A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

日航機123便、追記        BY 栗原茂男

「愉快痛快」さんからの追伸メールです。

========================================================

123便はアメリカというのは、そもそもの論理破綻があります。
戦後、親米で日本は大きく発展して来たわけです。
そして、日航ジャンボ123便を境に、日本は大きく破綻してきたわけです。

日航ジャンボ123便の際に、アメリカ以外の何者かが日米を攻撃して、日米側が敗退した、としないと、そもそも辻褄が合いません。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

現場物証等から検証致しますと、
JAL123便の伊豆の件の垂直尾翼はソ連機による攻撃、
御巣鷹において、オレンジエア、ということになります。

今春、神戸に行く際に、JAL東京大阪便を利用しました。(B777)
外で花火が上がっており、乗客が一様に窓の外を見ていました。
乗客の様子を見たスチュワーデスの方がL4窓から、外の様子を1分ほど微動だにせず確認して、眼下の花火大会によるものだと理解すると、他のクルーに知らせていました。
かなり年季の入ったスチュワーデスの方々でしたが、機外を確認する様子はこわばっており真剣そのものでした。
当然、JAL123便の件が、過去にあったからこそ、機外の異常飛行物体には確認を徹底しているとお見受けしました。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日航ジャンボ123便 垂直尾翼右側外板切断面とソ連Tu-95ブレードの形が一致している。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/640.html

<参考>
JAL123便JA8119号機垂直尾翼右側外版残骸とソ連Tu-95ブレード比較
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6549.jpg

JAL123便コックピット「ソ連エア」
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/638.html

JAL123便コックピット「機長、他機に接近」
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/639.html

JAL123便 乗客小川さんが機内から撮影した写真にTu-95ベアが写っている。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/632.html  

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください