A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

潘基文よ、恥を知りなさい   -栗原茂男

 

無能と評判の潘基文よ!日本人の怒りに対し批判する前に「朝鮮人」の悪辣さを諌めなさい!

「朝鮮人」の悪行を放置するから、潘基文は日本では無能と馬鹿にされる。これでは恥の上塗りです。

http://www.youtube.com/watch?v=Cq59vKPgowY

http://ameblo.jp/kpoop123/entry-11518722646.html

http://jackassk.web.fc2.com/fact/materials/demo/

それにしても朝鮮人はマナーが悪い。

22日、ホテルニューオータニへ行きましたが、韓国の大手新聞社の記者が二名きていました。

馬鹿に愛想が良いかと思ったら、私がテーブルに自分で運んできたケーキを、「食べて良いですか」と言うや否やこちらの反応に気にも止めず手を突っ込んで食べてしまいました。

更に葡萄にも手を出し、種と皮を皿の横に無造作に置きました。ホテルのテーブルの上でのことでした。

彼らを知っている日本人に彼らについて聞くといつもマナーが非常に悪いとのことで、困惑の表情でした。

文化が違いすぎる「朝鮮人」に対応する場合は日本人モードから国際モードへの切り替えが必要で、それができなければ何時まで経っても今までどおり日本人は「朝鮮人」から迷惑を受け続けることでしょう。

——————————————————————————————————————————

【 TBS News 】

「ヘイトスピーチ」国連委が日本政府に改善求める

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5338526.html

過激な言葉で特定の人種や民族などを憎悪する表現「ヘイトスピーチ」が問題となっていますが、国連の委員会が韓国人の元従軍慰安婦に対するヘイトスピーチを防止するよう日本政府に対して求めていることが分かりました。

過激な言葉で、中国人や韓国人の排斥を訴えるデモが各地で行われています。「ヘイトスピーチ」と言われるこうしたデモは竹島や尖閣諸島の問題が再燃した去年夏ごろから特に激しさを増してきたといいます。

「一部の国、民族を排除しようという言動があることは極めて残念なこと」(安倍首相)

国会でも取り上げられたヘイトスピーチですが、現在日本には言論・表現の自由の観点などから法律での規制はありません。そんな中・・・

「委員会は日本政府に対し、慰安婦からの搾取についての教育を進め、ヘイトスピーチなど元慰安婦に汚名を着せるような運動を防ぐよう求める」(国連の社会権規約委員会の見解)

世界の人権問題を監視する国連の社会権規約委員会は17日までにまとめた見解の中で、日本社会の元慰安婦に対する理解の足りなさを指摘し、日本政府に対して元慰安婦を中傷するヘイトスピーチなどを防止するよう求めています。この見解をまとめるための調査は、日本維新の会の橋下共同代表の従軍慰安婦に関する発言よりも前に行われたということです。見解はさらに元慰安婦の経済、社会、文化的な権利や賠償への悪影響を懸念しているとし、日本政府に必要なすべての措置をとることを要請しています。(22日16:21)

——————————————————————————————————————————

********************************************

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください