2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

中国経済が急変らしい     -栗原茂男

 

1) 中国はカネ詰りから経済破綻の可能性

 

2) 第17回時事研修会開催の御案内  追記

 

3) 千葉戦略研究所 7月度勉強会のご案内 2013/7/7(日)

 

4) 読者からの質問への回答   -経済問題

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 中国はカネ詰りから経済破綻の可能性

 

 

金融機関どうしのが翌日返済する一夜限りの貸し借りの利息を「オーバーナイト」と言いますが、日本の直近のオーバーナイト金利は下記ですが、0、1%以下で推移しています。

http://www3.boj.or.jp/market/jp/stat/md130620.htm

 

ところが中国では今、大変な事態で、下の記事よると中国では2%上がって7、69%になっています。

http://www.telegraph.co.uk/finance/china-business/10130280/Chinas-central-bank-tightens-screw-on-shadow-banking-system.html

要するに中国内の金利が急上昇しているようです。

 

まともな金融機関でないところから地方政府が資金を借りて公共事業をやりまくったので、金利が急騰して二進も三進も行かなく成りつつあるようです。

誰もが耳にしていることですが、中国は国・地方とも不正が極端に多く、国全体の金融の歪みが極端のようです。

だから公共工事は~、と言われると日本政府は困るのですが、日本はそういう極端な歪みはありません。

 

中国を例に出して安倍政権の「国土強靭化」政策の足を引っ張る事がないことを祈ります。

 

それにしても0、1%以下と7、69%ですから極端といえば極端です。

—————————————————————————————————————————————————–

【 東京新聞 TOKYO WEB 】

中国 「影の銀行」取引464兆円 金融危機招く恐れ   2013年6月18日 朝刊

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2013061802000118.html

 

 

【北京=白石徹】中国で地下金融など「影子銀行」と呼ばれるシャドーバンキングが二十九兆元(約四百六十四兆円)規模にまで膨れ上がっていることが十七日、中国の金融専門家がまとめた資料で明らかになった。中国の経済成長が今後鈍化すれば、実態がつかめない資金の流れが行き詰まり、国内や国際的な金融危機につながって日本にも影響が及ぶ恐れがある。

 

資料によると、シャドーバンキングの規模は、二〇一〇年に約二十兆元(三百二十兆円)とされていたが、一二年には二十九兆元以上に膨張。一一年の国内総生産(GDP)の約66%に上り、日本のGDPとほぼ匹敵した。具体的には国有銀行が信託会社や証券会社などにリスクの高いローンを移したり、返済困難なローンの簿外借り換えを手配したりするケースがあるという。

 

全国の地方政府はインフラ整備や再開発に銀行以外から借り入れた膨大な資金を投入。だが、返済のめどが立たないローンが積み重なり、最終的には銀行が地方政府に借り換えを指示し、救済する場合も多いとみられる。

 

また、元本保証がない財テク商品(理財商品)などを含めると、銀行が直接、間接的に関与したシャドーバンキングは最大で計約十九兆元に上る。

 

さらに、富裕層は有利な投資先として信託会社の各種理財商品に積極投資。このほか、ノンバンク系機関や個人が20%前後の利率で融資するシャドーバンキングなどを合わせると計約十兆三千億元になるという。

 

中国政府は〇八年のリーマン・ショックを受け、四兆元の大型景気刺激策を実施。だぶついた資金が地方政府の無計画な再開発や不動産投資に流れ、シャドーバンキングが危険水域に達したとの指摘もある。

 

データをまとめた専門家は「原則禁止の地方政府による地方債発行を認め、地方の債務問題を解決することが先決」と主張。さらに「雪だるま式に増えた債務の抑制が急務で、総括的な金融システムを整備し、一層の増長を防ぐことが重要だ」と提案している。

 

 

<シャドーバンキング> 銀行以外の金融組織による仲介業務や資金調達。法規制が緩いノンバンク系や個人による融資、信託ローンなどが一般的。中国の場合、銀行と信託会社による資産運用や銀行仲介の委託業務も含む。信託会社が高配当をうたった財テク商品で資金を集め、地方政府のインフラ整備などに高利で融資するケースなどには地方財政上の問題があるが、金融監督機関も実態をつかめていない。

—————————————————————————————————————————————————–

 

 

 

 

 

===============================================================

 

 

 

2) 第17回時事研修会開催の御案内  追記

 

 

5月20日にご案内させていただいた「第17回時事研修会」の記事ですが、主宰者よりの追加がありましたので再度掲載させていただきます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

世の中は、動乱の時代に突入です、何が起きるか?怖くても、楽しみです。

私に何が出来るか?自信は無いが、是が任務なら、人生これで死ぬまでやるしかない、国家・国民への御奉公、国体護持の精神です。

それにしても陛下の御心中を察しますれば、言葉が無い。

————————————————————————————————–

期日:2013年6月2日(日)

 

場所 : TKPスター会議室 : ホリナカビル(3F)第1会議室、定員42名。

 

時間 : 午後 1:15 ~ 5:00   会場は1時から受け付け致します。

 

会費 : 2000円です、お釣りの無い様に御準備下さい、学生は無料です。

30歳以下の方無料ご招待!

事前申込先得割引5名以上団体一人¥500.-

 

交通 : 中央線四谷駅・四谷口から新宿方面へ徒歩5分・新宿通りホリナカビル・302号室です。

 

当会の開催趣旨=素晴らしい明日の日本を築く民の会として、歴史の町、国分寺市からの発足です。時事問題を中心に、現代の歴史を皆様と共に解り易く分析研修する事から始める会として立ち上げました。その手段として【123便事件の真相を知る会】として多角的に検証する事から始めました。

新年度会員倍増キャンペーン

初参加の方は半額¥1000.-です。

 

 

———————————————————– 追 記 ——————————————————————————————

 

前書き、☆19**年頃からマスコミが真実を伝えなくなって長い時間が経ってしまった。

公務員も、教師や、政治家、評論家達もトラブルを避け、保身と蓄財に専念する様に成ってしまいました、平和ボケ行き着く先は破滅か服従(隷属)位しかありません、此処まで来ると国民は何が本当で、何が嘘なのかの判別能力さえ完全に削がれて、自分が今居る場所は何処なのかさえ見えなく成り、自身が完全におかしな虚構の社会の檻の中に居る【自由な人間家畜】である事さえ疑わず、国家的な巨大な洗脳の被害者である事を全く理解しない、実に哀れな存在であるにも関わらず、その問題に深くメスを入れる私を見て逆に変質者だと思うように成って居る、しかも社会的に可也上級階層の人達にその傾向が強いのです。是は物事を深く考えさせない教育の勝利、其れを大学迄詰め込まれた人達と巨大な洗脳社会は哀れ、私の話を聞いて早く「個」からお目覚め下さい、私はその物事を更に深く考えた場合其処に何が有るのかを解り易くロジック毎公開する訳です。本当の事は暗号でしか発信出来ない社会だと言う事を理解して欲しいのです、私の存在意義は其処にあり、非常に特異な暗号解読者だと言う事を実体験して下さい。

予定演題「1」時系列追加情報

@88干物屋殺人事件の犯人が捕まった?干物=当家実家、東の蔵東側にあった「池」を復活させた=蛙=変えた。

犯人は「肥田公明」60歳?月+巴+公明=2つ巴の話にシンクロする意味なら69・96自公の憲法改正?

@5日安倍首相の3本目の「矢」の骨子が公開された、やっぱり出て来た「燃料電池」但し、発送電分離は前途多難?是で一気に大容量「エネファーム」自家発電装置の普及になれば電線が消せる>文明新時代が日本から発進原発や

太陽光も大問題含みだが、燃料電池は大地に水を副産物として放出する「理想的なエネルギー革命」が起きる*「水」です、映画007スカイフォールとライフオブパイも水が主役だった、乾いた大地に蘇生水の理想的な技術だが無理なのか?良い物は「絶対に潰す」文明の「アセンション」はこうして潰されるのか?

@野中氏わざわざ訪中で発言「尖閣棚上げ」=「私はその話を聞いた」聴いた、聴かないなら何でも後出しが可?

彼は本当の売国奴であると断定するが、本件に何の不思議も感じない日本国民とは一体何、家畜か?野中方式作戦

が流行りそうな動きが在る、何でも先に言い出した者が有利、百年言い続ければそのうち勝つと思うのは早計だ。

@笹子トンネル天井板撤去、彼方も是非現地で高速通行体験して見て下さい、何かを感じます?真実を公開する。

@皇太子様スペイン訪問会見、6月6日「歴史に思いをはせたい」その真意は「重い」を馳せたい?同時に御結婚20周年6月9日の件にも触れ、雅子様へ労りの御言葉も、6~9=二つ巴の文様に重なる筑波山と天神峰-御料牧場の仰角69度と安倍首相の96番の背番号ユニフォームとの関係、更に6月9日は実家姪の13回忌だった。

殿下の御言葉「思いをはせたい」=支倉常長=ハセクラ常長と読む?この意味が更に深い、御期待を。

@マツダから「Be a driver.」123便のa運転手はB+e=123+5=1230私の車のナンバーの置換法0の場に4是は詳細な説明が必用、お楽しみに、マツダ=松です(松ヤニです)一本松も絶対に復活復元工事に手抜きはしない。

@ホンダからは「未来をかえろ。」=ろ。=暗号では「る」と理解出来る=蛙につながる=瓶の上のアマガエルへ、其れは未来へつながる物だ!異次元空間飛行の123便=デロリアンカフェの件へと、同時シンクロして来た。

@米中会談「ひざ詰め8時間」8=平の時間=事件で日座詰め=詰めたのです「吉日」の問題で「当家の間=件」で?

@スペインとの交流は400年らしいが、「サグラダファミリア」が暗号で登場その中で、「琴を弾く天使」に焦点が

合わされて来た、その詳細は驚きですがその前に「サグラダ」を日本語として考えると意外な結論に到達する。

@米国デルタ航空機B-747「異臭騒ぎで引き返す」その驚きの真相を完全解読、その全てを当日公開する。

@皇太子様スペインの文化交流音楽会場で「今井翼」らと接見されたそうな、「翼」=羽田を共にする件、あれです

今井翼=「琴を弾く天使」との関連性が此処でも「今が土台」=今昔でシンクロ琴=王+王+今=2つの王家の件。

@全柔連と同じ構図の日本野球機構の騙し玉?コミッショナーとは野蛮人?日本中この様な惨状と各種団体の公益社団法人化は益々悪化する日本の民主主義の終焉を示す見方も有るのだが、解って居るのか各種団体お偉い様方?

@一般には全く見えない、「布川敏和」東急電車へタクシーで衝突事故の驚愕の真相とは、絶句する。

@「在特会」の運動に規制が掛けられ始めた、現段階マスコミ上では双方へと言う形だが日本国民を守るのが警察の仕事その動きは自殺行為にも成る事を自覚しているのか?恐れながらも公安委員会様へ、国民は見て居るぞ。

@湊谷明博さん白骨化で発見?湊=港=Harbor=Port=port-yoshi@xxxx是は当社私のメルアドです、そう言う事?

日=太陽(Sigel・ルーン文字)・月+專・・・に似た様な港の風景が此処に或る!私(稠)は白骨化へ?

レジメの代りに、本日以降の時事問題推移は予定演題「2」で又お知らせ致します。

—————————————————————————————————————————————————–

 

 

 

 

===============================================================

 

 

 

3) 千葉戦略研究所 7月度勉強会のご案内 2013/7/7(日)

 

 

 

— 千葉戦略研究所 —

一般の報道では公表されない、報道の裏側を独自の情報ネットワークで入手

 

皆様、こんにちは。

千葉戦略研究所、2013年7月度勉強会のご案内です。刻一刻と変化する国際情勢を千葉俊一が独自の分析でお届けします。

 

テーマ:「今後の世界情勢と安倍政権のゆくえ」

 

【講演の主なトピックス】

・6月のはじめ安倍首相は、フランスのルドリアン国防相と会談。防衛装備品の共同開発に向けた話し合い。また、G8後には、英国と軍事品防衛品の共同開発を公式発表。2011年の武器輸出三原則緩和以降、着々と進行する日本の軍事産業の育成戦略。

・オバマ大統領は、北アイルランドで開催されたG8の後で、ドイツのベルリンで演説。戦術核兵器の軍縮の意向を示唆し1500発を1000発に削減を述べる。キューバ危機、ベルリン危機の際のケネディ大統領を真似たヨーロッパにおけるアメリカの主導権の再取得の動き。

・イラン大統領選では、保守穏健派のロハニ師に決定。新大統領をアメリカはどう評価するか。

・イランと北朝鮮に対する経済制裁は、現在も継続。北朝鮮はアメリカとの直接対話を求めている。

・英王室エディンバラ公(エリザベス女王の夫)の静養。

・スエーデンの研究所の発表によると中国の核戦力が10発増えて250発になる。

・インド、パキスタンも50発規模で核の増加。

ほか

 

====================================================================

 

日時: 2013年7月7日(日)13時開場 13時30分から16時50分

 

会場: 中央区新川区民館(6号室洋室)

東京都中央区新川一丁目26番1号 03-3551-7000

 

定員: 15名

 

受講料: 3,500円、学生 500円、高校生以下 無料

※費用は当日ご持参下さい。

 

講師: 千葉戦略研究所 主幹 千葉 俊一(ちば しゅんいち)

元内閣調査室

 

主催: 千葉戦略研究所

 

====================================================================

 

 

 

 

===============================================================

 

 

 

4) 読者からの質問への回答   -経済問題

 

 

ご参考になるなら幸いです。

 

——————————————————————————————————————————————-

クリントン政権(1993~2001年)はそれまでの共和党政権での財政赤字を黒字に転換したのです。

1970年代からアメリカの貿易が赤字化し、レーガン時代(1981~1989年)に貿易と政府財政の赤字が急拡大して双子の赤字と言われました。

その後ブッシュ親父を経てクリントン政権になってCALSを利用して黒字になりました。

ところがブッシュ倅(2001~2009年)になってからアメリカ政府の財政を再び大赤字にしてしまいました。

それだけでなく、住宅購入のプライムローンを組める人だけでなく、詳しい政策は知りませんが、組めない人にも購入できるようにサブプライムローンを推進したのです。

 

すると誰も彼もが住宅を購入し、価格が上がり始めました。上がった価格を見て人々は購入しては売るを繰り返し、その度に利益を得ました。

それでアメリカ全体では大衆の消費が伸びたのです。

 

ですが、それは誰が考えても解ることですが、住宅価格が実際の需要を超えて売買されて上がり続ければ、ある時、一気に下がります。

それが2008年3月のベアスターンズ倒産で、更に9月のリーマン倒産へとつながりました。

 

リーマンはサブプライムローンを組み込んでファンドを作り、債権を売っていましから、アメリカ全体だけでなく欧州など諸外国へも大変な被害を与えました。

ムーディーズとかスタンダードプアーズ、とか各付け風説屋なんて責任を取ろうともしませんから、いい加減なものです。

それどころか日本政府の各付けを極めて不適切に評価し、日本の財務省が根拠を求めても全く応答無しですから、あんなもの、日本では営業させるべきではないです。

 

《リーマンショックの引き金は、韓国が 引いた》 ですが、それは初耳です。言えることは、倒産する事は経済通なら誰でも分かっていたのですが、時期を知っていたのは一部の人でした。

亡くなった私の知人は有名なユダヤ人から時期を聞いていて、保険を解約して一儲けしたはずでしたが、預けたカネを返してもらえず、その後彼は亡くなりました。

奥さん、保険屋さんが言うのですからそうなんでしょう。

 

リーマンショックでアメリカの銀行も一社を除いて全部実質的倒産でしたが、アメリカ政府とFRBが助けました。当然です。

儲けた一社はイスラエルと繋がりが深いと噂されているゴールドマンサックスです。

 

ですが今、米国政府が反撃していて、世界的規模で 米国  VS 国際金融資本 との戦争が始まっているように見えます。

日本は当然、オバマに協力すべきです。

 

——————————————————————————————————————————————-

 

バーナンキはユダヤ人ですが、オバマの経済政策を必死で支えています。

オバマはシナ利権まみれなので反日ですが、反米アメリカ人ではありません。

 

彼はアメリカを蝕むユダヤ金融資本と戦っています。

その戦っている敵は日本にとってもアメリカと共通の敵であり、オバマの政策に協力するべきです。

 

それでアメリカ経済ですが、2008年のリーマンショックは国際金融資本とブッシュが結託した馬鹿げた政策の為にアメリカ経済を滅茶苦茶にしました。

そして世界経済にも大変の悪影響を与えました。

その尻拭いをオバマはしています。

 

具体的には住宅価格の下支えをしなければなりません。

ブッシュは住宅売買のねずみ講をやって破綻させたからで、住宅価格を維持できれば庶民のかなり多くが家計の破綻をまぬがれます。

 

その為には米国政府は巨額の資金が必要で、長期財務省証券つまり国債発行をするのですが、民間市場で売ると市場からお金を吸い上げる事になるので、お金の発行元のFRBが購入する訳で、それはアメリカ政府への支援策です。FRBが住宅ローン証券を購入するのも住宅価格を買い支えて家計の破綻を阻止する政策です。

 

金利の0-0.25%は超低金利、でほぼゼロ金利です。これはアメリカ経済を金融面で引き締めないようにする政策です。

 

ただ、アメリカ国内ではお金の供給が既に多すぎるので金利の下げ過ぎ、貨幣供給量の多過ぎがどういう副作用ともたらすかで慎重なのです。

「出口戦略」と呼ばれるのがその為の政策です。

 

アメリカ経済はかなり危険な状態にあります。

財政政策が議会で認められないので、金融政策に頼らざるを得ないのですが、限界もあると思われています。

もしアメリカ経済が景気縮小になれば世界経済に大きく悪影響します。日本にも影響は少しはあります。

 

日本政府はアメリカ経済の成り行き次第で政策を変えれば良いので、政治がまともであれば心配ありません。

国会から売国議員を追放する必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください