A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

SDHF Newsletter No.43J: 共産主義の戦争挑発を隠蔽した東京裁判 : 栗原茂男

史実を世界に発信する会事務局長の茂木弘道氏からのメールです。
二重線以下に転載します。===================================================================================

平成24年6月12日

 栗原茂男 様,

 東京裁判は国際法的な根拠をもたない違法裁判であったことはよく知られている。
さらに、弁護側の提出証拠の3分の2以上を却下するという、勝者の一方的な裁判であったことも知られている。さらに情けないことに、このとんでもない違法裁判を「文明の裁き」とたたえたのが東京大学の国際法教授であった横田喜三郎であったことも知る人は多い。

 この不法な東京裁判の裁きを支える歴史観がいわゆる「東京裁判史観」であるが、日本は未だにこの歴史観の支配下にあるというのが嘆かわしい現実である。はっきりいえば、東京裁判史観は日本の暗黙の『国是』なのである。これを真っ向から否定した「日本は侵略国ではない、良い国であった」という発言が高官から発せられると、条件反射のようによってたかってたたかれことになる。 田母神論文のケースがそれである。

 「東京裁判」の根底的な批判について発信する会のサイトでは、これまでに

1、パル判決書原文(全文)http://www.sdh-fact.com/CL02_1/65_S4.pdf

2、東京裁判 日本の弁明(小堀桂一郎)http://www.sdh-fact.com/CL02_1/66_S4.pdf
3、パル判決書の真実(渡部昇一)http://www.sdh-fact.com/CL02_1/63_S4.pdf

をアップロードしてきた。今回は、この裁判の重大欠陥であるのひとつ、「共産主義」とその運動への批判が封じられた結果、日本政府の基本的な行動理由・動機が否定されてしまったことを論ずる小堀博士の論文を掲載する。日本文は、
      http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Tokyo.pdf

 
 英訳文は下記の通り世界のマスコミ・学者等4千名余に発信した。                                     発信する会 茂木

       The Tokyo Trials shroud communist warmongering 

   The Tokyo Trials punished Japan for waging “aggressive war”. The Allied powers did everything they could  to deny Japan an adequate defense. More than two-thirds of the evidence submitted by the defence was rejected by prosecutors or presiding judges by arbitrary reasons.
 
(See “The Tokyo Trials:The Unheard Defense” written and edited by Dr. Kobori
   http://www.sdh-fact.com/CL02_1/66_S4.pdf )

   One important aspect of the defects of the Tokyo Trials concerns the lack of discussion of Communism. Japan’s pre-war foreign policy was designed to address a fundamental concern – the spread of Communism.  Not only was Japan anxious of the military threat posed by the Soviet Union, given her close proximity, but Japan was also fearful of the spread of Communism in chaotic and lawless China.

   Japan’s pre-war fear of Communism, especially in Asia, was indeed realized after the war. Documentation of the  violent anti-Japanese campaigns waged by both Chinese Communists and Nationalists were not even allowed to be presented in the courtroom due to the presense of a Soviet Judge.

   Dr. Kobori explains in detail how the trial judgments were distorted by this unfair procedural detail. To make the matter worse, this fact has not been given a due attention in discussions of the Tokyo Trials.  
 
*Summary: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/88_S2.pdf

Questions are welcome.

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
Phone: 03-3519-4366
Fax: 03-3519-4367
Email moteki@sdh-fact.com
URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください