A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

韓国も中進国の罠    -栗原茂男

 

1) [再送]第115回日本経済復活の会定例会のお知らせ

2) 韓国も中進国の罠

3) 多民族国家化する欧州諸国

4) 会員の方からの情報です。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) [再送]第115回日本経済復活の会定例会のお知らせ

 

 

皆様

 

秋冷の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

今週木曜日の定例会の案内を再送します。

まだ席に若干の余裕がありますのでまだ申し込みがお済でない方は是非ご参加ください。

 

日本経済復活の会 事務局長 吉野守

 

 

——————————-以下 ご案内————————————————————————————

 

 

第115回日本経済復活の会

平成25年9月29日

日本経済復活の会 会長 小野盛司

 

 

○講師

①畑浩治衆議院議員 元在ドイツ日本大使館一等書記官 生活の党

平成24 年7 月、消費税増税にストップをかけ、被災地の復興を加速させるため、国民の生活が第一を結党。現在、生活の党総合政策会議議長(政調会長)、農林水産委員会・東日本大震災復興特別委員会委員。

 

現時点での消費税増税は、復興や日本経済復活にあたって支障となります。まずは、復興の加速を図るとともに、リニアコライダー等の国際的な研究開発拠点の構築、最新型火力発電・地熱発電・海洋エネルギー開発等による新たなエネルギー先進国日本の構築、適切な規模の持続的公共投資により、成長による税収増を図り、さらには、適切な再分配施策を併せた国民の可処分所得を増やす政策を行っていくことが必要です。

 

②小野盛司 日本経済復活の会会長

会の活動報告、『大震災からの復興への道 -お金がなければ刷りなさい-』

 

○日時 平成25年10月31日(木)午後6時~午後9時

(開場5時30分、講演開始6時)

 

○場所 アルカディア市ヶ谷(私学会館)

東京都千代田区九段北4-2-25 TEL:03-3261-9921

 

●地下鉄有楽町線・南北線    市ヶ谷駅A1-1出口

 

●地下鉄新宿線  市ヶ谷駅A1-1またはA4出口

 

●JR中央線(各駅停車)市ヶ谷駅  上記各出口から徒歩2分

 

○会費 3500円(資料代や食事・飲み物の費用を含みます)

 

当会合に関する一切の問い合わせと、御来会の可否は小野(03-3823-5233)宛にお願いします。

メール(sono@tek.jp)でも結構です。

弁当の注文や配布物の準備等ありますので、申し込みはできるだけ早めに行って下さるよう、ご協力お願いします。

 

日本経済復活の会のホームページと連絡先

http://tek.jp/p/

TEL:03-3823-5233

FAX:03-3823-5231

担当 小野盛司

 

 

 

 

 

===============================================================

 

 

 

2) 韓国も中進国の罠

 

 

世界の国々を評価する言葉として日本語で先進国、中進国、低開発国がありますが、先進国は英語だとDeveloped country 発展した国となります。

かつては発展途上国を日本語では後進国と呼びましたが、蔑称だという事で現在は発展途上国という言葉が使われていて、英語だとDeveloping country となります。

 

そして一人当たり1万ドルくらいの国を日本語では中進国と呼んでいます。

 

中進国は大方の国は発展し始めると人件費が上がり、安さで貿易を伸ばすことが出来なくなり、さりとて技術力で先進諸国と競争する力がないという事で、経済成長が止まってしまうと言う傾向がありました。

そういう傾向を「中進国の罠」と呼びます。BRICSがそうです。

 

そんな中で韓国は典型的な中進国なのですが、韓国だけは中進国のわなから抜け出したと言われていました。

経済成長につれて技術力も上がっているので成長は続くと言う訳です。

 

ところが昨年12月、民主党政権の悪政が終了してから急速に日本からの投資が減り始めているようで、技術移転も減っているようです。

 

2009年に民主党政権が出来ましたが、それまで自民党政権時代に酪農家への韓国からの研修生受け入れを、口蹄疫の国だからと断って来たのに、2010年に小沢一郎氏の鶴の一声で受け入れたと、創価学会副会長から聞きました。2007年、2009年には宮崎県畜産試験場から種牛品種改良用の冷凍精液が韓国からの研修生によって泥棒されていましたのです。そしてそっくりの牛が韓国で生まれたと宣言される事となったのです。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-920.html

 

製造業でも日本企業の技術が韓国へ流れているとの情報がネット上ではしばしば語られています。

そして民主党の悪政が終わってからはその流れが途絶えたとも伝わります。

韓国企業の品質が劣化して売れなくなったと言う話をしばしば聞きますが、日本の政治事情が変わったからと言えるのかも知れません。

 

ともかく、韓国はリーマンショックの翌年、民主党政権が出来た2009年の一人当たり所得が1万7千ドルくらいだったのが2012年は現在は急上昇して2万2,600ドルくらいに来ています。

 

安倍政権が出来る前までは数字で見ると随分良かったようですが、ここへきて国民の懐事情は急激に悪化しているようです。

理由は輸出が振るわなくなったからと言われています。

 

昨年のジェトロの数字を見てみると、国民所得は1兆1,292億ドルで輸出は5,481億ドル、経常収支(貿易その他の収支)の黒字431億ドル。

輸出額が国民所得の半分と言うのは確かです。

対外取引のおカネが黒字なのに国民の生活が苦しくなると言うのは内需が悪いと言う事になり、日本と同様です。

 

それよりも韓国経済にとって深刻なのは命綱の輸出が思わしくない事。

貿易が黒字なら外貨スワップなんかしなくても良さそうなのですが、中国をはじめとしてあちこちの国々とスワップを始めました。

余程外貨事情が苦しいのでしょうか?

 

となると貿易黒字と言うのも粉飾なのかもしれません。

 

韓国の経済は日本に負んぶに抱っこに肩車で成長してきた面が強い。

 

今後日本から投資と、つまりおカネと技術が入らなくなれば成長モデルは崩れます。

すると普通の中進国になるかもしれず、中進国の罠に陥ることでしょう。

 

——————————————————————————————————————————————–

【 朝鮮日報エンタメコリア  013.10.29 (火) 】

もはや韓国に魅力なし? 日本の対韓投資が急減

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/10/29/2013102901356.html

 

 

今年に入り日本企業の韓国に対する直接投資額が前年比40%急減するなど、日本で対韓投資熱が急速に冷めている。

 

2011年の東日本巨大地震以降、日本企業は安い電気料金や最新の産業インフラなどをメリットに挙げ、韓国に相次ぎ進出した。この年、日本は前年比10%増の22億8913万ドル(現在のレートで約2236億円、以下同じ)を韓国に投資している。翌年の12年には前年比99%増の45億4161万ドル(約4435億円)を投資、過去最高を記録した。だが、しばらく続くとみられていた日本の対韓投資ラッシュは1年しか持たず、今年の投資額は2年前の水準に逆戻りした。日本企業はもはや韓国を魅力的な投資先とは考えていないようだ。

 

外国人による直接投資に関する産業通商資源部(省に相当)の資料を本紙が分析した結果、今年1月から9月にかけての日本企業の対韓投資額は19億6307万ドル(約1917億円)で、前年同期の60%水準にとどまったことが分かった。

 

特に、日本企業の海外投資のうち韓国に対する投資だけが大幅に落ち込んでいる。円安のあおりで日本の海外投資額は上半期に前年同期比5.9%減少したが、対韓投資額は35.1%の大幅減を記録した。7-9月期はさらに急減している。

 

産業研究院・成長動力産業研究センターのチャン・ユンジョン所長は「日本はアベノミクス(安倍首相の経済政策)を通じ、韓国を含めた海外投資の代わりに自国での生産能力の育成に力を入れている。韓国の政界は海外からの投資を誘致する上での障害を取り除く努力さえしていない」と指摘した。

 

 

扈景業(ホ・ギョンオプ)記者

 

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

 

===============================================================

 

 

 

3) 多民族国家化する欧州諸国

 

 

You Tube の最新動画の案内が来ています。

その中の一つ、

【スウェ-デン人の半数が軍隊による町のパトロ-ルを望む】

 

15年くらい前、スウェーデン人に人口は800万人だよね、と記憶していた数字を言うと、彼は900万だよ、移民が増えたと苦しそうな顔で言いました。

最新の統計だと960万人くらい。増えたのが同じ顔をした欧州人ならあまり問題はないのでしょうが、黒い肌、浅黒い肌で、民族性が違う人々が大量に入り込んで来れば、そして新参者が図々しければ永年かけて築きあげた社会が一気に破壊されます。

 

何でこんなことになったかですが、シオニスト(要するにユダヤ人)が欧州を多民族国家にしたいからと仮定すると判り易い。ユダヤ人はアメリカをユダヤ人がいつでも逃げ込める国にする為に「自由の国」としなければならないと、都市問題を研究している人から以前に、聞きました。

 

欧州ですが、やはり複数の人から聞いている情報ではユダヤ人でない、現地人はその国で出世できない事になっているとの事。

だから欧州諸国の駐日大使館はユダヤ人だらけという情報もあります。

もしそれが本当なら、民族的な偏りがあり、日本国内の土地を使用して治外法権を得ているのだから日本政府は民族的偏りの是正を求めるべきです。

 

ユダヤ勢力は、もちろんすべてのユダヤ人と言う意味ではありませんが、安定しないパレスチナを捨てて、北朝鮮辺りの北東アジアにユダヤ人国家を創ろうと考えていると聞きます。

もしそうなら日本はユダヤ人が住む為に多民族国家でなければならないと考えるはず。

 

中国も日本占領を狙っているから、「中国系日本人」を増やそうとするし、その為には多民族国家は好都合なので「朝鮮系日本人」もいた方がシナ人には都合が良いという事になります。

 

「中国系日本人」、「朝鮮系日本人」等と言う言葉を使う人は要注意です。「保守」のようで「保守」でない。

 

欧州はスウェーデンだけでなく、全ての欧州諸国が同じ問題を抱え、土着の現地人が苦しんでいるようです。

しかし民度の高い欧州人達も自分たちの国土が酷い事になっている事にやっと目覚めて来たように見えます。

 

 

===============================================================

 

 

 

4) 会員の方からの情報です。

 

——————————————————————————————————————————————–

総合商社I社元ソウル駐在員の手記

http://blog.livedoor.jp/soyokaze2009/archives/51807761.html?guid=ON&ref=cm

 

今の日本にA級戦犯は存在しません

http://blog.livedoor.jp/jesus000mana/archives/1789892.html?guid=ON&ref=cm

 

【米韓】朝鮮戦争時の韓国の将兵は敵前逃亡だらけ「二度と韓国人と一緒に戦争したくない!」米軍の本音が今でも漏れる。

http://blog.m.livedoor.jp/jesus000mana/article/1789888?guid=ON&ref=cm

 

 

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください