A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

移民を受け入れた欧州の悲劇      -栗原茂男

1)不透明な日本経済と取り敢えず順調なアメリカ経済
2)移民を受け入れた欧州の悲劇
3) 会員の方からの情報です
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
1) 不透明な日本経済と取り敢えず順調なアメリカ経済
先ごろアメリカでは政府の累積債務の上限問題で緊張が走りましたが、共和党の足並みが乱れてアメリカ政府のデフォルトは避けられました。
かなり危なかったのですが、現在の法律のままだとこれからもこの問題は小刻みに生じます。
アメリカ経済は2008年のリーマンショック以来、大きく縮小し、政府の大型の財政政策を必要とするのですが、ブッシュ政権が債務を膨らまし過ぎて議会が上限を決めてしまったのです。
しかしアメリカ政府の債務は国民所得の一倍チョット。日本は2倍チョットで 国の借金があ~、国の借金があ~、と騒ぐ人が多い。
しかし日米とも根拠がない。
日本が二倍でアメリカは一倍なら、アメリカは余裕で国債発行出来るじゃないか!のはずなのですが、何を言ってるんだか判らない事を言って政府の景気対策を縛っています。
それで政府が財政を増額できないならと中央銀行のFRBが市場から債権を買って国内で必要とするおカネを供給しています。
本当はそういうおカネのバラマキ方は止めようかと考えていたようなのですが、アメリカ経済がまだまだ景気刺激策を必要とし、政府は財政が縛らているので、まだまだ通貨増発、いわゆるQE3(量的緩和第三弾)を必要としているとFRBは考えているようです。
FRBはバーナンキ議長もイエレン次期議長も判断は正しいと言えます。
問題は日本銀行。
日本も政府は財政政策を抑制されて、つまり景気刺激策を抑制されている状況で、消費税増税が来年にも実行されようとしています。
そんな中で日銀ですが、同じく中央銀行であるFRBのように債権を大きく買い増せばよいのですが、日銀のっている政策は市中銀行におカネを押し込む通貨増発です。
しかし、金融庁は市中銀行に貸し出しにあたってもの凄い圧力を掛けていて、銀行が貸し出し際してビクビクしながらに及び腰に成らざるを得ない行政介入をしています。
それを政治家に話すと、金融庁は銀行にドンドン貸すように言っている、貸し剥がしなんかするなよ!としか言ってないと答えているそうで、銀行は内容が悪くて貸せない相手に金融庁の所為にしていると答えるようです。
日銀が市中銀行におカネを貸し、金融庁がおカネを貸せないよう行政圧力を掛ければ、おカネはダブつきます。
それで日銀が市中銀行に貸し付けたおカネは日銀当座預金に入りますが、それが9月の資料では日銀当座預金は全部で97兆3,650億円で、その内、市中銀行で貸し出しに回らず、単に日銀に預けるだけのおカネが79兆0,680億円です。これでは日銀と市中銀行との間でおカネが言ったり来たしりしているだけで景気対策にはまったく寄与していません。
それでいて、マネタリベース、つまり発行されたおカネは9月で180兆円以上で、更に90兆円くらい増発すると言うのですから、一体何を考えているのか解りません。
現在、日銀が保有する国債が125兆円くらいですから有り得ない事ですが、もしも仮に3%下がれば自己資本の3兆3千億円位は吹っ飛んでしまい、債務超過になります。
有り得ない事ではあっても1987年からバブル経済は有り得ない政策を次々に実行して、有り得べからざる大不況を現出させました。
だから日銀倒産が絶対にないとは言えず、もしあったとしたら、それは倒産させる必要が無いにも拘わらず、国際金融マフィアの為に無理やり倒産させられたとみて良いでしょう。
それでアメリカですが、今後政府の予算は削減しなければなりません。そして恐ろしい事に削減額の半分が軍事費であることが法律で決められています。
何でこんな中国が一人で喜ぶような法律を作ったのか解りませんが、そういう法律が2011年に出来てしまったことは現実です。
ただ、軍事に関して抜け道はあるようなので、そして共和党内部も軍事費について問題視する意見も出ているようなので明るい見通しが無いわけでは無い事を期待します。
政府の景気対策が手足を縛られる中、FRBはしばらくは金融の量的緩和続けそうですが、FRBが注目する指標は失業率。
下図は米国失業率のグラフ。01/08(2008年1月)から失業率が上がり始めていますがリーマンショックは2008年9月です。
ブッシュからオバマに代わった2009年中は失業率は高かったのですが、その後オバマ政権の下で失業率が下がっているのが解ります。
結論としてアメリカ経済は限られた政策を駆使して良く凌いでいると思いますし、日本はアベノミクスの第一はアッと言う間に終わり、第二は全然力不足で、このまま来年消費性増税をしたら酷い事になる。
第三の成長戦略は少なくとも短期的にはほとんど全く期待できず、第二の矢として補正予算がどれだけ作れるかに掛っています。
【 米国失業率推移 】

2013年5月7,5%、6月7,6%、7月7,6%、8月7,4%、9月7,3%、10月7,2%
Year Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec Annual
2003 5.8 5.9 5.9 6.0 6.1 6.3 6.2 6.1 6.1 6.0 5.8 5.7  
2004 5.7 5.6 5.8 5.6 5.6 5.6 5.5 5.4 5.4 5.5 5.4 5.4  
2005 5.3 5.4 5.2 5.2 5.1 5.0 5.0 4.9 5.0 5.0 5.0 4.9  
2006 4.7 4.8 4.7 4.7 4.6 4.6 4.7 4.7 4.5 4.4 4.5 4.4  
2007 4.6 4.5 4.4 4.5 4.4 4.6 4.7 4.6 4.7 4.7 4.7 5.0  
2008 5.0 4.9 5.1 5.0 5.4 5.6 5.8 6.1 6.1 6.5 6.8 7.3  
2009 7.8 8.3 8.7 9.0 9.4 9.5 9.5 9.6 9.8 10.0 9.9 9.9  
2010 9.8 9.8 9.9 9.9 9.6 9.4 9.5 9.5 9.5 9.5 9.8 9.3  
2011 9.1 9.0 8.9 9.0 9.0 9.1 9.0 9.0 9.0 8.9 8.6 8.5  
2012 8.3 8.3 8.2 8.1 8.2 8.2 8.2 8.1 7.8 7.9 7.8 7.8  
2013 7.9 7.7 7.6 7.5 7.6 7.6 7.4 7.3 7.2        
===============================================================

2) 移民を受け入れた欧州の悲劇

韓国大変な財政難のようで、在日朝鮮人の財産を狙っていると伝わっています。しかしそもそも在日の財産はどうやって形成したかの疑惑が全く論じられてきませんでした。
それが最近、純日本人達から声が上がり始めていて、駅前一等地のパチンコ屋の不動産などに注目が集まっています。
言われるような強盗、詐欺、乗っ取りなどがあったなら清算をしなければなりません。
在日朝鮮人は税金を払っていないとも言われています。
もし本当にそうやって財産を作ったならばそれは韓国政府が取り上げるべきモノではなく、徴税権は日本政府にあります。
しかし韓国政府の方針で、大慌ての在日朝鮮人達がそれでは日本国籍を取得しようか!などと無礼で非常識な事を言ってます。
冗談じゃない!日本国籍が欲しいなら真摯な態度で日本国と日本文化に忠誠を誓い、日本人に敬意を払わねばなりません。
それなのにあまりに安直に移民を受け入れろと主張する人達がいます。
大量の移民を受け入れるとどういう事が起きるか、欧州が見せてくれています。
日本のマスコミは韓国が可愛いからか、欧州の騒ぎを報道しませんが、日本人に知って欲しいものです。
【移民受入れ阻止!】~デンマークの惨状 http://www.youtube.com/watch?v=zvmNDKb6_q4
崩壊するスウェ-デン 既に低強度の内戦状態に突入 http://www.youtube.com/watch?v=KeLL6hNVrwc
移民亡国フランス (1/2) http://www.youtube.com/watch?v=LaRUAA5nwX8
移民亡国ドイツ http://www.youtube.com/watch?v=Rvb-7KfKPwA
《ユダヤ人、ジャック・アタリのご宣託》 アタリ 「日本とドイツとロシアは消滅へ向かっている」 http://www.youtube.com/watch?v=7gA5q-AoObE

===============================================================

3) 会員の方からの情報です
総合商社I社元ソウル駐在員の手記
今の日本にA級戦犯は存在しません
【米韓】朝鮮戦争時の韓国の将兵は敵前逃亡だらけ「二度と韓国人と一緒に戦争したくない!」米軍の本音が今でも漏れる。
********************************************
【純日本人会 メルマガ 】
発行人 : 栗原茂男
純日本人会 http://www.junnihon.com/
メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。
mail : info@sycorp.jp
《 リンク、転載などご自由にお使いください》
********************************************

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください