A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

アベノミクス批判は玉石混交        -栗原茂男

 

1)     アベノミクス批判は玉石混交

 

2)     「新しい歴史教科書をつくる会」日本史検定講座のご案内

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

1) アベノミクス批判は玉石混交

 

昨年安倍政権ができ、アベノミクスと呼ばれる政策が発表され、当然の如くに民主党などから批判が出ています。

しかし批判は批判する人によって内容が様々です。

そもそもアベノミクスとはどういうものかですが、

大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資喚起の成長戦略、名目経済成長率3%、インフレ目標2%、円高是正、日銀の量的緩和、公共投資、日銀の買いオペ、建設国債の買い入れ、日本銀行法改正などです。

安倍政権のブレーンとして経済は、リフレ派と言うのがもっぱらの噂の浜田宏一が就任したのでそこが一番つつかれるところだと思います。

私もリフレ政策では経済が活性化するとは思えません。しかしアベノミクスを全体的に見ると今までの政権よりは遥かにマシに思えます。

いまだに公共工事バラマキ論や日銀独立性論で批判している人は、まだ目が覚めないの!です。

 

リフレ派というのは経済学的に説明すると最後は私の手に負えなくなる難しい論理になりますが、要は金融緩和政策でデフレ脱却つまり物価上昇へ持って行こうという政策論です。

政府が国債をどしどし発行して日銀がそれを買って、その結果お金が市中で出回り、金利は下がり、内需は喚起されると言う事のようです。

一方、リフレ派を批判する人によると、いくらお金を日銀が大量発行しても実需に繋がらなければお金がどこかに滞留するだけで経済は拡大しないというもの。

私もそう考えます。

むしろ既に過剰にお金は市場に存在しているので国内市場でおカネが回転する環境が整えば政府や日銀が国債発行やお金の増発をしなくても十分経済は上昇気流に乗ると思います。

今までがおカネが流れない政策を政府が執り続けて来た事に原因があります。

現在は10年くらい前の3~4倍くらいの比率でおカネが出回っているのです。

重要な事は何故、お金が国内市場で回転せずに一部の資産家に滞留しているかを解明して改善する政策を執ることです。

改善すべき政策はいろいろありますが、一つは日銀であることが間違いありません。

日銀の何が間違いかと言うと、物価上昇をゼロ以下に目標設定していることです。実際、2000年ころから下がり続けています。

ですが、安倍政権は、物価は上昇させるのだ、円安誘導して輸出を増やすのだ、財政政策を行う、つまり庶民にお金を廻すのだ、と宣言したので金融資産を潤沢に持っている人たちが株にお金を投入したから焙かが上がったわけです。

ですが財政政策はまだ計画を打ち出しただけなので庶民の懐には今のところ幻想しか入っていません。しかし建設国債を発行して日銀に購入させて公共工事を始めればお金が庶民に回り始めます。

今はまだ公共工事の増加は手がついていませんが、庶民におカネが回り始めるその時期はそう遠くないはずです。

公共工事悪玉論は日本侵略を画策する外国勢力がマスコミを操って国民を洗脳して来た論です。

しかし最近の国土の疲弊を見れば公共工事悪玉論の呪縛は溶けてゆくことでしょう。

土木工事が必要なことは誰の目にも明らかです。

静岡で地すべりがありましたが、原発の使用済み核燃料の捨て場所問題も解決しなければなりません。

六ヶ所村が一杯だから全国の自治体に処分場を造らせるつもりなのでしょうか?そうなると莫大な費用が自治体にも発生すると思われます。

中国からの留学生にも手厚い費用支給もしなければならないし、外国で暮らす外国人の子育て費用も必要ですし、自称「戦勝国民」にも費用が掛かることでしょう。

兎も角予算がたっぷり無いと、純日本人国民に回るおカネが足りず、餓死したりする人も出てしまいます。

景気は貨幣供給が潤沢であることと国民が今後の生活の自信を持って、安心しておカネが使える雰囲気が必要です。

そういう意味でアベノミクス、黒田日銀は安心しておカネが使える雰囲気を醸し出しています。今後は財政出動を本気でするぞ!という気構えを崩さないこと。

多分、今の状況から考えると今年中に景気は回復感が出てくると思います。

========================================================

2) 「新しい歴史教科書をつくる会」日本史検定講座のご案内

つくる会は、昨年12月に日本史検定講座を開講しました。300人を超える受講生が集まったということで、大変好評のようです。下記にありますように非常に充実した講師陣です。

4月20日、東京・有楽町で行われたシンポジウム「教科書を歪め続けた国家の大罪―文科省・教科書検定の実態―」では、元文科相中山成彬先生が基調講演をされましたが、お話の中で、「私も是非この検定講座を受講してみたい」とおっしゃられたのが印象的でした。皆様も是非、トライしてみてください。

 

平成25年4月25日 「史実を世界に発信する会」事務局長 茂木弘道拝

 

 

 

 

つくる会日本史検定講座、第二期生募集中!

全国・全世界どこからでも受講可能 5月開講、8月検定試験

全6回12コマの連続講座

歴史を失った民族は滅びるといいます。

なぜなら、民族の歴史は、民族のアイデンティティの源泉となるものだからです。

このため私達は、日本人が日本人としての心に目覚める、誇りある日本の歴史を学ぶための『新しい歴史教科書』をつくってまいりましたが、

今般、これをさらに一歩進めて、国史を学ぶ歴史講座と、これに基づく歴史の検定試験を行うこととしました。

歴史というのは、人間に例えれば「記憶」です。記憶を失った国家は必ず滅びます。誇るべき来歴の記憶のない国家が、

どうしてこの激しい競争が行われている国際社会の中で、これからやっていくことができるのでしょうか。

この講座は、皆様とご一緒に私達の記憶を取り戻すための講座です。

講師

高森明勅   日本文化総合研究所代表

小名木善行  国史研究家

山本茂    元九州女子大学教授・『新しい歴史教科書』執筆者

加瀬英明   外交評論家

藤岡信勝   拓殖大学客員教授

三橋貴明   経済評論家・中小企業診断士

講座受講料  12,000円(12コマ分)

詳細・お申込みはつくる会のインターネット特設ページから

http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

(社)新しい歴史教科書をつくる会事務局 清原弘行

〒112-0005

東京都文京区水道2-6-3-203

Tel 03-6912-0047  Fax 03-6912-0048

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

********************************************

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

********************************************

 

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA