2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

歴史ドグマティストは国際社会の敵 -栗原茂男

 

1) 大東亜戦争の科学

2) 川口順子議員の環境委員長解任

3) 「中国、北朝鮮の動向をふまえた今後の日本の行方」 :千葉戦略研究所

4) 中国に侵食される日本の知られざる一面

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

1) 大東亜戦争の科学

昨日、マックス・フォン・シューラーさんの講演会に行って来ました。参加者は35名くらいでしたでしょうか、部屋はいっぱいでした。女性が多いのが目につきました。

マックスさんの話は大東亜戦争をアメリカサイドから見た分析で、アメリカの白人達が日本、日本人、中国、シナ人をどう見ていたかが非常に新鮮でした。

そしてそれが今も尾を引いているようなのです。

表向きの発言の裏にあるアメリカ支配層の白人たちの本音を知ることは日本人が国際社会で立ち回る際に非常に重要だと感じました。

もちろん、日本サイドから見た大東亜戦争観は随分違うのですが、これからはマックスさんと我々で擦り合せをしながら、立体的な大東亜戦争観を模索できればと考えています。

ところで王道日本から届いたメルマガに典型的な日本側からの分析が書かれています。そこに中国サイドからの研究が加わると分析がもっと立体的になると思います。

マックスさんは鳴霞さんともつながっているので、今後徐々に連携の効果を高める工夫ができないものかと思っています。

アメリカはユダヤに実質支配されていると以前から言われていますが、彼らの特徴の一つが歴史ドグマティズム。

ユダヤ、シナ、朝鮮は第二次大戦で手に入れた捏造史観を世界中に広め、絶対に修正してはいけないドグマであると主張しますが、それは裏返すと彼ら自身が科学を理解できない野蛮人であると吐露していることになります。

アメリカの政治屋で日独悪玉論を口にする輩はその手の連中と見て良いでしょう。私は歴史ドグマティストを軽蔑します。

————————————————————————————————————————————–

対米従属に限界の見えた安倍外交 : 王道日本の会

Friday, May 10, 2013 3:30 PM

米議会の調査局が日米関係の報告書をまとめ、日本の安倍首相の歴史認識について「帝国主義日本の侵略やアジアの犠牲を否定する歴史修正主義の立場をとっている」と指摘した。

ちょうど韓国の朴クネ大統領が訪米し、オバマ大統領と対談するのに合わせた報告で、意図的なものを感じる。

アメリカが先の大戦を「帝国主義日本の侵略」と規定するのには恐れ入る。あらためて日韓併合の歴史を振り返っておくと、江戸末期、ペリー来航後の不平等な日米通商条約とアヘン戦争により、「欧米を見習って近代化しないと植民地にされてしまう」という認識から、日本は明治維新を興した。

同じ認識を隣国の朝鮮にも求め、合せて朝鮮の清国からの独立を図って日清戦争をしたのが始まりである。その戦いに勝利したことによって、朝鮮はそれまで1000年以上続いていた中国への服属を断ち切ることができた。

しかし、その戦争で手に入れた中国・遼東半島にロシアはクレームを入れ(3国干渉)、やむなく日本は返還した。それを見た朝鮮の閔妃は「日本もロシアに比べたら全然ダメ。これからはロシアの時代よ」とロシアに急接近。様々な経緯を経て、今度は満州の地を舞台にしてロシアと戦うことになる。

その戦争にも勝利して、韓国の保護国化が始まったが、アメリカはフィリピン支配を認める代わりに、日本による韓国の保護国化を承認、イギリスもインド支配を黙認する代わりに承認と、当時の国際社会は皆、日本による韓国の保護国化を承認していたのである。

その後、1910年に日韓併合に至るが、日本内部にも「植民地となるとお金がかかり過ぎる。近代化の後は韓国人の手で独立させるのが良い」と反対する声があった。当時の韓国総統・伊藤博文であるが、安重根に殺され、一気に併合という流れになった。

韓国併合後、100校未満だった小学校を5000校まで増やし、ハングル文字の必修化を図ったり、鉄道や道路、港湾などを整備した。

たしかに敗戦間近の1年間は強制出兵などがあった(そのほとんどは訓練だけで終戦を迎えた)が、全体として韓国の近代化は日本のお蔭で為すことができたというのが、ウソ偽りのないところである。

戦後、朝鮮の独立を認める気が無かったアメリカは日本の朝鮮総督府に対して統治続行を命令、事実上、韓国はアメリカ統治に移行した。一方で、ソ連は北緯38度線を境に朝鮮の北側を占領。48年にソ連の支援を受けた金日成が朝鮮民主主義人民共和国を設立。

これに対抗してアメリカの支援を受けた大韓民国が建国された。

歴史を語るのはこの辺にするが、先の大戦は別に日本が帝国主義的侵略をしたわけではない。韓国の保護国化は近代化と独立化に踏み切らない韓国に業を煮やして、日清戦争・日露戦争を経て、当時の必然性があって為されたものである。

中国との戦争は、満州事変や満州国建国の後、停戦協定が出来ていたのに、それを破って通州事件や突然の蒋介石軍20万人による上海・総攻撃が為されたからである。

また、アメリカとはハル・ノートで石油を止められたから、自衛戦争としてやらざるを得なかった。アメリカは日本が真珠湾を攻撃する20年も前に、日本・沖縄を分割統治するオレンジ計画を策定していた。

これは日ロ戦争での日本の勝利により、それまで「アジア人なら好き勝手に支配して良いのだ」という雰囲気が変わった。

特に第1次大戦後のパリ講和会議(1919年)で西園寺公望が「人種差別は撤廃すべきだ!」と訴えたため、黒人の奴隷問題やフィリピンの支配などを抱えていたアメリカは警戒したのである。

昭和天皇は、その『独白録』の冒頭で、「今回の大戦の遠因は、パリ講和会議における人種差別撤廃案にある」と喝破していたほどである。

戦後のアメリカによる日本復興への支援には感謝するが、これらの歴史を知れば、TPP参加を含めて、安倍総理の単純な対米従属路線の強化は、相手国から見れば「カモ・ネギ」なのである。

※ご意見をお聞かせ下さい。必ず本人が目を通しますが、返答は答えに窮するものもあり、省略させていただきます。下記へどうぞ

e-mail: y-sano@sage.ocn.ne.jp

※このメルマガの申込や停止をしたい方は、下記にて「登録の解除または申込」をお願いします。 http://ameblo.jp/ohdoh/

◎王道日本

のバックナンバー・配信停止はこちら

http://archive.mag2.com/0000279511/index.html

==================================================

2) 川口順子議員の環境委員長解任

《 「国益とか言うが、そういうことをわれわれが判断する立場にない」  -参院民主党幹部はそう言い放った。(坂井広志)》 そうです。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130509/stt13050907570000-n2.htm

点線以下は自民党メルマガからの転載ですが、一言で言うと民主党はあまりに子供じめているとの印象を強めました。

川口委員長を解任して一体誰が拍手喝采するのでしょう?

私が日頃批判している民主党にも藤田幸久議員のように絶対に落としたくない議員も結構います。

だからこそ、こういう馬鹿げた政争をして欲しくないと思います。

—————————————————————————————————————————–

【川口順子議員の環境委員長解任に関する声明】

平成25年5月9日  参議院自由民主党議員会長 中曽根 弘文

本日の本会議で「環境委員長川口順子君解任決議案」が可決され、川口議員が環境委員長を解任されたことは遺憾の極みである。

これは国益を無視して政争を仕掛ける野党の暴挙にほかならない。

国会の要職である常任委員長が採決で解任されたことは衆参両院を通じて憲政史上初めてであり、とりわけ「良識の府」たるべき参議院に汚点を残した。

野党は自ら犯した行為の重大性に気付き、深く恥ずべきである。

川口議員は環境大臣、外務大臣を歴任し、豊富な国際経験と深い見識を有しており、中国の外交担当国務委員である楊氏とも人脈を持っている。

尖閣諸島に対する中国の挑発的行動によって日中関係が緊迫する今こそ、粘り強く冷静な対話の継続が不可欠であり、かつ会談では中国側から領土を含む日中関係を提起されることが明らかな状況にあった。

ここで川口議員が「主権と領土を守る国益に背中を向けられなかった」と考え、日本の立場を主張しようと判断したことは至極当然であり、我が党はこれを了とした。

我が党は川口議員の滞在期間1日延長の必要性が判明した時点で、野党各党に対して丁寧に事情を説明し、了承を得られるように努めた。

また、予定された環境委員会は法案趣旨説明のみの短時間のものであり、我が党は委員長代理で開会することも提案し、国会運営に影響を及ぼさないよう力を尽くした。

更に川口議員は帰国後、環境委員会理事懇談会において1日延長の経緯を説明し、陳謝したにもかかわらず、即日、解任決議案を突きつけた野党の姿勢は問答無用の蛮行と断ぜざるを得ない。

ここに参議院自由民主党は、国益を守るという固い信念に基づいて行動した川口議員を支持するとともに、万事を政局に持ち込もうとして広い視野から国益を考えるという重要な観点を見失った野党の国会対応を強く非難するものである。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

■第183国会 川口順子環境委員長解任決議案に対する反対討論

<中原八一参議院議員>

自由民主党・無所属の会の中原八一です。

ただいま議題となりました川口順子環境委員長の解任決議案は、全く理解に苦しむものであり、自由民主党・無所属の会と公明党を代表して、断固として反対の討論を行います。

【1】滞在延長の意義について

川口委員長は、去る4月23日から24日の中国滞在日程を延長して、楊国務委員(前外交部長)及び、政権に大きな影響力を持つシンクタンク幹部と会談を行いました。これら要人との会談には、滞在を延長すべき理由として、国益に貢献する十分な、大きな意義があったと考えます。

これらの会談は、タイとパキスタンの要人と、米国の学識者も参加して行われましたが、もし川口委員長が参加しなければ、日本人の参加者はゼロという状況でした。特にシンクタンク幹部との会談では、尖閣問題をはじめとする日中関係が大きなテーマとなりましたが、その状況で川口委員長がいなければ、中国側が一方的に自国の立場のみを主張する恐れが高かったのです。

また、楊国務委員は、今年3月に外交部長から国務委員に昇格した後、日本人と会談したのは今回が初めてです。川口委員長は、環境大臣、外務大臣を歴任され、誰もが認める深い見識をお持ちです。その経験と見識があってこそ、

この会談が成功したのです。

野党の皆様は、素直に、国民目線で考えてみるべきです。川口委員長にしかできない中国要人との会談と、代理が可能な、委員会での政府からの5分間の趣旨説明聴取と、どちらを優先すべきだったのでしょうか。

どのような判断が、我が国の国益に沿ったものでしょうか。

川口委員長は要人と会談し、委員会は委員長代理が開催する、というのが、当然の判断ではありませんか。

今回の滞在延長は、単に川口委員長個人の判断ではなく、参議院自民党としての判断であります。仮に国会で野党に批判されることがあったとしても、我が国の国益を守ることを優先すべきである。そういう信念に基づいた、参議院自民党としての判断であることを、申し上げさせて頂きます。

【2】延長申請に対する野党の対応について

また、今回、川口委員長は、手続を無視したわけでもありません。

延長を願い出たにも関わらず、野党の了解が得られなかったのです。

我が党は議院運営委員会において合意が得られるよう最大限努力しましたが、許可するしないという判断の前にタイムリミットが来て、25日12時10分に予定されていた環境委員会までに帰国することが、物理的に不可能だったのです。

今回の会談日程は、23日に川口委員長が渡航した時点では未確定でした。

24日の朝に初めて、会談の日程の具体的内容が明らかになり、中でも最も重要な楊国務委員との会談が25日になることが確定したのです。

その時点で、滞在の延長を申請したのですから、川口委員長は、取るべき手続は取ったのです。野党が延長を承認しなかったことこそが、今回の問題の原因です。

従って、今回の渡航は、結果的に25日まで滞在しなければ、大きな目的が達成できなくなりました。要人に会い、外交上の重要な問題を話し合おうとしたのに、会わずに帰ってくるという選択が、果たしてあったでしょうか。

しかも、尖閣問題などの日中関係がテーマになるとわかっている状況です。

もし川口委員長が帰ってしまえば、日本側が都合の悪い議論を避けて、逃げて帰ったとみられます。会談の場で中国側がそうした解釈を他国に示しても、川口委員長がそこにいなければ、反論する機会もないのです。

確かに、急な日程変更であった点は、野党の皆様にお詫びする必要があります。

しかし、24日午前には延長を申し出ているのですから、野党側にも検討の時間はあったはずです。一体野党はなぜ、延長を了承しなかったのでしょうか。

誠に遺憾です。野党側に、延長を承認しなかった合理的な理由があるとは、私には到底思えません。野党にこそ、理由を説明する義務があるのではないでしょうか。

委員長不在の場合は、委員長代理が委員会を開催できるのに、そうさせなかった。

これは、委員会を開催することよりも、野党は委員長にルール違反を犯させ、批判することが目的だったと言われても、仕方ないのではありませんか。

そうだとすれば、今回の野党の行動は、委員会の開催を妨害しているのに等しい行為です。国会審議の妨害だけを目的とした、政争のための政争ではありませんか。審議をご覧の国民の皆様にも、こうした野党の行動の本質を、

しっかりと考えて頂きたいと思います。

【3】国会運営に対する野党の対応について

環境委員会に限らず、他の委員会でも、円滑な国会運営に対する野党側の妨害は、目に余ります。衆議院を全会一致で通過した法案でさえも、参議院では審議が開けていないのです。もっと国会を重視しろ、というのが今回の決議の趣旨かもしれませんが、国会を軽視しているのは野党の方でありませんか。

今回の滞在延長については、川口委員長の弁明書と、参議院自民党の溝手幹事長の顛末書を提出しています。しかし、野党は、弁明書・顛末書を検討する前に、解任決議案の提出を検討していました。事情を検討する前に解任決議案を提出しようというのは、全く本末転倒です。

裁判で言えば、審理をしないで判決を下そうというようなものです。

まさに、解任決議ありきの対応です。解任決議を提出し、国会審議を妨害する、これこそが野党の目的だとしか考えられません。

【4】二元外交との批判について

なお、野党の中には、今回の川口委員長の会談を、二元外交だとして批判する声もあると聞きます。もちろん、そのような意見は、野党の中でも少数だとは思います。良識ある皆様はご存じのとおり、議員が行う外交にも、多面的な情報収集や情報交換という面で、政府が行う外交とは別の意義があることは明らかです。また当然のことですが、川口委員長は、今回の会談の内容について、総理はじめ関係の閣僚にご報告しております。

もし、「議員が外交をすること自体が二元外交であり、けしからん」という人がいるのであれば、全くナンセンスです。それなら、野党議員が海外に行って要人に会うことなど、到底許されないことになりますが、それで良いのでしょうか。

今回の川口委員長の会談が二元外交だと主張する方々は、そもそも外交とは何なのか、わかっておられないようです。そういう方々が政権を取って、外交をやったから失敗したのです。それは事実が証明しているではありませんか。

二元外交というのは、鳩山元総理がイランに行って相手側に利用されたり、中井元拉致問題担当大臣が北朝鮮と接触したり、そうやって相手に付け入る隙を与える場合に問題になるのです。今回の川口委員長の議員外交は、そのような愚かな二元外交とは全く性質の違うものであるということを、はっきり申し上げておきたいと思います。

シンクタンクとの会談終了後、同席したハーバード大学のデビッド・ケネディ教授からは、「川口委員長は、日本の立場を十分に守ったし、なおかつ、建設的に解決策についても議論し、よい会談だった」とコメントがあったと聞いており、川口委員長が滞在を延長して、会談を行ったことは、十分に国益に資するものであったと確信しております。

【5】最後に

我々の考え方と、野党の考え方と、どちらが正しいのかは、国民の皆様がお決めになることです。国益のために滞在を延長すべきと判断した自民党が悪いのか、延長を認めなかった野党が悪いのか。最終的には、選挙における民意に判断して頂くしかありません。

しかし、議場の議員の皆様も、お一人お一人がお考えください。

もし皆様が、今回の川口委員長と同じ状況に立たされたならば、本当に、委員会の趣旨説明聴取のために帰ってこられますか。

本当に、その方が日本の国益のためになるとお考えでしょうか。ぜひ素直に考えてみて下さい。

もし自信を持って「私なら帰って来る」と言える人がいるならば、今回の解任決議案に賛成して下さい。しかし、賛成すれば、その方の国益についての認識、外交に関する認識がどのようなものか、天下国家に知れ渡り、永遠に記録が残るでしょう。

またもし、自分なら川口委員長と同じ判断をしたいけれども、今回は党議拘束によって、やむを得ず、解任決議に賛成しなければいけないとお考えの方がいるならば、国益と、党議拘束と、どちらが大事か、よく考えて頂きたいと思います。

まさに今回の川口委員長のように、国益とルールとを天秤にかけて、国益の方を取るという決断ができる政治家なのか、あるいは、それができない政治家なのか。政治家としての資質が問われています。

この審議をご覧の国民の皆様も、お一人お一人が、考えてみて下さい。

あなたなら、どうしますか。国益に背を向けて帰ってくる、そのような政治家を、お望みでしょうか。

誰が国益のために青票を投じ、また、党議拘束に縛られて白票を投じるのが誰であるのか。

今回の解任決議案の投票結果は、まさに、各議員の政治家としての資質を示すものであります。そして、それが来る参議院選挙において、今後、国民が各議員を評価する一つの大きな判断基準となるに違いありません。

ぜひ、ここにおられる皆様、お一人お一人の責任で、賢明なご判断をお願い致します。以上を申し上げて、私の反対討論を終わります。

(5月9日・参院本会議)

==================================================

3) 「中国、北朝鮮の動向をふまえた今後の日本の行方」   :千葉戦略研究所

— 千葉戦略研究所 —

一般の報道では公表されない、報道の裏側を独自の情報ネットワークで入手

皆様、こんにちは。

千葉戦略研究所、2013年5月度勉強会のご案内です。刻一刻と変化する国際情勢を千葉俊一が独自の分析でお届けします。

テーマ:「中国、北朝鮮の動向をふまえた今後の日本の行方」

【直前情報】

・秋篠宮ご夫妻が福島第一原発の近くまで視察。学校やスーパーをまわる。皇太子と妃殿下対する対抗上の理由か。

・エルサレムへの入植により、妨害される米国主導の中東和平交渉。

・イスラエルのネタミアフ首相が中国訪問し中東和平について話し合う。その前にアッバス議長も訪問。中国が進める中東戦略。これに対しアメリカはどう出るか。

・中国が韓国の援助を拒否。

・韓国の大統領がアメリカの議会で日本の首相を批判。

・中国軍がインド軍と衝突寸前で撤退。50人規模。中国政府が軍部を制しインド政府と話し合い。

【主なトピックス】

・安部首相の交通事故の真相とは。祖父である岸首相も暴漢に足を襲われていた。米国との関係は。

・北朝鮮の緊迫状況は、既に幕引きの状況。今後の北朝鮮情勢は如何に。

・皇太子のオランダ訪問と皇位継承はどのようにすすむか。

・日中関係の行方は。尖閣への中国機のスクランブルはロシア機以上の数。

・ビンラディン暗殺命令を出したデンプシー米統合参謀本部議長が中国軍の参謀総長と対北朝鮮を目的に合同訓練を推し進める。

※講演、質疑応答があります

====================================================================

日時: 2013年5月12日(日)13時開場 13時30分から16時50分

会場: 京橋区民館 3号室洋室(30名)

東京都中央区京橋2丁目6番7号(TEL:03-3561-6340)

☆アクセス

東京メトロ銀座線京橋駅下車6番出口 徒歩2分

都営地下鉄浅草線宝町駅A5・A6番出口 徒歩2分

地図:http://bit.ly/197qtxd

定員: 30名

受講料: 3,500円、 学生 500円、高校生以下 無料

※費用は当日ご持参下さい。

講師: 千葉戦略研究所 主幹 千葉 俊一(ちば しゅんいち)

元内閣調査室

主催: 千葉戦略研究所

====================================================================

■今後の講演予定について■

(6月度昼の部)

2013年6月1日(土)13時30分から16時50分(13時開場)

明石町区民館 洋室 5号室洋室

東京都中央区明石町区民館明石町14番2号

http://bit.ly/11pv8x2

※会場と時間は変更になる場合がございます。各日程の最終案内をご確認下さい。

==================================================

4) 中国に侵食される日本の知られざる一面

ある方からの届いた情報です。

日本国民の目が尖閣に目が言ってる間に新潟が危ないと言われています。地方行政にまで深く侵入を許しているようです。

ところがそれだけではない!らしいのです。

国際社会はちみ魍魎。

北朝鮮は米国軍部が削減された予算を獲得するために捏ち上げた「危機」ではないでしょうか?つまり米・北朝鮮連合?

中華侵略主義包囲網には米軍の力が必要で、それも良いかと思っています。

——————————————————————————————————————————————–

中国の背後には、イラン、及び中央アジア系国家群とハザール系ユダヤ人が控えている、中でも今イラン人が大問題なのです、状況判断は読み間違えないで下さい、イランへのハイテク部品供給基地が蓮田・岩槻・大宮・浦和あの一帯です、ミサイルの部品の精度は一桁違うし、内部抵抗がかなり低い物でなければ制度を出す事が出来ない、埼玉県域の部品供給メーカーは巧妙にそれらの部品をかき集めて、中古品として輸出する手法をとって居る、勿論周辺の関係諸省庁はすべて買収されているから、この違法輸出を止める手立ては無い、諸外国の麻薬組織の流通と我が国の電子部品の闇取引には非常に似た所がある。

イスラエルは必ずシリアを、そしてイランを叩くまであるかもしれない、北朝鮮は目クラまし、もう終わって居る、米国との間で何らかの落ちが着けられた筈。

是からの問題はシリアです、代理戦争が更に進む。

——————————————————————————————————————————————–

********************************************

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください