A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

日本経済の予想   -栗原茂男

 

1) 日本経済の予想

2) 第117回日本経済復活の会定例会のお知らせ

3) いよいよ断末魔の中国

4) 会員の方からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 日本経済の予想

 

 

一昨日、純日本人会の情報交換会を開きました。

情報交換会は参加者からの提案で「あてな倶楽部」という名称を付けています。

 

今回はベテラン証券マンの方が証券界から見た日本経済の見通しを語ってくれました。近いうちにYou Tube にアップされる予定です。

 

現在の株高は「外人」が買っているからだそうで、「日本人」はあまり動いていないようです。

買われている銘柄を聞いていると2020年のオリンピックが意識されている様子。

 

それで、公共工事だけでなく、マンションなども人手不足から工事費が急騰していて国土強靭化もなかなかはかどらないだけでなく、参加者の不動産業界の人によると一般の建築もあやふあやらしい。

しかし人手不足の理由として言われている東日本大震災ですが、こちらも進捗具合は捗々しくない。

 

私の推測ですが、下記のページの中頃、「公共投資水準の国際比較」を見ると日本だけが異常に公共工事が抑制されて来たことが解ります。

http://www.mlit.go.jp/common/000129755.pdf

資料は平成8年(1996年)からですが、抑制傾向が始まったのは日本経済潰しが始まった1980年頃から。

 

1990年頃からは「バブル崩壊」で公共工事が盛り返したが、90年代中ごろから再び縮小。

公共工事悪玉論は日本経済潰しの最大の目玉なのに、公共工事悪玉論をテレビなどのマスコミが煽り、外国金融マフィアの唆しに載せられて得意になって公共工事悪玉論を声高に叫ぶ人が巷に溢れ、、ますます、「公的資本形成」が削られて行きます。

 

公共工事が盛んだった1970年代までは高度成長経済で、その後は安定成長からマイナス成長になって行ったのは日本経済の真実。

 

それでやっと、本来の日本を取り戻そうという政権が出来たのですが、公共工事を始めようと思ったら、人手不足。

多分、想像ですが、永年の公共工事抑制で工事関係の労働者が他の職場に移ってしまったのだと思います。

 

だとしたら、戻ってくるのは時間の問題。政府が国土恭強靭化を実行する意思を固め、予算を取って建設会社に注文を出せば、民間企業は必死で注文に応じようとするもの。

当然建設コストは予定より上がっているでしょうが、それこそ、所得増加に繋がります。そこで、建設業界ばかり!という他業界の不満は自重するべき。

やがて経済は成長速度を上げ、国内に有り余るおカネが動き出す。

 

国土強靭化の予算が5兆円余りと言うのでは民主党政権より少ないわけで、このままだと来年の消費税増税という庶民の懐を直撃する増税が待っているので来年の経済が思いやられます。

 

政府は20兆円の予算を組んで、発注をそれば良いのです。

そしてコストが見積もりより高くなったら出来る範囲だけでもやれば良いわけで、それで建設業界から賃上げが進めば雇用と労働のミスマッチが解消し、経済は完全に成長軌道に乗ることでしょう。

 

安倍政権の経済政策は政権自身は不本意に見える。

やはり日本潰し、日本乗っ取り、日本押さえつけ外国勢力が暗躍しているかもしれない、少なくともそう仮定すると納得が行く。

 

 

 

===============================================================

 

 

 

 

2) 第117回日本経済復活の会定例会のお知らせ

 

 

皆様

 

師走の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

今週火曜日に開催される定例会の案内を再送します。

 

まだ申し込みがお済みでない方は明日月曜日午前中までにお申し込みください。

 

 

日本経済復活の会 事務局長 吉野守

 

 

 

——————————-以下 ご案内———————————

 

 

第117回日本経済復活の会

 

平成25年12月1日

日本経済復活の会 会長 小野盛司

 

◎ 講師

① 中山恭子 参議院議員 日本維新の会

 

内閣府特命担当大臣(少子化対策・男女共同参画担当)、拉致問題担当大臣、たちあがれ日本参議院幹事長代理などを歴任

 

【以下、中山先生ホームページより】

NHK の生番組「日曜討論」に、たちあがれ日本を代表して出演しました。

 

消費税増税問題と原発再稼働問題についての議論となり、消費税に関しては、増税の前に、あるいは少なくとも同時期に、デフレ脱却のための大規模な経済政策が必要であること、原発再稼働のためには、ハード面でのストレステストの結果のみならず、ソフト面での管理体制、人材育成、訓練体制の確立が必要と述べました。

 

 

② 小野盛司 日本経済復活の会会長

 

会の活動報告、『大震災からの復興への道 -刷ったお金は使いなさい-』

 

 

 

◎ 日時 平成25年12月17日(火)午後6時~午後9時

(開場5時30分、講演開始6時)

 

 

◎ 場所 アルカディア市ヶ谷(私学会館)

東京都千代田区九段北4-2-25 TEL:03-3261-9921

 

●地下鉄有楽町線・南北線    市ヶ谷駅A1-1出口

 

●地下鉄新宿線  市ヶ谷駅A1-1またはA4出口

 

●JR中央線(各駅停車)市ヶ谷駅  上記各出口から徒歩2分

 

 

◎ 会費 3500円(資料代や食事・飲み物の費用を含みます)

 

 

当会合に関する一切の問い合わせと、御来会の可否は小野(03-3823-5233)宛にお願いします。

メール(sono@tek.jp)でも結構です。

 

弁当の注文や配布物の準備等ありますので、申し込みはできるだけ早めに行って下さるよう、ご協力お願いします。

 

日本経済復活の会のホームページと連絡先  http://tek.jp/p/

TEL:03-3823-5233

FAX:03-3823-5231

 

担当 小野盛司

 

 

 

===============================================================

 

 

 

3) いよいよ断末魔の中国

 

 

 

外務省は「外務省 海外安全ホームページ」と言うのを発表している。

http://www.anzen.mofa.go.jp/

 

中国の部分は下記だけ。しかし、中国の環境破壊は凄まじい。

http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=009

 

もうだいぶ前から中国での日本人駐在員が沢山亡くなっている言う情報を聞いていたし、このブログでも紹介してきました、にも拘わらず政府は警告なし。

マスコミも言論の自由、消費税の優遇は求めるが、全く報道なし。

pm2,5が話題ですが、何十年も続けている原爆実験による放射能被害も凄まじいそうです。

 

サーチナニュースで大気汚染の酷さが掲載されているが、大気汚染は昨日今日いきなり発生した訳ではない。

 

この問題の深刻さをあまり取り上げたがらない外務省、マスコミは、健康被害を受けている日本人駐在員に外務省、マスコミが健康被害について取り上げないから安心感を与えているのでしょう。

しかし、中国に駐在する人は健康被害を深刻に受け止めることをお勧めします。

 

——————————————————————————————————————————————–

【 サーチナニュース 】

中国の大都市において呼吸器や心血管の疾患を抱える市民の数が急増   2013/12/14(土)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1214&f=national_1214_004.shtml

 

 

北京や上海、広州などの大都市において呼吸器や心血管の疾患を抱える市民の数が急増しており、都市部の住民のうち約4割が動悸や疲労感といった症状を経験したことがあることが分かった。京華時報が報じた。

 

北京市健康保健協会はこのほど、中国各地の20都市68万人を対象に実施した調査結果を発表し、微小粒子状物質(PM2.5)によって北京や上海、広州では呼吸器や心血管の疾患を抱える市民の数が3年前の調査に比べて急増していると発表した。

 

空気中の微小粒子状物質はその大きさによって呼吸器に与える影響が異なる。大きめの粒子状物質は鼻の粘膜などにひっかかり、喉を通り抜けて肺に達することはないものの、直径が2.5マイクロメートル(1マイクロメートルは1000分の1ミリメートル)以下のPM2.5は吸い込むと肺の奥や血管まで侵入し、ぜんそく・気管支炎、肺がんや心臓疾患などを発症・悪化させ、死亡リスクも増加させる。

 

北京市健康保健協会は都市部の住民に向けて、外出時のマスク着用を呼びかけたほか、健康増進のために早朝に体練を行っている市民に向けて、「大気汚染が発生している際には体練を行わないよう」呼びかけた。(編集担当:村山健二)

 

===============================================================

 

 

 

 

4) 会員の方からの情報

 

 

外国人スポーツ選手の日本への帰化申請が認められた時のコメント!

http://ameblo.jp/seife/

(日本の帰化制度を悪用する朝鮮人達 ; 忠誠心が無かった帰化人の帰化は取り消すべきである)

 

従軍慰安婦の真実 利権を狙った河野洋平 (再)

http://rekisi.amjt.net/?p=6964

 

日本統治下の台湾で生まれ育った楊素秋さん(81歳)「日本の兵隊さんは本当に素晴らしかった」

http://blog.m.livedoor.jp/jesus000mana/article/1794433?guid=ON&ref=cm

 

 

 

北朝鮮情報!民主党の有名議員と北朝鮮No2の関係?日本にもいる北朝鮮=ナチス礼賛者たち

2013-12-14 19:24:28

北朝鮮から伝わってくる「処刑方法」が文明社会とは思われない凄惨さ!

民主党内にいる「詐欺で前科一犯の議員」と北朝鮮No.2の関係はいかに?

http://ameblo.jp/fuuko-protector/entry-11729166179.html

 

 

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください