2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

松田まなぶと語る会 5月21日        : 栗原茂男

元財務官僚の松田まなぶ氏のメルマガです。
転載します。
松田さんは丹羽経済塾へもしばしばお見えで、基本的に正統的経済論を語る方。
推薦したいと思います。
 
 
尚もう一つ、原爆、原発の危険性が極めて深刻であることを語るビデオの紹介が友人から来ました。
————————————————
2012/04/12 肥田舜太郎氏インタビュー
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/10257
————————————————
ご覧になる事をお勧めします。

===================================================================================

─────────────────────────────────────
                  松田まなぶ通信  2012.4.19(木)号
─────────────────────────────────────

【 インデックス 】──────────────────────────────

1) 第11回松田まなぶと語る会(5月21日、18:30~横浜市開港記念会館、ゲストに作家の大下英治氏)のお知らせ
2) 松田まなぶの新著「TPP興国論」について-出版を祝う集い(5月15日)のご案内など-
3) テレビ神奈川「松田まなぶのカナガワ未来レポート」放映予定
4) 消費税問題を考える-松田まなぶの論考-「消費税増税は本当に景気にマイナスなのか」
─────────────────────────────────────

1) 第11回松田まなぶと語る会(5月21日、横浜市開港記念会館)のお知らせ 
 
 前回3月の小川是・横浜銀行会長に続き、今度は、作家の大下英治氏をゲストスピーカーにお呼びして、「第11回松田まなぶと語る会」を開催いたします。

【第11回松田まなぶと語る会 ご案内】

○テーマ:日本の指導者像を考える。~いま、政治家、官僚、首長たちに問われる資質とは何なのか~
○ゲスト:大下英治(作家) 演題「政界リーダーの条件」
○日時:2012年5月21日(月)18時30分開会
○会場:横浜市開港記念会館 1階1号室
  (横浜市中区本町1-6 TEL:045-201-0708)
  みなとみらい線(東急東横線乗入)日本大通り駅から徒歩1分、JR関内駅から徒歩10分。
 アクセスはこちら↓をご覧ください。
 http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/acces.html
○司会:福岡孝純・帝京大学教授/法政大学教授
○会費:1,500円
○ご出席の方は、Eメール:nipponsaiken@gmail.comか、Fax:045-228-7864 にて、お知らせください。事前のご登録なくても、当日の飛び入り大歓迎です。

 いま、日本は国の命運を決める大きな転機を迎えていますが、それをリードすべき政界の混迷には目に余るものがあります。
 今回、政界を中心に日本の真相部分を抉り出してきた作家であり、政治へのコメントなどメディアでもご活躍されている大下英治氏をお呼びすることにしたのは、日本の政治の立て直しを皆さんと考えるに当たって、政界の裏表を知り尽くす同氏から、政治のリーダーシップを考える素材を提供してほしいと考えたからです。
 大下英治氏は松田まなぶが選挙に出る前から、色々とご指導をいただいてきた方で、参院選に出た際にも、一日、応援演説で神奈川県の各地を一緒に回っていただきました。
 課題解決への決断ができないまま世界の中で埋没する日本、リスクへの対応も国家としての戦略構築もできない各界の指導者たち…。政治への国民の信頼がどん底まで低下した日本は、リーダーを生み出せない国になってしまったのでしょうか。今の日本は、世界の課題を克服する最先進国へと「日本の物語」を力強く開始し、日本復活を果たすチャンスを迎えています。そのイニシアチブをどう構築するのか。政治や行政に真のリーダーシップを取り戻す道を、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。
 皆さまとともに、日本や地域の課題に向き合い、答を見出したいと思います。
どなたでも、お誘い合わせの上、ぜひ、お気軽にご参加ください。

2)  松田まなぶの新著「TPP興国論」について-出版を祝う集いのご案内など-

 3月初めに上梓した新著、松田学(著)「TPP興国論~元財務官僚の日本が強くなるシナリオ~」(kkロングセラーズ新書)は、おかげさまで好評です。発刊後1ヶ月の間に4回、増刷されました。
 この本がどのような本かについては、こちら↓をご覧ください。
http://ameblo.jp/matsuda-manabu/entry-11195437171.html

 本書の出版を祝う集いが、篠沢恭助・資本市場研究会理事長(元大蔵事務次官)を呼びかけ人代表に催されます。5月15日(火)18:15より、東海大学校友会館(霞ヶ関ビル35階)にて、「第31回いざ鎌倉の会」(講師:杉本和行・みずほ総合研究所理事長)と合同で開催されます。
 ご案内はこちら↓です。よろしければぜひ、ご参加ください。
http://ameblo.jp/matsuda-manabu/entry-11226910468.html

3) テレビ神奈川「松田まなぶのカナガワ未来レポート」放映予定

 テレビ神奈川放映の「松田まなぶのカナガワ未来レポート」、毎週水曜日の午前9時~9時半のtvk「イイコト!11510」~ハートフルナビゲーションの中のコーナーで、引き続き放映しております。
 4月の最初の2週は、横浜税関を取り上げました。地元の港ヨコハマと調和しながら、国際貿易の発展と社会悪の摘発に向けて挑戦を続ける同税関の姿を取材し、税関長と対談いたしました。
 18日(水)に一回、お休みをいただきましたが、4月下旬からは4週にわたり、活力ある超高齢化社会のモデルと教育という2つのテーマで、その課題解決への挑戦事例について、これまで放映した番組を再び取り上げます。

●4月25日(水)は、昨年秋に放映したパルバル湘南スポーツクラブです。超高齢化社会で最も重要な価値の一つになるのが健康です。健康こそがさまざまな問題を解決するカギであることがよくわかります。元気で前向きな高齢者の皆さんの笑顔が大変印象的です。
●5月2日(水)は、その第二回目。人との楽しい交流は高齢者を心身ともに元気にします。スポーツはコミュニティーをまとめる場、新しい地域社会づくりのあり方にも示唆を与えてくれます。
●5月9日(水)は、昨年末から今年初めにかけて放映した星槎学園(せいさがくえん)です。とにかく明るい子どもたち、お互いに認め合うことが人間の可能性を引き出していく、それが教育の原点です。教育会にさまざまな新風を巻き起こしてきた、同学園の創設者の宮澤保夫氏が熱っぽく「人間」を語っています。
●5月16日(水)は、その第二回目。やはり、大人たちが夢に向けて挑戦している姿を子どもたちに見せることこそが最大の教育だと思います。宮澤さんの挑戦は、教育を超えて、日本人のこれからの生き方と社会のあり方を問いかけるものだと思います。

 世界の課題解決の中心地として、日本は「世界のソリューションセンター・ニッポン」になる。それが松田まなぶの夢です。日本の未来に向けてそれぞれの課題に向き合う挑戦者たちの姿を、ぜひ、ご覧ください。

4) 消費税問題を考える-松田まなぶの論考-「消費税増税は本当に景気にマイナスなのか」

 今回は、「消費税問題を考える」[その2]と[その3]として、「消費税増税は本当に景気にマイナスなのか」を論じました。長いので、前編と後編に分かれています。
前編はこちら↓をご覧ください。
http://ameblo.jp/matsuda-manabu/entry-11226969972.html
後編はこちら↓をご覧ください。
http://ameblo.jp/matsuda-manabu/entry-11226976591.html

 なお、この「消費税問題を考える」ですが、[その1]は、「消費税増税は国民にとって負担増なのか」を論じました。これはすでに、このメルマガ前々号(2012年2月12月号)でお届けしましたが、ご参考までに、こちら↓に再掲いたします。
http://ameblo.jp/matsuda-manabu/entry-11162146094.html
 次号メルマガでは、[その4]として、消費税と行革などの問題を論じる予定です。

 引き続き、ご支援ご厚情賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

_____________________________________
<発行>
松田まなぶ事務所
〒231-0007 横浜市中区弁天通1-15-1 アコルデ横濱関内1001
PHONE:045-228-7865 FAX:045-228-7864 MOBILE:090-8005-3498
Copyright (c) 2011 Manabu Matsuda. All Rights Reserved.
※メール転送自由。掲載内容の転載・転用は事務局までご一報ください

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください