A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

反日放送局の「NHK」

 

1) アベノミクスの問題点

2) 反日放送局の「NHK」

3) 報道されないアメリカ経済の深刻な事情

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

1) アベノミクスの問題点

安倍政権ができて3年に及ぶ民主党の悪政から解放された日本ですが、自民党政権である安倍政権は小泉政治の総括をしていないという欠陥を抱えていることに留意する必要があります。

民主党政治は酷かったのですが小泉政権が良かったかと言えば似たようなものでした。

貢ぐ相手がシナ、朝鮮と国際金融資本との違いだけで、日本の国富が外国勢力へ滔々と流出してきた点では同じです。

日本は大東亜戦争後1970年代から貿易が黒字化して、ベトナム戦争の後遺症で苦しむアメリカは日本経済を徹底的に研究しました。

そして日本の強さの源泉である日本社会の破壊を目指し、1970年代は日本経済のコントロールセンターが通産省だとみて通産省を目の敵にした観がありました。

しかしそれでも日本経済の強さは変わらず、1980年代に入ってからは、とうとう日本経済よりも日本社会の破壊へと矛先を変えてきたと感じます。

その頃から日本の人口構成が変わり始めていて、終身雇用とか、年功序列とかの日本的経営を否定する風説が日本を覆い始めました。

日本企業の経営は終身雇用、年功序列、企業別組合などによって労働者の企業への忠誠心が堅固でした。

これは徳川時代にできた幕藩体制以来の伝統が脈々と続いていると思います。

外国勢力は日本に負けないように自分も向上しようと努力するのではなく、日本の足を引っ張ろうと言う、さもしい根性で裏工作してきますから、日本人は心して国際化に対応すべきです。

安倍政権ですが、日銀問題では良い事を言ってる竹中平蔵氏ですが、そろそろ新自由主義の本性を出してきました。

《 ──規制改革では、労働市場改革にどこまで踏み込むかも注目されています。http://toyokeizai.net/articles/-/13341?page=2 》

物価については2%ではなく3~4%と語って、こういう ↓ 良いことも言う反面で日本的経営を破壊しようと言うのですから彼の発言は是々非々で聞かなくてはならないでしょう。

《 ──日本の財政再建は針の穴に糸を通すような難しさがあります。             奇策はない。ただ、一つだけ希望があるとすれば、デフレを早く克服し、名目成長率が3~4%に達すれば、税収はものすごい勢いで増えていく。景気の回復局面では、名目GDPが1%増えると、税収は3~4%増える。それがうまく続けば、財政再建につながる可能性はないわけではない。》

=========================================================

2) 反日放送局の「NHK」

こんな放送をするNHKでは放送免許を取り消すべきです。多分職員にコリアンが多数入り込み、政治家が後ろ盾になっているのでしょう。

フジテレビも視聴率が急落しても会長は辞めません。フジテレビの会長にはコリアン説があります。http://okwave.jp/qa/q6933573.html

在日朝鮮人は日本永久滞在が合法化されたので今は合法ですが、しかし電波という限られた国民の資源を使用する権利を与えられる放送会社が反日であってはならないのですから秋の放送免許更新では厳しい判断がなされて然るべきと考えます。しかし多分そうはならないでしょう。民族的結束が異常な民族が必死で利権を守ろうとするでしょうから。

NHK使用の地図に日本海と「東海」併記 尖閣諸島や竹島の記載も見当たらず

http://www.j-cast.com/2013/04/08172658.html

【韓国bbs】nhkが日本海と東海を併記「我々の主張を認めた」

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0409&f=national_0409_022.shtml

=========================================================

3) 報道されないアメリカ経済の深刻な事情

3月1日にアメリカ議会で予算削減が決まってしまいました。ブログでも私は書いたのですが、日本ではほとんど誰も口にしません。

どうしてなのでしょう?ネットで探したら一つ見つけました。

《 米国の強制歳出削減発動の影響は? http://blogos.com/article/57209/ 》

「不可解な日銀の謎に迫る」を出してくれた出版社の社長さんと電話で話したのですが、社長さんも不思議がっていました。

そしてこれも3月2日にメルマガでお知らせしたのですが、オバマは米国人の生活が厳しくなること、今すぐではないがその内厳しくなることを宣告し、そのことを友人知人と情報をシェアしてくれ、早い話、そのメールを転送してくれと訴えていました。今のところアメリカは株が上がっているようですが、ロスチャイルド系を噂される金融屋は売り抜けている最中ではないでしょうか。

4月20日の講演会ではその点にも触れて見たいと思います。

兎も角、マスコミがほとんど報道しないのは変です。

********************************************

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

********************************************

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA