2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

【新春セミナー】千葉戦略研究所 2014/1/13(月・祝)

— 千葉戦略研究所 —
一般の報道では公表されない、報道の裏側を独自の情報ネットワークで入手

皆様、こんにちは。
千葉戦略研究所、2014年1月度勉強会のご案内です。刻一刻と変化する国際情勢を千葉俊一が独自の分析でお届けします。

テーマ:『新たな局面に入った世界 –国際ユダヤ資本の将来–』

【直前情報】
・細川元首相が、東京都都知事選出馬を模索。小泉元首相と反原発で足並みをそろえて行けるのか。
・次世代のエネルギーを担う核融合の理研を巡る動き。安部首相と小泉元首相の動向は如何に。
・アメリカの新たな軍事戦略、「大西洋の時代は終わり、太平洋を重視する時が来た」。
・アメリカ陸軍オディエルノ参謀総長が、韓国の米軍の増員を発表。一個連隊戦車、800人規模の韓国に派遣する。韓国の駐在米軍が二万人に膨れあがり、過去の二個師団体制が復活することになる。
・オディエルノ参謀総長は、記者会見時に、南北戦争時代の北軍時代の制服を着用。南北戦争を思いだして、北軍として(中国を)叩くというメッセージか。
・安倍首相の靖国の参拝の意味するものは。また、安倍政権の最終目標は、消費税を上げ、資金調達を可能にし、戦争を出来る日本に作り替えることなのか。
・ドル為替相場が1ドル104~105の基準に落ち着きつつある。円安は、製造業の拠点が海外から日本に戻ってくることを助長させる。ダイキンが中国から撤退、国内の生産拠点を増やす予定。キャノンも日本での生産規模を40%~60%に上げようとしている。これも将来の戦争勃発の可能性に向けた事前準備なのか。
・「防衛計画の大綱」が示す、北朝鮮の弾道ミサイル攻撃に対抗するための自衛隊の先制攻撃の必要性を盛り込む計画。守るだけの自衛隊から守るための攻撃を求められる軍事組織へと変貌する日本へ。海上自衛隊イージス艦にミサイル(トマホーク)の搭載の必要性。
・東京都知事選に田母神氏が出馬した理由とは。

【講演の主なトピックス】
・国際ユダヤ資本とのロシアの新たな関係。日本は、その中でどのような位置づけに進んでゆくのか。
・ロシアのプーチン大統領は、石油会社ユコスのミハイル・ホドルコフスキー元社長を恩赦で釈放した。ホドルコフスキー氏はそのままドイツへ。プーチン大統領は、国際ユダヤ資本家との融和政策をとり、ロシアの天然資源の国際市場の需要拡大狙う。
・米国の景気回復が順調に進んでいる。ドル高、株高に現れている。米国の日本に対する期待はより高まることになるだろう。反面、搾取される側の日本は弱体化が進む。米国の対日戦略は、この路線で継続されるのか、それとも、経済的な復活と共に米国は、日本を飛び超え中国戦略を強化することになるのか。
・国防総省が救助ロボットのコンクールを開催。MITも12ヶ国が参加し、米グーグルが最近買収した日本の新興企業が開発したロボットが最優秀を得る。国防総省は、原発処理用ロボットの開発をテーマに、将来の作業用ロボットの国際マーケットの獲得を目指す。 他。

====================================================================

日時:2014年1月13日(月・祝:成人の日)13時開場 13時30分から16時50分

会場:中央区明石町区民館(5号室洋室)
東京都中央区明石町14番2号
03-3546-9125

地図:
http://maps.google.co.jp/maps?q=%E6%98%8E%E7%9F%B3%E7%94%BA%E5%8C%BA%E6%B0%91%E9%A4%A8&hl=ja&ie=UTF8&ll=35.666344,139.778227&spn=0.002393,0.003406&sll=35.676315,139.771419&sspn=0.002392,0.00545&brcurrent=3,0x601889646d8f70bb:0x6fac763629423d9f,0&hq=%E6%98%8E%E7%9F%B3%E7%94%BA%E5%8C%BA%E6%B0%91%E9%A4%A8&t=m&z=18&iwloc=A

定員: 30名

受講料:3,500円、 学生 1000円、 高校生以下 無料
※費用は当日ご持参下さい。

講師:千葉戦略研究所 主幹 千葉 俊一(ちば しゅんいち)
元内閣調査室

主催:千葉戦略研究所

参加申し込みフォームはこちらから
http://ciss.johocan.com/smr
※当日参加も可能です。

====================================================================

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください