2020年10月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

日米欧3極委員会は4月21、22日   : 栗原茂男

日米欧三極委員会が4月21、22日にオークラで開かれるそうです。
—————————————————————————————————————
1973年にデイビッド・ロックフェラー、ズビグネフ・ブレジンスキーらの働きにより「日米欧委員会」として発足した。
参加国は委員会の規定では「先進工業民主主義国」とされている。
三極委員会の目的は、先進国共通の国内・国際問題等について共同研究及び討議を行い、政府及び民間の指導者に政策提言を行うこと
 
情報が公開されており、名な政治家、財界人、学者などが参加。
1972年、デイビッド・ロックフェラーはオランダ王室にビルダーバーグ会議への日本の参加を打診したが断られたため、ズビグネフ・ブレジンスキーに日本をメンバーとする会議を創設することを提案した。
宮沢喜一、大来佐武郎らを招待した勉強会が開催され、翌年の1973年10月に「日米欧委員会」が誕生した(「3極委員会 新たな転機」(春原剛)日本経済新聞 2008年1月21日)。
日本委員会事務局は「(財)日本国際交流センター」が担当
—————————————————————————————————————
自民党の外交に強い議員さんの秘書にこの件を話すと、日米欧なんて名のつくのは沢山あるとのこと。
要するに数ある圧力団体の一つと言う位置づけのよう。
そうかもしれません。陰謀論の世界で勝手に想像が膨らんでいる可能性があります。
 
4月に東京で開かれる話は、取材を依頼された方からの情報で、正確な日程と会場を知らないかという話が来て私は知りました。
 
そもそも情報が公開されているなら取材させればよいのですが、財団法人 日本国際交流センターに問い合わせると秘密なのだそうです。
財団法人と言うのは税金が優遇されている公益法人で、政治家などの公人が参加しているなら、たとえ圧力団体の会合であっても「秘密はないでしょ!」と思うのですが、如何なもなんでしょうね。
 
 
 ところで自民党総裁の谷垣禎一氏はサンフランシスコ条約締結日を持って日本の独立記念日にしようと画策していると伝わっています。法案を提出するのだとか。
はっきり言って、谷垣氏は自民党の鳩山由紀夫。
 
前にも述べましたが、大日本帝国はポツダム宣言を受け入れ、米軍の進駐を受け入れ、戦勝国と敗戦国の力関係の中で外交交渉を行い、大日本国憲法を時の内閣の手で改正しました。
 
連合諸国と言っても実質はアメリカで、アメリカの意向が最大限発揮されたのは当時の情勢では仕方なかったと言わざるを得ません。
GHQは日本統治の機関ではなく、ポツダム宣言の監視が目的の米軍の機関。

力関係による、外交交渉の不公平性は昔からあることでそれを以って直ちに植民地というのはお粗末過ぎる論。

 
 
第二次大戦中、フランスはドイツに占領されました。しかし、フランスはナチス占領下でも首都をビシーに移して「主権国家としてのフランス政府存続は達成された」わけです。
—————————————————————————————————————
ヴィシー政権
 
成立
1940年6月にナチス・ドイツのフランス侵攻でフランスは敗北した。ポール・レノー首相ら抗戦派にかわって和平派が政権を握り、6月17日に副首相であったフィリップ・ペタン元帥が首相となった。6月21日、ペタンの政府はドイツとイタリアに対し休戦を申し入れた。6月22日には独仏休戦協定が締結され、フランス北部などの地域の占領、陸軍の制限などが定められた。協定はフランス側にとって過酷であったが、主権国家としてのフランス政府存続は達成された。ペタンは「少なくともわが国の名誉だけは守られた」と述べた。
—————————————————————————————————————
外交交渉で外国に押されっ放しであれば、国民世論から我が国は実質的には外国からの支配を受けているではないか!と政府を攻撃する事は何も問題はありませんが、政府自らが我が国は外国の植民地であった、と言うなら論理を超えた自虐史観。
 
 
アジアで植民地を経験していないのは日本とタイだけであることは特亜にとっては耐え難い嫉妬心が渦巻く事でしょう。
又、それが日本と、中韓との違いとしてアジア諸国で評価される事は彼等にとって、絶対に阻止しなければならない事でしょう。
従って当然、賄賂と接待の特亜諸国なら工作をしていることでしょう。
 
こういう時に問題なるのが、過去にマスコミで流された疑惑。
ネット上では検索すると色々と出てきます。
 
谷垣氏の「主権回復記念日」の提案はもっと多方面の確度から論じられるべきかと思います。
 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください