A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

言論弾圧は愉快痛快説の証明             BY 栗原茂男

愉快痛快さんから、沢山の情報が来ています。
転載します。

以前から、活動に関してかなりの邪魔をする「者達」がいるようです。かなりの大掛かりな一群と思われます。
言論弾圧しなければならないほどに真実なんでしょうね。

======================================================

—– Original Message —–
Sent: Monday, February 27, 2012 11:51 AM
Subject: 日航ジャンボ123便 山梨県広瀬ダムでは、流木を無料頒布しているが、表面だけ焦げた流木があるが、雷で焼けた状態では無い。

日航ジャンボ123便 山梨県広瀬ダムでは、流木を無料頒布しているが、表面だけ焦げた流木があるが、雷で焼けた状態では無い。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/918.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7623.jpg
(回答先: 日航ジャンボ123便 JAL123便付近が光った高天原山蟻ヶ峠南相木村側(長野県側)付近では岩が乗客型に彫刻された状態。 )

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
高天原山の長野側蟻ヶ峠の南相木側にて、JAL123便周辺がぱぱっと2回光り、原爆のようなきのこ雲が2つ上がったのが長野県川上村から多数目撃されている。

ところで、
埼玉から雁坂有料トンネルを超えて山梨県に入ったところの広瀬ダムでは、流木を無料頒布している。

しかし、
この流木は、
・表面が
・横から均一に一方向から光線(熱線)が当たったように
・薄く焦げた
状態の物が目に付くのである。
雷で焦げた状況とは異なる焦げ方となっている。

広瀬ダム上流部は、蟻ヶ峠から見通しで、それほど離れておらす、
1985年8月12日18:55~18:56頃発生したJAL123便近傍のピカドンにより焦げて、弱ってきた木が流木となって広瀬ダムに流れてきているものと観察される。

<参考>広瀬ダム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E7%80%AC%E3%83%80%E3%83%A0  

======================================================

—– Original Message —–
Sent: Monday, February 27, 2012 10:02 AM
Subject: 阿修羅掲示板で、当方投稿の記事の一部削除を権力野郎が依頼していたもようである。

阿修羅掲示板で、当方投稿の記事の一部削除を権力野郎が依頼していたもようである。

以下引用です。

この投稿寝耳に水だ。削除要請はしていない。→次の投稿の削除をお願いします。 渡辺監督関係者から削除の依頼をいただきましたので
http://www.asyura2.com/08/kanri15/msg/668.html
KN 668 2012/2/27 09:33:59
投稿者: 愉快通快

愉快痛快として投稿させていただいております。

管理運営版を確認させていただだいておりませんでしたので状況を理解していなかったのですが、
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7622.jpg
の投稿は、まったくもって寝耳に水です。
なんじゃこりゃ、と開いた口がふさがらない。

当方は
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1472.jpg
という吉野大器という投稿者ですが、
ttp://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7622.jpg
の削除要請は行なっていない。

それどころか、
渡辺監督が不当に逮捕拘留(実際には抑留)された石巻警察署まで新幹線で激励に行ったり、二本松のご自宅まで見舞いに訪れたりさせていただいていた状況である。
渡辺監督からはお電話やお礼状を直接いただいている仲である。

渡辺監督の例は、小沢一郎議員に対する言いがかり裁判に類推するような、完全典型的なでっち上げ足止め拘留であり、 これを広く知らせたくない者が、管理運営板15に削除要請を行
なったと想定される。

権力の横暴というもので、虚構で固めた支配に都合の悪い情報は削除しようという典型的な動きである。
まったくけしからん話である。

画像: ttp://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7622.jpg
参考投稿番号: ttp://www.asyura2.com/08/kanri15/msg/629.html

======================================================

—– Original Message —–
From: “Yoshino Taiki” <rz3t-ysn@asahi-net.email.ne.jp>
To: <kurihara@sycorp.jp>
Sent: Sunday, February 26, 2012 8:23 PM
Subject: 日航ジャンボ123便 北相木にスペースワープJAL123便。北相木原人の高温微生物化米は耐汚染食だった。黒にんにくと類似

日航ジャンボ123便 北相木にスペースワープJAL123便。北相木原人の高温微生物化米は耐汚染食だった。黒にんにくと類似
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/916.html
(回答先: 日航ジャンボ123便 スペースワープしていたJAL123便。「サムライサージ」により18:15~18:20長野北相木村へ )

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
離陸3分後の18:15~18:20頃にかけて、
突如スペースワープして北相木村を飛行していた。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/913.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7605.jpg

ところで、この、北相木村であるが、古代の案件や、
昨今の311汚染対処法を教訓とした方がよいと思いますので利権関係者様には申し訳ございませんが、弱者の方々向けということで投稿させていただきます。

まず、古代の案件であるが、
世が末になると、今の米軍三沢基地界隈からノアの方舟としての岩船が離陸し、地上クリーニングの間、滞空する。
相木~御巣鷹~秩父の群馬長野埼玉県境に着陸して、次の世が始まるということを前々々回と前々回、繰り返している。
その辺の情報を理解し、「正しい行動」をしているのは、世界広しといえども、アメリカのみである。くれぐれも、米国についていくことが重要である。

JAL123便が飛んだ長野県北相木村は、青森県小川原湖からの岩船
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7604.jpg
JAL123便が飛んだ埼玉県大滝村の一部は、青森県小川原湖からの岩船
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7606.jpg
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7607.jpg

そして、今回の311でも有効な汚染対処法であるが、「高温微生物化」である。
青森県の当方実家の向いで「黒にんにく」が発案され、地域商品となっているが、これは、食料の「高温微生物化」である。
同様の案件として、
長野県北相木村役場向いの北相木原人博物館では、12500年前の前回の地球クリーニングの際、生き残った「北相木原人」の生活の様子が展示されている。
お供え用の「炭化米」として展示されているのが、実は、食料の「高温微生物化米」である。
(また、博物館では、北相木原人は昼間活動していた、と書いてあるが、実は、夜行性であった。)

12500年前の地球クリーニングの際、しばらくは汚染が漂っていた。そこで、コメを高温微生物化させて食べていたのである。(色が黒くなり、固くなるので一見、炭化しているように見える。)

高温微生物化させるメリットは、放射能の線量対策である。

雪が積もって線量数値が下がった
http://www.google.co.jp/search?um=1&hl=ja&rls=com.microsoft:ja:IE-SearchBox&rlz=1I7RNWE_jaJP310&q=%E7%9B%B8%E6%9C%A8%E5%8E%9F%E4%BA%BA&gs_sm=3&gs_upl=4626l4626l0l4857l1l1l0l0l0l0l151l151l0.1l1l0&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.,cf.osb&biw=853&bih=487&wrapid=tlif133025235524621&ie=UTF-8&sa=N&tab=iw&ei=QQpKT_jwKs6fmQWtz7SiDg#hl=ja&rls=com.microsoft:ja%3AIE-SearchBox&rlz=1I7RNWE_jaJP310&q=%E7%A9%8D%E9%9B%AA%E3%80%80%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%80%80%E4%BD%8E%E4%B8%8B&pbx=1&oq=%E7%A9%8D%E9%9B%AA%E3%80%80%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%80%80%E4%BD%8E%E4%B8%8B&aq=f&aqi=&aql=&gs_sm=3&gs_upl=3855l12838l0l13489l28l13l0l0l0l6l2323l14761l6-1.4.4.1l12l0&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.,cf.osb&fp=a3f4bf0bc18c74f2&biw=853&bih=487
『県は13日に開いた災害対策本部で、福島市や飯舘村などで昨年末から低下傾向にある空間放射線量について、「積雪が放射線 … この結果、積雪の時期に空間線量が低下した一方、雪解
けによる積雪量減少に伴い線量が増加する相関関係が見られたという。

という報道がありましたが、同様のメカニズムでして、

微生物の細胞壁で線量低下ができるというわけです。
注釈と致しまして、ガイガカウンタでは、「放射化」(電子スピンの起動の変化)による放射性を測定することが難しいため、「人間という生物にとってダメージを少なくできる」
と解釈していただけると現代科学では理解可能と思います。

製造方法と致しましては、まったくもって簡単単純で、
買い換えで物置に眠っている炊飯窯を引っ張り出して、
ひたすら、ご飯を「保温」しておけばよいのです。(密閉度の低い旧式炊飯窯では、時々水分補充が必要。)

蛇足かもしれませんが、できれば、「南部鉄ボール」を入れて炊飯すると放射能にはなおよいです。(ダメージを受けた赤血球に代わり、新鮮な赤血球がつくりやすくなる。南部鉄は体に負担のかかりにくいよい鉄です。これも、できれば、岩手産ではなく、青森の千曳産がよいです。)

さらに蛇足になりますが、そういうのはいやだという方は、「ヤーコン酒」が、プルトニウム系の放射能障害(循環器系障害)には役立つことがJAL123便の際、近くの住民らで確認されています。今回の311のプルサーマル燃料と同様の傾向ですから、ご参考になされるとよろしいかと思います。  

======================================================

—– Original Message —–
Sent: Sunday, February 26, 2012 6:27 PM
Subject: 日航ジャンボ123便 推定爆心地は、植物が生えない状況が発生している。

日航ジャンボ123便 推定爆心地は、植物が生えない状況が発生している。
。JAL123便付近が光った高天原山蟻ヶ峠南相木村側(長野県側)付近では岩が乗客型に彫刻された状態。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/915.html
(回答先: 日航ジャンボ123便 JAL123便付近が光った高天原山蟻ヶ峠南相木村側(長野県側)付近では岩が乗客型に彫刻された状態。)

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
四半世紀経って、googleアースの航空写真パノラマ地図にも、現場の状況がはっきりと現れている。

JAL123便付近が光って、原爆のようなきのこ雲が昇ったことが、川上村側から目撃されているが、
その推定爆心地は、植物が生えない状況が発生している。

また、付近のキャンプ場では、キャンプをしていた人々が、キャンプ場のそばまで機体破片やバラバラ遺体が降ってきたことを証言しているが、パノラママップにおいても、当時、破片やバラバラ遺体が降った場所がわかる状況となってきている。

<参考>日航ジャンボ123便 長野県側(南相木ダム三川付近)飛行中のJAL123便にピカドンが発生し長野県南相木村にバラバラ遺体
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/641.html
原爆のようなキノコ雲が上がった
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7616.jpg  

======================================================

—– Original Message —–
Sent: Sunday, February 26, 2012 5:56 PM
Subject: 日航ジャンボ123便 南相木ダム原子番号175番の「宝」は、台湾(「中国のエリア51」)が、尾根一つ分持ち去ってしまった

日航ジャンボ123便 南相木ダム原子番号175番の「宝」は、台湾(「中国のエリア51」)が、尾根一つ分持ち去ってしまった
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/914.html
(回答先: 日航ジャンボ123便 311後、日本の原発を全て止めるよう、日本に正しい命令を下していたアメリカロビーが首相官邸撤退か。)

長野県南相木村の南相木ダムの奥には、避難所が造成されている。

理由は、核戦争になった際、残る可能性が高いからである。

100年の森の奥の山(尾根)には原子番号175の最強の物質が含まれている。

これは、現在のウランやプルトニウム核に対し極めて有効であることは、JAL123便の際に検証済みである。

この原子番号175番の「宝」は、台湾(「中国のエリア51」)が、2005年前後に尾根一つ分、持ち去ってしまった。関与した売国奴は羽田元総理北沢元防衛相であった。

米軍の損害(敗退)がいかに、日本の国益を害する(損ねる)かを端的に示す状況である。

アメリカは、米国債購入等で日本から支援を受けているが、日本の皇国臣民を保護するのである。JAL123便の際の教訓(救助はアメリカ勢)である。
一方、台湾(中国のエリア51)やソ連は、持ち去るだけで何も恩恵が無い。JAL123便の教訓(撃墜及び生存者虐殺は台湾勢)である。  

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください