A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

グーグル自動翻訳の重大で深刻な問題     : 栗原茂男

原田慎也様からの情報です。
許可を頂いたので転載いたします。

日本政府は海外に向かって、純日本人からの主張を全然広報しません。
政官界に巣食う仮面日本人の割り出しが出来なければ何も改善されないと強く感じます。

=============================================

Google翻訳による自動翻訳(日本語→英語)は、今まで意味を変更しながら翻訳していた事が最近判明しました。
(この文章を逆の英語→日本語で訳した場合は正しく訳されます。)
Google翻訳は、こちらです。
http://translate.google.co.jp/

2012年9月21日時点
 中国が日本を侵略する。→Japan invaded China.
 日本が中国を侵略する。→Japan invaded China.

 韓国が日本を侵略する。→Japan invaded Korea.
 日本が韓国を侵略する。→Japan invaded Korea.

 中国が韓国を侵略する。→China invaded Korea.
 韓国が中国を侵略する。→Korea invaded China.

つまり、日本語のホームページで「中国が日本を侵略」のような表現が有った場合、
それを外人が読もうとしてGoogleの自動翻訳を利用すると、意味を逆にすり替えて翻訳する様にプログラムされていました。

この事実がネット上で話題に成って先日修正されましたが、その修正がまた意味を変更しながら翻訳している事が判明しました。

2012年9月28日(本日)時点
 中国が日本を侵略する。→China will invade Japan.
 日本が中国を侵略する。→Japan invaded China.

 韓国が日本を侵略する。→Korea to invade Japan.
 日本が韓国を侵略する。→Japan invaded Korea.

 中国が韓国を侵略する。→China invaded Korea.
 韓国が中国を侵略する。→Korea invaded China.

この様に、日本語のホームページを英語に自動翻訳して読んでいる外人さん達は「侵略」のキーワードが登場する場合に書いた本人が意図した様には解釈できず、つい最近まで常に日本側が相手国を侵略したことにすり替えられており、しかも、明るみに成った後でさえ「日本が侵略した」という過去形と「中国は侵略するだろう」という未来形にすり替える翻訳プログラミングが現時点でさえも残っています。

ご興味が御座いましたら、実際にGoogle翻訳を使って試してみて下さい。

他に偏向翻訳の実例として

日本人は攻撃的。→ Japanese Aggression.(正当な理由なき侵略という強い表現)
中国人は攻撃的。→ The Chinese offensive.(どちらかというと攻撃的という弱い表現)
韓国人は攻撃的。→ Korean offensive.

日本による統治。→ Japanese sovereignty.(日本の主権)
中国による統治。→ Rule by China.(ルールは中国が決める)
韓国による統治。→ Governed by the Republic of Korea.

日本が中国に謝罪。→ Japan has apologized to China.
中国が日本に謝罪。→ Japan apology to China.(謝罪は常に日本がするもの?)
日本が韓国に謝罪。→ Japan apology to South Korea.
韓国が日本に謝罪。→ Japan apology to South Korea.

日本軍は親切だった。→ Japanese troops were kind.
中国軍は親切だった。→ Chinese military was so kind.(なぜか“とても”親切)

韓国軍は親切だった。→ South Korean military was so kind.

竹島は日本固有の領土。→ Takeshima is Japanese territory for.(曖昧さを残している)
竹島は韓国固有の領土。→ Takeshima is Korean territory specific.(確定的、断定的)

尖閣諸島は日本固有の領土。→ Senkaku Islands are Japanese territory for.(同上)
尖閣諸島は中国固有の領土。→ Senkaku Islands are Chinese territory
specific.

などなど、他にも多数ございます。

現在、翻訳をしても上記の通りに偏向翻訳されています。

その後、更に詳しく調査を重ねましたところ、Google翻訳は他の翻訳とは異なりGoogle検索エンジンを元にデータベース化した文章から推測して翻訳に結び付けている様ですのでGoogle翻訳のみならず、もっと根の深いものが有る様です。

海外のWikipediaでは尖閣諸島や竹島が中国と韓国の領土という前提で書いてある事も含め、インターネット上のメジャーで国際的な情報源に対する特亜による情報工作と、それに対抗すべき本邦の情報戦に対する意識の低さを露呈しているとも考えられます。

いづれにしろ、日本には不利な極めて特亜三国に有利で偏向した翻訳をする傾向にありますので、問題意識を高め、何らかの対策を講じられる体制作りが必要と考えています。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください