A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

SDHF Newsletter No.47: 中国人はなぜ平気でウソをつくのか  : 栗原茂男

史実を世界に発信する会の茂木弘道さんからメールが来ました。
転送します。

==============================================

SDHF Newsletter No.47: 中国人はなぜ平気でウソをつくのか

  北村稔(立命館大学教授)/林思雲(工学博士)

平成24年9月24日

栗原茂男 様,

中国人が平気でウソをつくということについては、中国政府の度重なる言動、多くの中国進出企業が遭遇した体験、そして日本在住中国人などを通じて今や常識化しつつある。

この中国人のウソつき症候群の心理的な分析を歴史にさかのぼって検討したのが、この対談・論文である。結論的には中国人の徳目の一つ「避諱」(ひき)にいきつくという。
これは隠すとか避けるとかいう意味であるが、国家や家族のために不利なことは、事実を曲げてでも隠さねばならない、それが正しい、という考えである。身内の体面を汚すことはあってはならない。正直であるということはこの考え方の前では、重要ではなくなるわけである。国家にとって都合が悪いこと、不名誉なことは一切明らかにしてはならないという「倫理観」である。

つまりウソを独特な(?)倫理観に基づいて積極的につくのが中国人なのであるということを知らなければならないわけである。日本人のみならず世界中の人たちもこのことを知らないととんでもない見当違いをすることになるわけである。
この論文はここ:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Chinese-to-Lie.pdf

さて、現在中国政府は尖閣を自己の領土であるというウソを平気で主張し、強引にそれを既成事実化しようとしている。世界中の人々にこれは全く根拠のないウソであること、こんなことをうっかり許すと大変なことになってしまうということを知らせていかなければならない。その絶対的なウソを示す5つの根拠をすでに我々のサイトでは発表している。 [動かぬ証拠5点]:
  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Senkaku-Incontrovertible.pdf

これらの情報を英文で下記の通り世界にEmail発信した。

               「史実を世界に発信する会」 茂木

      Why Is It so Easy for the Chinese to Lie?

Kitamura Minoru, professor at Ritsumeikan University and Lin Sinyu, who
holds a Ph.D. in engineering, discuss Chinese psychology and how it relates
to Chinese interaction with Japan. Chinese thinking of course can apply to
countries beyond Japan. Understanding the Chinese way of thinking is
critical not only in understanding their current and past actions, but to
forecast their future actions.

The key behavior is “bihui,” preserving stability of the state and the good
name of the group: “the reputation of your group can’t be dishonored”. For
this purpose, facts can be easily ignored. In other words, lying is allowed
and even patriotic.
Drs. Kitamura and Lin’s paper explains this behavior at length and in depth.

You can read their paper and its summary at the links bellow:

 *Summary: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/90_S2.pdf
 *Full text: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/90_S4.pdf

Now the Chinese government is claiming its territorial right over Senkaku
Islands.
This claim is based on nothing, considering that a Chinese state authorized
map published in 1960 clearly depicted the Senkaku Islands as Japanese
territory.
Indeed, the Chinese government has clearly stated its position on the
Senkaku Islands in the past such as in the “People’s Daily” (the
authoritative organ of the Chinese Communist Party) January 8, 1953: “it
(Okinawa) comprises seven group of islands, including the Senkaku Islands,
…”
For more details,  please read this article at our Website:

 *Incontrovertible Evidence: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/77_S4.pdf

Questions are welcome.

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
Phone: 03-3519-4366
Fax: 03-3519-4367
Email moteki@sdh-fact.com
URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese
custom.

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください