄ではないと言うのが日本人の発想。下半身文化が特殊な朝鮮民族。日本人には理解不能な発想。 )

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

朝鮮日報エンタメコリア 2014.01.14 (火) 22:33

「慰安婦記録」 世界記録遺産登録推進へ=韓国

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/01/14/2014011404399.html

 

 

【ソウル聯合ニュース】韓国の女性家族部は14日、旧日本軍の慰安婦関連記録を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記録遺産に登録申請する計画を明らかにした。

 

同部関係者は「韓国や中国、東南アジア、日本などにある慰安婦関連資料の現況を調査している。今年の末までに作業を終わらせ、来年文化財庁に世界記録遺産の登録申請対象として提出する計画」と話した。

 

世界記憶遺産は人類が長い間記憶して後世に伝える価値があるとされる楽譜、書物などの記録物を対象とする。「世界の記憶」「世界記憶遺産」とも呼ばれる。ユネスコが2年に1度審査する。文化財庁が公募で申請対象を選定し、来年ユネスコ事務局に提出すれば、その翌年に登録の可否が決定される。

 

同部は中国、東南アジアの国家など旧日本軍の慰安婦に関連し被害を受けた当事国、慰安婦問題に取り組む日本国内の市民団体などと連携し、共同で登録を申請することも検討している。

 

同部関係者は「国家間の利害関係にかかわる問題なので韓国が独自に申し込むより、共同で申請するほうが登録されるのに有利という。必要と判断されればタスクフォースも設ける」と話した。

 

また同部は世界記録遺産登録を推進するために、各国の学界などで国際シンポジウムを開催するなど、国際社会に対する広報活動も積極的に行う計画だ。

 

聯合ニュース

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

5) 沈みゆく泥船「中華人民共和国」はもう終わり

 

 

あれほど敵性国家をむき出しにしている中華人民共和国は消滅数前になりつつある状況に追い込まれると今度は日本にすり寄ろうとしているように見える。

安倍政権は日本が友好の手を差し伸べているように振る舞いながら、中国の屈服を誘っている。

ここは我慢比べ。

 

同じく沈没し始めている韓国と共に、日本人の仮面を被った非純日本人達が韓日友好、日中友好を言い出すことだろう。

しかし韓国も中国も世界中で捏造歴史を政府のカネで拡散して日本を攻撃しているのであり、日・中韓は実質戦争状態であることを鑑みれば、経済破綻にこそ日本は国力を注ぐべきであって、間違っても中韓を助けるべきではない。

彼らがひれ伏すまでは放置するべきだろう。

 

ただ、環境破壊はシナ人の人権にも関わるから協力しなければならないが、それにはチベットやウイグル、モンゴルなどの独立を条件にするべきだ。

——————————————————————————————————————————————–

【 デジタル大衆 】

霧の摩周湖より視界不良…中国 猛毒大気汚染は「日本技術頼み」 2014年1月17日

07時15分

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20140117/Taishu_politics850.html

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20140117/Taishu_politics850.html?_p=2

 

 

 

昨年12月6日、中国の上海ではPM2・5(微粒子状物質)の平均濃度が、1立方メートルあたり610マイクログラム、と過去最悪の事態となった。

 

大気汚染が進む中国国内でも汚染がひどいのは、北京、上海などの都市部と、工場が集中する河北省一帯。

こうした地域では、日本製の空気清浄機が飛ぶように売れているという。

「日本のメーカーの中には、現地生産する企業も出てきていますが、ラインを増やして生産を倍にしても追いつかないほどです。これは当然です。中国製の空気清浄機は性能に関する統一基準がないし、すぐ故障するからです。どれほどの清浄効果があるのかもわかりません」(上海在住の日本人商社マン)

 

中国の深刻な大気汚染の惨状は、ご存じのとおり。

急激な工業化によって、石炭・石油などの化石燃料、車の排ガスなどさまざまな汚染物質が、野放図に垂れ流された結果だ。

「いま中国で進んでいる大気汚染は、人類が経験したことのないほどのものです。中国政府もようやく重い腰を上げ、昨年9月、50億元(約804億円)を投じて汚染対策に取り組み、2017年には汚染物質を10%削減する、と発表しましたが、時すでに遅しですよ」(前同)

 

この発表直後の10月1日には、上海でPM2・5の平均濃度が1立方メートルあたり250マイクログラムと、6段階の汚染指数で最悪の状態を記録。

「いまや上海では、前が見えない日も。誇張でもなく、北海道の”霧の摩周湖”より視界不良なんですよ。前が見えないため、自動車事故も多発しています」(通信社の上海特派記者)

 

大気汚染は、寒さの厳しい冬場に悪化するという。

「中国ではいまだに石炭を燃やして暖を取る家庭が多く、毎年冬場は、石炭を積んだトラックがひっきりなしに走っています。だからPM2・5が激増するんです」(前出・商社マン)

 

大気汚染で怖いのは、呼吸器など身体への影響だ。

「昨年、中国環境保護省は、『化学物質の環境リスクと管理計画書』を発表しました。この中で、”がん村”の存在を初めて認めたんです」(前出・記者)

 

また、中国共産党の機関紙『京華時報』は、全国24省72カ所で実施した調査で、1年間で312万人ががんを罹患したと報じている。

 

なかでも、大気汚染による影響が強いとされる「肺がん」が一番多かった。

もはや待ったなしの中国の大気汚染。

打つ手なしの状況に、中国政府は日本の環境技術に熱い視線を送っているという。

「石炭火力発電向けの脱硫装置を製造している三菱重工や川崎重工。…

 

車の排ガスを濾過する特殊装置では日本ガイシ――こうした企業の世界トップ技術が、中国の汚染対策に役立つと見られています」(経産省関係者)

 

中国政府は日本に対する挑発をやめ、13億人民のため、日本政府に協力を依頼するべきではないだろうか。

 

週刊大衆01月20日号

 

 

===============================================================

 

 

 

 

6) 【ご案内】松田まなぶ&松田裕美子「新春サロン・コンサート&ご挨拶

 

 

─────────────────────────────────────

松田まなぶ通信  号外

─────────────────────────────────────

 

松田まなぶ&松田裕美子「新春サロン・コンサート&ご挨拶」のご案内

 

松田まなぶのトーク&チェロタイムもお楽しみ頂ける松田まなぶと松田裕美子の新春サロンコンサートを開催いたします。

皆様と親しく交流させて頂きたく思いますので、メルマガをご覧の皆様にもご案内申し上げます。

 

詳細は下記のご案内をご参照ください。

 

~~新春コンサート「ウィーンの香りをあなたに」~~

 

【日時】 2014年1月19日(日)

14時開場/14時30分開演/16時頃終演

 

【場所】ベーゼ

ンドルファー東京

住所:東京都中野区本町1-32-2ハーモニータワー1階

電話:03-6681-5189

地下鉄丸ノ内線大江戸線「中野坂上駅」

 

【出演】松田裕美子(ピアノ)・松田まなぶ(チェロ&トーク)

スペシャル・ゲスト:栗山ひろみ(バイオリン)

 

【プログラム】

モーツァルト:ピアノソナタ ハ長調 KV330

ベートーヴェン:「月光」ソナタ Op.27-2

J.ウィリアムズ:シンドラーのリスト 他(バイオリン:栗山ひろみ)

八木下茂:「四季」より松田まなぶのチェロ演奏&新年のご挨拶 他

 

会費:2,000円

後援:日墺文化協会 日本モーツァルト協会

 

CD/コンサートの御予約・お問い合わせは下記までお願い致します。

************************

ジャパン・ソーシャル・サイエンス株式会社

TEL:090-8005-3498 FAX:03-3483-2013

E-Mail:japan.social.science@gmail.com

(担当:松田裕美子)

 

 

~プロフ

ィール~

 

【栗山ひろみ(バイオリン)】

東京芸術大学卒業。小沢征爾と共に新日本フィルハーモニーのオーケストラで活躍。三井倶楽部の結婚式披露宴パーティー、ライオンズ倶楽部、ロータリー倶楽部、政治家のパーティーなどで演奏する傍ら、老人ホームでも積極的に演奏活動を行う。平成15年日本クラシック音楽コンクール全国大会奨励賞、長江杯国際音楽コンクール第三位、万里の長城杯国際音楽コンクール一般の部第一位、インターネットのブログやユーチューブにて様々な動画が配信されている。2007年銀座王子ホールにてリサイタルを開催、今年七月も六本木泉ガーデンタワーホールにて二百五十名のコンサートを開催。

 

【松田まなぶ(チェロ)】

衆議院議員(現職)6歳よりピアノを習い、15歳よりチェロを始める。東大オーケストラ・パートリーダー、千葉フィル・チェロ奏者、NSSオーケストラ・チェロ奏者+パートリーダー等を務める。2010年に

は横浜市でソロ・デビュー。「横浜のロストロ」と人気上昇中。

 

【松田裕美子(ピアノ)】

2002年よりエリザベス・ドボルザーク・バイスハール・ウィーン国立音楽大学ピアノ科教授に師事。さらにオーストリア人間国宝である、パウル・バドゥーラ・スコダ(ピアニスト・音楽学者)、イェルク・デームス(ピアニスト)、アレキサンダー・イェンナー(ウィーン国立音楽大学名誉教授)、ヴォルフガング・ガブリエル(ウィーン楽友協会名誉指揮者・作曲家)、ヴェルナー・ヒンク(ウィーン・フィル名誉コンサートマスター)各氏よりウィーン楽派究極のテクニックを伝授される。国際コンクール多数入賞。2006年より演奏活動を開始し、ザルツブルグ音楽祭、シュタイアーシューベルト音楽祭、スロバキア夏の音楽祭、ウィーン楽友協会ホールや東京サントリーホールでの定期演奏会、社会福祉慈善チャリティー演奏会、現代の新曲初演演奏会他に、ソリスト及び室内

楽アンサンブルで出演している。この度、ウィーン・グラモーラ社より、ファーストCD「Wiener Klassik」を発売。多方面から絶賛されている。

 

 

~松田裕美子ファースト・アルバム「Wiener Klassik」~

パウル・バドゥーラ・スコダ解説&監修 ハイドン・モーツァルト・ベートーヴェン・シューベルトのピアノソナタ、ウィーン・グラモーラ社制作

お問い合わせ:ジャパン・ソーシャル・サイエンス(株)

電話:03?3483?2013

Mail: japan.social.science@gmail.com

 

_____________________________________

<発行>

松田まなぶ事務所

横浜市港北区日吉2丁目2-10佐相ビル2F

電話:045-562-1121 FAX:045-562-1124

Copyright (c) 2011 Manabu Matsuda. All Rights Reserved.

※メール転送自由。掲載内容の転載・転用は事務局までご一報ください。

 

 

 

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください