A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

「朝日」の狂気の橋下叩きと人権擁護法案 : 栗原茂男

週刊朝日が橋下徹氏の出自を遡上にのせて橋下氏の人格だとかDNAだとかを書いた佐野眞一氏の論文を載せたということで世間を騒がせています。
この出来事、チョッと謎めいています。
朝日新聞と言えば反日左翼新聞で知られ、朝(鮮)日(報)新聞あるいはチョウ(朝)ニチ(日)新聞と揶揄される新聞です。
そこがなぜ?こういう記事を載せたの不思議です。
もしかするとですが、反日左翼、コリアン達、コリアンジャパニーズが支配する民主党は人権擁護法案を通そうと必死です。
松下忠洋氏の死も関連を想像させます。
松原仁氏が外遊中に閣議決定するという暴挙も辞さない政党ですが、それにしても狂気と言えるほどの異常さです。
もし、これで人権擁護法案の後押しを狙っているなら要注意です。
朝日バッシングもその辺を考慮しながらのバッシングをしたいものです。
 我々純日本人会はコリアンジャパニーズの出自を我が国最大の問題という考えで活動しています。
我々の主張は朝鮮人であること自体が悪いことであるとは言っておりません。
そうではなく、主として朝鮮人の為になる外国人参政権や竹島の帰属問題などなどの数多の政治課題を語るとき、政治家、公務員などの公人は出自を明かすべきであると主張しているわけです。
アメリカのオバマ大統領は父親がケニア人で母親がスウェーデン系アメリカ人であることが知られています。
そんなことはモンゴロイドの私には関心はありませんが、アメリカ人にとってはアメリカとケニアやスウェーデンとの国際紛争が起きた場合に気になることでしょう。
そういう意味で純日本人という自覚のある(民族帰属意識が日本)私には、日本の政官界におけるコリアンジャパニーズの存在の問題は最重要な問題であるという信念は揺るぎません。
「朝日」の子会社を使ったおかしな事件がコリアンジャパニーズ暴きの抑制や人権擁護法案推進の役目を負ったマッチポンプでないことを願います。
そして「保守」の方々もそのあたりにご注意いただければと考えます。
朝日新聞系の週刊誌「週刊朝日」が新党「日本維新の会」代表の橋下徹・大阪市長の出自をめぐる記事で、日本でタブーとされる同和問題に触れ、謝罪コメントを発表した
下は橋下氏のツイッタ―です。メディア規制の可能性に触れています。経営が苦しい新聞業界での反日勢力からの唆しを受けた悪あがきでないことを願いたいものです。
——————————————————————————————————————————-
橋下徹認証済み‏@t_ishin
メディアは人権擁護法案にとことん批判してきた。言論の自由の抑制に繋がると。しかしメディアの中できちんと自浄作用が働かなければ、メディアの抑制も必要になる。確かに僕は公人だから、個人がメディアに攻撃を受けるのと少し文脈が違うが、それでもメディアがどこまで今回の件を自己検証できるのか
——————————————————————————————————————————-
下は朝鮮日報の記事ですが、こちらは本家本元の朝鮮日報ですが、さっそく出来事を取り上げていますが、朝鮮人の関心の高さを感じさせます。
==================================================
朝鮮日報‎     記事入力 : 2012/10/20 09:53
橋下市長の出自めぐる記事、週刊朝日が謝罪
橋下徹・大阪市長
朝日新聞系の週刊誌「週刊朝日」が新党「日本維新の会」代表の橋下徹・大阪市長の出自をめぐる記事で、日本でタブーとされる同和問題に触れ、謝罪コメントを発表した
週刊朝日は10月26日号(16日発売)で「ハシシタ 奴の本性」と題する特集記事を掲載。表紙には「橋下徹のDNAをさかのぼり本性をあぶり出す」などという見出しを掲げた。「独裁者」の異名を取るほど強い個性で人気を集める橋下流政治を家族関係などから説明する趣旨で、長期連載の予定だった。
週刊朝日は初回記事で、橋下市長の父親が同和地区の出身者で、「やくざ」活動をしていたなどと言及した。日本では同和地区を指す「部落」という表現を使うこと自体がタブーだ。
橋下市長は「僕の人生の過程は丸裸にされてもやむを得ないが、先祖を徹底的に調査して暴き出すのは一線を越えている。僕の子供、孫にも影響する」「僕はヒトラーだとか言われているが、それこそナチスの民族浄化主義につながるような非常に恐ろしい考え方だ」などと述べ、朝日新聞、朝日放送(ABC)の取材を拒否する意向を表明した。
週刊朝日は18日夜、「同和地区を特定するような表現など、不適切な記述が複数ありました。橋下市長をはじめ、多くのみなさまにご不快な思いをさせ、ご迷惑をおかけしたことを深くおわびします」とする謝罪コメントを出し、次号におわびを掲載すると表明した。
朝日新聞記者は「週刊朝日は新聞とは関係なく、編集権は独立している」と主張したが、橋下市長は「子会社をつくれば、何をしても構わないというのか」と批判した。朝日は橋下市長の批判に事実上、白旗を揚げた格好だ。
橋下市長は新党「日本維新の会」を創設したことで知られ、日本軍の従軍慰安婦が強制連行された証拠はないなどという問題発言を繰り返している。
東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA